鬼舞辻無惨 名言。 鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨に関する7つの知識!鬼を統べる悪の正体とは?【鬼滅の刃】

鬼舞辻無惨 名言

(鬼滅の刃181話 吾峠呼世晴/集英社) そこでドル漫では 「鬼舞辻無惨の能力強さや正体」をフルカラー画像付きでいつものように徹底考察していこうと思います。 鬼舞辻無惨はどれだけ強いのか?果たして倒す方法はあるのか?ちなみにネタバレ注意です。 鬼舞辻無惨の正体とは? まずは鬼舞辻無惨の正体をおさらい。 鬼舞辻無惨は 「すべての鬼」の始祖。 つまり、世の中にはびこる鬼は鬼舞辻無惨が作った。 鬼舞辻無惨の血を摂取すると鬼化し、その血の量が多ければ多いほど鬼として強くなる。 なかでも最精鋭の部下には「十二鬼月(上弦の鬼と下弦の鬼)」がいる。 別途記事を参照。 鬼舞辻無惨の名前の 読み方は「きぶつじ・むざん」。 「きまいつじ・ぶざん」とかではありません。 声優は関俊彦。 (鬼滅の刃2巻 吾峠呼世晴/集英社) 例えば、鬼舞辻無惨の初登場シーンでは「子煩悩な父親」として登場。 主人公・竈門炭治郎は匂いですぐ気付くものの、娘をあやす鬼舞辻無惨の姿を見て当惑するシーンが有名。 そのため『鬼滅の刃』作中では鬼舞辻無惨の見た目が割とコロコロと変わるんですが、それでも一瞬で「無惨」と分かってしまう作者・吾峠呼世晴の画力、キャラデザ力が地味に高いことも伺えます。 鬼舞辻無惨の 夢は「永遠の命」。 鬼舞辻無惨にとって不滅こそ至上。 実際、「嫌いなのは変化。 好きなものは不変」という名言も残してる。 変化は悪そのもの。 現実問題として状況や肉体、感情の変化の多くが「劣化」を意味してる。 だから、人間に変装する場合はどれも見た目が若々しい。 一方、鬼舞辻無惨の性格は「臆病」。 唯一敗北した相手の継国縁壱(つぎくによりいち)にこてんぱんにされた直後は、縁壱が死亡するまで雲隠れを決め込んでいた。 意外と卑怯者。 『鬼滅の刃』作中の言葉を借りるなら、鬼舞辻無惨は「生きることだけに固執してる生命体」。 めちゃくちゃ強いくせに「死なない」ことに手段も選ばない。 まさに死を最も恐れてる存在こそが鬼舞辻無惨。 鬼舞辻無惨の「生まれ」は産屋敷家の元貴族 じゃあ、鬼舞辻無惨という最強の鬼は一体いつ生まれたのか? 結論から書くと、 鬼舞辻無惨の正体は「もともと産屋敷家の人間」だった。 それが1000年前に何かしらの方法を用いて鬼と化した。 そのため鬼舞辻無惨の 人間時代の名前はおそらく「産屋敷」。 言っちゃえば、元貴族。 鬼舞辻無惨が鬼化した経緯は後述。 (鬼滅の刃16巻 吾峠呼世晴/集英社) 一方、鬼舞辻無惨という最悪の鬼を輩出してしまった産屋敷家は、生まれる子孫は若くして尽く病死する呪いがかけられてしまう。 しかし、とある名神主の助言で産屋敷家は無惨打倒に動く。 そこで結成されたのが「鬼殺隊(きさつたい)」。 当初は鬼狩りという名前? その後、産屋敷家は神職の血筋を持つ妻に持つことで呪いは弱体化するものの、産屋敷の当主は30歳まで生きられない状態が1000年近くも続いた。 それほどまでに鬼舞辻無惨は凶悪な存在だった。 しかしながら、鬼舞辻無惨はこの状況にすら一笑に付すんですが、名言一覧は後述。 とりあえず『鬼滅の刃』の ストーリーは「鬼舞辻無惨 vs 産屋敷家」という1000年以上続く戦いが根底に描かれてる。 言っちゃえば、究極の骨肉の争いが物語のベース。 鬼舞辻無惨が「鬼化」した経緯とは? じゃあ、1000年前に鬼舞辻無惨はどういう経緯で「鬼」と化したのか?偶然にして鬼になったのか?地獄の閻魔に頼み込んだのか?悪魔に魂を売ったのか? (鬼滅の刃15巻 吾峠呼世晴/集英社) 結論から答えを書くと、 鬼舞辻無惨は「平安時代の善良なとある医者」に鬼化させられたことが判明。 鬼舞辻無惨はもともと病弱だった産屋敷家の一人。 20歳まで生きられないと言われていた無惨に対して、この善良な医者が様々な処置を施した結果鬼となった。 まさに鬼舞辻無惨を作った元凶。 じゃあマッドサイエンティストの類いかと思いきや、画像のヘラヘラした笑顔を見ても分かるように、そこに「悪意」はなかったそう。 だから、鬼舞辻無惨が鬼化したのは「偶然の産物」に過ぎない。 