コイケル ホン ディエ。 コーイケルホンディエってどんな犬種?性格、子犬の価格と注意すべき近親交配

コーイケルホンディエの性格や特徴、しつけや寿命、飼い方は?

コイケル ホン ディエ

子犬価格• 日本でも専門のブリーダーがいますが数が少なく、年間に90頭前後しか生まれていません。 コーイケルホンディエのおすすめドッグフードや餌代は? コーイケルホンディエは、アレルギー性やアトピー性の皮膚疾患になりやすい犬種です。 フードを選ぶ際は、 穀物や人工添加物を使用していないかどうかを必ずチェックするようにしてくださいね。 また、遺伝的要因が多いですが股関節形成不全にもなりやすいので 関節のケアに良いとされる成分や筋肉の維持に欠かせない「タンパク質」が豊富に含まれているフードがおすすめですよ。 おすすめドッグフード コーイケルホンディエにおすすめのドッグフードは「モグワンドッグフード」です。 主原料として使用されているのはサーモンのほか低脂質・高タンパク質のチキン。 コーイケルホンディエの丈夫な骨格や筋肉をつくり維持するのをサポートしてくれますよ。 飼育に必要なグッズ• ケージ• 食器類• トイレ用品• ケア用品• 首輪・リード コーイケルホンディエを飼育するためには、「ケージ」「食器類」「トイレ用品」「寝床」「ケア用品」「首輪・リード」などが必要です。 総額で5万円で揃えることができます。 ケージ ケージは屋根つきを用意しておくと脱走の危険がなく安心です。 成長期のコーイケルホンディエの骨は完成してなく柔らかい状態です。 連続でジャンプしたり負担をかけると後天的に膝蓋骨脱臼などの病気を起こす場合もあります。 床材を滑りやすいフローリングなどでなく、衝撃吸収性があり滑らないラグなどを敷く対策も必要ですよ。 合計2万円程度で購入できます。 食器類 食器は100円ショップで販売されている物でも問題はありませんが、プラスチック製だと食べているときに動いて食べ辛かったり、噛んだときに傷がつき雑菌が繁殖したりして不衛生になります。 陶器製、金属製の重量のある食器を選んでくださいね。 1000円程度で揃えられますよ。 トイレ用品 トイレ用品とは、ペットシーツとそのペットシーツを入れておくトレイのことです。 誤飲を避けるためにもメッシュ状の網がついたトレイを選び、トイレシーツは100枚入り1000円程度で購入できます。 寝床 毛布やペットベッドなどの寝床も用意しますが、トイレトレーニングが成功しトイレをしっかり覚えてから用意します。 最初のうちは洗いやすい毛布やバスタオルを活用すると、トイレを失敗した場合に丸洗いすることができてもしものときに便利ですよ。 子犬用のベッドは約3000円程度です。 ケア用品 コームやスリッカーブラシ、ピンブラシなどのブラシや、犬用の爪きり、シャンプー・リンスーなどのケア用品も用意しておきます。 軽く梳かす程度ならコームを抜け毛を取るならスリッカーブラシを使用します。 毛が長い耳の周りやおしり、尻尾の飾り毛はコームを使って、その他全身はピンブラシかスリッカを使って毎日ブラッシングをすると綺麗な毛並みを維持できますよ。 それぞれ1000円程度で購入可能です。 首輪・リード 首輪による「首が絞まる」「どこかに引っ掛ける」「首からずれて口に移動する」などの事故は、成長に合わせてぴったりなサイズを選ぶことで防ぐことができます。 3000~5000円程度で様々なタイプの首輪やリードが選べます。 コーイケルホンディエの飼育はどのくらいお金がかかる? 生涯かかる合計費用• コーイケルホンディエの飼育にかかる初期費用は「子犬価格」を40万円とすると「飼育環境」を合わせて約50万円です。 年間費用には「餌代」「ケア用品」「トイレ用品」「医療費 ワクチン代 」が含まれます。 小型犬の医療費は年間3万円ほどなので、年間費用は15万円です。 コミュニケーションをたくさん取ろう! 運動量は、1日2回20~40分程度の散歩を行います。 比較的ストレスのたまりにくい犬種ですが、飼い主とのコミュニケーションはたくさんとってあげてください。 可愛らしい中型犬コーイケルホンディエにぜひ癒やされてみてくださいね。

