トイレ 詰まり 溶かす。 トイレつまりを薬品・洗剤で溶かす!『ティッシュやトイレットペーパー』のつまりをスッキリ解消!

トイレ詰まりの解消!トイレットペーパーを溶かす方法

トイレ 詰まり 溶かす

見出し• トイレが詰まる原因とは? 毎日何度も利用するトイレが詰まって使えなくなってしまうと焦ってしまいますよね。 ただ下水管にダイレクトに落ちるわけではないので、どうしてもカーブ部分が詰まりやすくなってしまいます。 トイレットペーパーの流しすぎ 一番多い原因は、トイレットペーパーを多く流しすぎて詰まってしまうことです。 ダブルのトイレットペーパーを使っている人は、シングルに変え、一度に流す紙の量を意識的に減らすことで防ぐことが出来ます。 異物を流してしまう 腰に貼っていたカイロが剥がれて落ち、気が付かずにそのまま流してしまうケースや女性の生理用品、スマホを落してしまうケースも少なくはありません。 また、流しても大丈夫とされているお掃除用シートもトイレットペーパー同様多く流しすぎると、詰まる原因となります。 トイレが詰まった?!まずは原因を探ろう! トイレが詰まってしまうのは大きく分けると、床から上の部分の『便器』か、床から下の『下水管』のどちらかに原因があるとみていいでしょう。 症状はいつから? 前触れもなく急にトイレの詰まりが発生した場合は、便器に問題が起きている可能が高いです。 少し前から流れ方がおかしかったり、ゴボゴボと異音がしていたら便器以外に問題がある可能性があります。 何を流したのか 流したモノによっては、無理に流そうとすると悪化してしてしまうこともあるので、何を流したのかも重要です。 トイレットペーパーを多く流してしまって詰まった場合、便器に詰まってる可能性が高いため、業者に依頼する前に試せる方法があります。 どのくらいの頻度で詰まるのか 今回流したときに詰まってしまった場合原因は明らかですが、頻繁に詰まってしまうようであれば、ボールペンなどの細いモノが引っかかっていて、うまく流れるときもあれば、引っかかって詰まってしまうときもある可能性があります。 厳密に言ってしまえば、下水管が詰まっている場合はトイレの詰まりとは言いませんが、どこで詰まっているのかを判断するためには、下水管も確認する必要があります。 頑固な詰まりの場合は、床から便器をはがし器具などを使って排水管から詰まりの原因を取り除くことになります。 いずれにしてもラバーカップなどで詰まりを除去できそうにない場合は、専門業者に依頼して対処することをおすすめします。 トイレットペーパーや便の詰まりは溶かすことで解決! トイレの詰まりを溶かすと言っても、なぜ詰まったのかその原因によって使うモノや対処法が変わってきます。 今回は、一番多い紙や便詰まりの対処法をみていきましょう。 用意するモノ 重曹+お酢(クエン酸)を使うことで詰まりを溶かすことができます。 また、便器の電源コードはあらかじめ抜いておきます。 やり方 1. さらにお湯を入れます。 発泡するので、そのまま1時間ほど放置してください。 浸け置きが終わったら、水をバケツに入れて少し高い位置から少しずつ流していき、きちんと水が流れるようになれば詰まりが解消されています。 もし、この方法で詰まりが解消しない場合は、紙や便以外のモノが詰まっている可能性があります。 その場合、修理業者に依頼することをおすすめします。 軽い紙詰まりならお湯だけで溶かすことも! 一度に大量のトイレットペーパーを流してしまったときなどの軽い紙詰まりであれば、お湯だけで簡単に溶ける場合もあります。 ) ・バケツ やり方 1. バケツで便器内の汚水をできる限り汲み出します。 用意したお湯を少し高い位置から便器内にゆっくり注いでいきます。 )を2~3回繰り返したら、詰まった紙をふやかすために1時間ほど放置します。 トイレットペーパーは、砂糖や塩のように水に溶けるものではありませんが、トイレットペーパーの原材料であるパルプは、温水によってほぐれやすくなる傾向があるため、紙を柔らかくさせるという意味では、詰まりの解消に効果があります。 しかし、この方法で詰まりが解消されない場合は、排水管の奥の方で詰まっているか、紙以外の異物が詰まっている可能性があるため、業者へ依頼することをおすすめします。 トイレ詰まりに効果的な薬剤は? トイレットペーパーや便などでトイレ詰まりを起こしている場合の一番早い解決策は、薬剤を使って溶かしてしまうことです。 効果が期待できるのは、皮膚やたんぱく質を溶かすことの出来る強アルカリ性の薬剤で、この作用を利用して、トイレに詰まったトイレットペーパーや便などの異物を溶かしてしまおうというのです。 ではおすすめの薬剤を見ていきましょう。 ピーピースルー トイレの詰まりだけでなく、キッチンや浴室、洗面所、洗濯機とさまざまな水回りで使用することが出来るので、お家に一本あるととても便利です。 アルカリ洗剤なので、便やトイレットペーパー以外にも吐しゃ物や髪の毛、糸くずなどの有機物も溶かして頑固な詰まりも解消します。 デオライト-L 上記の洗剤とは違い、デオライト-Lは酸性の洗剤です。 詰まりの原因が尿石だとわかっている場合には効果的ですが、トイレットペーパーや便の詰まりを解消することはできません。 トイレ排水管用バイオ洗浄クリーナー アメリカのメーカーによって開発された、天然バクテリアを使った中性洗剤で、環境にも人にも優しいものとなっています。 トイレが溢れるほど詰まっているわけではないが、流れが悪いときや詰まる前兆を感じた場合などの長年蓄積されてきた詰まりに対して、繰り返し使うことで効果を発揮していくタイプの洗剤です。 まとめ 間違った対処をしてしまうと大ごとになってしまうので、詰まった原因やモノを把握することも大切です。

