アメリカ it 企業。 【徹底解説】アメリカIT留学のすべて!メリットやデメリットは?|Kredo Blog

アメリカ企業の政治発信から日本が学べること。働く人が“社会にコミットする”時代

アメリカ it 企業

ITバブルとは?1990年代に起きたIT関連株の株価高騰 ITとはinformation technologyの略で、情報通信技術のことです。 ITバブルは、1990年代からアメリカを中心としたIT企業の急伸と、異常な株高によってもたらされました。 ここではIT産業による経済的恩恵がどれほど大きかったかを解説します。 ITバブルとは?1990年代アメリカのベンチャービジネスの殺到 パソコンやネットワークの普及によって、世界中の人々との通信が可能になると、経済はグローバル化するとともに人々の生活は一変しました。 コンピューターやソフトウェアの普及は1980年代から始まりましたが、ブームの火付け役となったのは1995年発売のWindows95の発売からです。 IT産業は衰退気味の自動車産業に代わる新しい産業として大成功しました。 当時、マイクロソフトの時価総額は6000億ドル(60兆円)を上回り、創業者のビル・ゲイツ氏は世界的な大富豪にのし上がりました。 ビジネスマンのだれもが第2のビル・ゲイツを夢見てITビジネスに飛びつき、時代のトレンドを読んだ投資家は高騰し始めたIT企業関連株を買ったのです。 アメリカの景気はうなぎのぼりに上昇しました。 ITビジネスがもたらした好景気には具体的に次のようなものがあります。 三日天下を取っただけでビル・ゲイツの名前を借りるのは失礼だったな。 これからアメリカのITバブル崩壊の原因を教えるが、その原因の一つに 「内容のないITベンチャー企業を高評価しすぎたこと」が挙げられる。 まさに光通信は中身のないITベンチャーだったわけだ。 起きるべくして起きた?ITバブル崩壊の原因を解説します 2000年をピークにして、アメリカのITバブルは崩壊に向かいました。 ITバブルが崩壊した原因は何だったのか、わかりやすく解説します。 ITバブル崩壊の始まりはITブームの終焉 あれほど過熱していたITブームですが、2000年に入ると行き過ぎたブームに対する警戒感が人々の中に生まれました。 ブームの終わりとともに、ITバブルは驚くほど速く崩壊への道をたどります。 ITバブルに歯止めをかけたのは次のような理由が考えられます。 パソコンの普及が進みすぎ、機器が飽和状態になった• 高すぎる株価を疑問に思う人が増えた• リーマンショックとは サブプライム・ローン(低所得者向けの住宅ローン)が回収できなくなり、大手証券会社のリーマン・ブラザーズが破たんしました。 それを受けて連鎖的に市場株価が暴落し、世界的金融危機を招きました。 リーマンショックについての詳しい解説は「」を参考にしてください。 あえてITバブル崩壊の原因を挙げるなら、「新しい文化によって巻き起こった一大ブームがひとまず一段落し、大衆が理性を取り戻した」という一言に尽きるのです。 ITバブル崩壊の原因は製造業セクターの過剰生産 コンピュータ需要に追いつくべく、IT関連製品の製造工場は増産を開始したのは1990年代から。 はじめは作ったら作った分だけいくらでも売れるので、生産工場はノンストップで作り続けました。 失業率は減少し、従業員の賃金もアップ。 ちょうどアメリカがIT景気に沸いていた頃のことです。 しかし売り上げの伸び率が2000年初旬から下降。 ニューエコノミーとは 1997年カリフォルニア大学のスティーブン・ウェーバー準教授が、論文で発表した経済理論。 グローバル化によって経済や経営が効率化し、インフレ圧力を弱め、生産性を向上させる事ができます。 例えば「IT革新によって在庫が管理されるので生産性が向上する」というものがニューエコノミーという考え方の一つ。 これからアメリカはインフレのない、半永久的な長期成長の時代に入ったと論じました。 しかしコンピュータで生産性が向上するどころか、コンピューターの生産自体コントロールできていませんから、ただの机上の空論だったことが分かります。 2000年ごろから実際に景気が下向きになると、「ニューエコノミーはアメリカ経済の成長性や持続性に対する過剰な期待から出たものだ」と感じ始める人が現われ、ますますITバブルというものに疑念を持つ人が増えました。 アメリカがインフレなき半永久的な成長を遂げるには、IT革新がもっと進む必要がありました。 ITバブルで沸いた2000年ごろはまだ未熟だったと分析されています。 ITバブルの崩壊を予言した人がいた?「根拠なき熱狂」を非難 ITバブルが崩壊した後も比較的堅実な経営をしていたマイクロソフトやアップル、グーグルなどの多くの企業は、大きく時価総額を損ないながらも経営を続けることができました。 悲劇的な末路をたどったのは、ITベンチャー企業の看板だけで、内容のないいい加減な企業。 確かな指導者、技術、経営手法などを持たない弱小ITベンチャー企業は、ITバブル崩壊とともに倒産し、その会社に投資していた投資家も資産を失いました。 この人たちは、その後「バブルの崩壊が早くから分かっていたら、こんなことにはならなかっただろう」と嘆いたことでしょう。 しかし1996年、まさにITバブル真っ最中のとき、すでにバブルの崩壊を予言していた人がいます。 の議長を務めていたグリーン・スパン氏です。 