海外 ドラマ グッド ファイト。 The Good Fight / ザ・グッド・ファイト シーズン2 第11話「478日目」

グッドファイト NHKの再放送はいつ?動画を視聴する方法も!

海外 ドラマ グッド ファイト

「 グッドワイフ」はこの項目へされています。 その他の用法については「」をご覧ください。 グッド・ワイフ The Good Wife ジャンル ドラマ 企画 () () 出演者 国・地域 言語 シーズン数 7 話数 156 各話の長さ 43分 製作 製作総指揮 デヴィッド・W・ザッカー () () () 撮影地 製作 () シーズン1-3 () シーズン4 () 放送 放送チャンネル ほか 映像形式 放送期間 2009年9月22日 2009-09-22 - 2016年5月8日 2016-5-8 『 グッド・ワイフ』( The Good Wife)は、の放送局でからまで放送された・ シリーズ。 概要 [ ] 専業主婦から13年ぶりに弁護士へと復帰した女性 アリシア・フロリックが主人公のリーガル・ドラマ。 から放送を開始し、放送開始当初から好調に視聴者数を獲得し早々にフル・シーズンでの制作が決定、以後まで全7シーズンに渡り22-23話のフル・シーズンで放送されたヒット・シリーズとなった。 全156話。 はロバート・キングとミシェル・キングの夫妻。 主人公と女性関係をリークされた夫のキャラクター設定はに起きた元のの売春疑惑事件を主に下敷きとしている等、様々な政治家のスキャンダルから着想を得て、その妻を焦点に当てたシリーズを作った。 夫である元の不倫スキャンダルに見舞われ、弁護士資格も持つ も主人公のモデルの一人とされている。 夫妻は今作の脚本でを受賞する等の評価を得ている。 また、映画監督・製作者としても著名なとの兄弟が製作総指揮として名を連ね、兄弟の制作会社であるが参加している。 なお、弟のトニーは放送期間中に死去したため、関わったのはシーズン3までとなっている。 舞台はとなるが、撮影はで行われている。 受賞 ではの候補に二度あがっている シーズン1・2。 また俳優では主演女優賞にが二度、カリンダ・シャルマ役のがシーズン1で助演女優賞を受賞している。 また、マルグリーズはでもテレビ部門のドラマシリーズ主演女優賞を受賞している。 日本での放送や視聴 日本では、シーズン1がで2010年10月5日から、シーズン2がでから、シーズン3が、シーズン4が2014年4月3日から放送された。 でもシーズン1が2011年、シーズン2が2012年から放送された。 でも2017年5月22日より放送され、2019年10月からは日本初となるシーズン5の放送が始まったが、Dlifeは2020年3月末で閉局されたためシーズン6以降の放送は行われなかった。 2016年からにてシーズン7までの全話が配信された。 NHKで放送がなかったシーズン5以降は字幕版のみであったが、2017年にで配信が開始された際、シーズン5以降の吹替え版がNHKと同じキャストにより制作され、順次追加された。 でも、Netflixと同様にシーズン7までの字幕版・吹替版を配信中。 日本版DVDのタイトルは『 グッド・ワイフ 彼女の評決』。 2011年から2014年にかけてNHKで放送されたシーズン4までが発売され、以降のシーズンの発売が止まっていたが、2019年に残りの3シーズンが発売された。 あらすじ [ ] の州検事が夫であり、その夫との間に二人の子を持つ母親でもあるアリシア・フロリックは、夫のピーター・フロリックがセックス・スキャンダルを発端とする容疑により失脚し州知事を辞職、更に刑務所に収監されたことを機に、二人の子を養うために13年ぶりに弁護士へ復帰する。 アリシアはシカゴでも大手となる弁護士事務所「ロックハート・ガードナー弁護士事務所」に入所、事務所の代表パートナーの一人は大学時代の同窓生であるウィル・ガードナーで、もう一人はフェミニストの民主党員として有名なダイアン・ロックハートである。 アリシアと同期で雇われたのは、卒の新人弁護士ケイリー・アゴス。 アリシアとケイリーはあくまで仮採用であり、優秀な方をアソシエイト弁護士として正式に雇うこととなっているため、ケイリーと一席しかない正式採用の枠を争うことになる。 アリシアは優秀な調査スタッフのカリンダ・シャルマの協力等を受け、様々な訴訟を経験し弁護士として成長していく。 一方で、夫ピーターのが始まり、裁判で無罪を勝ち取り州検事として復帰するという野望を持つピーターと対立する現職州検事のチャイルズの争いに、アリシアと家族も巻き込まれていく。 