次の

コイケルホンディエはどんな犬?性格・寿命・値段などの特徴を知ろう

コイケル ホン ディエ

コーイケルホンディエってどんな犬? photo by コーイケルホンディエの魅力について• 上品かつ茶目っ気たっぷりなルックス• 狩猟犬らしからぬ穏やかさ• 頭が良くてしつけしやすい 日本で人気の「キャバリアキングチャールズスパニエル」にも似た容姿をしているコーイケルホンディエ。 その茶目っ気たっぷりなルックスは非常に愛らしく、原産国オランダでは多くの人々から愛されています。 また、耳や足、しっぽには繊細な飾り毛が付いており、エレガンスな雰囲気を漂わせます。 歩くたびにヒラヒラと揺れる飾り毛は非常に上品で、思わず目を惹きつけられます。 そんなコーイケルホンディエはかつて狩猟犬として活躍していました。 狩猟犬といえば、血気盛んで攻撃的なイメージを抱きますが、この犬種にはそのような性格がほとんど見られません。 むしろ全犬種の中でも群を抜くほどの穏やかさを備えています。 攻撃性は皆無と言えるため、小さな子供がいる家庭でも飼育することが可能です。 また、コーイケルホンディエはとても頭が良く、しつけしやすいです。 知識の吸収も早く、ワンちゃんを初めて飼う方でもスムーズにしつけが行えます。 さらに、昔から人間のパートナーとして生活してきた犬種なため、かなり従順な性格をしています。 自立心もさほど高くありませんので、飼い主の指示には素直に従うでしょう。 コーイケルホンディエの歴史 オランダ原産のコーイケルホンディエは、16世紀ごろから生息していると言われています。 当時の絵画にもコーイケルホンディエらしきワンちゃんが登場しており、昔から多くの人に愛されていたことが分かります。 また、この犬種はカモ猟やアヒル猟を行う狩猟犬として活躍していたそうです。 この「コーイケルホンディエ」という名前も、オランダ語で「カモ猟の犬」を意味しています。 猟の仕方はとてもユニークで、飾り毛がついた自らのしっぽをエサにして、ターゲットをおびき寄せていたそうです。 視覚ハウンドや嗅覚ハウンドのように走って追いかけるわけではなく、獲物をおびき寄せるスタイルはなんとも優雅で、品格溢れる見た目のコーイケルホンディエにピッタリですよね。 しばらくは狩猟犬として愛されていたコーイケルホンディエですが、その陽気な性格や端正なルックスで貴族たちを虜にし、徐々にペットとして可愛がられるようになります。 しかし、20世紀に入ると第2次世界大戦が起こってしまい、個体数が一気に減ってしまったのだとか。 一時は全世界でたったの5頭しか生き残りがいなかったと言います。 絶滅の一途をたどるコーイケルホンディエでしたが、バーデンブルク男爵夫人が熱心に繁殖を行ったことで、なんとか絶滅の危機を回避することに成功。 その後、1971年にオランダケネルクラブ(オランダの畜犬団体)にて正式な犬種として認められました。 ただ、この犬種は原産国オランダ以外では非常に個体数が少なく、レアな犬種として知られています。 日本でも当然飼育頭数は少なく、日本最大級の畜犬団体「ジャパンケネルクラブ」の調査によると、国内ではたった94頭しか飼育されていないそうです。 (2018年現在)とはいうものの、年々飼育頭数が増えてきているため、人気犬種になる日もそう遠くはないでしょう。 コーイケルホンディエの性格・性質• フレンドリー• 活動的 コーイケルホンディエは非常に陽気な性格をしています。 どんな時でも明るく振舞ってくれますので、お迎えすると家庭内がパッと明るくなります。 さらに、家族を楽しませようとする気持ちが強い犬種なため、時には笑いを提供してくれることもあるでしょう。 また、コーイケルホンディエは全犬種の中でもトップクラスのフレンドリーさを備えています。 それゆえ子どもやワンちゃん、初対面の相手など、誰に対しても愛想良く接することができるのです。 さらに、環境適応能力にも優れているため、どんな家庭にでも素早く馴染めるでしょう。 そんなコーイケルホンディエは元々狩猟犬として活躍していましたので、かなり活動的です。 体を動かすことが大好きで、アウトドアやお出かけにも嬉しそうについてきます。 そのため、愛犬と一緒に出掛けたり、アクティブに遊んだりしたいという方におすすめです。 コーイケルホンディエのお手入れ コーイケルホンディエは長毛種である上に耳や足、しっぽなどに細くて絡まりやすい飾り毛が付いているため、毎日のブラッシングが欠かせません。 