『バイオハザード』の世界観よろしくとかではない。 ただし、病状が改善に向かうのが表面上は遅かったため、しびれを切らした鬼舞辻無惨は結果的に謎の医者を殺してしまう。 そのため人間時代から性格は割と傍若無人だった模様。 一方、鬼舞辻無惨は生き長らえたものの、「太陽光に当たると死亡する」といった副作用が残る。 青い彼岸花とは? そこで謎の医者は「青い彼岸花」という副作用を抑えこむ別の薬の開発も行っていた。 実際に青色の彼岸花を調合して作る薬だったようですが、謎の医者は既に鬼舞辻無惨が殺してしまったため、青色の彼岸花の存在は1000年以上経った現在でも分からずじまい。 青い彼岸花の生息地域や栽培技術も不明。 謎の医者の医学知識のハンパなさが気になって仕方がない。 ちなみに、本来の彼岸花とは「赤色の花」。 お彼岸の時期に咲く花だけあって、彼岸花は一般的には「死」や「不吉」な花として認識されてることも多い。 そのため青い彼岸花とは、まさに死とは真逆の「生」を象徴する花として設定されたのでしょう。 一方、鬼舞辻無惨が自らの血を分け与えて仲間を増やし続けたのも、あわよくば「太陽光を克服する鬼の誕生」を同時に目論んだから。 鬼舞辻無惨もわざわざ自らの劣化版の分身を意味もなく量産し続けたわけではない。 後述しますが、結果的に竈門禰豆子が産まれたため、現在は青い彼岸花の存在に焦点が当たることはありません。 謎の医者もモブ臭が漂う上、鬼舞辻無惨が鬼化した理由も割とフワッとしてるんで、ここらへんはあまりツッコミを入れない方が良さそう。 【強さ】鬼舞辻無惨の能力とは? 続いては「強さや必殺技」を考察。 やはり全ての鬼の始祖だけあって、鬼舞辻無惨の能力はまさに神がかってる。 (鬼滅の刃189話 吾峠呼世晴/集英社) しかも、それぞれの管には肉体と同様に「凶悪な口」があり、それが同時に「吸い込み攻撃」も行う。 ダイソンどころではない強烈な吸引力に動きは制され、ただでさえ高速で避けることが難しい攻撃を更に困難とさせる。 もちろん噛みつかれれば鬼舞辻無惨の血を摂取させられてジエンド。 これぞ隙きなし。 まさに鬼舞辻無惨は「鬼滅の刃最強キャラクター」と言えそう。 【敗因】鬼舞辻無惨の髪の毛が白かった理由とは? 続いては「髪の毛が白い理由」を考察。 鬼舞辻無惨は見た目がいろいろ変化するものの、髪の毛は一貫して黒色。 ただ産屋敷輝哉に自爆されて最終戦に突入して以降、鬼舞辻無惨の髪は白髪(銀髪?)でした。 「鬼舞辻無惨が覚醒した状態」を表現してる読者もいたと思いますが、実は全く真逆でした。 (鬼滅の刃193話 吾峠呼世晴/集英社) 結論から書くと、鬼舞辻無惨の 髪の毛が白かった理由は「老化させられていた」から。 最終戦に突入する直前、無惨は珠代に攻撃されて「人間に戻る薬」を取り込んでいましたが、実は「老化」の薬も同時に取り込まされていた。 正確には上弦の2・童磨を倒した蟲柱・胡蝶しのぶが開発したっぽいですが、これは1分で50年老化させる薬だった。 「白髪ヘアーは本来嫌う老いそのもの。 だからそれなりに鬼舞辻無惨がダメージを負ってる証拠でもあるのか」という読みは当たり。 そのため対柱戦で3時間以上も膠着状態が続いていたため、鬼舞辻無惨はおよそ9000年ほど老いていた計算。 縄文時代が始まったのが1万年~1万5000年前と言われてるので、さすがに笑ってしまう時間軸の壮大さ。 だから鬼舞辻無惨の白髪は「肉体の老化」を象徴していた模様。 9000年老化してもまだピンピンしてることに驚くしかありませんが、鬼舞辻無惨が本気モードになったとしても、本来であれば髪の色は黒だったはずです。 他にも鬼が人間に戻る薬や分裂阻害の薬、細胞破壊の薬を大量に取り込むなど、これでも無惨は弱ってる状態でした。 実際、珠代が鬼舞辻無惨を倒すようなもんだと思いますが、上弦の鬼など名前の由来が関係してる可能性がありそうです。 鬼舞辻無惨は「継国縁壱」に倒されかかる じゃあ、こんな最強すぎるラスボス・鬼舞辻無惨を倒す方法はあるのか?弱点はあるのか? 結論から書くと、鬼舞辻無惨は 既に「継国縁壱」に敗北済みです。 別記事も参照してもらうとして、継国縁壱とは生まれた当初から痣を持って生まれた最強の剣士。 鬼舞辻無惨にして「化け物」と言わしめた、正真正銘の鬼滅の刃最強キャラ。 ほぼ瞬殺に近かった鬼舞辻無惨は自らを爆破させて逃亡。 