登場人物 [ ] フロリック家 [ ] アリシア・フロリック 演 - 、日本語吹替 - ロースクールをで卒業して2年間弁護士として活躍した後は、良き妻、良き母として家庭に専念してきた。 しかし州検事の夫ピーターが逮捕され、家族を養うために13年ぶりに弁護士に復帰。 人間味のある優秀な弁護士としてさまざまな訴訟に挑む一方、家庭では母として息子ザックと娘グレースを気遣う。 また、夫に裏切られたと感じ苦悩する。 ピーター・フロリック 演 - 、日本語吹替 - 仕事の能力が高く、背が高くハンサムな男性。 アリシアの夫となり、ザックやグレースの父親となった。 州検事となり清廉潔白で有名だったが、娼婦との浮気スキャンダルと疑惑で辞任。 のちに逮捕、収監される。 妻アリシアを同伴した辞任会見では、女性スキャンダルは認めるものの、汚職疑惑は否定し、将来の検事復帰を宣言する。 収賄罪で懲役10年の判決を受けるが、無実を訴えて控訴する。 再審開始が決定され、基本的にアリシアのアパートのみで過ごすことを条件に場所検知装置付きの足輪を装着されて仮釈放されるとやがてアリシアとの仲も修復した。 再審は有罪を決定づけていた証人が自殺すると、有罪の見込みが無くなった検察が起訴を取り下げ無罪となった。 アパートが手狭になったので家族全員で新居へ引っ越し予定だったが、検事時代に部下だったカリンダと関係したことがアリシアに知られ追い出されて、ひとり新居に移る。 州検事に立候補・当選すると、ウィル・ガードナーの判事買収疑惑を追及するが、起訴に失敗。 その後、州知事に立候補し、選挙キャンペーンや当選直後のアリシアの独立騒動のさなかアリシアとの関係が修復するが、みたび決裂してアリシアから「ビル・クリントンとヒラリーの関係」つまり公的には夫妻としてみせるが私生活は別と告げられてしまう。 ザック・フロリック 演 - 、日本語吹替 - アリシアとピーターの息子で グレースの兄。 高校生。 素直で真面目な男の子。 今時の男の子らしく()を操作するのが得意で、周囲の人がPCの操作で困った時に助けてくれる。 恋愛関係がピーターの選挙に影響を与えることを心配したイーライ・ゴールドにたびたび介入され、そのことでアリシアがイーライに怒ったことがある。 グレース・フロリック 演 - 、日本語吹替 - アリシアとピーターの娘でザックの妹。 好奇心が旺盛で、やにも興味を持ちにも行こうとし、心が欠如していて教会に通わずキリスト教のことをあまり知らないアリシアを困惑させ、またの女の子らしく異性に対しても次から次へと接近しようとし、そういうことでもアリシアを心配させる。 母親のアリシアや祖母ジャッキーが自分に干渉しすぎると感じている。 ジャッキー・フロリック 演 - 、日本語吹替 - ピーターの。 ザックやグレースにとっての。 アリシアにとっての。 家庭のピンチの時に助っ人として、家事を手伝ってくれたり、ザックやグレースの送り迎えもしてくれるので、「助かる存在」ではあるのだが、ピーターに対しても、ザックやグレースに対しても、アリシアに対しても、あれこれと「余計なおせっかい」を焼きすぎる傾向があり、おまけに相談もせずに独自の判断で行動してしまうこともあるので、皆にとって「困った存在」でもある。 非常に経験豊かで、タフな弁護士。 実質事務所のNo. 1であり、事務所の財務管理も(ウィルではなく)彼女が行う。 でを支持するで、事務所の自室にはとのツーショット写真を飾っている。 ブロンドで独身だったが、共和党支持、銃規制強化反対、ティーパーティー運動支持という政治的にまったく逆の信条を持つ弾道調査専門家カート・マクベイに惹かれ、交際し結婚することになる。 当初はケイリー・アゴスのほうを推薦していたが、徐々にアリシアの実力を認めていき、やがて的存在となる。 有能な弁護士で、出世欲も強い。 独身でプレイボーイ。 休日には判事達とを楽しむ。 アリシアの学生時代からの友人で、彼女が仕事を探していると知りアリシアを推薦した。 アリシアとは大学時代から微妙な関係だったが、一時期、アリシアと深い関係になる。 州検事に返り咲いたピーター・フロリックがウィルと判事達がバスケットボールの勝敗で少額 といっても100~200ドル の現金のやりとりや、バスケ仲間の判事相手の裁判では事務所の勝率が高いことなどからウィルの買収容疑を追及し大審院で審理されたが、起訴は免れた。 しかし過去の依頼人の預かり金の私的流用の件を蒸し返されて弁護士会の倫理規定違反から半年の弁護士業務停止処分を受ける。 