西宮 ケーソン 釣果。 昨日のケーソン 全域でサバ爆釣

西宮ケーソン: 【うみたん】釣果情報

西宮 ケーソン 釣果

13 今回、西宮ケーソンに行ってきました。 時刻は11時30頃です。 少し雲がかかり南西よりの風が肌寒く吹いていました。 この日は風裏になることもあってなのか 最初のストレートに釣りをされている方が固まって居られました。 このあたりは水深4〜5mくらいなので、しっかり底巻きしての釣果だそうです。 朝に釣れたとのことでした! 快くお写真を撮らせて頂けました。 ご協力ありがとうございます! 続いて1つ目のカーブ付近です チヌ狙いのエビ撒き釣りを楽しまれている方が居られましたが、釣果は聞けずでした。 余談になりますが、大阪港の方では30〜40cmクラスのチヌのおしりが赤くなってきているとの情報をキャッチしました。 ただ、年無クラスになるとお腹はパンパンだけどお尻はまだ赤くないとのこと「なんでだろ〜?」とも言われていました。 今月末か3月初旬には、ここ西宮ケーソンでも乗っ込みの声が聞けるかな?といった感じがします。 楽しみですね! 更に進んで行くと、カップルでエビ撒き釣りに来られていたお兄さんとお姉さんが居られました。 釣果を聞いてみると! 結構釣れています! 午前中の釣果ですべてお姉さんが釣られたとのことです! お兄さんも8本くらい釣られていたそうで、「ストリンガーも足りないから全部逃したよ!」とのことでした。 釣座は沖向きでエビ撒き釣り。 南芦屋浜も風裏になる場所なのでいいかもしれませんね〜。 そして、さらに沖に向かって進んでいきました。 最終灯台まで行きましたが誰もいませんでした。 昨年の台風で貨物船が乗っかった場所は未だに こんな感じでした。 復旧にはまだまだ掛かりそうです。 また、どこの釣り場でもそうですが・・・。 ゴミが絶えません・・・。 灯台から戻り際に、 針がついたゴミを中心に集めたのですがすぐにいっぱいになりました。 18大蔵海岸公園にて撮影 なので、必ず各自持ち帰って処分するようお願い致します。 なんだかんだ行っても 釣り人の数よりも釣り場が少なくなってきているご時世です。 災害の被害のためなら修復を待つことが出来ますが、 釣り場を汚して釣り禁止になった場所も多くあります。 これ以上、 釣りをできるところを減らしたくないので、みなさんのご協力あっての釣り場なので、 いつまでもクリーンな釣り場作りを切に願います! 16. 18 この日、久しぶりに西宮ケーソンに行ってきました! 時刻は13:00前でした。 秋晴れの気持ちのよい日で風もあまりなく、ポカポカした釣り日和でした。 いい天気なので、釣り人も思っているより多くおられ、ほとんどの方がサヨリ釣りをされていました。 1つ目と2つ目の中間地点あたりでちょうどサヨリを釣られていた方にお話を聞くことが出来ました。 状況としてはお昼前から釣れだして、サイズが大きいので針になかなか乗りにくいとの事でした。 サイズとしては25cmオーバーの申し分ないサイズです! 刺し身にもできる十分なサイズが上がっていました。 写真のご協力もありがとうございました。 さらに、灯台の方に向かっていくと、 こちらでは2人組のお兄さんがサヨリをHITさせているところでした! 「今日は大きいのが釣れたよ!」とクーラの中を見せてもらうと・・・。 本日最大級のサヨリが入っていました! Goodサイズです! お兄さんたちも先程から釣れたとのことで、時合いに入ったのかもしれませんね〜。 お兄さん、ご協力ありがとうございました! そして、そんな合間を縫って落とし込みをされていた方にも釣果を聞いてもました! 今日は、釣果は厳しいと言われながらもキッチリとGETされていました! コチラもGoodサイズです! エサはフジツボだそうですが、このときだけはオキアミを束ねて針に掛けて落とすとすぐに喰ってきたそうです! 身も結構ブリブリになってきているので、引きも十二分に楽しめると思います! ご協力ありがとうございました! 帰り間際には、カタクチイワシの大群が数カ所で長い隊列をつくって泳いでいました。

