い の 中 の 蛙 大海 を 知らず されど。 「井の中の蛙、大海を知らず」の続きは?

「井の中の蛙大海を知らず、されど空の深さ(青さ)を知る」有名なことわざ、名言の続きって知ってる?

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず されど

「井の中の蛙」って言葉があるよね。 「井の中の蛙、大海を知らず。 」が正しくて、荘子の「秋水」の中の一節らしい。 辞書によると、 「狭い世界に閉じこもって、広い世界のあることを知らない。 狭い知識にとらわれて大局的な判断のできないたとえ。 」と書いてある。 だから、決して良いことを言い表してるんじゃないんよね。 だけど僕は「井の中の蛙」で良いじゃんか!って昔から、度々人に言ってたんよね。 日本以外の国が好きで、何かといえば、外国のことを語り、外国に行きたがる人たちへの反発だったのかも知れないけど、 昔も今も外国へ行きたいと思ったことは一度もないんよね。 だけど、日本にはいっぱい行きたいところがある。 てゆうか行った先々で、さらに行きたい所に出くわしてしまう。 別に国粋主義者というわけでもないんだけど、外国よりも日本にしか興味が持てないんだからしかたがない。 そんな僕の心を奪ってしまった言葉が、おととしのNHKの大河ドラマ『新選組!』の中に出てきたんだ! 川平慈英さん演じる「ヒュースケン」が香取慎吾さん演じる「近藤勇」に日本が開国しなければ、世界から取り残されるってことを説くときに、こう言うんよ。 その後、暗殺されそうになるヒュースケンを近藤が必死に先回りして逃がしてやるんよね。 そうなんだ…、みたいな表情をして近藤を見送るヒュースケン…。 素敵なシーンだったなぁ…。 なんか心臓がドキドキするほど興奮したよ! 狭い世界のことしか知らないかも知れないけど、その世界のことについては、深い見識と思いがあるって、そんなイメージが、この言葉を聞いた瞬間に頭の中にポワ~ンと湧いたんよぉ! あとで調べたら「されど、空の高さを知る」の部分は、後に誰かが付け足したものだそうだ。 だから荘子の言葉とは、意味が違ってしまう「井の中の蛙、大海を知らず。 されど、空の高さを知る」という言葉は、いわば詠み人知らずみたいなものらしい。 『新選組!』の脚本を担当したのは三谷幸喜さんなんだけど、よくぞ僕にこの言葉を教えてくれたよ。

次の

ことわざ 「井の中の蛙大海を知らず」には続きがある!実はプラス思考のことわざだった【林先生が驚く初耳学】

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず されど

数あるエントリーに対して、多くの意見、多くの罵詈雑言、などなど。 ほとんどの人間が、今まで自分が見てきた世界=常識、だと考えてやまない人間ばかりだから こうなる。 おめでたいよほんと。 もっと世界は広い。 多くを見て学べば良いのに。 世界という名の「部分集合」世界の99%の人は実は、「井の中の蛙」です。 世界が地球で人間が生存している地域だと仮定しても、とんでもなく広いわけです。 また実際の空間の広さ以外にも、思想的な精神的な広さなどもあるでしょう。 世界というのは?世界というのは、多数派のこと? 世界というのは、強者のこと? 常識というものが、最大公約数的な一致だと仮定すれば、世界という名の常識は、どういうものなのでしょうか? 常識の対立海外では、これが常識だとか、北欧ではこうだとか、日本だけがこんなことをしているとかいう論調に逆らえる人はそんなに数多くいません。 それには、トリックがあるからです。 単に日本と違うという部分が事実で、どの程度それが「世界の常識」と言えるのかがはっきりさせることができないからですね。 また、この論調はずるい側面もあって、 都合よく世界の一部を切り取って、それを常識とすることができるという点と、またそのやり方が使えないときは、日本独自の文化は素晴らしという論調を使うことが可能なのです。 要は、自己の主張を強化するための道具として、便利に使えるということです。 また、常識とかマナーって、権威ある人が言い出したら誰も反論できかねない性質がある時があるので、世界の広さと関係ない気もします。 「井の中の蛙」の問題点世界を知っているという人たちの一部も「井の中の蛙」状態なわけです。 それは、「相手を理解しようとしないという態度」に現れてくるわけです。 そういう人たちは、切り捨てるための論理を多用します。 「井の中の蛙」というのは自身を恥じるための言葉であって、他人を「井の中の蛙」と決めつけて排除するためではないからだと思います。 井の中の蛙大海を知らず、「されど、井戸の深さを知る」 ことわざの続きが気になって、色々検索してみましたが、少しずつ違っていて正しい続きが分かりません。 例:「~されど空 天 の青さ 深さ を知る 知れり 」「~されど天 空 の高さを知る 知れり 」「~ただ空の深さを知るのみ」 表面上の言葉に、縛られてはいけないと思います。 日本の誰が後半部分を創作したのかはわかりませんが、いろんなバリエーションがあります。 言葉に縛られるだけでも、「井の中の蛙」と同じ状態になりかねません。 多くを見ても、本当は学べない・ 学ぼうという姿勢がなければ、学べない。 それは、相手を理解しようと思わなければ、相手を理解することができないから。 別に多くを見る必要なんて、ないのかもしれないというのもありますが・・・。 また、何を学ぶかというところのほうが、多くを見ることよりも重要な気もします。 視野を広く?! どこかの界隈で、観測範囲の問題とか言われていたものだと思います。 「そういうのは、どこどこしか見てないから言えるんだよ」的な感じで、すべてを否定する方法論ですな。 しかし、一部でしか観測されない事象でも、そのことが問題かどうかは別なので、全否定できるほうが視野が狭い感じもするわけですが、多くの人はそうは思えないのかもしれません。 「広く」と「深く」とは同じようで違うという感じでしょうか? 視野を広く持ちなさいと人(他人)に助言する人は、自身は、視野を深くする努力が必要なのかもしれません。 おや、おかしいな?と感じたら思考停止しないでください。 今まで自身が見てきた世界は、その人自身であり、その人の文化なんです。 こういう考え方もありますよというのと、こっちが世界の常識だというのとでは、違うとおもいませんか? 「井の中の蛙」のほうが、新しい世界を作り出す可能性がある若者は、多くの場合は世間知らずなわけです。 その状態を「井の中の蛙」というようです。 しかし、実際、世界の変革?をもたらしてきたのは、若者なんです。 でもって、その若者をいつも非難するのは年配者なんです。 どちらが常識に縛られてるか?.