グリーンスパン氏はITバブルに押されるように経済が上昇しはじめたとき、「根拠なき熱狂は予想外の景気収縮をまねきかねない」と警鐘を鳴らしていました。 ITバブルの崩壊はまだ成長の過渡期にある小さなIT産業を、実態より過大に評価しすぎたため、これほど早い終焉を迎えたともいえるのです。 ITバブルは崩壊したが、IT産業が終わったわけじゃない。 その後息を吹き返し、多くのIT企業がアメリカを引っ張る大企業として、成長を遂げたことは知っているな! ITバブルが崩壊した後アメリカの経済を救ったのは戦争だった!? ITバブルの崩壊のきっかけを作ったのは2001年9月11日にアメリカで起きた、世界貿易センタービルをはじめとした同時多発テロだったともいわれています。 当時のアメリカの景気動向について分析します。 ITバブル崩壊のきっかけは9・11!同時多発テロから始まった? 当時のNYダウ工業株30種平均のチャートを見てみましょう。 赤マルがついているところが、アメリカの同時多発テロが起きた時期です。 確かにテロが起きた時点で、突然株価が暴落しているのが分かりますね。 予期しないアクシデントに見舞われたアメリカ市場は大混乱し、売りが殺到しました。 しかし損害を恐れて売られたのは、IT株だけではありません。 暴落したのは市場全体です。 実は、テロが起こる前からITブームは下火になり、過剰生産のすえ在庫を抱えた工場は行き詰まり、雇用は減少していました。 株価はダウ工業株・ナスダック指数ともに2000年初旬に株高のピークを迎え、それぞれ下落に転じています。 製造業のISM指数(景気転換の先行指数)も景気動向の良しあしを計る分岐点である50を下回るようになり、失業率は2000年12月に3. そのため2001年9月に起きた同時多発テロは、ITバブルを崩壊させた直接原因ではありません。 しかし「ITバブル崩壊の決定打」と言われるほどの大きな破壊力を持ったニュースだったことは確かです。 アフガニスタン紛争とは 2001年9月11日に起きたアメリカの同時多発テロの首謀者として特定された、ウサマ・ビン・ラディンとアルカイダ(テロ支援組織)の引き渡しを、タリバン 当時のアフガニスタン政権)に対して要求しましたが、拒否。 そのためアメリカ合衆国は「対テロ戦争」とし、アフガニスタン攻撃を行いました。 9・11の同時多発テロの直後、経済や流通もマヒし、個人消費も低迷。 テロのせいで景気はますます悪くなるかと思われました。 しかし予測に反しアメリカ経済はテロ直後から持ち直し、株価は上昇に転じたのです。 アメリカ政府は被害を受けた町の復興支出や、アフガニスタン紛争の戦費を増大させたことで、国内の景気回復を早めることに成功しました。 アメリカは経済立て直し政策が実にうまい。 もちろんアフガニスタン侵攻の戦費拡大だけではなく、FRBが政策金利を2001年12月までの3か月間で4回も引き下げるなど、消費者心理の悪化を食い止める金融緩和政策が取られたことが大きいぞ。 株価の暴落時に資産を守るには?信用取引で「つなぎ売り」! ITバブルの崩壊は今となっては過去のことですが、今後いつ再び同じような金融危機が起こらないとも限りません。 いつかくるその時に備えて、私たち投資家はいったい何ができるでしょうか? みるみる下がっていく株価を目前にただ茫然とするようなことのないよう、危機に備えしっかりと対策を講じる必要があるのです。 経済危機が起きたときの対抗策として、当サイトは信用取引で「つなぎ売り」をすることを提案します。 ITバブル崩壊で日経平均に激震が!日米の深い経済的相関関係 アメリカがくしゃみをすると日本が風邪をひく、という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。 それほど経済的相関関係の深い日本とアメリカですから、アメリカの混乱が日本に伝わらないわけがありません。 日本の経済を測る指標の一つ、日経平均も暴落しています。 下のチャートは当時の日経平均株価の推移です。 赤マルがついているところが、アメリカの同時多発テロが起きた時期です。 このように日経平均はアメリカの経済に強く影響される事が分かりますね。 日経平均は2000年~2003年まで長い不景気が続き、「IT不況」とか「デフレ不況」と呼ばれ、なかなか株価上昇のチャンスに恵まれませんでした。 2001年までのアメリカの好景気をITバブルといい、2001年のアメリカの同時多発テロをきっかけにしてITバブルは崩壊しました。 しかしグーグルやアップル、マイクロソフト、アマゾンなど代表的な企業は生き残り、さらに技術革新に磨きをかけ、新しいサービスを模索しています。 人工知能を搭載したロボットや車など、IT産業の多様性は無限大です。 またITバブルは法人税や労働賃金の安いアイルランドや、インド、中国などにもインターネットビジネスは波及し、大きな経済効果をもたらしました。 これらの国もITバブル崩壊後、一時的に景気が低迷しましたが2002年から2003年ごろまでには回復し、IT産業をけん引する国として世界に認められ始めています。 ITバブルは崩壊したとはいえ、その後もIT産業は世界の経済に根を下ろし、花を咲かせています。 将来的にインターネット業界が電気やガス、鉄道などと同じ、生活になくてはならないディフェンシブ株としての地位を確立するのも、遠くない未来かもしれませんね。