少しでもブラッシングを怠ってしまうと、体の至るところに毛玉ができたり、フェルト生地のような塊ができたりしてしまいます。 美しい被毛を維持するためにも、こまめなブラッシングは忘れないようにしましょう。 また、コーイケルホンディエは垂れ耳ですので、週に2~3回程度の耳掃除が必要です。 実は垂れ耳は立ち耳に比べると通気性が悪く、ニオイや汚れなどが溜まりやすくなっています。 そのため、定期的な耳掃除を行わなければ、悪臭が漂ったり、中耳炎や外耳炎などの疾患にかかったりしてしまうのです。 愛犬に辛い思いをさせないためにも、週に2~3回の耳掃除はきちんと行いましょう。 コーイケルホンディエの飼い方の注意点 コーイケルホンディエはタフでスタミナのある犬種ですので、毎日の散歩が必要不可欠です。 散歩は1日2回、1時間前後行うことが理想ですが、それだけでは運動量が足りない可能性があります。 体力をきちんと消費させるためにも、散歩に加えて週に1~2回はドッグランで走らせたり、プールで泳がせたりしましょう。 また、コーイケルホンディエは運動神経が良いため、ドッグスポーツに挑戦させてあげるのもおすすめです。 ドッグスポーツの中でも「アジリティ」と呼ばれる障害物レースを得意としており、大会でも表彰台の常連となっています。 アジリティは、ハードルやトンネルなどの障害物を飼い主の指示によってクリアしていくスポーツで、頭の良さと身軽さを兼ね備えているコーイケルホンディエにはピッタリだといえます。 そんなコーイケルホンディエは家族が大好きで、常に一緒にいることを好みます。 それゆえ、長時間の留守番をさせる家庭やスキンシップの時間をあまり取れない家庭には不向きです。 ひとりぼっちの時間が多ければ多いほど大きなストレスを抱えてしまい、円形脱毛や自傷行為などが目立つようになりますので、できるだけコーイケルホンディエと一緒にいる時間を設けてください。 遺伝疾患としては「セロイドリポフスチン脳症」「フォンヴィレブランド病」「遺伝性壊死脊髄障害」が挙げられます。 これらの病気は命にかかわる重大な症状を引き起こすため、事前に遺伝子検査を行って疾患を持っていないか調べておきましょう。 ゴミ箱を漁ってみたり、わざと飼い主の前でティッシュを散らかしてみたり、飼い主の気を引くためなら何でもやってしまいます。 ただ、悪気があってイタズラしているわけではありませんので、頭ごなしに叱らないようにしてくださいね。 もし他のカラーがあるならば、それはコーイケルホンディエと別犬種のミックスではないでしょうか。 コーイケルホンディエをお迎えしよう! コーイケルホンディエの基本データ コーイケルホンディエの大きさ 35~40cm コーイケルホンディエの体重 9~11kg 平均寿命 12~13歳 原産国 オランダ コーイケルホンディエのカラー• レッド&ホワイト コーイケルホンディエのカラーはレッド&ホワイト1色のみです。 このカラーはホワイトベースに、オレンジレッドの模様が体の至るところに入っています。 全体的に明るいカラーで構成されているため、とても親しみやすい雰囲気が漂っています。 ミックス犬ってどう? 現在日本では、純血統の犬種同士を掛け合わせた「ミックス犬」が人気を博しています。 特にトイプードルやチワワなどの人気者同士を交配させることが流行しており、ペットショップにも多く並びます。 このミックス犬の大きな特徴としては、性格も容姿もまったく同じ子がいないということが挙げられます。 また、成長するまでどのような見た目になるか予想ができませんので、成長段階を楽しめることも人気の理由のひとつです。 ただ、コーイケルホンディエは個体数自体が少ないため、ミックス犬はいませんでした。 もう少し人気の犬種になれば、きっとコーイケルホンディエと別の犬種を掛け合わせたミックス犬が誕生するはずです。 どちらを選ぶかは飼い主の好みになるでしょう。 また、あくまで参考程度になりますが、一般的に女の子は落ち着きがあって飼育しやすく、男の子は甘えん坊な子が多いと言われています。 そもそもこの犬種はペットショップにはほとんど出回りませんので、多くの人がブリーダーからとなるでしょう。 また、ブリーダーの数自体も少ないため、お迎えされる場所は限定されてしまいます。 その中でも、広島県のブリーダーは全国平均価格と同じ価格で販売しているようですので、コーイケルホンディエをお迎えする際は広島県のブリーダーを検討してみてはいかがでしょうか?.

