ハートドリブン 本。 塩田 元規「ハートドリブン」書評|ノヘろぐ

【書評/要約】ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力(塩田元規 著)(★4)

ハートドリブン 本

株式会社アカツキ(本社:東京都品川区、代表取締役CEO:塩田元規、以下「アカツキ」)代表取締役CEO 塩田元規は、自身初の著書となる『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』を幻冬舎 NewsPicks Bookより2019年10月3日に発売いたします。 また、発売に先立ち、9月18日からAmazon. jpにて予約販売を開始いたしました。 Amzon. jp予約販売ページURL: これからの時代を生きるあなたへ あなたの可能性を開く鍵は感情にある。 感情を鍵に、心の扉を開けば、あなたの本質が輝きだすんだ。 ビジネスの世界でも目に見えないものが、より大切になる。 成長を実現する上で鍵となっているのが、 独自哲学=「ハートドリブン」だ。 (本著より) 2010年6月、当時27歳であった塩田は、共同創業者である取締役COO 香田哲朗とともにアカツキを創業。 2016年には東京証券取引所マザーズ市場への上場、翌年2017年には東証一部へ市場変更を果たしました。 塩田は本著の中で、「アカツキは目に見えないもの、感情・ハートを大切にしたから成長できた」と語っています。 人々との出会いや繫がり、旅を通して気づいた「ハートドリブン」という考え方により、数字・計画・思考だけではなく、感情・直観・感性を研ぎ澄まし自身の内側を進化させてきたプロセスや気づきについて振り返ります。 自分の内側を進化させること、そのために大切なこと。 そして、それが外側の世界を結果として大きく変えていくことを物語を通しながら分かち合っています。 そして、「ハートドリブン」をベースに、感情・ハートを中心とした経営スタイル、拍手文化、はだしで過ごすオフィス、分かち合いなどアカツキ独自の企業文化についても紹介しています。 横浜国立大学電子情報工学科を経て、一橋大学大学院 MBAコース (現:一橋ビジネススクール MBA)修了。 新卒で株式会社ディー・エヌ・エーに入社し、広告事業に従事。 マネージャー、ディレクターを経て、退職後、2010年6月に香田 哲朗(取締役COO)とアカツキを創業。 『ハートドリブン 目に見えないものを大切にする力』では、僕自身の人生の旅と、アカツキの成長の旅の物語を赤裸々に分かち合いながら、自分の感情や心を丁寧に扱うことの大切さについて書いています。 自分の感情や心を丁寧に扱うことがアカツキという企業の成長にどう貢献してきたか。 そして、アカツキに限らず、これからの新しい時代に生きる人、企業の成長にとってもすごく必要なことである理由についてもふれています。 アカツキの企業経営や組織論の話もしていますが、何より一人ひとりが自分の人生において、外側に正解を求めるのではなく、自分の内側にある宝物を思い出していくことが大事であること。 そして、それが 結果として外の世界も変えていくということ。 そんなことをメッセージにした本です。 正解がないこれからの時代だからこそ、一人ひとりが自分の可能性を輝かせていくために、この本を読んで少しだけ立ち止まって、自分自身の心の真実に耳を傾けるきっかけになればいいなと思っています。 魂を込めて書いた本です。 そんな僕の想いが多くの方の心に届くことを願っています。 数字より感情、計画より直感、思考より衝動。 合理性で正解を導き出す時代が終わり、自分の内面を発散させることによってしか価値が生み出せない時代がやってきた。 西野亮廣さんやニュータイプの山口周さんがしきりに扱っているテーマのあれです。 この新しい時代の人生と仕事について、数字的に大成功しているアカツキ社長の塩田さんが語るから面白い。 起業人生を振り返りながら独自哲学を明かしてます。 まじ読んでほしいです。 」をビジョンとしています。 モバイルゲーム事業、リアルな体験を届けるライブエクスペリエンス事業を柱として、心が踊り、感動とつながりをもたらすエンターテインメントをグローバルに展開しています。 私たち自身がワクワクしながら作ったものが誰かの心を動かし、一人ひとりの人生を豊かに色づけていくと信じて、これからも世界をカラフルに照らしてまいります。 URL 設立 2010年6月 資本金 27億50百万円(2019年6月末時点) 代表者 代表取締役CEO 塩田元規 所在地 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階 事業内容 モバイルゲーム事業、ライブエクスペリエンス事業 プレスリリース.

次の

【書評】ハートドリブン 単なる夢物語か?これからの時代に必要な思考か?