次の

いくつ知ってる?アメリカ企業ロゴマップ

アメリカ it 企業

記事のもくじ• IT留学とは? IT留学とは、海外の大学やプログラミングスクールなどに通い、プログラミングと英語を学ぶことです。 今、このIT留学が非常に人気です。 なぜかというと、 「プログラミング」と「英語力」を兼ね備えた人材の価値が非常に高くなっているからです。 日本では少子高齢化に伴う労働人口の減少により、今後もIT人材不足が続いていくと言われています。 さらに、グローバル化が進み海外に展開するIT企業がどんどん増えています。 「プログラミング」と「英語力」を身につけることは、世界各国で通用する貴重な人材としてIT業界でも需要が高いのです。 その他、レベルの高い技術を学べる、国際感覚が身につくなど、日本では得られない経験ができるのがIT留学の特徴です。 IT留学で人気の留学先は、 アメリカ、カナダ、フィリピン、インドなどです。 アメリカやカナダでは、レベルの高い講師に最先端技術を学ぶことができます。 しかし、留学費用が高い傾向にあります。 一方、開発拠点として注目されているフィリピンやインドでは、留学費用を抑えつつ、聞き取りやすい英語でしっかりとITを学ぶことができます。 IT留学では、留学先によって学べるレベルや費用が大きく異なるので、自分に合った留学先を選ぶことが大切です。 アメリカIT留学の特徴 アメリカIT留学の特徴は、何と言っても教育レベルの高さにあります。 ほとんどの大学にIT系の学部が用意されており、レベルの高い講師から最先端のITを学ぶことができます。 アメリカでは、日本と比べてエンジニアの地位が高く、学位を持った人がなる職業という認識のため、ITの教育に力を入れているのです。 アメリカIT留学の留学先は、主に以下の3つです。 ハードウエア学、ソフトウエア学、ネットワークエンジニアリング学、セキュリティ構築学、コンピュータ情報システム、経営情報システム、コンピュータサイエンス、コンピュータ工学、マルチメディアデザイン、コミュニケーションデザイン、E-Business などが挙げられます。 アメリカIT留学に行く前には、自分が学びたい分野をしっかりと定めておくことが大切です。 アメリカIT留学の期間と費用 アメリカIT留学の期間と費用は、滞在先の学校によって大きく異なります。 以下では、4年制大学、コミュニティカレッジ、プログラミングスクールそれぞれの期間と費用についてご紹介します。 アメリカIT留学の期間 アメリカIT留学の期間の目安は、下記の通りとなります。 4年制大学:約4ヶ月〜約4年• コミュニティカレッジ:約4ヶ月〜約2年• プログラミングスクール:約3ヶ月〜約1年 アメリカの大学のほとんどは、セメスター制(2学期制)となっています。 そのため、大学へ留学する場合の期間は、 最短で約4ヶ月~となります。 ただし、学位取得を目的とした 正規留学の場合は、約4年必要とみておきましょう。 留学期間によって留学費用も大きく変動するので、予算から逆算して留学期間を決めることも可能です。 短期間での留学を考えている場合はプログラミングスクールがオススメです。 アメリカIT留学の費用 アメリカIT留学の費用(学費)の目安は、滞在期間によって大きく変わります。 下記はあくまで参考ですので、実際の価格は各学校が提示しているものをご確認ください。 4年制大学(州立):約40,000ドル〜約144,000ドル• 4年制大学(私立):約116,000ドル〜約172,000ドル• コミュニティカレッジ:約20,000ドル〜約72,000ドル• プログラミングスクール:約15,000ドル〜約40,000ドル アメリカIT留学の費用は、 他国のIT留学費用と比べて非常に高いです。 さらに物価も高いので、生活費も含めることを考えると、とても大きな買い物になるでしょう。 ただ、アメリカの大学には、 留学生を対象とした奨学金(International Scholarship)がある場合があります。 基本的には出願校に4年間在籍することが条件ですが、編入入学でも適用になる場合もあります。 また最近では、日本学生支援機構による海外留学奨学金も注目を集めています。 留学費用は高額になるので、奨学金の利用も検討してみましょう。 アメリカIT留学にオススメの都市 アメリカIT留学でオススメの都市は、西海岸の サンフランシスコ、ロサンゼルス、サンディエゴや、東海岸の ニューヨーク、ボストンなどです。 特に、サンフランシスコには多くの有名IT企業を輩出したシリコンバレーがあり、現地企業でインターンができるプログラムもあるので、ITを学びたい人にとっては絶好の学習環境です。 アメリカは、都市によって気候や環境が大きく変わるので、まずは自分の目的を明確にし、自分に合った環境の留学先を選ぶようにしましょう。 