次の

コイケルホンディエはどんな犬?性格・寿命・値段などの特徴を知ろう

コイケル ホン ディエ

コーイケルホンディエの性格 日本国内で犬籍の登録や血統書の発行、犬の飼育に関する指導などを行っている一般社団法人によると、コーイケルホンディエはオランダ原産の猟犬です。 「コイケル」などの愛称で呼ばれています。 風貌はボーダー・コリーと似ていますが、大きさは一回り小さく、毛色も異なります。 オランダに古くからいた犬種で、中世の絵画にも似た犬が描かれています。 猟犬として、ふさふさとした尻尾を振ってカモを呼び寄せることを仕事としていました。 一般的な猟犬と違って、自分で獲物を狩ることはしません。 時代の流れとともにカモ猟が行われなくなると数が減り、一時は絶滅が危ぶまれました。 しかし第二次世界大戦のころ、オランダのハーデンブルグ夫人がコーイケルホンディエの再興をはかります。 夫人はわずかに残っていたコーイケルホンディエを見つけて繁殖を行い、その努力のかいあって1971年にはついにオランダのケネルクラブに公認されました。 性格は陽気で気立てがよく、おおらかでフレンドリーです。 神経質さや攻撃性はほとんど見られません。 活発で人と過ごすのが大好きですので、飼い主と一緒にドッグスポーツを楽しむのに向いています。 コーイケルホンディエの平均体重 コーイケルホンディエの平均体重は、9kg~13. 5kgほどです。 オスのほうが若干大きくなる傾向があります。 コーイケルホンディエの平均体高 コーイケルホンディエの体高は、ジャパンケネルクラブにおいてオスが40cm、メスが38cmとされています。 この数値より上はプラス2cm、下はマイナス3cmまでは許容されます。 平均値としては35~40cm程度でしょう。 コーイケルホンディエの毛色(カラー) ジャパンケネルクラブで認められている毛色は、ホワイト&オレンジレッドのみです。 耳先に見られるブラックの毛は、イヤリングと呼ばれています。 オレンジレッドに多少のブラックが混ざったもの、およびわずかにティッキング(小さな斑)があるものも許容されますが、あまり望ましくありません。 肢にあるわずかなスポット(斑)は許容されます。 頭部にはブレーズ(両目の間に入る白いライン)が入っています。 ホワイト&オレンジレッド• ホワイト&オレンジレッド コーイケルホンディエが成犬になるまでの期間 コーイケルホンディエは中型犬ですので、成犬になるのにかかる期間は10~12カ月ほどです。 コーイケルホンディエの鳴き声 コーイケルホンディエはさほど吠えやすい犬種ではなく、興奮したときなどに吠える程度です。 鳴き声は高くも低くなく、一般的な中型犬の声量です。 コーイケルホンディエがかかりやすい病気 コーイケルホンディエは一度は絶滅の危機に瀕し、わずかに残されていた犬から繁殖させてきた歴史があるため、遺伝病が発症しやすい犬種です。 子犬を迎える際は、きちんと遺伝病対策を行っているブリーダーから迎えるべきでしょう。 病名 時期や症状 治療費 股関節形成不全 急激に成長することによって骨と筋肉のバランスが崩れ、股関節が変形してしまう遺伝性の病気。 15~40万円 フォン・ヴィレブランド病 出血が止まりにくくなる遺伝性の病気。 根本的な治療法は存在しない。 不明 てんかん 脳の機能に異常が発生し、けいれんなどの症状が出る病気。 2~20万円 遺伝性壊死性脊髄症(ENM) コイケル麻痺とも呼ばれる遺伝性の病気。 根本的な治療法は存在しない。 不明 多発性筋炎(PMN) 皮膚や筋肉に炎症が起こる遺伝性の病気。 根本的な治療法は存在しない。 