エクセル を ワード に 張り付け。 もう困らない!エクセル、Word間のコピー&ペーストをスムーズにする小ワザ

エクセル(Excel)の表をワード(Word)に貼り付ける方法3つ [ワード(Word)の使い方] All About

エクセル を ワード に 張り付け

Excelで作成した表をWordへ貼り付けて利用する:Word ワード 2010基本講座• Excelで作成した表をWordへ貼り付けて利用する スポンサードリンク はじめに• Excelで作成した表をコピーしてWordへ貼り付けて利用する方法です。 貼り付ける形式によってWord2010での表示に違いが出ます。 このページでは貼り付ける形式による違いを書いてみたいと思います。 Excelの数式をWordでも利用したい場合は、「Microsoft Excel ワークシート オブジェクト」として貼り付ける方法があります。 をご覧ください。 Word2010へ貼り付けるとき、または、貼り付けた後で「貼り付けのオプション」を使うことでどのような違いがあるのか? ・・・ということを調べてみたいと思います。 Excel2010で計算表を選択して[コピー]を実行します。 貼り付けのオプションが表示されます。 もしくは、[貼り付け]ボタンをクリックします。 コピー内容が貼り付けられて、右下に貼り付けのオプションが表示されます。 貼り付けのオプションを使うことで、貼り付けられたものの見た目が大きく異なります。 元の書式を保持 既定の設定です• 「元の書式を保持」を選択すると、元の書式が保持された状態で貼り付けられます。 Excelで枠線だけの場合は、Wordでは罫線は非表示の状態で貼り付けられます。 下図で表示されている 青い破線は表のグリッド線で印刷はされません。 Excelで設定していた書式 セルの塗りつぶしの色やフォントの色など がそのまま反映されています。 貼り付け先のスタイルを使用• 「貼り付け先のスタイルを使用」を選択すると、元の書式(Excelでの書式)は無視されているのが分かります。 リンク 元の書式を保持• 「リンク 元の書式を保持 」を選択すると、元の書式を保持した状態で貼り付け元とリンクが張られます。 リンク元のExcelのデータが変更されると、Wordのデータがリンク(参照)しているので同じように変更されます。 Excelのリンクされているデータを一部変更しました。 Wordでリンクしている文書を開くと、下図のメッセージが表示されます。 [はい]ボタンをクリックしました。 Wordのリンク貼り付け部分が変更されました。 リンク(貼り付け先のスタイルを使用)• 「リンク(貼り付け先のスタイルを使用)」を選択すると、元の書式を保持せずに貼り付け元とリンクが張られます。 「図」を選択すると、コピーした部分が図として貼り付けられます。 テキストのみ保持• 「テキストのみ保持」を選択すると、テキスト(文字列)が貼り付けられます。 元の書式は無視されます。 表の部分は「Tab」に置き換えられています。 貼り付けの時の既定の設定を変更することができます。 Wordのオプションが表示されます。 [詳細設定]の「切り取り、コピー、貼り付け」の項で既定の設定を変更することができます。 スポンサードリンク |||Excelで作成した表をWordへ貼り付けて利用する.

次の

Excelで作成した表をWordへ貼り付けて利用する:Word(ワード)2010基本講座

エクセル を ワード に 張り付け

Office系ソフトを使うとき意外にも大活躍するのがコピー&ペースト。 インターネット上で検索をかけるときや、同じOffice系ソフト内では気軽に使っている機能ですね。 しかし、エクセルとWordなど、異なるソフト間でデータのコピー&ペーストを行う際、思うようにデータを貼り付け(ペースト)することができずに困ったことはありませんか? そんなときは、「貼り付けのオプション」を正しく活用することが重要です。 そこで、ここでは、書類を作成するときに便利な貼り付けオプションを紹介します。 エクセルの表をWordに貼り付け 簡単な売上報告書の作成を例にして、エクセルで作成した表をWordに貼り付ける手順をご紹介します。 まず、エクセル上で貼り付けしたい範囲(作成した表)を選択し、右クリックでコピーします。 次に、Word上で操作を行います。 [Word2007の場合]Word上で表を貼り付けしたい場所にカーソルを合わせ、ホームの「貼り付け」から「形式を選択して貼り付け」を選びます。 表示される一覧から「Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト」を選択します カーソルを合わせた場所に表を貼り付けることができます。 エクセルの表をオブジェクトとしてWordに貼り付けると、Word文書上でエクセルのように表を修正することができます。 エクセルデータを貼り付けてから、表を修正することになった場合に便利です。 エクセルの表が変更されたとき、Wordに貼り付けた表も連動して変更する方法 「形式を選択して貼り付け」の一覧の左側にある「リンク貼り付け」を選択して貼り付けましょう。 すると、エクセルの表に変更が加えられたとき、Wordに貼り付けた表も同じように変更されます。 どちらか一方の修正で済むので、作業を一段階省くことができます。 Wordでの表作成はエクセルに比べてやや制約が多く、思ったようなものが作成できないことがあります。 文章をWordで、表をエクセルで作成することにより、見やすく綺麗な報告書になります。 Wordの文章をエクセルに貼り付け 次はシフト表の作成を例にとって、Wordで作成した文章をエクセルに貼り付ける方法をご紹介します。 最初に、貼り付けしたい文章をWord上で選択し、コピーします。 次に、エクセル上で操作を行います。 文章を貼り付けたいセルを選択して、ホームの「貼り付け」から「形式を選択して貼り付け」を選びます。 一覧から「Microsoft Office エクセル ワークシート オブジェクト」を選択します。 この方法で、Wordで作成した文章をエクセルに貼り付けることができます。 エクセルに文字を入力する際は、セル内に収めることが必須になります。 Wordで作成した文章を貼り付けることで、セルの位置や大きさに関係なく文章を配置することができるのです。 エクセルからWord、Wordからエクセルのどちらの方法でも、データをオブジェクトとして挿入することで、シートや文書上で好みの位置に移動することができます。 レイアウトの変更にも対応できる方法として、オブジェクトとしての貼り付けをご紹介しました。 まとめ エクセル、Word間のデータの貼り付けは、わかってしまえば気軽に使えますね。 コピー&ペーストは、誰でも知っている基本操作の1つ。 異なるOffice系ソフトの間でデータをコピー&ペーストする方法を覚えると、文章と表をそれぞれに適したソフトで作成してから貼り付けすることができ、作業効率のアップにつながります。 わかりやすく綺麗な書類は、社内外を問わず喜ばれます。 今回ご紹介した貼り付けオプションを使って、書類作成の達人への第一歩を踏み出してみませんか。