アメリカIT留学のメリット アメリカIT留学では、IT先進国で学ぶからこそのメリットがたくさんあります。 その中でも3つのメリットをご紹介します。 なぜなら、国を起こしてIT教育に力を入れており、教育水準も高く講師陣も優秀な人ばかりだからです。 アメリカにはGAFA(Google、Apple、Facebook、Amazon)を代表とする有名IT企業が数多くあり、エンジニアの市場価値は高く、期待値も高いです。 そんなIT大国のアメリカだからこそ、レベルの高いIT教育が受けられます。 なぜなら、授業は全て英語で行われ、周りはネイティブスピーカーが多いので、自ずと英語を聞く・話す能力が養われるからです。 自然と英語を使う環境に身を置かれるため、 訛りのない美しい英語を話せるようになります。 「人種のサラダボウル」とも言われるアメリカでは、たくさんの文化や価値観に触れる機会が増えます。 多くの方とのコミュニケーションを通じて、幅広い視野を持つことができるでしょう。 具体的には、アメリカへの年間留学費用の平均は日本円で約250万円〜約400万円ですが、フィリピンの年間留学費用の平均は約100万円〜約250万円と、 アメリカはフィリピンの約2倍です。 アメリカは高度な教育にはお金をかけるという意識のため、特に大学の学費は高く、4年間で1,000万円以上かかることがほとんどです。 奨学金を利用して少しでも安くすることもできますが、生活費も含めるとかなりまとまったお金が必要になるので、注意しましょう。 なぜなら、授業はすべて英語で、1クラス20〜30人体制のため、 英語が分からないと授業についていけません。 入学に際しても学校が定める英語レベルをクリアしていないといけないため、IT留学前から英語スキルは必須です。 「これから英語を習得したい!」という方には、アメリカIT留学はあまり向いていません。 アメリカIT留学にオススメの学校 アメリカの大学は4年制・コミュニティカレッジ合わせて約4,000校あります。 教育機関が充実しており選択肢が多い反面、どの学校を選べばいいか迷ってしまいますよね。 ここでは、4年制大学・コミュニティカレッジ・プログラミングスクールそれぞれのオススメの学校をご紹介します。 アメリカIT留学にオススメの4年制大学(6選) アメリカの大学は日本の大学とは異なり、入学前に選考学部を決める必要性はありません。 ですので、 入学試験に合格さえすれば、誰でも希望する分野を学ぶことができます。 さらに、有名校となればインターンシップ環境も整っており、時にはシリコンバレーの有名IT企業でインターンとして現場に携わることができるかもしれません。 ただし、大学選びにおいては、ネームバリューだけではなく、自分の学びたいIT分野があるか、学業に専念できる環境が整っているかをきちんと確認しましょう。 University of California(カリフォルニア大学) 所在地:カリフォルニア州 分類:州立大学 カリフォルニア大学はアメリカトップクラスの州立大学で、タクシー配車サービスのUberのCEOであるトラビスカラニックの出身校でもあります。 Stanford University(スタンフォード大学) 所在地:カリフォルニア州 分類:私立大学 スタンフォード大学は、シリコンバレーにある超有名大学です。 Snapchatを開発したエヴァンシュピーゲル、Googleの共同創業者ロラリーペイジが在籍していました。 New York University(ニューヨーク大学) 所在地:ニューヨーク州 分類:私立大学 ニューヨーク大学は、エンジニアリングが有名です。 TwitterのCEOであるジャックドーシーが在籍していたことでも知られています。 Harvard University(ハーバード大学) 所在地:マサチューセッツ州 分類:私立大学 ハーバード大学は、アメリカ屈指の名門校で、アイビー・リーグの一つです。 Microsoftの共同創業者であるビル・ゲイツや、FacebookのCEOマーク・ザッカーバーグの出身校です。 Massachusetts Institute of Technology(マサチューセッツ工科大学) 所在地:マサチューセッツ州 分類:私立大学 マサチューセッツ工科大学は、全米屈指のエリート名門校の1つです。 ヒューレット・パッカードの創設者のウィリアム・ヒューレットが在籍していました。 Carnegie Mellon University(カーネギーメロン大学) 所在地:ペンシルベニア州 分類:私立大学 カーネギーメロン大学は、アメリカの工科大学の最高峰です。 マサチューセッツ工科大学に並ぶレベルとして、エンジニアリングやコンピューターサイエンスが有名です。 アメリカIT留学にオススメのコミュニティカレッジ(2選) コミュニティカレッジとは 地域密着型の2年制大学で、すべて州立です。 