コーイケルホンディエはダブルコートの被毛を持っています。 さらに日本より気温の低いオランダ原産であることをふまえると、暑さには弱い犬種だといえます。 夏場は熱中症に気をつけなくてはいけません。 陽気を感じる季節になったら、窓を開けて風を通し熱がこもらないようにするなどの対策を始めましょう。 夏期には昼も夜もエアコンをつけ、快適な室温と湿度を保ちます。 暑い日は日中の散歩を避け、気温の下がった時間帯にします。 アスファルトやコンクリートなど、夜になっても熱いままの場所を歩かせるのはやめましょう。 外出時には、いざというときに体を冷やせる保冷剤を持ち歩くと安心です。 留守番をさせるときに部屋のエアコンを切ったり、エアコンのついていない車内に放置したりすることも大変危険なのでやめましょう。 コーイケルホンディエの体臭 コーイケルホンディエは垂れ耳の犬種ですので、ケアを怠ると耳が臭うことがあります。 定期的にチェックしてきれいにしてあげましょう。 総合的に見ればさほど臭いのきつい犬種ではありません。 コーイケルホンディエの飼い方 コーイケルホンディエは人間と過ごすことが好きな犬種です。 夏場の熱中症を予防するためにも、基本的に室内で飼育しましょう。 個体差はあるものの人間の子どもにもおおらかに接することができるため、小さな子のいる家庭でも飼うことができます。 ただし、かなりフレンドリーな性格ですので、番犬にはあまり向いていません。 活発で運動が大好きですので、散歩のほかにフリスビーやボール遊び、アジリティなどを取り入れてあげると喜びます。 犬と一緒に出かけたりアウトドアを楽しみたい人に向いているでしょう。 日本では希少犬種ではあるものの、毎年70~100頭前後がジャパンケネルクラブに登録されており、国内繁殖の子犬を迎えることが可能です。 遺伝病が多い犬種ですので、病気について知識のある、信頼できるブリーダーを探すのが近道でしょう。 ドッグフードの量・回数 基本的に成長に合わせた総合栄養食を記載量の通りに与えていれば問題ありません。 成長途中である子犬のうちは、丈夫な体を作るためのカルシウムやタンパク質が多く必要です。 エネルギーを効率的に吸収でき、なおかつ消化のいい子犬専用のフードを与えましょう。 成長が止まったら、成犬用のフードに切り替えます。 フードの種類によって給餌量は異なりますが、子犬の場合は1日摂取量を3~4回に分け、ふやかして与えます。 成犬になれば基本的には1日2回で問題ありません。 成長が止まったら、成犬用のフードに切り替えます。 成犬に栄養を与えすぎると肥満の原因にもなります。 子犬用のフードでは栄養過多になってしまいますので、適切な時期に切り替えるのが重要です。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 コーイケルホンディエは活発な犬種ですので、散歩は毎日連れていってあげましょう。 1日1~2回、30~40分程度が目安です。 ときどき散歩の時間を長めにとったり、ドッグランに連れていったりしてあげると喜びます。 ボール遊びやアジリティで、コミュニケーションを取りながら体を動かすのもいいでしょう。 泳ぎが得意な個体も多く、水辺やプールで遊ばせるのにも向いています。 運動不足は肥満のみならずストレスの原因にもなり、性格が攻撃的になる、問題行動が増えるといった弊害があります。 心身の健康のために、しっかりと体を動かす機会を作ってあげましょう。 コーイケルホンディエのしつけ方法 コーイケルホンディエは、注意深くよく飼い主に服従する性格からしつけはしやすいといわれています。 