奥歯を砕くと鬼舞辻無惨の肉体は勢い良く弾け飛び、およそ1800に肉片が散らばったと述懐するのは継国縁壱。 その場で1500ほどの肉片は斬られたものの残りの「人間の頭部ほどの肉片」を集めて再生し、継国縁壱が死亡するまで無惨は雲隠れした。 だから鬼舞辻無惨であっても、物理的に倒そうと思えば倒せる模様。 本来は鬼舞辻無惨も完全無敵ってほどではない模様。 しかしながら、継国縁壱は400年ほど前に老衰で死亡済み。 最後の最後まで誰も傷付けることはできなかったそう。 そのため現時点で鬼舞辻無惨を倒せるキャラは存在しない。 一方、前述のように鬼舞辻無惨には大きな弱点が存在します。 【倒す方法】鬼舞辻無惨の弱点は「太陽光」と「絆」 じゃあ、こんな最強すぎるラスボスを倒す方法はあるのか?鬼舞辻無惨に弱点はあるのか? 結論から書くと、鬼舞辻無惨の 弱点は「日の光(日光)」。 いかに最強のフィジカルと戦闘力を持ってしても、太陽光を浴びるとボロボロに崩壊してしまう。 つまり、鬼舞辻無惨を倒せる唯一の方法は「太陽光」と言えそう。 実際、上弦の鬼相手ですら最後は太陽光で倒したことも少なくない。 逆に言うと、鬼舞辻無惨を直接破壊するのはやはり至極困難。 だから、鬼舞辻無惨は1000年以上も生き続けてるものの、常に夜間でしか外を動き回ることができない。 まさに屈辱そのもの。 当初は「青い彼岸花」と呼ばれる謎の植物が太陽光克服のカギと見られていたもの、既に鬼化した竈門禰豆子が「太陽光を克服」してる。 一方、柱や竈門炭治郎たち鬼殺隊は鬼舞辻無惨に「太陽光」を浴びせるため、夜明けまでの持久戦に持ち込む。 そう考えたら、鬼舞辻無惨を唯一倒せたとされる継国縁壱の最強っぷりが改めてヤバない? (鬼滅の刃201話 吾峠呼世晴/集英社) 結果、無惨の全細胞を取り込んだ竈門炭治郎は復活。 まさに最強の鬼が爆誕。 果たして、第二の鬼の王と化した竈門炭治郎は「永遠」を叶えることはできるのか?太陽光は克服できるのか?柱や鬼殺隊、人類の運命は?果たして、はどうなるのか? 鬼舞辻無惨のかっこいい名言まとめ 最後は「名言」を考察。 鬼舞辻無惨はめちゃくちゃ強いラスボスなんですが、中身もいろいろぶっ飛んでる。 端的に言うと、鬼舞辻無惨の性格はめちゃくちゃドS。 例えば、珠世。 かつて人間時代は病弱だった母親。 そこで鬼舞辻無惨は鬼化すれば生き延びられることを提案(誘惑)。 ただし、結果的に鬼化した珠世は理性を失って、自らの身内を殺してしまう。 激しく後悔した珠世は、鬼舞辻無惨を倒すために人間に戻す薬を開発するものの、最終的に珠世の復讐が叶うことはなかった。 とどめを刺される直前、珠世は「私の夫と子を返せ」と無惨に恨み辛みを言い残す。 それに対して、鬼舞辻無惨は「 ならばすぐさま死んで、己がころした身内の元へ行くがいい」と珠世の頭蓋を握りつぶす。 確かに間違ってはないんだけどさ…(笑)。 ということで、こんな鬼舞辻無惨の名言を考察していこうと思います。 そこで死を免れようと某下弦の鬼が「貴方様の血を分けていただければお役に立てます」と必死に主張。 それに対して、鬼舞辻無惨は「なぜ私がお前の指図で血を与えねばならんのだ?」と激おこ。 確かに弱いくせに要求だけはいっちょ前。 「違います違います」と必死に言い繕うとする下弦の鬼に対して出た鬼舞辻無惨の名言がこちら。 (鬼滅の刃16巻 吾峠呼世晴/集英社) 何故なら、鬼舞辻無惨には「 何の天罰も下っていない。 何百何千という人間を殺しても私は許されている。 この千年、神も仏も見たことがない」と不敵な笑みを浮かべて産屋敷の主張を退ける。 鬼舞辻無惨からすれば神や仏がいるのであれば、産屋敷一族に呪いをかけるのではなく、直接私を滅しに来ればいい…という理屈。 もはや神や仏すらも恐れる存在が我なのだ…とでも思ってそうな鬼舞辻無惨。 世の中の何事にも言えますが、たとえば罰が下っていないからと言って必ずしもその行為が世間に許されている行為であるかは別。 人間に戻す薬を吸収させられたものの、鬼舞辻無惨はそれすらも克服(ただし、最終局面では珠世の薬は無惨を倒すための伏線となる?)。 それでも鬼舞辻無惨はそれなりにダメージを負う。 そのため回復するために鬼殺隊の雑魚メンバーたちを次々と食らう。 (鬼滅の刃180話 吾峠呼世晴/集英社) そこで出た名言が「 千年以上生きていると喰い物(人間)が旨いという感覚もなくなってくるが、餓(かつ)えていた今の食事は実に美味だった」。 さながら『ハンターハンター』のも彷彿とさせる名言。 ここからは主に鬼舞辻無惨と竈門炭治郎が相対した以降の名言になります。 鬼舞辻無惨は上弦の鬼がほぼ全滅した状況に対して、「しつこい。 お前たちは本当にしつこい。 飽き飽きする。 口を開けば親の仇などバカの一つ覚え」とうんざりした表情。 そして、次に言い放った言葉が名言。 (鬼滅の刃181話 吾峠呼世晴/集英社) 「 お前たちは生き残ったのだからそれで充分だろう。 身内が殺されたから何だというのか。 自分は幸運だったと思って元の生活を続ければ済むこと」。 鬼舞辻無惨の頭の中には、自分が敗北・消滅する発想は微塵にない。 人間が家畜を食らうように、鬼舞辻無惨も人間を食らうだけ。 どうせ明日か明後日には食らうのだから、今日という一日を生きられるだけでありがたいと思いなさい…という鬼舞辻無惨の強烈すぎる上から目線。 「お前何を言ってるんだ?」と怒りと困惑の表情を浮かべる主人公・竈門炭治郎に対して出たセリフが名言。

次の

【鬼滅の刃】お館様の早すぎる死!鬼殺隊のためなら手段を選ばない!?産屋敷耀哉の驚くべき最期とは?

鬼舞辻無惨 名言

閲覧する際はご注意ください。 主人公のにとっては家族を惨殺し、を鬼へと変貌させた仇敵である。 その血は人間を鬼に変える事ができ、鬼にさらに血を与えると力が増強される。 この能力を持つのは、無惨ただ一人である。 存在が一定ではなく、ある時はモダンな紳士「月彦」、ある時は利発な少年「俊國」、ある時は妖艶な女性と、その時々で姿が変わる。 それだけに留まらず周囲の人間も『彼が昔から居た』かのように振る舞い対応する。 人として過ごしたり街に出る場合は、家族に見える人間を連れており、時には養子という形で富豪の家の一員になったりすることがある。 上記の通り自分の姿を不定期に変化させるが、彼が最も嫌うのは『変化』であり、自身は不変を好むと言う精神的に歪な面が見られる。 また、基本的に自身の部下である鬼に対しては、呪いを含めて常に情け容赦無い対応をしており、本人に落ち度が無くても機嫌によっては幹部に匹敵するであっても殺すほど。 下弦の処刑の際は、唯一気に入った反応を返したを除いて 四人を問答無用で処刑しており、残っている一人に関しても「自身の血による強化 (耐えきれない場合は死亡)」という生き残れるチャンスが有るだけの死刑宣告を行うなど、その容赦の無さは筋金入りである。 もっとも行き詰っても明確な打開策をもって動いていたなどに比べれば、処分された下弦達の考えの甘さも否定できない所ではある。 一方で鬼の中でも人間的な部分の少ない、鬼の中でも更に外道に落ちたタイプの鬼はかなりのお気に入りであり、自ら誘惑したり、自分の血を大量に分け与えるなど、それなりに優遇している。 また、や、も表にこそ出さないが気に入っている様子。 炭治郎がつけているとは過去の因縁があるようである。 人物 残忍無慈悲かつ傲慢に生きる怪物 極めて冷酷にして残忍であり人間だけでなく鬼に対してすら一切の慈悲を見せない。 その様は、鬼が元は皆人間であり、無惨の支配によって彼を無条件で狂信する者や、鬼となったことを苦しみ悔やんでいる者を見てから鬼を「虚しく悲しい生き物」と説いている炭治郎をして、 「本物の鬼」と言わしめたほど。 また、大切な者の仇を討つために自分の命を投げ出すのことを理解しておらず、 異常者の集まりだと思っており、 「お前たちは助かったのだからそれでいいだろう」「私に殺されるのは大災に逢ったのと同じだと思え」と言い放っている。 しかもよりにもよって自分が創り出した配下の鬼ではなく、 無惨自身の手で妹以外の家族を惨殺し妹を鬼にした炭治郎を前にしてこの台詞である。 家族の命と妹の人間性を踏みにじったばかりかそれをさも自然の摂理とばかりに語る姿に怒りの限界を超え、かつて無いほど冷たく腹の底まで厭悪が渦を巻く気持ちになった炭治郎は「 無惨 お前は 存在してはいけない生き物だ」と言い放っている。 自らを 「限りなく完璧に近い生物」と評しており、事実その強すぎる血の力は、一定量で人間を人喰い鬼へと変貌させるばかりか、受け手の人間側の素養を超えて注ぎ込んだ場合は、人間の細胞が変容に耐え切れず崩壊を起こすほどである。 