「誰でも進学できるように」というコンセプトのため、学費が安く、 比較的入学しやすいのが特徴です。 コミュニティカレッジで2年間学んでから別の4年制大学に編入することも可能です。 ここでは、シリコンバレーエリアにあるコミュニティカレッジを紹介します。 アメリカの2年制大学としては唯一大統領からの表彰を受けたことがあります。 College of San Mateo(カレッジオブサンマテオ) 所在地:カリフォルニア州 カレッジオブサンマテオはシリコンバレーにも含まれるサンマテオ市内にある大学で、周りに有名なIT企業がたくさんあるのが特徴です。 コンピューターサイエンスが学べます。 アメリカIT留学にオススメのプログラミングスクール(3選) プログラミングスクールとは3ヶ月などの 短期集中型スクールのことです。 近年、アメリカでもこういった短期で即戦力が身に付くプログラミングスクールが増えてきています。 4年制大学では学位が取れるという反面、4年間という期間がかかるのでスピード感が劣ります。 IT分野の技術の流れは早いため、 リアルタイムで必要な言語や技術を素早く習得できるプログラミングスクールも人気が高まっています。 General Assembly 所在地:アトランタ、オースティン、ボストン、シカゴ、ダラス、デンバー、ロサンゼルス、ニューヨーク、プロビデンス、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル、スタンフォード、トロント、ワシントンDC General Assemblyは、アメリカ全土の15箇所で展開しているプログラミングスクールです。 12週間でWebサービスに必要なフロントエンドからバックエンドを学ぶことができます。 The Tech Academy 所在地:ポートランド The Tech Academyは、ポートランドにあるプログミラングスクールです。 Webサービスの基礎から、フロントエンド、バックエンドを学べるスクールです。 Dev Bootcamp 所在地:オースティン、ニューヨーク、サンディエゴ、サンフランシスコ、シアトル Dev Bootcampはアメリカで最も知名度があるプログラミングスクールで、幅広い職業の人がプログラミングを学びにきています。 アメリカ全土に5箇所展開しています。 8週間に渡りフロンドエンドからバックエンドのプログミラングを学びます。 アメリカIT留学の事前準備 では、いざアメリカIT留学に行こうとしたとき、どんな準備をすればいいのでしょうか? ここではアメリカIT留学に行く前に、しておくべき特に重要な事前準備についてご紹介します。 アメリカIT留学の事前準備:学生VISAの取得 アメリカの学校に通う場合、原則として 学生VISAを日本で取得しておかなければいけません。 アメリカIT留学で入学する学校が決まったら、すぐに申請の準備をしましょう。 VISAを取得するには様々な申請書類が必要なのに加え、一部の例外を除いて面接が必要になります。 面接を受けてからVISAが発行されるまでは通常1〜2週間ですが、長期休暇前などの申請者が多い時期や、VISA手続きに変更があった時はさらに時間がかかる場合があります。 大使館のホームページなどで必要な書類や手順をしっかりと確認し、余裕をもって申請するようにしましょう。 忙しい方や英語での書類作成に不安のある方は、申請書作成代行サービスなどもありますので、活用してみてください。 アメリカIT留学の事前準備:英語の事前学習 アメリカIT留学での勉強を最大限効果的にするには、事前の英語学習が大切です。 授業はすべて英語なので、しっかりと理解できるように、 最低でも日常会話ができるレベルにはしておきましょう。 また、学ぶIT分野の単語に触れておくのも、アメリカへ行ってからのスムーズな学習に役立ちます。 アメリカへ行った後は英語学習に取れる時間は限られてしまうので、出国前に十分な学習を進めておきましょう。 まとめ:アメリカIT留学でキャリアアップしよう アメリカIT留学では、期間や費用のコストが大きい分、 留学後のリターンも非常に大きいです。 アメリカで学位を取得したり、最先端のITスキルと高い英語力を身につければ、その後の キャリアの幅が大いに広がります! ITのみならず世界を牽引するアメリカでの留学経験は、人生においても貴重な経験になるでしょう。 費用が安く、質の高い講師がマンツーマンでプログラミングと英語を教えてくれるので、 ITと英語どちらも学びたい人に最適です! セブ島IT留学にオススメの学校はこちらです。 Kredo Kredoは「セブ島でITを英語で学べる、日系で唯一の政府公式認定校」です。 カリキュラムや教員、施設などフィリピン政府による厳正な審査をパスしているため、教師の質も高くITを学ぶのに適した環境が揃っています。 アメリカIT留学に悩んだら、セブ島IT留学も検討してみましょう!.