騒々しさのない穏やかな犬種ではありますが、家庭や地域で人と生活するうえでしつけは欠かすことができません。 しつけのためには、飼い主と犬との信頼関係が重要です。 人間がリーダーだと教えるために、感情的にならず毅然とした態度で接し、日常的に正しいコミュニケーションをとりましょう。 トレーニング中に失敗したとしても、叩いたり頭ごなしに叱ったりするのはもってのほかです。 人間の子どもと同じように上手にできたときは愛情を注いで褒め、ルールを覚えさせていきましょう。 トイレのしつけ方 室内で犬を飼うときに重要なのがトイレのしつけです。 コーイケルホンディエの子犬を迎えたらすぐにトイレのしつけをしましょう。 しつけの開始時期が遅れると、犬が勝手にトイレの場所を決めてしまい、矯正するのが難しくなってしまいます。 トレーニング中に失敗したときは淡々と片づけ、イライラしないのが大切です。 もし、里親制度や保護犬譲渡制度を利用して成犬を引き取るのであれば、子犬以上に根気よくしつける覚悟が必要です。 成犬になると排泄回数が減るぶん、トレーニングには時間がかかります。 吠え始めたら注意深く観察し、なぜ吠えているのかを探る• 玄関のチャイムなど物音を警戒して吠えているのであれば、チャイムの後におやつをあげるなどして喜ばせ、音に対する警戒心を取り除く• 何かを要求しているのであれば、あえて犬の前から姿を消し、吠えなくなってからおやつをあげるなどして「吠えるのをやめるといいことがある」と教える• 人に対して吠えるのであれば、その人からおやつとあげてもらうなどして、安心させる 噛み癖のしつけ方法 フレンドリーな性格とはいえ、噛み癖があると思わぬトラブルに発展してしまいかねません。 個性を見極めつつしつけをしていきましょう。 歯が生え替わる時期は、しきりにものを噛もうとします。 これは乳歯が抜ける前の違和感による行動で、通常は永久歯が生え揃えば落ち着くため問題ありません。 噛んでもいいおもちゃなどを与えましょう。 「恐怖」「ストレス」「要求」など、噛む原因を探る• 恐怖心から噛むときは、スキンシップを取りつつ怖いと思わせる原因を取り除く• ストレスから噛む場合は、散歩の時間や回数を増やすなど、ストレスの原因を取り除く• 何かを要求して噛むときは無視して犬の前から姿を消すなど、噛むと遊んでもらえないことを教える 待てのしつけ方法 犬の行動をコントロールするための「待て」は、いたずらをやめさせるときなどに役立つしつけです。 ドッグランやドッグカフェ、動物病院など、社会性を求められる場所でも効力を発揮します。 コーイケルホンディエはおおらかで温厚な性格ですが、興奮したときなどのは動きを制御する必要が出てきます。 トラブルなく過ごすためにも「待て」のしつけは重要です。 「待て」は、「おすわり」や「伏せ」ができることが前提のしつけです。 「待て」の前に、「おすわり」「伏せ」のトレーニングをしておきます。 「おすわり」か「伏せ」をさせる• 「待て」の合図を出し、そのままの姿勢で動かずにいられたら「よし」などの合図と同時におやつをあげる• 「待て」の時間を少しずつ伸ばし、「待て」をするとおやつがもらえることを教える 留守番のしつけ方法 コーイケルホンディエは、元気で活発な犬種です。 留守番の最中に分離不安から暴れたりいたずらをしたりすれば困ったことになりかねません。 甘えるのが好きな一面もあるため、個体によっては留守番が大きなストレスとなる可能性もあります。 犬も人も安心して過ごせるようにトレーニングをしましょう。 留守にする前に犬が快適に過ごせるよう夏や冬などはエアコンを効かせ、飲み水をたっぷり用意しておきます。

次の