次の

【トイレつまりの解消】重曹とお酢をお湯で溶かして即解決!

トイレ 詰まり 溶かす

トイレのつまりを解消するには様々な方法がありますが、詰まった物を溶かして解消することもできます。 その代表的な方法が重曹とお酢をお湯で流す方法です! 単純にお湯をバケツで流したり、ラバーカップで解決する方法もありますが、 それでも直らないとき、またはラバーカップがないとき、あるいは最初に重曹とお酢で詰まりを溶かしてから、 仕上げにラバーカップでスッポンすることでより完璧に直すことができます。 あくまでも重曹単体では意味が無いことを最初に覚えておいてください。 もし、おもちゃ・スマホ・おむつなどの水に溶けない固形物を詰まらせてしまった場合は溶かすことができないので、この方法は使えません。 水を流してしまうと排水管の奥に流れて詰まってしまうので、下記ページの針金ハンガーを使った方法で引っ掛けて取り出しましょう。 重曹 150g(計量カップ4分の1程度)• お酢 100ml(計量カップ2分の1程度)• お湯 50度程度で1. 5ml (排水口まで水を抜いた状態で便器の半分ほどの量) 分量の割合は、重曹1に対してお酢2です。 少なすぎると効果がないので、大体の目安で大丈夫なので多めに用意しましょう。 お酢が無いときはクエン酸でも代用できます。 その場合の分量も同じです。 ちなみにクエン酸があるならお酢を使う必要はありません。 効果としてはクエン酸のほうが大きいと思いますので、その理由も後で説明します。 お湯は排水口の水を抜いてから入れますので、50度前後で1~1. 5ml程度の便器の半分程度になる量を用意しておけば大丈夫です。 また接続部のパッキンなどを痛める原因にもなります。 ぬるすぎても効果がないので必ず50度前後のお湯にするように注意してください。 重曹とクエン酸が含まれているベーキングパウダーで代用できるのか? 便器に水が溜まっているならある程度取り除いておきます。 便器内の水の量が多いと重曹とお酢の効果を奥まで浸透させることが難しく、またお湯の温度も下がってしまうため、できるだけ排水口に水がない状態まで汲み取りましょう。 灯油ポンプを使ってバケツに汲み取る、または牛乳パックなどでバケツに汲み取る、ペットボトルを杓子のように加工してバケツに汲み取るようにしましょう。 便器内に溜まった水をできるだけ汲み取る• 最初に重曹をふりかける!(計量カップ4分の1程度)• 次にお酢(クエン酸)をふりかける!(計量カップ2分の1程度)• 炭酸ガスが発生してシュワシュワと泡立つことを確認• 高い位置からお湯を排水口めがけて流す(50度のお湯1~1. 5ml程度、便器の半分の水位)• そのまま便座のフタをして1時間ほど放置• 1時間後、もしラバーカップ(すっぽん)があれば仕上げにおこなう• 詰まりが解消できたかの確認はレバーではなくバケツで流して確認する まずは便器内の水をできるだけ少なくすることが重要です。 次につまりの解消に重曹を使う正しい順番です。 必ず重曹から先にふりかけ、次にお酢(クエン酸)を入れて、最後にお湯を排水口めがけて注ぎましょう。 順番がバラバラだと、発泡する時間が短くなり洗浄効果が落ちてしまいます。 もう一つ重要なポイントは、重曹とお酢で発生した炭酸ガスの泡が詰まりを分解します。 まずはこの泡を十分に発生させてからお湯を流すこと。 そして、この泡をできるだけ排水口の奥に届けること。 バケツ・ヤカン・ペットボトルなどを使って、排水口から40~60センチ程(腰のあたり)のある程度の高さから勢いがつくように流します。 滝のようにお湯をジョロジョロ落として詰まりの原因まで届けるイメージでやってみましょう。 ネットでもよく間違った情報が書かれていますが、勢いよく一気にお湯を流すのではないので注意してください。 お湯を入れすぎると薄まりますので、排水口の穴が浸かる程度にしましょう。 詰まりが解消されたか確認するときは、レバーを引いて水を流すのではなく、バケツなどで少しずつ流して確認することで、便器から水が溢れること防ぎます。 詰まりが解消されない場合は、原因となる箇所に圧をかける、水流をおこす、突っつくなど直接の刺激が必要かもしれません。 下記のページを参考に他の方法を組み合わせてみましょう。 重曹とお酢(クエン酸)は紙類や便など水に溶けやすいつまりに効果的! 重曹とお酢を使って解消できるつまりの原因は、主に トイレットペーパー・テッシュなどの紙類、便や尿石などの汚れ類です。 