手の震え 原因。 本態性振戦(原因と治療)

手に力が入らない5つの原因!病気の可能性もある?

手の震え 原因

スポンサーリンク 年齢を重ねると手が震えるなどの症状が起りやすくなります。 老人特有の病気などからくることもあるので、原因と対処法をよく理解しておくことが求められます。 対処法を理解しておけば、日常生活の中でも活用できるでしょう。 【老人の手が震えるという場合、まずは原因を確かめることが大切】 若い世代などは手が震えるということがあっても緊張性のものなど、心因的な要素が働いて手が震えるという状態になっていることが多いです。 しかし老人の場合、緊張していてそうなっているのではなく、パーキンソン病などの病気が原因となって手が震えるといった症状となっていることも多いです。 また本態性振戦から老人性振戦に移行することもあるので、一概に、精神的なものとか、病気によるものと決めるのではなく、しっかりと医療機関を受診し、その上でどのような事が原因となっている手の震えなのかを理解し、対処法を考えることが必要なのです。 【老人性振戦の場合の症状】 本態性振戦が移行し、老人性振戦になったという場合、手が震えるという症状のほかにも、腕、頭、下あご、さらに唇などが震えるという特徴があります。 パーキンソン病は何もしていない時に手が震えるなどの症状があり、加えて筋肉の硬直など、老人性振戦ではない症状があるのでわかりやすいです。 しかししっかりした診断を付けるためにも、医療機関での検査は必須です。 スポンサーリンク 【手が震える原因、その他にアルコール、煙草が原因の事もある】 煙草、お酒を辞められないという老人も多いです。 おいしそうにお酒を飲むおじいちゃんをみていると、取り上げるのもかわいそうと思いますが、原因がお酒、たばこという場合には対処法として、家の中にアルコールなどを置かない、煙草を買わないなどの対処法が必要です。 アルコールや煙草などをどうしてもやめる事が出来ないという場合、煙草なら禁煙外来がありますし、アルコールもしっかり対処法を伝授してくれるクリニックなどがあります。 【動脈硬化によるものもあるので、対処の前に病院へ】 しっかりとお散歩などの運動を行う、水分を取る、バランスのいい食事を心がける等も対処用として日常生活の中に取り入れておきたいものですが、動脈硬化が原因となって起る血流障害等もありますので、医師にみせることが基本ということは忘れないでください。 痛みや感覚が鈍くなっているということもあるので、本人が症状がなくてもご家族が様子を確認して、医療機関を受診し、健康上問題がないということなら、手の震えに対して運動を行ったり、血液の流れがよくなるように筋肉を使うなど対処していきましょう。 対処法はその方の症状によって様々ですが、高齢者の場合はまず病気の可能性を消していくということが求められます。 その上で病気がないようなら対処法を考えて、ご家族が見守りながら運動、食事など日常生活の中で訓練していくといいと思います。 スポンサーリンク.

次の

老人の手が震える症状の原因は?その対処法は?