次の

「井の中の蛙大海を知らず」の意味とは?続きと類義語も解説

い の 中 の 蛙 大海 を 知らず されど

「井の中の蛙大海を知らず」の意味と読み方は? 「井の中の蛙大海を知らず」の意味は「見識が狭い」 「井の中の蛙大海を知らず」とは「見識が狭いこと」を表現した言葉です。 「井」とは「井戸」のことを指しており、「井戸の中にいる蛙は、井戸の中の世界がすべてだと思っていて、大きな海が存在していることも知らない」ということを表しています。 つまり、「井の中の蛙大海を知らず」とは、自分が今見えている世界がすべてだと思っていて、他の視点や考え方があることを知らず、見識が狭いという意味の言葉です。 読み方は「いのなかのかわずたいかいをしらず」 「井の中の蛙大海を知らず」は「いのなかのかわずたいかいをしらず」と読みます。 「蛙」は基本的には「かえる」ではなく「かわず」と読みますが、「かえる」と読んでも間違いではありません。 「井の中の蛙大海を知らず」は、省略されて「井の中の蛙(いのなかのかわず)」や「井蛙(せいあ)」と言うこともあります。 また、「井の中」ではなく「井の内(いのうち)」や「井底(せいてい)」と表現し、「井の内の蛙」や「井底の蛙」と読むこともあります。 「井の中の蛙大海を知らず」の由来は? 中国の「荘子」が由来 「井の中の蛙大海を知らず」の由来は「荘子」の「秋水篇」です。 中国語の原文では「井蛙不可以語於海者、拘於虚也。 」と書かれており、現代語訳すると「井戸の中の蛙と海について語ることができないのは、虚のことしか知らないからだ。 」となります。 「井の中の蛙大海を知らず」と、直接書かれているわけではありませんが、近い意味の文章であり、「井の中の蛙大海を知らず」と表現するようになった由来と言われています。 原文には続きがあり、「夏の虫と氷のことを語ることができないのは、夏の時季のものだからだ。 心がよこしまな人と「道」について語ることができないのは、ある教えにとらわれているからだ。 」となっています。 「井の中の蛙大海を知らず」には続きがある? 「井の中の蛙大海を知らず」の続きは「されど空の蒼さを知る」 「荘子」の原文には、夏の虫や心がよこしまな人についての続きがありましたが、一般的には「井の中の蛙大海を知らず」の続きは「されど空の蒼さを知る」と言われています。 中国から伝わったのではなく、日本に伝わった後に付け加えられたものとされています。 「されど空の蒼さを知る」以外にも、言われているものがいくつかあり、例えば「されど天の高きを知る」「されど地の深さを知る」「ただ天の広さを知る」などがあります。 「井の中の蛙大海を知らず、されど空の蒼さを知る」の意味 「井の中の蛙大海を知らず、されど空の蒼さを知る」という言葉は、確かに井戸の中の蛙は広い海があることを知らないが、井戸から見える空の蒼さなど、井戸の中の世界に長くいたからこそ見えるものを知っているという意味です。 「井の中の蛙大海を知らず」とは、「見識が狭い」「狭い世界のことしか知らない」というネガティブな意味ですが、「されど空の蒼さを知る」という続きが加わることで、「狭い世界にいるからこそ、その世界の深いところや細かいところをよく知っている」というポジティブな意味になります。 現代に置き換えると、他の分野のことは知らないけれど、自分の専門分野のことはとても詳しいという場合などが当てはまります。 「井の中の蛙大海を知らず」の類義語は? 類義語は「鍵の穴から天覗く」 「井の中の蛙大海を知らず」の類義語には、「鍵の穴から天覗く」というものがあります。 「鍵の穴から天覗く」は、鍵の穴のように小さいところから天を見ても、ほとんど見えないということから、「狭い見識しかないのに、大きな問題について考えること」を表現しています。 「井の中の蛙大海を知らず」の英語表現は? 「The frog in the well knows nothing of the great ocean. 」 「井の中の蛙大海を知らず」を英語で表現すると「The frog in the well knows nothing of the great ocean. 」です。 直訳すると「井戸の中の蛙は大きな海について何も知らない。 」となりますが、「見識が狭い」という意味を表現しているのは同じです。 まとめ 「井の中の蛙大海を知らず」は、「見識が狭い」という意味のことわざです。 中国の「荘子」が由来とされていますが、日本に伝わった後に続きの文がつけられるようになりました。 続きの文は「井の中の蛙大海を知らず、されど空の蒼さを知る」など、いくつかあり、意味は「見識は狭いが、その世界の深いところまで知っている」です。 続きの文があると、少しポジティブな印象になりますので、知っておくとよいでしょう。

次の