ハートドリブン 本

本の印象 この本何が変わっているのかというと、 ジャンルがイマイチわからないんですよね(笑) 自己啓発とも哲学ともあるいは、 自伝、またビジネススキルの本とも捉えることができます。 読み手にとってここまで様々な楽しみ方があるというのは、 面白いと思います。 読者の想定 メンバーが楽しむことができるように頑張っているのに、 なぜか上手く行っていないなあという組織のリーダー、 また自分はいいからと人や周りを優先してしまう人に 読んでもらいたい本となっております。 本の全体像 この本の内容的な面白さは一見テーマがバラバラに見えて、 著者が思うこれから大切な考え方、 目に見えないものや内に秘めた感情を大事にする という独自哲学に基づいてこれまでの経験やそれに付随する 反省・対策を書かれているところにあると思います。 また文体・言葉遣いが独特に思われます。 本の帯にも「魂を進化させるとあなたはもっと輝く」など 捉えようによっては少し怪しさも伴うのかと(笑) しかし、実際に読んでみれば 著者の温かみが感じられ、 勇気付けられるような素敵な一冊になっています。 具体的な中身の紹介 「ハートドリブン」という言葉は聞きなれないかもしれない。 一言でいえば、人々が自分の内側のハートを原動力に活動していくことである。 「ドリブン」の対義語は「インセンティブ」だ。 「ドリブン」は原動力、「インセンティブ」は誘因。 誘因は人を動かす時に使うもの。 それはお金や地位だったりする。 経営や組織論でも、インセンティブっていう言葉が使われることが多い。 でも極論、馬の鼻先にニンジンをぶら下げるように、 目の前にエサを提示して人を動かすようなものだ。 その人は本当に幸せなのだろうか。 それで継続的で社会的な価値が作れるのだろうか。 (p66 より) 「インセンティブ」ばかりに目を向けているのではないか、 という指摘にはグサリと来ました。 私自身塾講師をしているのですが、 生徒の「インセンティブ」をあげるのではなく、 生徒の「ドリブン」を引き出さなけらばなりませんよね。 僕は今まで、アカツキのメンバーが楽しんでいないと、 どこか不安だった。 だから頑張ってメンバーを楽しませようとしていたし、 楽しめる環境を作ることに必死になっていたと思う。 (中略) 無理して楽しい場を作り出す必要はないと思えるようになり、 一人ひとりの自己表現や存在を尊重できるようになってきた。 結果、アカツキという組織自体にも色んなカラーが生まれて、 よりカラフルな組織になってきた。 (p145,146より) 「どうにかしてみんなを楽しませなければならない」 そう思ってる責任感の強いリーダーはいませんか? それは大切なことです。 しかし一方で他人を尊重することとはどういうことか を今一度考える必要があるのかもしれません。 著者の紹介 著者の塩田元規さんの紹介に移ります。 株式会社アカツキ創業者 代表取締役CEO。 横浜国立大学工学部電子情報工学科を経て、 一橋大学大学院MBAコース修了。 新卒で株式会社DNAに入社し、広告事業に従事。 退職後、2010年6月に香田哲郎(取締役 COO と共同でアカツキを創業。 しかし、アカツキは売上高281億円・利益136億円をあげている 「大成功」会社でもあります。 私には塩田さんの考え方はこれからの時代に必要な考え方だと思えますが みなさん、いかがでしょうか?.