ダイアンが州最高裁判事候補としてインタビューでそのことを批判的なニュアンスで語ったことからダイアンを激しく非難して、一時期関係が悪化した。 その間に事務所は経営危機で管財人管理下に陥りなんとか再建するが、アリシアやケイリーは事務所から独立。 弁護士業務に復帰すると事務所をLG法律事務所と改名して、全米トップの法律事務所を目指すとし、ニューヨークやロスアンジェルスの法律事務所を買収し始める。 アリシアとケイリーが独立したフロリック&アゴス法律事務所とは大手企業の顧問弁護業務獲得あらそいや裁判で激しくやりあう。 しかし、長期拘留で精神的に不安定になっていた依頼人が裁判中に廷吏の銃を奪い発砲、銃撃されたウィルは死亡した。 その直前にアリシアの携帯電話に「また電話する」と留守録を残していたが、それが私的な関係を終わらせ事務所からも独立したアリシアを「許す」なのか「許さない」なのか、アリシアは悩むこととなる。 ケイリー・アゴス 演 - 、日本語吹替 - 卒の青年弁護士。 一つしかないジュニア・アソシエイトの座を、半年の試用期間でアリシアと争う事になる。 将来のキャリアアップのための野心は満々。 まだ経験は浅いが、目的のためには手段を選ばぬしたたかさを持っている。 採用争いでアリシアに敗れたあと検事局に採用されてアリシアの夫、ピーターの部下となる。 事務所の経営危機の時にアリシアと一緒にパートナーに昇格すると言われるが、反故にされたことからアリシアも誘って独立。 フロリック&アゴス法律事務所を立ち上げ、アリシアと共同経営者となる。 ()で、クールな美女。 調査の仕事の能力が非常に高く、度胸と行動力も備える。 事務所が裁判で勝利するため必要な証拠や情報類を巧みに集め、アリシアにとっても強力な片腕となる。 以前 州検事局で勤めていたがアリシアの夫ピーターのもとで3年務めたが解雇された、という過去があることは率直に明かすが、解雇された本当の理由は隠している。 ということも仕事場では伏せている。 弁護士。 部門のチーフ。 アリシアがピーターとの離婚を本気で考えていた時期、アリシアから依頼されて親権や財産分与で有利になるように弁護士として助言していた。 後のシーズンでは上昇志向の強さ、卑劣さが顕著となり、事務所の経営危機のときは独立しようとするが、管財人からデヴィッドの数百万ドルの出資金の返金はだいぶ先、事務所が破綻すればそれも出なくなると言われると撤回し、シーズン5ではダイアンの追放とその撤回の両方に真っ先に賛成し、アリシアとケイリーの独立を造反と捉え、一緒に移籍した若手を地位と報酬で懐柔し偽証させるなど、妨害と嫌がらせを繰り返している。 スピンオフ『グッド・ファイト』ではパートナーになっており、ダイアンの離脱にガッツポーズまで見せた。 弁護士。 公民権運動に関わる訴訟で高名なリベラル派弁護士。 を患ったためオフィスに顔を出さなくなり、ダイアンやウィルとの関係が悪化する。 認知症の事実はアリシアのみが知っている。 アリシアからは引退することを勧められるが聞き入れず、その後顧客を引き連れて独立。 高齢のためすでに現役を引退しておりポストは名ばかりのもの。 度々セクハラ発言と奇行でトラブルを招きウィルは解雇まで考えたが、『グッド・ファイト』でもパートナーに名を連ねている。 ロビン・バーディーン 演 - ジェス・ワイクスラー、日本語吹替 - シーズン4で新たに雇われた調査スタッフ。 財務省で働いた経験があり、「カリンダとも衝突しない」という理由で雇われた。 吹替を担当する川瀬は法学部卒の声優である。 州検事局 [ ] グレン・チャイルズ 演 - 、日本語吹替 - 州検事。 ピーターの政敵。 ピーターのスキャンダルを報道機関にリークする。 マタン・ブロディ 演 - 、日本語吹替 - 検事補。 かつてはピーターの下で働いていたが、現在はピーターと距離を置いている。 ウェンディ・スコット=カー 演 - 、日本語吹替 - チャイルズの元部下。 アドラー首席判事の推薦により、州検事選に立候補する。。 弁護士・コンサルタント [ ] ダニエル・ゴールデン 演 - 、日本語吹替 - ピーターの弁護士。 ピーターとイーライを引き合わせる。 イーライ・ゴールド 演 - 、日本語吹替 - 州検事再選のためピーターが迎えた政治コンサルタント()で、マスコミ対応やリスク管理を担当し、いかにも政治コンサルタントらしく、世の全てのものごとをあくまで「選挙での勝利」という観点から評価・判断し、大抵の人々から「人でなし」と呼ばれるような冷酷な手法ですら平然と使い、ピーターの州検事再選(やその後の政治的な野心)の実現のために尽力する。 