このため自身は決して鬼殺隊と戦わず、人喰い鬼を増やしては、さらに精鋭たる『』を直属として選別して戦わせている。 一方で酔っ払いに絡まれた際は、周囲に人目がなく後に実行しているようにそのまま殺しても問題なかった筈なのに、 「青白い顔」と禁句を言われるまでは謝ってやり過ごそうとするなど、妙に冷静な部分があり、逆に無惨の不気味さを際立たせている。 ワンマン気まぐれ傍若無人の 概要の項にもある通り、基本的に部下である鬼に対しては無慈悲で、基本的に直接彼らの前に現れる時は、制裁か罵倒をする時のみであり、事あるごとに幹部を集めて理不尽な怒りをぶつけるその様は、読者からは とネタにされるほどである。 外見的な印象としては落ち着いた冷静な人間に見えるが、顔色が悪いと言う言葉に過剰に反応して人を殺したり、部下のミスに異常に腹を立てたりと、極度に短気な面がある。 言ってしまえば タチの悪い癇癪持ちであり、 歩く。 あまりにも部下を殺していることから、ファンからは 十二鬼月討伐数1位と言われたりすることも。 実際、作中で十二鬼月を葬った数では炭治郎の3体を超えて 5体(下弦4体+上弦1体)である。 特に下弦4体を無意味に殺したことによる損害は甚大。 作戦に動員できる面子を一気に失った結果、大規模な行動が取れなくなった事で鬼殺隊に鍛練の時間を与えてしまっている。 鬼同士は同族嫌悪の呪いにより連携がとれないものの、無惨が命令した通りの行動はできる。 なので無惨の作戦次第では、力の劣る4体も活躍できていた可能性はある。 彼らは「や鬼殺隊のと比較すれば劣る」という事であり、"下弦の伍"(つまり下から二番目)のでさえ、一般隊士にとっては数を集めて尚太刀打ち出来ない程の強力な敵だった。 更に言えば、十二鬼月ですらなく弱すぎると珠世に評されたとですら、当時の炭治郎一人では勝てなかった相手だった。 それでいていざ自らが戦場に立てば想定外の事態も理詰めで元を探り敵の勝ち目を潰し、常に即死級の攻撃を頻発しつつ堅実に敵を追い詰める冷静さと冷徹さを発揮し、 鬼の頂点たる化け物としての恐ろしさを見せつけている。 能力・技 詳細不明。 人間と比較すれば隔絶した能力を持つ鬼を更に大きく超越しており、人間を鬼化させる能力を唯一持っているなど、鬼とは別種の生物(上位種)と表現する方が近い。 このため で頚を斬り落とされてもに至ることは無い。 単純な身体的速度においても凄まじく、全力で逃げ出した"下弦の参"や、不用意な言葉を口にした""らの上位種の鬼を認識されるよりも前に一瞬で頚を刎ね飛ばしたり、己を包囲していた鬼殺隊隊士達を一瞬で虐殺したりなど、尋常じゃないという言葉ですら生温いほどの速度を持つ。 また、血液を自在に変形、操作できるようであり、血液を有刺鉄線状に変化させ敵を打ち据える『 黒血 枳棘(こっけつ ききょく)』などの技を持つが、に一蹴されても大した反応もなかったあたり、無惨からすればほんの小技程度の可能性が高く、未だ詳細不明。 このを抜きにしても、原初の鬼としての血を攻撃に混ぜるだけでも常人にとっては即死級の代物。 無惨が人間を鬼に変える以上の量を注入するだけで人間は即死するという、事実上猛毒を常に振るってるに等しい。 日輪刀で傷を付けても傷が付かなかったと誤認するほどの異常な速度の再生力を持つが、その不死性のからくりは 人型の肉体の中に心臓と脳をいくつも有しているため。 かつてが追い詰めた時点では、 心臓を七つ、脳を五つ有していた。 再生の結果なのか現代でもその異様な構造は健在であり、その不死性の要となっているようである。 後のに繋がる貴族階級の人間であったらしく、屋敷に住んでいた描写がある(もっとも千年以上前の事になるため、無惨と耀哉自身の血はもう近くないが、2人の顔は双子のように 瓜二つだと16巻のおまけページにて描かれている)。 先天的に虚弱な体質であり、母親の腹の中にいた頃から心臓は何回も止まり、生まれた時には脈も呼吸もなかったために死産だと言われ、荼毘に付されようという際に息を吹き返した。 当時の医師からは「二十歳になるまでに死ぬ」と言われていたが、そんな彼が少しでも生き永らえるようにと苦心していた善良な医師がいた。 