これらが詰まるのは、何らかの理由で水に溶けにくくなっているため。 それを分解しやすくし、溶けやすくするのが 重曹とお酢からできる炭酸ガスです。 アルカリ性の重曹に酸性のお酢を加えることで炭酸ガス(二酸化炭素)を発生させ詰まりの原因を溶けやすくします。 そこへお湯を流し込むことで熱を加えさらに発泡させて、また流す勢いで詰まりの原因まで浸透させて分解しやすくします。 逆に、おもちゃ・スマホ・おむつなど、水に溶けない固形物にはまったく効果はなく、さらにお湯を流すことで詰まりの原因が奥へと流れてしまい状況を悪化させてしまいます。 アルカリ性:酸性の物質を中和して分解、油汚れ浮き上がらせる• 発泡・膨張作用:酸性と合わせる、熱を加えることで発泡、この泡が汚れを剥離する• 乳化作用:水と油を混ぜ合わせる作用があり、油汚れタンパク質を分解する• 軟水作用:カルシウム、マグネシウムなど金属イオンをなくし汚れを落としやすい軟水にする• 酸性:アルカリ性の物質を中和して分解、水垢や黒ずみなど汚れを浮き上がらせる• 発砲作用:アルカリ性の重曹に合わせること勢いよく発泡する• 溶解作用:カルシウムなど頑固なこびりつきを溶かす• 柔軟作用:洗濯物を柔らかく仕上げる柔軟剤の効果など• 工業用 掃除などに使用するのは工業用。 人間の体内に取り入れても良いものが薬用と食用です。 純度が高いものは薬用と食用で99. 5%など工業用に比べて不純物が少なくなっています。 購入する際は、トイレの詰まりを解消しても余るので、用途に合わせて選びましょう。 お酢とクエン酸があるならクエン酸を選ぶ 自宅にお酢があってクエン酸がない場合は、わざわざ買いに行くほどではありませんが、 もし料理やお掃除などで使うクエン酸があるならお酢ではなくクエン酸を使いましょう。 その理由は、 重曹にクエン酸を入れたときの発泡持続時間がお酢と比べると長いためです。 シュワシュワ、ブクブクと発泡するこの泡(炭酸ガス)が詰まりの原因を分解します。 できるだけ長くたくさん発泡させるためにはクエン酸を使うことがおすすめです。 仕上げにラバーカップでよりスッキリ 洗剤とお湯を流す 重曹やお酢が自宅にない場合は、洗剤を確認してください。 トイレ用・食器用・お風呂用・洗濯洗剤など何でも大丈夫です。 アルカリ性洗剤または塩素系洗剤でお湯に溶けやすい液体タイプが良いです。 また成分に「次亜塩素酸塩」「水酸化ナトリウム」「界面活性剤」などの表示があるものでも良いです。 使い方は、重曹とお酢の代わりに洗剤を入れてお湯を流すだけです。 先に紹介した手順で洗剤を使って試してみてください。 有毒ガスの塩素ガスが発生します。 パイプクリーナーとお湯を流す 排水管洗浄などのパイプクリーナーはどこでも簡単に使えるでしょう。 もともとつまりを分解させる成分で作られている専用の洗浄剤なので、重曹がない場合は十分使えます。 使い方も流すだけなので、非常に簡単。 パイプクリーナーの洗浄効果をより上げるなら、一緒にお湯を流してあげましょう。 軽く水が引くくらいの軽い症状によりますが、塩をかけると猫砂が流れやすくなります。 トイレに流せる猫砂は吸水性があるので、塩でそれを和らげる効果があるのです。 しかし、家庭にあるもので重曹以外でトイレのつまりを溶かせるような道具はおそらくあまりないと思います。 もしパイプクリーナーがあるなら先に使用してみて、効果が無いようなら重曹を使ってみてください。 修理の種類 WEB限定料金 通常料金 トイレの詰まり 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ トイレの水が溢れる、止まらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ チョロチョロ水が漏れている 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ タンクに水がたまらない 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ 異臭、悪臭がする 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の水漏れ不具合 故障 4,860円(税込み)~ 8,640円(税込み)~ ウォシュレット、温水便座の取り付け(交換) 11,880円(税込み)~ 19,440円(税込み)~.