ユダヤ人()。 エルズベス・タシオニ 演 - ()、日本語吹替 - 弁護士。 いわゆる「女」と英語圏で形容される性格の持ち主。 いかにも女性らしく、機械類の操作が苦手で、女性らしく、複数のことを同時並行的にごちゃまぜに扱うので、話の途中で突然相手が身に着けているものを褒めたり、何かを言いかけたと思ったら途中で話をやめたりして、周囲をやや困惑させるなど、普段は不思議な言動が多く、精神鑑定にて不安定と認定されてしまうほどである。 だが頭の回転が速く、直観的に物事の本質を掴むことにも長けており、持ち前の精神的性質を活かして「意表をついた弁護」もでき、依頼者にとっては頼りになる弁護士となってくれる。 一般的な訴訟だけでなく、連邦裁判や大陪審、スポーツ仲裁裁判でも自分の有利な状況に持ち込む。 第1シーズンで初登場し、仮釈放中に逮捕されかけたピーターを救い、その後の裁判でもピーターの汚職疑惑を完全に晴らす。 第3シーズンでは、財務省での証言と弁護士の守秘義務の狭間に落ちたアリシアを救う。 また、ウィルが判事買収の疑惑をかけられたケースを不起訴に持ち込んだことで、彼の弁護士としての地位や事務所そのものを救う。 これらの出来事により、アリシア・ウィル・ダイアンの3人は強く恩を感じており、第4シーズンにてエルズベスが窮地に立たされた際には率先してその弁護やサポートに回った。 同様の第4シーズンでは、イーライが共謀罪で訴えられたケースで代理人を担当し、訴えを棄却させる。 ダイアンと彼は政治的支持の違いにもかかわらず、シーズン5で結婚する。 ルイス・ケニング 演 - 、日本語吹替 - ニューヨークで個人事務所を経営する弁護士。 と闘っていて、手足がやや不自由。 アリシアの担当する訴訟で被告側の弁護士を務めることが多いのだが、持病ですら利用して陪審員や裁判官のを買ってその心理操作をしたり、さまざまな狡猾な手法も用いるなどしてアリシアたちの前に立ちはだかる。 仕事では狡猾な手を使うが、家庭では良き夫、良き父親。 パトリシア(パティ)・ナイホルム 演 - 、日本語吹替 - 弁護士。。 2児の母。 第2シーズンでは事務所を一時解雇されて、訴えを起こすためウィルに代理人を依頼する。 ナンシー・クロージャー 演 - 、日本語吹替 - 弁護士。。 法廷で複数の訴訟でアリシアと対立。 法廷ではを発揮する。 マイク・クレスティーバ 演 - 、日本語吹替 - 弁護士。 委員長。 ピーターの対立候補として州知事選に立候補することを画策する。 ルッカ・クイン 演 - 弁護士。 第7シーズン冒頭で個人事務所を開いたアリシアが裁判所で出会う駆け出し弁護士。 公選弁護人としてはアリシアの先輩格で二人で組んで仕事を進めることになる。 裁判所 [ ] ヴィクトリア・アドラー主席判事 演 - 、日本語吹替 - ダイアンの友人。 州検事選にウェンディを擁立する。 バークス判事 演 - 、日本語吹替 - ダン判事 演 - 、日本語吹替 - クエスタ判事 演 - 、日本語吹替 - バクスター判事 演 - 、日本語吹替 - その他のゲストキャラクター [ ] ケニー・チャタム 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第3話に登場。 以前フロリック家が居住していた高級住宅街ハイランドパークに暮らすティーンエイジャー。 幼少の頃、アリシアに子守をされていた。 アリシアのことを慕っており、アリシアを忌避する両親のことを軽蔑している。 リチャード・チャタム 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第3話に登場。 ケニーの父。 ローレン・チャタム 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第3話に登場。 ケニーの母。 アリシアが郊外に住んでいた頃の友人。 ピーターのスキャンダルが発覚して以来、アリシアのことを疎んじている。 サラ・コンリー 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第5話に登場。 クロスナショナル輸送社員で、同社のエンジニアと不倫関係にあった。 パトリス・ウィルコックス 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第6話に登場。 強盗容疑で逮捕された容疑者の妻。 