医師は無惨の病状が良くなることを願い、まだ試作の段階であった新薬を処方したが、それでも悪化の一途を辿っていったことに腹を立てた無惨は、 背後から刃物で医師の頭を割り殺してしまう。 しかし皮肉なことに、それから間もなく薬の効果が現れ無惨の体調は良くなっていき、更には常人離れした強靱な肉体を手に入れる。 しかし、それと同時に日光の下に出られなくなり、人の血肉を欲するようになる。 食人衝動は 人を喰えば済むと問題にしていなかったが、昼間の行動が制限されてしまうことは酷く屈辱であった為に、彼は日の下でも死なない体となるべく医者が自分に処方した薬 『』の調合法を調べた結果、実際に青色のが使われていると突き止めそれを探し始めたが、1000年以上に渡って日本中を探し回っても、生息地や栽培法さえ解らないままであった。 そうして彼は日光の克服のために、 『青い彼岸花を見つけ出す』ことと、増やした 『同類の鬼たちから日光を克服できる者を生み出す』ことを最優先としてきたのである。 産屋敷家が代々短命を宿命づけられたのも、一族から無惨という怪物を生み出してしまった事による 呪いだと耀哉は語っている。 鬼に関しても後者の理由のため不本意に作り出しているようでの戦闘によってを発見した際には、初めて他人を罵倒なしで称賛した上で配下の鬼の存在を増やしたくもない同類とすら言い切っている。 髪は白く染まり、体の大半が大量の口がついた赤黒いものに覆われた異形の姿へと変貌を遂げ、とうとう 自らの手で鬼殺隊を殲滅することを宣言する。 覚醒後の戦闘・能力 これまでの鬼の多くがによる搦手を用いてきたのに対し、無惨は殆どそれを用いず、鬼としての人智を超えた身体能力に任せたゴリ押し戦術を用いる。 ゴリ押しとは言うものの、無惨の力自体が上弦の鬼すら比べ物にならない規格外のものなのでその脅威は計り知れず、 柱5人と炭治郎、、、の9人を同時に相手取った上で押す程。 また下記の「管」のように身体の構造自体が自由に変化し、その外見も攻撃手段も変幻自在。 管 両腕を変化させた肉塊の如き極太の管2本、背中から伸びる先端に骨の様な刃の着いた血管状の細い9本の管、合計11本の管を武器とする。 振るう管はリーチが非常に長い上に柱ですら回避が困難な程の高速で振るわれ、周囲の建造物をズタズタに引き裂く程の威力を持つ。 無論直撃すれば即死級の威力であるが、悪辣な事にこの管に掠っただけでも 傷口から無惨の血液を注入され、細胞を破壊されて死に至る。 なお、この管は無惨の意志によって自在に生やすことが可能である。 その為、上記の姿での戦闘に相手が慣れてきたタイミングで不意打ちのように管を増やして攻撃することも可能。 最終決戦では腿から他のものより高速で振るわれる8本の管を瞬間的に生やして攻撃することで、 無惨との闘いに光明を見出したばかりの7人に戦闘不能になる程の重傷を負わせて吹き飛ばした。 風の渦 全身に生じた口による吸息により 強烈な吸い込みを伴う風の渦を生じさせる。 この渦も言わずもがな凶悪な威力を誇り、触れた部分の肉が抉り取られるほど。 渦自体の大きさもある程度は調節可能。 回避しようにもあまりの吸引力に引き寄せられてしまう為、大振りな回避動作を取らざるを得なくなり通常の何倍もの体力を消耗してしまう。 無惨はこの渦を上述の触手と合わせて繰り出すことにより、触手を回避した相手の裏をかくように巻き込もうとしてくる。 空気弾 全身の口から吸息した後、その息を高圧で吐き出して攻撃する。 ただの空気と侮るなかれ、周囲の建造物や地面にクレーターを作る程の威力を持つ。 衝撃波 身体を斜めに横断する形の巨大な口を開き、稲妻のような衝撃波を放つ。 直撃を受ければダメージだけでなく神経の動きを狂わされ、を維持出来なくなる。 単純な攻撃ではなく血鬼術の一種の様であり、日輪刀を自身の体に刺すことで解除できる。 遠く離れた場所にいる筈のにも衝撃が届いていたが、これが「目」を使って戦況を把握していた為なのか技の効果なのかは不明。 相当に体力を食うらしく、9000年分の老いと激戦の疲労により連発は出来ず、伊之助相手に使用を試みた際には地面に十字の傷を刻んだだけで不発となった。 口 場所を問わず肉体を変化させ、牙口を作り出す。 覚醒直後にはこれを使い、鬼殺隊士を攻撃と同時に捕食して養分にしていた。 窮地に陥った際には巨大な口を作り眼前の炭治郎を噛み砕こうとしたが、が身を挺して防ぎきった。 