次の

トイレつまりの直し方5選。初心者でも自分で解消することができる方法解説

トイレ 詰まり 溶かす

トイレが詰まる原因とは トイレが詰まる原因はトイレットペーパー以外の異物 ゴミやペット毛etc… 流してしまうこと、トイレの水量よりも多くの排出物を流してしまうこと、配管の詰まりが原因として考えられます。 トイレは排出物を流してくれることから、トイレットペーパー以外のゴミを流しても問題ないという認識をしている人が多くいるそうですが「トイレ用の紙」としてトイレットペーパーは水に溶けやすく、流しやすい成分で作成しています。 そのためトイレットペーパーと同じ感覚で異物を流してしまうと水に溶けず流れないということが発生するのはよくあるトイレが詰まる原因のひとつになっています。 またトイレは水圧や水量が設定されています。 その水圧や水量よりも多くの排出物を流してしまった場合、トイレが詰まり逆流することもトイレ詰まりのトラブルとしてあげられます。 配管の劣化はトイレの使用年数が経過すると、排出物が石化して詰まってしまうことがあります。 そのため定期的な掃除や点検が必要になってきます。 トイレの詰まりの元を溶かす方法 気を付けていてもトイレが詰まってしまうことってありますよね。 いざトイレが詰まったら焦って対処に戸惑ってしまうこともあります。 そんなとき自宅できるトイレ詰まりを溶かす方法についてご紹介していきます! お湯を使う方法 トイレの詰まりを溶かす手段として「お湯」を使う方法があります。 お湯を使うことでトイレに詰まったトイレットペーパー、排出物をふやかして流れやすくさせて詰まりを促す方法になります。 お湯を使う場合はいくつかポイントがありますのでご覧ください。 ・トイレへゆっくりと注ぎましょう。 お酢と重曹を使う方法 お酢やクエン酸は酸性の性質を持っており、汚れを溶かすため掃除用として用いる方は多いと思います。 これをアルカリ性の重曹と組み合わせることで発泡して洗浄効果が高まり、トイレットペーパーや尿石を溶かす方法として効果を発揮します。 ・トイレ内に重曹をふりかけます。 汚れが目立つ部分は重点的に ・そのうえからお酢をかけます。 ・お湯を追加して数分~数時間放置。 周辺の家財に付着させると損傷の可能性も考えられます。 尿石除去剤を使う方法 尿石除去剤はトイレにこびりついた汚れを溶かしてくれる薬剤です。 成分が酸性で、汚れを溶かすためトイレの掃除道具のひとつとして知られています。 漂白剤と混ぜると有毒ガスが発生するため、併用はしないでください。 トイレの詰まりの元を溶かすことができない場合 お湯を流してみたり、お酢や重曹を使用してみたりしたけれどトイレの詰まりを溶かすことができない場合、トイレの配管の奥の詰まりの原因があることが考えられます。 奥底に入り込んだ詰まりを対処するにはラバーカップを使用する方法が近道です。 それではラバーカップを使用する方法を見ていきましょう。 ラバーカップを使用する ラバーカップとは「トイレのすっぽん」のことです。 ラバーカップの吸引力によって詰まったトイレットペーパー、排出物、ゴミetc……動かし流れを促す方法です。 ラバーカップは自宅や公共施設、オフィスの掃除用具には必ず入っているトイレ用品として使われています。 無理をせずに業者を利用する トイレの詰まりの対処法についてご紹介してきましたが、それでも詰まりが解消されない場合は業者に依頼してみましょう。 無理をして自己判断で対処を続けるとトイレを壊したり、トイレの水が溢れだし周りの家財に影響がおよんだりと、2次被害に繋がる可能性も考えられます。 専門家に頼むと適切な処置をしてもらえるため安心して快適なトイレ生活を取り戻すことができますね。 まとめ 以上でトイレが詰まった時の対処法の紹介でした。 トイレは排出物を流すため汚いものと認識をしている方が多く、詰まりを自分で対処するのは心苦しく感じることも多いと考えられます。 そんなときは無理をせずトイレのトラブルを専門している業者に依頼する方が賢明です。 水漏れ修理・トイレ詰まり工事を業者に依頼する際は トイレ詰まりに気が付いたら当サイト「」の「」をご覧ください。 水漏れ修理・トイレ詰まり工事を依頼できる業者や料金を比較し自分にあった方法を選ぶことができます。

次の