菊地 亜美 ユーチューブ。 菊地亜美が妊娠!旦那はゲスなバツイチ男?仕事と経歴と噂の真相は?

菊地亜美が妊娠!旦那はゲスなバツイチ男?仕事と経歴と噂の真相は?

菊地 亜美 ユーチューブ

テレビ朝日のアナが19年12月31日放送のテレビ朝日「ぶっちゃけ寺 大晦日スペシャル」に出演の際、〈つまらないYouTubeチャンネル〉を「。 なんか(藤田)ニコルちゃんがやっているのを、もう1回やってるみたい」と批判したことに対して、菊地亜美がYouTubeで心境を語った。 菊地亜美のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」の2月4日に投稿された『【100の質問】つまらないYouTuberと言われた件?プロポーズの言葉は?【菊地亜美】』でのことだ。 ふだんはメイクや料理、ダイエット方法などの動画が多いが、この回は、2020年になり、あらためて菊地が自己紹介を兼ねて100の質問に答えようという内容だった。 Q「弘中アナに『つまらないYouTuber』と言われた。 どう思う?」 初っ端から弘中発言について質問が。 これに対して菊地は、「正直に言っていいですか?ショックだった」と苦笑い。 スタッフの「見返してやりましょう」に「はい」と答えると、弘中アナをヤジるでもフォローするでもなく、あっさりと次の質問へ。 いかにも遺恨を残していると思わせる映像の「つなぎ」に見えたしかし、番組は進み、 Q「自分が思う一番頭のいい言葉は?」 には、「しじゅうはっく」と答える菊地。 おそらくは「四苦八苦」と言いたかったのだろうが、絶妙な言い間違いはバラエティを熟知している菊地のサービス精神ととれる。 さて、弘中アナへの「見返したい」との思いは、はたしてホントかウソか?もしかしたら弘中アナと「遺恨対決」のような形での共演を狙った「リップサービス」だったりして!? (ユーチューブライター・所ひで).

次の

菊地亜美が妊娠!旦那はゲスなバツイチ男?仕事と経歴と噂の真相は?

菊地 亜美 ユーチューブ

テレビ朝日の アナが19年12月31日放送のテレビ朝日「ぶっちゃけ寺 大晦日スペシャル」に出演の際、〈つまらないYouTubeチャンネル〉を「。 なんか(藤田)ニコルちゃんがやっているのを、もう1回やってるみたい」と批判したことに対して、菊地亜美がYouTubeで心境を語った。 菊地亜美のYouTubeチャンネル「あみちゃんねる」の2月4日に投稿された『【100の質問】つまらないYouTuberと言われた件?プロポーズの言葉は?【菊地亜美】』でのことだ。 ふだんはメイクや料理、ダイエット方法などの動画が多いが、この回は、2020年になり、あらためて菊地が自己紹介を兼ねて100の質問に答えようという内容だった。 Q「弘中アナに『つまらないYouTuber』と言われた。 どう思う?」 初っ端から弘中発言について質問が。 これに対して菊地は、「正直に言っていいですか?ショックだった」と苦笑い。 スタッフの「見返してやりましょう」に「はい」と答えると、弘中アナをヤジるでもフォローするでもなく、あっさりと次の質問へ。 いかにも遺恨を残していると思わせる映像の「つなぎ」に見えたしかし、番組は進み、 Q「自分が思う一番頭のいい言葉は?」 には、「しじゅうはっく」と答える菊地。 おそらくは「四苦八苦」と言いたかったのだろうが、絶妙な言い間違いはバラエティを熟知している菊地のサービス精神ととれる。 さて、弘中アナへの「見返したい」との思いは、はたしてホントかウソか?もしかしたら弘中アナと「遺恨対決」のような形での共演を狙った「リップサービス」だったりして!? (ユーチューブライター・所ひで) ().

次の

アイドリング!!! (グループ)

菊地 亜美 ユーチューブ

第1子妊娠を発表したタレント (29)が4日、自身のユーチューブチャンネル「あみちゃんねる」を更新し、改めて妊娠の喜びを語った。 菊地は「ご報告」と題した動画の中で、「このたび私、おなかの中に第1子を授かりました!」と笑顔で報告した。 「今は安定期に入っていて、出産は夏ごろの予定」とし、「これからも産休に入るまで、自分ができる範囲の無理のないお仕事をやっていきたいと思います」と話した。 現在の心境については「単純にすっごくハッピー」と言い、「自分のおなかの中に自分の子どもがいる。 しかも、大好きな旦那さんとの子どもがいるって考えただけで涙が出てしまうような、そんな毎日を送っています」と満面の笑みを浮かべた。 動画内では、初めて夫に妊娠を報告した際の音声も公開。 夫が驚く様子や、菊地のおなかをさする様子などを伝えている。 菊地は「私よりも夫の方が心配性で、いろんなケアをしてくれている。 夫のおかげで毎日穏やかに過ごせています」と感謝を語った。 菊地はこの日、インスタグラムで妊娠を発表。 18年2月に5歳年上の会社役員の男性と結婚していた。

次の