肉の鎧 鬼殺隊の限界を超えた追撃と、遂に射した暁光の前に曝した最後の姿。 全身の肉を分厚く盛り上がらせ、人の背丈の数倍はあろう 赤子のような姿に変化する。 動きこそ鈍重になってしまうものの、その厚さをもって日輪刀を含むあらゆる攻撃に耐えることができ、短時間であれば日光の下でも活動ができるほか、機動力の低下を補うように地面潜航能力を使えるようになる。 また、その巨大な体躯と重さは強力な武器にもなり、無造作に拳を振り下ろすだけで自動車を叩き潰している。 残存した鬼殺隊数人がかりを列車の客車ごと押し返し、満身創痍とはいえ隊士数人以上の怪力を発するに拮抗してみせるなど、太陽光に全身を焼かれて格段に弱体化してさえ一厘でも力を抜けば逃亡を許しかねない。 しかし度重なる弱体化により、自慢の再生力は既に底を尽き、陽光の下に引きずり出されたとあって既に虫の息も同然の状態である。 もっとも言い換えるとこの最後の悪あがきの段階さえ予断を許さないのが無惨が無惨たる所以でもあり、鬼殺隊全員が死に体を引きずって命懸けの戦いを余儀なくされた。 戦績 遂に本気を出し、鬼殺隊殲滅に乗り出した無惨。 復活直後から鬼殺隊隊士たちを布切れのように引き裂き、復活後の養分に捕食しながら無限城を飛び回る。 途中、炭治郎とに遭遇して言葉を交わすも、炭治郎の逆鱗に触れる。 それも意に介さず葬り去ろうと襲い掛かるが、途中からにの脳を支配されてしまい、無限城の操作権限を掌握されて邪魔立てされたため、やむなく遠隔操作で鳴女の頭部を潰して無限城を放棄し地上に引き摺り出される。 大半の柱や主要隊士が揃う中で第二幕開戦となるが、脅威の不死身ぶりと圧倒的な破壊力で鬼殺隊を寄せ付けず、終始主導権を握っていく。 しかし、珠世が己が身に仕込んだ薬は人間返りだけではなかった。 ここから珠世の仕込んだ 「老化の薬」が効果を現し始め、無惨の体力そのものを奪い始める。 隙を見て飛びかかった炭治郎を『管』で昏倒させるも、今度は柱たちの猛攻が開始され、無惨への包囲網が徐々に形成されていく。 その合間で炭治郎は愈史郎に治療され復帰し、夢の世界でとの最後の語らいからの真髄を見出して無惨へ喰らいつく。 余りの鬱陶しさに、500年前同様に分裂して逃走を図るが、既に珠世の第三の薬 「分裂阻止」が無惨の肉体を蝕み、分裂による逃走を封じられてしまう。 なおも夜明けまで粘る鬼殺隊に、怒りを爆発させ襲い掛かる無惨。 夜明けまで小一時間を切ったその時、珠世最後の仕掛け 「細胞破壊の薬」によって最大の武器で再生能力に歯止めをかけられ、遂に窮地に立たされる。 敗色を察した無惨は、一も二もなく逃走を決意。 だが善逸・伊之助・カナヲたち新鋭の隊士が到着し、退路を断つべく奮戦。 隙を見て体勢を立て直した柱たちも加わり、一丸となって無惨を追い詰める。 その執念により、遂に夜空に暁光が射す。 急いで影に隠れんとする無惨に、炭治郎と義勇が喰らいつくと、無惨は肉の鎧を発動させて抵抗。 炭治郎を肉に巻き込んだまま暴れ、最後の抵抗を試みる。 そのまま明けの空の下、太陽に焼かれて遂に鬼舞辻無惨は朽ち果てた。 死の間際、彼は自身が死産の淵から甦ってこの世に生を受けたことを思い出す。 ただ「死なない」という一念に駆られ、捻じくれた精神をもってなお生に執着した男は、の信念と自らの敗北を認め、敵の力の大きさにようやく気付くのだった。 そして、自らの滅びを悟った彼は何世代にも数百年にも渡って自らに命懸けで挑んできた者たちの「想い」に感動する。 最期の最期で…孤独の鬼の王は自分以外の誰かに目を向け、また自身も彼らのようにことを決意する。 関連イラスト 関連タグ 関連・類似キャラクター• …関俊彦氏が過去に演じた鬼のキャラクター。 ただし、正反対。 …無惨のとある形態が似ている。 …中の人繋がりで性格も共通しており、真のすら似ている(まあ、こっちはどちらでもなくなったという結果だが)。 …中の人が同じ長寿のラスボス。 …中の人繋がり。 強さや性格、 やることが裏目に出ることなど共通点が多い。 … 「自身の滅びを恐れる」、「力を求める」、「部下に裏切らる」、「死ぬまで小物のまま」だったりと共通点が多いが、オーディンは無惨とは違って最終的には成長している。 …自身に対するコンプレックスから完璧な生命体になることを目指したラスボス繋がり。 関連記事 親記事.