次の

釣り場情報|尼エサ.com 尼崎港・鳴尾浜・甲子園浜・西宮浜の近くにある、1965年創業の釣りエサ屋

西宮 ケーソン 釣果

西宮ケーソンは、大阪湾でも有数の魚釣りのポイントです。 1年中色々な魚が狙えます。 1月〜5月・・・チヌ・ハネ・アブラメ・ガシラ・メバル 6月〜12月・・チヌ・ハネ・スルメイカ・タチウオ・イワシ・アジ・サバ・サンバソウ・タコ・・・・など。 ケーソン入り口はサビキ釣り・サヨリ釣りで季節には多くの釣り人が竿を出しています。 1コーナーは、新西宮ヨットハーバーの、東出入り口になっていてテトラが入っています。 チヌ・ハネが良く釣れる1級ポイントです。 1コーナーと2コーナーまでの、間は沈みテトラが入っていて、魚が掛かった時のやり取りが難しいですが、良くアタリが出ています。 2コーナーテトラも、上記同様にチヌ・ハネの良く釣れるポイントです。 1コーナーよりも、テトラが多く積んでいますので、釣り人も多く入れます。 2コーナーから、先は白灯台まで一直線に、伸びています。 初夏・秋のスルメイカ・タチウオ釣りの時は、いっぱいになります。 ココは、ズボ釣り・ウキ釣りの際狙いで、大型のスズキがエビ撒き釣りで狙えます。 ケーソンは、ポイントがいっぱい有りますので是非お越し下さい。 (ケーソン入り口付近は、日・祭日は駐車禁止解除です。 平日は、新西宮ヨットハーバーの有料パーキングに止めてください。 1日最高¥1200に、なっています).

次の

釣り場情報|尼エサ.com 尼崎港・鳴尾浜・甲子園浜・西宮浜の近くにある、1965年創業の釣りエサ屋

西宮 ケーソン 釣果

愛用しているも、あまり釣れなてない様子。 そもそも釣果情報をアップしてない日も多くて、やはり冬は釣れなさそうなイメージです。 しかーし、そういう厳しい冬でも釣りへの情熱は衰えておらずパパ友からのお誘いのまま、喜んで釣りへ行くことに。 前々からやってみよう~!と、話をしていた穴釣りに挑戦することに。 場所は近場でテトラポットのある西宮ケーソンに決定! 青物がいる季節はついつい脇目も振らずに青物ばっかり狙ってしまうので、こんな季節こそ新しいことにチャレンジします! 暗いと穴に落ちるの嫌だし、日の出の7時くらいから釣ることに。 「さあ、どこから釣っても良し!」って状況です。 夏もこんなに空いてたらいいのに 第1カーブの先まで来ると、風が少しあり寒さを感じますが、防寒着着込めば大丈夫!! 穴釣り用に釣り竿セットは買わずに、サビキ用セットにブリクラ付けてトライしました。 この穴にきっといるはず・・ 穴に落とし込み、ただ待つだけ。 ・・・ ・・・ ・・・ 何も起きないので、次の穴に移動して落とし込み。 ・・・ ・・・ ・・・ 次の穴へ。 ・・・ ・・・ ・・・ えーい、ちょっと沖に向かって投げて底引きだぁ~。 ってな感じで、穴釣りは不発。 最後はブリクラが根掛かりして穴釣りは終了。 ショア用のロッド&リールに替えて、ジグサビキにサンマ切り身を引っかけてシンカーで底引きに挑戦。 何投も何投もしましたが、結局アタリは来ず。 寒いので納竿。 令和二年の初物はまだまだ先ですね。 駐車場に戻る際、ケーソン入口におられたチヌ師とお喋り。 西宮ケーソンはテトラポット含めて根魚があまりいないとのこと。 えっ、そーなんすかぁ。。 南芦屋浜ならいるそうです。 よっしゃ、次の釣り場が決まりましたw 優しい釣り人さんにいろいろ教えていただき感謝、感謝です。 ちなみに、チヌって美味しいですか?ってお聞きすると、 美味しくないチヌと、真鯛よりも美味しいチヌがいるそうで、 こればっかりは食べてみないと分からないとのこと。 武庫川河口の西と東で水質が全然違うらしく、東に棲んでるチヌは臭みがあって全然駄目だそうです。 居着き(いつき)って、釣り用語らしいんですが、 チヌの居着きはエサと一緒にヘドロも食べるらしく美味しくない可能性があるとのこと。 で、色も黒く、回遊しているチヌはもっと銀色だそうです。 ホント、勉強になります。 帰り道、前々から気になっていたに寄ってみました。 中古品を扱っていると聞いていたので、新しい竿を買うときの参考に・・・。 店は大きくないですが、中古竿がたくさんあり、値段も非常に安い! 2000円~6000円の範囲内でも十分な品揃えかなと思います。

次の