次の

アメリカ企業の政治発信から日本が学べること。働く人が“社会にコミットする”時代

アメリカ it 企業

コンピューター関連 [ ]• が持株会社• GeForce• Google子会社• レストラン [ ]• 傘下ブランド 、• 食品 [ ]• 流通小売関連 [ ]• 電器製品関連 [ ]• 旅行・航空会社 [ ]• カーニバル傘下• 金融関連 [ ]• アフラック• バンク・オブ・アメリカ子会社• 軍事・機械関連 [ ]• 資源関連 [ ]• 子会社カー・マギー• シュルンベルジェ傘下• 化学関連 [ ]• 製薬関連 [ ]• 輸送機関連 [ ]• 英子会社• メディア関連 [ ]• (傘下)• (グループ)• 玩具・ゲーム関連 [ ]• (トイザらス)• 情報通信関連 [ ]• コンサルティング・調査関連 [ ]• 建設 [ ]• 鉄道 [ ]• ホテル・リゾート関連 [ ] ほかブランド名• クラウンプラザ、• メリディアン• コンラッド• スーパー 8• リッツ・カールトン、ルネッサンス 電力・ガス [ ]• 製鉄・金属 [ ]• その他の業種 [ ]• 紙・パルプ• 医療サービス 関連項目 [ ]• この項目は、に関連した です。

次の