次の

【鬼滅の刃】鬼舞辻無惨に関する7つの知識!鬼を統べる悪の正体とは?【鬼滅の刃】

鬼舞辻無惨 名言

【鬼舞辻無惨の形態の種類】 鬼舞辻無惨は全ての鬼の開祖であるため、様々な能力と形態を持っています。 その中でも、無惨の姿を大きく変化させた形態の種類を3つご紹介いたします。 男性や女性、大人や子供など、性別・背丈を関係なく自由な姿に変化することができます。 本編中での無惨は妻と子供を持つ家庭の夫になったり、裕福な家系の養子として引き取られた子供の姿になったりして、人間社会に溶け込んでいました。 手には刃のような鋭さと鞭のようなしなやかな伸縮性が生まれ、広い攻撃範囲と素早い動きで炭次郎ら鬼殺隊を追い詰めていました。 また、背中からは肉塊で作られた極太な管のようなものが無数に伸び、鞭のような手と共に使用することで避けられない攻撃を繰り出します。 身体中にある口は、攻撃の際にかなり強く吸い込むことで、敵を自分の近くに引き寄せるという力を持っています。 本編中の戦いでは、甘露寺蜜璃がその吸い込みによって引き寄せられ、戦線を離脱するほどの重傷を負いました。 触手や口で繰り出す攻撃は、ただダメージを与えるだけではなく、相手の傷口に自身の血を送り込むという能力も持っています。 無惨の血を受けた人物は、その傷口から体の細胞が破壊されていき、死に至ります。 竈門炭次郎や冨岡義勇も、無惨の血液によってかなり苦しめられていました。 無惨は戦闘における強さの他にも、並外れた再生能力も持っています。 本編中で蛇柱・伊黒小芭内や恋柱・甘露寺蜜璃の刀を受けた時には、切られた瞬間に再生して切断することさえできませんでした。 元の細身の体では一瞬で日光によって体が灼かれてしまうため、日光で肉体が焼かれるのを遅延するために使用していました。 Sponsored Link 【鬼舞辻無惨の最期】 日光が差し込む中で鬼殺隊士たちに勝てないと感じた無惨は、巨大な赤ちゃんへと変化して力尽くで逃げ出そうとしました。 無惨の急な巨大化と凶暴化、そして赤ちゃん化によって、鬼殺隊とその他のメンバーも驚きを隠せません。 そんなことは知らぬと無惨は、赤ちゃん化の肉の膨張と共に近くにいた炭次郎を取り込みながら、なんとかその場を逃げ出そうとします。 鬼殺隊やその仲間たちも、日輪刀で攻撃したり、車で体当たりをしたり、渾身の力で無惨を足止めしていました。 最終手段として地面に潜って逃げようとした無惨でしたが、肉の鎧の中に入っていた炭次郎によって、内部からこの鎧を破壊されてしまいます。 そして無惨は日光によって灼きつくされ、身体が完全に消滅しました。 「無惨の最期の抵抗」 自分の死を覚悟した無惨は、赤ちゃん化した体の中に取り込んだ竈門炭次郎を最後の希望とし、炭次郎の体の中に自分の細胞を移動させていました。 それによって、炭次郎は無惨の細胞を受け継いで鬼と化し、鬼殺隊士たちを襲い始めます。 しかし、微かに人間としての意志を持っていた炭次郎は、一番近くにいた禰豆子の呼び声にかすかに反応していました。 そこにカナヲが現れ、残された最後の一つの鬼を人間に戻す薬を炭次郎に打ち込みます。 その薬によって炭次郎は意識を戻し、炭次郎に移動した無惨の細胞も完全に消滅したのです。 【「鬼滅の刃」を読むなら「U-NEXT」がおすすめ】 「鬼滅の刃」を取り扱っている電子書籍をービスは多数ありますが、それらの中でも特におすすめしたいサービス 「U-NEXT」です! なぜ、 「U-NEXT」のサービスがおすすめなのか?以下にて説明致します。 そちらに登録することにより加入特典として600Pがプレゼントされるので、このポイントを利用することにより「鬼滅の刃1冊(1~最新巻まで)」無料購読できる。 登録日から31日間を過ぎると月額料金が自動で発生します。 継続利用するつもりがない人は、登録日から31日以内の解約をお忘れなく。 U-NEXTで配信している全ての作品が見れる訳ではありません。

次の