コリン・スウィーニー 演 - 、日本語吹替 - シーズン1第12話に登場。 妻殺しの容疑をかけられた社交界の名士。 裁判の末無罪となり、以後複数シーズンに渡り再登場する。 スローン・バーチフィールド 演 - 、日本語吹替 - シーズン2第7話に登場。 のアイドル。 をしたために起訴される。 ナタリー・フローレス 演 - 、日本語吹替 - シーズン2第15話で初登場。 大学生。 メキシコ出身で、アメリカの市民権は持っていない。 クラーク・ヘイデン 演 - 、日本語吹替 - シーズン4第1話から登場。 事務所を経済的に立て直すため、判事の決定に従って送り込まれてきた。 マディ・ヘイワード 演 - 、日本語吹替 - シーズン4第2話から登場。 エピソード一覧 [ ]• 上司で雇い主のダイアン・ロックハートの自室にはヒラリー・クリントンとのツーショット写真が飾られていることがシリーズ初回から見て取れる。 海外ドラマboard. 2020年4月20日閲覧。 シーズン5第16話「最後の通話」の脚本にて。 クレジットはシーズン4までされている。 また、シーズン4第1話はトニー・スコットへ献辞が捧げられた。 2020年4月20日閲覧。 Dlife閉局後となる2020年4月現在、2019年4月より放送が開始されたWOWOWでシーズン4が放送されており、このまま順次放送が継続されればシーズン6以降が日本で初放送されることとなる。 シネマトゥデイ. 2018年11月5日. 2018年11月5日閲覧。 2020年4月30日閲覧。 2020年4月30日閲覧。 2020年4月30日閲覧。 外部リンク [ ]• - (英語)• DVDソフト『グッド・ワイフ 彼女の評決』(公式サイト)•

次の

弁護士ドラマの前提揺るがす!? 『グッド・ファイト』が描く「トランプ時代」との闘い|Real Sound|リアルサウンド 映画部

海外 ドラマ グッド ファイト

「The Good Fight/ザ・グッドファイト 華麗なる逆転」のアニス感想と登場人物紹介です。 また期待できそうなドラマが出てきました! 「グッド・ワイフ」のスピンオフと言っても、主役のアリシアがいないだけで主要キャストも結構出てますからね。 雰囲気やスピード感はそのままで、大人(今回も特に女性がターゲット?)がじっくり楽しめるドラマになってます。 「落ち目になってから終わるのではなく、人気を博したまま最高の形で終わりたい」、という製作陣の意向で終了した、CBSの看板ドラマだった「グッド・ワイフ」。 確かにアリシアの物語は終わったけれど、このドラマの一線を画す質の高い世界観は、また主役を変えてでも続ける価値がありますよね。 「ザ・グッドファイト」登場人物とキャスト アリシアに替わるニューヒロインはこの方!(なのか?)「ゲーム・オブ・スローンズ」で野人イグリットを演じた ローズ・レスリー。 フレッシュ!若い! 彼女の独特のハスキーボイスを聞いていると、今にも「何も知らないジョン・スノウ」のセリフが聞こえてきそう・・。 今回は表情も柔らかく、弁護士を目指す普通の女の子を演じています。 でも実家は金持ち。 (何気にwikiを見て驚いたのが、ローズ自身もスコットランドのお城で生まれ育ったすごい家系のお嬢様みたいです。 ) ドラマの中のマイアは、今の所はダイアンとの相性もいいし、お嬢らしくない素朴さも好感持てます。 1話からアリシアと同じような壮絶な境遇に突き落とされる・・という劇的な展開で始まるのが面白いですね~。 アリシアが逆境を力に変えて、その後は自分の実力で地位と信頼を勝ち取っていったように、彼女も根性としなやかな発想で大きく成長していくのでしょうか? ダイアンはお馴染みのメンバーですね。 抜群の重厚感でこのドラマの支柱になってます。 狡猾で自己顕示欲の強い面もあるのに、なぜか同じ女性として憧れてしまう。 クールでエレガント、そして肝心な時には情も垣間見せる多面さが魅力。 ルッカ 彼女もグッドワイフの後半にレギュラーだったメンバー。 力強い!逞しい!でも女性的な優しさも持ち合わせていて、マイアにとっては心強い先輩です。 嬉しかったのはこの方!イーライの娘、 マリッサ。 (メリッサじゃないのよ) 若いのに50代のオバちゃんでしょ、この貫禄と世慣れた感じ。 助手としては最強ですね。 その他お馴染みのメンバー達が続々出てくるので毎回楽しいです。 次は3話まで見たネタバレ感想です。 「ザ・グッドファイト」シーズン1第3話まで見たネタバレ感想 第1話から怒涛の展開 何の苦労もなく裕福な環境で育ってきたマイア。 