手の震え 原因

Topics• 手が震える症状と原因 医療用語で、身体の震えのことを『振戦(しんせん)』といいます。 筋肉が収縮と弛緩を繰り返すことで起きる不随意運動の一つと言われています。 振戦は、軽いものであれば、誰にでも起こることがあるため、病気が原因とは限りません。 筆者も大勢の人の前でプレゼンをする前、極度の緊張から手が震えたという経験をしたことがあります。 ただ、このような心配のいらない手の震えがある一方、病気で起こる場合もあるので、注意が必要です。 手が震えるという症状がある場合、いくつかの病気の可能性があります。 今回は、以下の3つの病気について解説します。 本態性振戦 パーキンソン病 バセドウ病 本態性振戦 本態性振戦は、じっとしていれば症状がでないものの、食事をしたり、字を書くなどの動きをすると手が震えてきます。 また、緊張や震えを抑えようと意識をすると症状が高まり、中には、日常生活や仕事で支障になっている人もいるようです。 実は、本態性振戦の「本能性」というのは、医学用語で「原因不明」という意味があります。 まさにその名と通り、本態性振戦の原因は不明といわれています。 ただ、患者さんのご家族に震えの症状があるという方が多いので、遺伝性があるといわれており、原因遺伝子の報告もされているようです。 原因が不明ということで、効果的な対処法はありませんが、薬物治療という方法はあるようです。 その他の理由として、お酒の影響があります。 お酒をよく飲み、手が震える症状が出始めたら、医師に相談してみましょう。 お酒は身体に負担になるため、何かの反応が出ているかもしれません。 更に手の震えが日常的に起こる場合は、何かの病気のサインということも考えられます。 このような症状を起こす場合、何らかの異常が脳、又は、身体内部の神経に異常が発生している可能性があります。 手の震えなんて大したことないと考えず、一度病院にて調べてもらいましょう。 【スポンサードリンク】 パーキンソン病 メディアや映画でも取り上げられてから一度は聞いたことがある「パーキンソン病」は、高齢者の病気というイメージが強いかもしれませんが、20代前後でも発症する「若年性パーキンソン病」という病気があります。 指、手足がブルブル震え、歩きにくくなります。 また、身体がこわばり痛みが生じるということがあれば、もしかしたら「若年性パーキンソン病」の可能性があります。 精神科等の病気と誤診されるケースも少なくなく、「若年性パーキンソン病」と診断されるまで道のりが長いという話もありますが、異常な指、手足の震えやすくみ足がでたりしたら、早めに受診しましょう。 バセドウ病 バセドウ病は、「甲状腺機能亢進症」とも呼ばれており、20代から30代の女性に発症しやすい病気の一つです。 のどの甲状腺の異常により、甲状腺ホルモンが増え、自律神経が乱れます。 手の震えをはじめ、いらいらする、よく食べる、落ち着きがなくなる等の色々な症状が出てきます。 20代から30代の女性で、手の震えが気になるようになったら、バセドウ病の可能性もあります。 極度の緊張や寒さから起こる短時間の手の震えではなく、明らかに手の震えが長かったり、その他の症状が出て来たら、早めの病院へ行きましょう。 まとめ 軽い手の震えは、誰にでも起こりうる症状ですが、症状によっては、何らかの病気が原因で手が震えることもあります。 中でも本態性振戦といってじっとしていれば症状はみられないものの、食事をしたり、字を書く等の動きをすると手が震える病気があります。 症状が悪化してくると日常生活や仕事にも支障がみられてきます。 原因不明といわれる一方、遺伝からくる、又はお酒によるものなども原因の一つと言われています。 また、パーキンソン病が原因で手足が震えることがあります。 万が一、身体がこわばり痛みが生じることがあれば、『若年性パーキンソン病』の可能性があります。 その他、バセドウ病と言って別名『甲状腺機能亢進症』といわれる20~30代の女性に起こりやすい病気があります。 手の震え意外にもイライラする、よく食べる、落ち着きがなくなるなどの色々な症状が出て来たら、バセドウ病の可能性があります。 このように手の震えが頻繁に続いたり、他の部位にも症状が見られたら、早めに受診するといいでしょう。

次の

緊張で手が震える、字が書けない理由と【書くことで克服する方法】

手の震え 原因

スポンサーリンク 寒い時にも体ががたがた震える事はありますが、特に原因がわからず手が震える時は病気も疑ってみた方が賢明です。 手が震える症状が10代で発症する原因に病気がある場合を解説しています。 【手が震える症状が10代で発症する原因になる病気】 単にストレスが蓄積されているというばかりではなく、発症原因に思いがけない病気が隠れている事もあります。 小児糖尿病がちまたで話題になっていますが、低血糖症になると全身の脱力感や冷や汗と共に、自律神経失調症のような症状も発症します。 放置すると集中力低下やめまいおよび錯乱状態に疲労感といった中枢神経系統の異常が診られるようになり、最悪昏睡状態や意識障害を経て死に至ることもありますから、異変に気付いたらただちに糖分を補給してください。 手が震えると言えばこれしかないと言われるほど代表的な病気に本態性振戦があります。 遺伝性の可能性も指摘されており、家族に同じ病気の人がいる事も多いのが特徴です。 【手が震える症状が10代で発症する原因には社会不安障害も】 手が震える症状が10代で発症する原因として社会不安障害をあげる事ができます。 かつては対人恐怖症とも言われていたもので、人の前で何かをしなければならない時に発症します。 女性に特に多いのですが10代後半から20代にかけて多く発症します。 育った環境や性格が原因で引き起こされる事も多く、二次障害としてうつ病やパニック障害あるいは強迫神経症やアルコール依存症を発症する事もあります。 スポンサーリンク 【手が震える症状が10代で発症する原因の病気への対処法】 本態性振戦の大半は治療というよりはリラックスさせる生活の工夫や、リラクゼーション療法あるいはイメージ療法などで緩和される事が多いのですが、低血糖症の場合は糖尿病治療を優先させて受診するのが賢明です。 社会不安障害はカウンセリングや薬物療法で緩和される事が多いです。 心療内科を受診してみてください。 【手が震える症状が10代で発症する原因の病気に役立つ予防医学療法】 本態性振戦にせよ社会不安障害にせよ、共通して根底にあるのはストレスである場合が多いですから、腹式呼吸やイメージ法などで自分をリラックスさせる事や睡眠を充分とる事、食生活の見直しをしてみる事などを継続して行っていく事で、症状緩和につながります。 手が震える症状は10代でも充分起こりえる事がわかりました。 早めに専門医を受診するか生活環境を見直して規則正しい生活をめざす事でも、緩和につながります。 スポンサーリンク.

次の