次の

ハートドリブン書評レビュー【心が震える魂の力】

ハートドリブン 本

この本、怖い 僕も最初の数ページ読んだ段階では、「 なんて怪しい宗教的な本なんだ」と思いました。 ハートを大切にとか、魂の進化とか、感じて分かち合うんだとか言われるともはや経営とかビジネスの本だったかしら?と本のジャンルまで疑ってきました。 しかし読んでいくうちにどんどん著者に 惹き込まれていきました。 おかげで読むのに時間がかからなかったです。 そして、心というものに触れながら、これから 価値が移ってくるもの、 ビジネスの展望が語られています。 この本の根っこの目的には「 自身の魂の進化」というのがあるけど、もう一つ下に落とした目的には「 経営者はこんな会社を作って、みんな楽しく仕事しようよ」というものを発信する狙いもあったのではないでしょうか。 塩田 元規「ハートドリブン」の参考になった点 さてここから細かく具体的に為になった点を連ねていきます。 正直に私情をはさむとなんだか最近早くも書評が混乱気味なので、この本の 哲学関係なしに役に立ちそうな考え方をもはやメモの代わりのようにこれから紹介していきます。 哲学抜きにしても塩田 元規 氏はかなりのやり手さんだと思います。 特に本には具体的に革命を起こしてきたような内容は触れてませんが、これからのビジネスの展望や価値のあるものを生み出すことに関してとても関心を抱きました。 多様化の社会へ ここでも出てきましたね。 これからは特に「こんな人がいてもいいんだなー」という 多様化の社会です。 多様化に関しては教育の本である「」にも詳しく書かれてました。 「 」ではみんなに好かれなくてもいいし、嫌いな人がいてもいいという事が書かれてました。 「ハートドリブン」では万人に迎合しなくていい。 全員に好かれるよりも熱狂的なファンをつけろという内容でした。 こんな風に複数の読んでる本で内容が被ってくると信憑性が出てきておもしろいですね。 便利さ(機能的価値)の時代から、心(感情価値)の時代へ 安心や安全、便利さがどんどん満たされていくと今度は価値が感情価値のほうにシフトしていく。 つまり エンターテイメントの時代になっていくよって事でした。 この内容は堀江貴文「 」でも出てきました。 堀江さんの場合は自分自身をさらけ出して発信していき、ファンをつけて自信をエンターテイメントにしようって内容でした。 そしてこの「ハートドリブン」でも無駄なもの、無価値なものに価値が出てくるよって内容があります。 バーニングマン、ヴィパッサナー瞑想なるもの これはほんとに個人的にこんなのがあるんだー程度のものです。 バーニングマンという お祭りがアメリカであるらしいです。 人里離れた荒野の真ん中で「 ギブ&ギブ」の精神で自己を表現してしまくる祭りです。 金銭も発生しない、電波もないような場所でアート、瞑想、遊具などとにかく自己を表現し「 傍観者になるな」というルールのもとに行われます。 とってもクレイジーな文化で興味がわきました。 考えてみれば自己を表現したい欲求はだれにでもあるはずですよね。 僕も秘伝のカレーを誰かに食わせたいという自己表現欲求があります。 あなたはどうですか? もう一つは ヴィパッサナー瞑想というものです。 1日10時間の瞑想を10日間行うらしいです。 その間は殺生やお酒もダメですが、口をきくことも目を合わせることもしてはいけないそうです。 クレイジーですねー。 この二つは塩田 元規 氏が実際に行ったものでその経験談も記されています。 今のところ僕はやる気がありませんが、誰かに誘われたら行ってしまいそうですね。 つまり 興味あります。 塩田 元規「ハートドリブン」 の悪いところ 参考になった点で分かった人もいるかもしれませんが、哲学の部分以外は ほかの本でも触れられている内容が多かったのが欠点ですかね。 悪く言えばほかの本と似た内容、よく言えばそれだけ信憑性があって重要なのかな、といったところです。 そして、この本は良くも悪くも 魂に重点を置いてました。 本の内容を読んでも あえて魂と表現する必要があったのかな?と思います。 もちろん魂が今回メインコンテンツなのでいろいろな言葉選びがあったのでしょう。 魂と表現してしまうとどうしても スピリチュアルな内容になってしまい宗教的になります。 もっと単純に魂の進化を心の成長とか成熟とかそれくらいの表現にしておいてくれれば、ビジネス本としてでも、自身の向上という面でもまとまりしっくり来たと思います。 多分この本を読んで低評価をつけてる人はこの辺に 違和感があったんだと思います。 そして、自分の中の固定観念を俯瞰してメタ認知し、感じていることを発信して分かち合うことで新しい自分や否定してきた自分を受け入れることができる。 この固まった思考や固定観念の世界を飛び越えることによって魂の進化があると説明する。 じゃあ「 普段から何でもかんでも思ったことを言って分かち合ってしまう人はどうやって魂の進化をしていくのだろうか」という考えにも至った。 もちろん固定観念を超えていければよいのだが、 すでに全てを分かち合ってしまった人の切り口はどこになるのだろうか?という新たな課題が見つかりました。 そこは読者に委ねられるのであろう。 哲学ってムズカシ! まとめ 読み終わって一日たつとこの本の全体像が見えてきました。 読んだ直後には 高揚感、 満足感があって軽めの信者になっていたのでまだ見えていなかったです。 これは僕が影響されやすい男だったからかもしれませんが、単純に夢中になって文章に惹き込まれたからでしょう。 まとめると• 第1章でこれからのビジネスの展望が語られます• そこから先は筆者の過去の葛藤や失敗、魂の進化履歴を見ていきます• あとはこんなことやってきたよ、うちの会社はこんなことやってるよという内容• こんなかんじで雰囲気がいい最高の会社を作ろう こんな感じの本だったのかなって感想でした。 ただもちろん 参考になった考え方やこんなものがあったのかという まだ見ぬ知識もいただけました。 これは本を読む上での 最高の報酬です。 僕はかなり海外旅行好きなのでバーニングマンも興味わきましたし、ヴィパッサナー瞑想なるものもやってみたいなーと思いました。 このあたりに興味持って知識が得られただけでもすごくいい本でした。

次の