家庭は円満、両親も仲がいい。 (母親役の女優さん、ハスキー繋がりで雰囲気よく似てる!) そして自身は弁護士試験に合格!晴れてアソシエイトとしてダイアンの弁護士事務所でスタートを切ることに! という所で突然発覚した、父親の巨額の金融詐欺事件・・! 偶然、父親の逮捕現場でテレビに映ってしまったこともあり、翌日からマイアは被害者たちからの矢面に立たされることに。 どこへ行っても非難の的・・。 苦しい、つらい! マイアの弁護士としての道は閉ざされてしまうの? その後、マイアが逆境をどう退け、どう道を切り開いていくのかが見どころになっていきそうです。 注目はやっぱりマイア 「グッドワイフ」は全てが良く出来てましたけど、その中でもアリシアのカリスマ性がドラマの鍵になってました。 今回はマイアがどれだけその重責を果たせるか・・、がポイントになってくるのでしょうか。 レズビアンという変わった設定ですけど、そうなってくるとアリシアとウィルのような職場の同僚男性との危険な恋愛は期待できないってことですよね。 いや、もちろん女性とそういう関係になる可能性はありますけどね・・。 でも私のような凡々な中年女としては、やっぱり男女の惚れた腫れたを見てトキメキたいのよねぇ。 (こんなこと言うと偏見になっちゃうのかな?) まぁ、その辺はルッカが担当になるのかな。 となると、マイアには仕事にひたすら邁進してもらうしかないですね。 設定的にも既にそう追い込まれているので、いい感じです。 勝つためには手段を問わない剛腕弁護士になるのか、倫理と良心を大事にするフレッシュな若手弁護士になるのか。 今後の成長ぶりに期待です! それと、もちろん不動の人気を誇るダイアンからも目が離せませんね。 マイアの指導者的存在になるのか、はたまた彼女自身もさらなるキャリアを追及していくのか・・? 「グッド・ワイフ」では見られなかった新たな側面も掘り下げて行ってくれると嬉しいですね。 次は最終回まで見たネタバレ感想です。 「ザ・グッドファイト」シーズン1を最終回まで見たネタバレ感想・考察 ちょっと期待と違ったのは・・ いいですね~。 新しい事務所も和気あいあいで雰囲気最高だし、しっかり面白い。 キャラもみんなキレキレで魅力的! ただなぁ・・。 私が勘違いしてたのかな? もう一つこちらの期待を上回るワクワク感がなかったかも。 いえね、面白いんですよ。 これが新規のドラマなら普通に大満足です。 でも、「グッド・ワイフ」を7年も見続けて来た視聴者にとっては、 何か物足りない。 これまでと同じ「グッド・ワイフ」の 「ただアリシアがいないバージョン」を見ているような感じ。 主役がいない群像劇を見ているような・・。 マイアの魅力開花が遅すぎる?? そりゃね~、弁護士になりたてのアソシエイト1年目に入ってすぐ何ができるかって言えば、何もできないのはわかりますよ。 毎日、パートナーから与えられた事務仕事に追われているだけでしょうし。 だけど、そこはドラマですから、何かこう 光る原石の片鱗を見せてもらわないと今ひとつワクワクできない・・。 マイアがようやく怒りに燃えてハッスルしたのが最後の10話ですからね。 それまでは9話までずーーっと大人しく机に座っているのが基本で、父親が絡みの件で登場するくらいでしたよね。 あれれ・・、アリシアを引き継ぐヒロインじゃなかったの・・?と、肩透かし。 私が一人勝手に勘違いしてたんでしょうか。 まぁまだシーズン1ですから、今後そうなっていく可能性はありますが。 逆に予想以上の活躍を見せたのが・・ 若作りのオバちゃん、マリッサで~す。 彼女だって立ち位置としてはパートナーの助手で、基本は事務仕事じゃないですか。 (勝手に調査員的な仕事に手を出してるだけで。 ) その彼女にあれだけ活躍の場を与えるなら、半分くらいはマイアに分けてあげても良かったんじゃないですかね? でも面白かったですよ。 調査員枠が一人だけで、その彼の仕事を奪いにかかる・・というのもユニークだし、 なんといっても、マリッサが最高! 本家の魔性の女調査員、カリンダに替わる人気キャラになりそうな予感ですね。 (私はカリンダがあんまり好きじゃなかったけど。 ) ただやっぱりマイアに関しては、もう少し潜在能力を感じさせるエピソードがあってもよかったような気がしました。 でも、基本的に22話構成の本家と違って、1シーズンが10話みたいですから、そこまで持っていけなかったというのもわかります。 