次の

ワード、エクセルのデータを貼り付けの際のポイント|簡単ホームページ作成システム 「ラクマス」の使い方マニュアル

エクセル を ワード に 張り付け

Office系ソフトを使うとき意外にも大活躍するのがコピー&ペースト。 インターネット上で検索をかけるときや、同じOffice系ソフト内では気軽に使っている機能ですね。 しかし、エクセルとWordなど、異なるソフト間でデータのコピー&ペーストを行う際、思うようにデータを貼り付け(ペースト)することができずに困ったことはありませんか? そんなときは、「貼り付けのオプション」を正しく活用することが重要です。 そこで、ここでは、書類を作成するときに便利な貼り付けオプションを紹介します。 エクセルの表をWordに貼り付け 簡単な売上報告書の作成を例にして、エクセルで作成した表をWordに貼り付ける手順をご紹介します。 まず、エクセル上で貼り付けしたい範囲(作成した表)を選択し、右クリックでコピーします。 次に、Word上で操作を行います。 [Word2007の場合]Word上で表を貼り付けしたい場所にカーソルを合わせ、ホームの「貼り付け」から「形式を選択して貼り付け」を選びます。 表示される一覧から「Microsoft Office Excel ワークシート オブジェクト」を選択します カーソルを合わせた場所に表を貼り付けることができます。 エクセルの表をオブジェクトとしてWordに貼り付けると、Word文書上でエクセルのように表を修正することができます。 エクセルデータを貼り付けてから、表を修正することになった場合に便利です。 エクセルの表が変更されたとき、Wordに貼り付けた表も連動して変更する方法 「形式を選択して貼り付け」の一覧の左側にある「リンク貼り付け」を選択して貼り付けましょう。 すると、エクセルの表に変更が加えられたとき、Wordに貼り付けた表も同じように変更されます。 どちらか一方の修正で済むので、作業を一段階省くことができます。 Wordでの表作成はエクセルに比べてやや制約が多く、思ったようなものが作成できないことがあります。 文章をWordで、表をエクセルで作成することにより、見やすく綺麗な報告書になります。 Wordの文章をエクセルに貼り付け 次はシフト表の作成を例にとって、Wordで作成した文章をエクセルに貼り付ける方法をご紹介します。 最初に、貼り付けしたい文章をWord上で選択し、コピーします。 次に、エクセル上で操作を行います。 文章を貼り付けたいセルを選択して、ホームの「貼り付け」から「形式を選択して貼り付け」を選びます。 一覧から「Microsoft Office エクセル ワークシート オブジェクト」を選択します。 この方法で、Wordで作成した文章をエクセルに貼り付けることができます。 エクセルに文字を入力する際は、セル内に収めることが必須になります。 Wordで作成した文章を貼り付けることで、セルの位置や大きさに関係なく文章を配置することができるのです。 エクセルからWord、Wordからエクセルのどちらの方法でも、データをオブジェクトとして挿入することで、シートや文書上で好みの位置に移動することができます。 レイアウトの変更にも対応できる方法として、オブジェクトとしての貼り付けをご紹介しました。 まとめ エクセル、Word間のデータの貼り付けは、わかってしまえば気軽に使えますね。 コピー&ペーストは、誰でも知っている基本操作の1つ。 異なるOffice系ソフトの間でデータをコピー&ペーストする方法を覚えると、文章と表をそれぞれに適したソフトで作成してから貼り付けすることができ、作業効率のアップにつながります。 わかりやすく綺麗な書類は、社内外を問わず喜ばれます。 今回ご紹介した貼り付けオプションを使って、書類作成の達人への第一歩を踏み出してみませんか。

次の