出だしから彼女の苦境を描いて、そこで負けじと踏ん張っているだけでも根性があるのはわかりますし、今シーズンはそこだけでも立派だったと褒めるべきなのかな・・。 そんなにファイトを感じなかった これも私がタイトルから勝手に勘違いした事なのかも・・。 「グッド・ワイフ」が「女の生き方」について問題提起するような、タイトルの「いい妻」にも含みを持たせるような描き方で賛否両論を巻き起こした革新的なドラマでしたからね。 今回もきっと何か 目新しい要素で驚かせてくれるはず! 「グッド・ファイト」は社会で生きる様々な年代の女達の戦いを赤裸々に描いて、 新しい切り口を見せてくれるのでは・・とこれまた勝手に期待しちゃったのかもです。 そういう部分もちょっとだけ肩透かしでした。 ドラマではむしろトランプ派を代表する「オルタナ保守」や、人種問題などにフォーカスしていて、特別 「女の戦い」を感じる要素は今のところなかったような・・。 まぁ、ルッカは孤独な女戦士として戦ってるし(別にコリン対してはあんなトゲトゲしい態度でなくてもいいと思うけど。 )、ダイアンも夫に頼らずに難局を切り抜けましたからね。 マイアにもこれからも壮絶な戦いが待っていそうだし・・、一応はそういう方向性なのかな・・。 お馴染みキャラが次々と! グッド・ワイフのお馴染み人気キャラたちを1話ごとに再登場させて、こちらを喜ばせてくれましたけど、そこに焦点を当てすぎたのか、なんとなく 平和でしたね~。 もっとキリキリ胃が痛くなるような 緊張感が欲しかったかも。 だって、 オープニングの連続爆破の映像なんて、まさにそんな感じを煽ってるじゃないですか。 とは言っても、お馴染みキャラが出てくるとやっぱり嬉しいです。 チャムハムのニール・グロスや、コリン・スウィーニー、それになんといっても楽しいのが謎の女弁護士(?)のタシオニさん! どこまで狙ってるのか天然なのか、とにかく笑えます。 こうした楽しいメンツを見ているだけでも満足なんですけどね~。 3人の女性に頑張って欲しい! 例えば最近のスピンオフもので成功したのに「ブレイキング・バッド」の「ベター・コール・ソウル」がありますが、この主演の2人、ソールとジミーは本家では描き切れなかった新しい魅力をしっかり見せてくれていました。 そういう意味で、ダイアンもルッカも既に本家で見て来た通りのキャラのままで、特に目新しい側面はなかったですよね。 ダイアンの 夫との純愛模様も既に見てきた内容だし、ルッカのコリンとのラブゲームがちょっと面白かったくらいで、 新たな素顔が描かれたりした訳ではなかったですね。 (今の所) あ、そうそう、関係ないけどコリンはトム・クリーズじゃないでしょー。 あの口元がだれかに似てるな~って思ったんですけど、ラザ・ジェフリーは違いますかね? 彼からアクを抜いた感じ・・?ちょっと違う・・? やっぱり、この女性3人を抑えて一人開花しちゃったのがマリッサですよね。 それから、意外にも魅力的なキャラでドラマに深い味わいを添えたのが事務所のボス、エイドリアン。 いいおいちゃんじゃないですか~!ファンになりましたよ。 あんな上司がいたら頑張れそう~。 でもさ、3人の女キャラにグッド・ファイトさせるなら、むしろボスはいけ好かない野郎だった方が緊張感があってよかったのかも・・?ちょっと短絡的かな? でも、めっちゃ人間味のあるいいおいちゃんで、それはそれで楽しいですね~。 「ザ・グッドファイト」続編はどうなる? 少し内容に触れますと、やっぱりドン引きしたのが最後、マイアの父親が、娘を犠牲にする形で高跳びしたことですよね・・。 愕然・・。 私も最初は、来シーズンへのクリフハンガーでこう見せていても、実際はしっかり手筈を整えているのでは・・?なんて期待しましたけど、でもあの父親は考えてみたら相当なワルですよね。 10年以上に渡って他人の資産をドブに捨て続け、平気な顔して生きて来たわけだし、マイアにも何度嘘をついてきたことか・・。 一時の過ちで犯してしまった犯罪とは違って質が悪い。 そもそもFBIとの10年の取引が消えた・・って嘆いてましたけど、あのオッサン何歳なの? もう十分人生楽しんだでしょうから、しっかり罪を償ってもいいのでは? それを刑務所が嫌だからって、娘の大事な5年を犠牲にして自らの自由を選ぶ・・って。。 その事実を知ったマイアは再び立ち上がって行けるのかな? これからも「平凡」とはかけ離れた格闘の日々が待っていそうです・・。 と言う訳で長くなりましたが、私としてはシーズン2はちょっと雰囲気を暗くしてでもいいので、もっとギリギリの女たちの戦いを見てみたい気もしますね。 annicedrama.

次の

グッド・ファイト【VOD配信情報】|動画配信サービス情報館

海外 ドラマ グッド ファイト

詳しくはAmazonプライムビデオの公式ページをご覧ください。 登場人物紹介は 迷い込んだ先は 雨の中、タクシーを待つダイアン。 タクシーがしばらく来ないので近くのコインランドリーに入る。 すると奥からドスンという音とうめき声が聞こえた。 恐る恐る近づいていくと、奥には合気道の道場があった。 女性がダイアンに近づいて来て合気道に興味があるかを尋ねる。 見とれていただけだと答えたダイアンに、女性は道場のパンフレットを手渡した。 合意か無理強いか 写真家のロンがデート相手のエミリーを家に誘った。 2人は最後までいかなかったものの、エミリーが同居人の知り合いにそのことを話し、ロンのことが"避けるべきクソ野郎"というサイトに載った。 サイトにはロンの名前とクソ野郎の理由として"無理強い、非合意の口腔性交"と書かれていた。 サイトに掲載されたことでロンは仕事をクビになり再就職もできていない。 ロンはあくまでも合意の上だとしてサイトからの削除と20万ドルを要求した。 ロン側の弁護士として立つダイアンとリズは、お互いの主張が全く違うため勝算はないから降りるべきだ、と病室のボーズマンに報告した。 皆が帰った後、ボーズマンは誰かに連絡を取った。 するとその後投資家のジェリーとトムが事務所を訪ねてきて、ロンの訴訟に投資すると言う。 サイトに掲載された他の人も訴訟を起こし、集団訴訟を起こすつもりだと説明した。 なぜ儲からない訴訟に投資家が投資するのか? 理由は分からないが、お金が入るので弁護を継続することにした。 ダイアンらはサイトの管理者の女性に集団訴訟を取り下げる代わりに、サイトの閉鎖を求めた。 サイトの管理者はダイアンにサイトを閉鎖したと告げに来た。 そして投資家の1人、ジェリーをサイトに載せようとしていたことを話した。 「ジェリーは"避けるべきクソ野郎"」 隣の部屋ではリズとマイアから説明を受けたジェリーとトムが喜んでいる姿が見えた。 襲撃事件のてがかり マリッサとジェイはボーズマン襲撃事件の犯人の手がかりを探していた。 怪しいのはステイプルズとハニーカットだったが、ステイプルズには完全なアリバイがあった。 ジェイとマリッサはハニーカットの写真を持ち警察へ行く。 しかし警察は容疑者が黒人だと分かったと言い、マリッサたちの情報は聞く耳を持たなかった。 独自に調べた結果、ハニーカットにもアリバイがあり白だと判明した。 リズの夫が言うには襲撃後に黒人の男が逃げる姿が目撃されていて、男はゴミ箱に銃を捨てていた。 ボーズマンの記憶もあやふやだったので、ジェイは黒人も視野に入れ調査を進めた。 1人浮かんだのが顧客ではなく、ボーズマンに敗訴した黒人の男。 その男の写真を持ってリズとジェイは警察へ向かった。 リズがリズの夫に写真を渡し、目撃者にその写真を見せるよう他の警官に指示する。 ジェイがなぜ目撃証言を信じたのかと尋ねると、その警官は凶器も有り現場の警官が目撃者から話を聞いていたと答えた。 その現場の警官というのは、あのホワイトヘッド()だった。 結局目撃者は存在せず、銃もホワイトヘッドが仕込んだとしてホワイトヘッドは逮捕された。 弁護士が狙われる事件に便乗して行った犯行だった。 夫婦の結末 ダイアンの会計士のグレンが突然事務所を訪ねてきた。 ダイアンが投資で失ったお金が元に戻ったと言う。 損失が思ったより少なく、投資と節約、そして何よりトランプ政権になり税率の引き下げで富裕層が恩恵を受けたのだとグレンは説明した。 そしてカートの会計士から、離婚をするなら今年中の方が節税できるという連絡があった、とグレンが言った。 ダイアンはあのコインランドリーの奥にあった合気道に入門し、その後カートと会った。 ダイアンが会計士から聞いた離婚の話をカートに確かめると、去年ダイアンが離婚を提案したからカートの会計士が状況を知りたがっていたらしい。 ダイアンはカートが離婚を望むなら構わないとカートの本当の気持ちを尋ねた。 カートは「分かった、また明日、本気で答えるため」と言って帰っていった。 翌日、カートは事務所に来た。 そしてダイアンにアパートを売るように頼み、2人で広い家を探しずっと一緒に暮らそうと言った。 「1つ確かめたい」 ダイアンが質問をする。 「トランプに入れた?」 カートは少し考えて答えた。 「いいえ」 ダイアンはその瞬間カートに抱きついた。 帰って来たボーズマン エレベーターのドアが開き、リズに支えられたボーズマンが事務所に戻って来た。 大勢のスタッフがボーズマンの戻りを拍手で出迎えた。 ボーズマンは皆が家族だと言い、涙を流しながらお礼を言った。 かんそう ボーズマン退院おめでと~。 ダイアンが合気道習うのも意外でしたね。 続けるのかしら? カートとやり直すことになってダイアン嬉しそうだったな~。 もしカートがトランプに票を入れてたら?ダイアンの答えはノーだったんでしょうかね~? あのゴリゴリの共和党支持者のカートでさえ、トランプに票を入れてない。 私はスタッフ陣に「トランプのことは分かったよ、もういいよ」と伝えたい。 どうでもいいことですが、投資家のジェリーとトムって、逆から呼んだら"トムとジェリー"だねw (文:ぼぼち)•

次の