リゾートトラスト フレックス。 関東・フレックス勤務OKの【リゾートトラスト】を含む求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

サンメンバーズ専門サイト

リゾートトラスト フレックス

入社理由・入社後の印象:【入社時の期待】すぐに売れると思っていた。 難しい営業方法だとしても、これまでの学生時代で学んだ人を喜ばせると言うスキルにたけていれば、人にものを買っていただけると思っていた。 またすぐに経営者や社長様に会うことができると思っていた。 【入社後のギャップ】まず、既存のオーナー様だとしても会っていただくことが難しい。 社長様やオーナー様は忙しいため、ホテルの予約等はホテルに直接問い合わせしていたり、すでにオーナー様と密接に関わっている営業マンが存在する。 そのため、自らが大きな力を持っているオーナー様をを最初から担当できること事はありえない。 地道に資金力が少ないお客様や、ご引退なさった会長様などに地道にアプローチをかけ信頼を得て新規の紹介をいただく、もしくは飛び込み営業や、入電、ダイレクトメール等により新規の顧客へのアプローチをしなくては高層の顧客には会うことすらできない。 口コミ投稿日:2020年04月 9日 給与水準:ボーナスは年に2回。 額はもちろん仕事内容や役職によってバラバラです。 大体、売り上げによって何倍のボーナスかは変わりますが、私の場合は1. 5~2. 3倍くらいの額でした。 私は高卒で4月に入社しましたが、初任の夏期 6月 のボーナスからもらうことができました。 その点は驚きました。 昇給は人によってですが勤務年数が上がるほど少しずつ上がっており、さらに役職が上がるほど上がります。 役職自体は上司に推薦された者が受けられる試験がありそれに合格するごとに上がっていきます。 なのでやはり勤務態度ややる気、実力次第で試験があるもののどんどん上にいけると思います!各種手当ては厚く福利厚生もしっかりしているので、安心して働くことができました。 口コミ投稿日:2020年04月 4日 勤務時間・休日休暇:フレックスジョブだと、人事は言ってましたがフレックスのかけらもないです。 実際フレックスジョブできてるのは業務の方々のみじゃないでしょうか。 営業は月末に近づくにつれ退勤時間が遅くなります。 20時だろうが21時だろうが商談のアポイントを求めにいきます。 成果主義なのはわかりますが、今の時代にあってるのか?!と思うくらいです。 また、GWやお盆、年末年始など、仕事延長することもあります。 私の経験上、初日から休めたことは皆無と言っていいでしょう。 上司からは「振替休日取ればいい」といいますが平日休むと、会社から、お客様からなど電話が鳴り止まないので休んだ気にもなれずいかがなものか?と思う方もいるかもしれません。 口コミ投稿日:2020年05月16日 仕事内容:働き方改革の為にマルチシフトを導入し、残業を無くす、中抜けを無くすはずだった。 しかし実際は人手不足の為、残業は増え、中抜けはなくならず、皆疲労困憊している。 新規施設を立てるのは良いが、その人員は既存施設の人から補われているため、人が今どれだけ足りていないのか、どれだけ必要なのか計算して新規施設を建てているようには思えない。 いつまで経っても人員不足のままである。 新しいプロジェクトを多く立ち上げすぎて皆うんざりしている。 実際動いているのは選出された人だけ。 その人の負担ばかりが増えている。 同じような会議が何種類もあり、ひとつにまとめた方がいいと思う。 事務作業が多いため、お客様に接する時間はほとんどない。 口コミ投稿日:2019年05月 9日 仕事内容:会員制ホテルの会員権販売業務。 基本土日休みだが、土日に顧客の施設対応や契約業務が入るので休みがかなり不安定。 また毎月の業績によって上司の匙加減で、明日出勤な、といった具合でプライベート削って仕事している。 数字がいかないと、という意識がすごく、みんなが無理くり契約持ってきている。 はっきりいってわたしの主観では、大した仕事でなく、誰でも出来る仕事を、上司の顔色みながら、プライベート削ってやった結果だして生き残るといった感じ。 そもそも高級会員制ホテルと謳っているのに、人材会社の求人でオープニングスタッフ募集していて、ほんとにサービスは高級なんですかって中の人間としても疑問に思うことがある。 口コミ投稿日:2020年01月24日 勤務時間・休日休暇:レストランの中抜け勤務を無くすと言われ続けてきましたが全く無くなりません。 基本どこの部署も人手不足です。 売り上げの少ないところは突然他のホテルのヘルプに行かされることもあります。 特にオープニングのホテルはかなり大変なのでホテル業未経験の方やパートの方はすぐに退職していきます。 レストランの場合客数が直前で変わる場合もあるので明日のシフトがわかるのが前日です。 なので前日まで次の日が何時出勤かわからないのでそこは問題視されているところでもあります。 部署によって勤務時間は仕事内容は全然違いますが特にレストランは体力勝負という感じはします。 接客はもちろん、非生産性の事務仕事もかなり多いです。 口コミ投稿日:2019年12月30日 勤務時間・休日休暇:シフト制の為、休日はバラバラです。 仕事と休日のオンオフはしっかりできました。 たまに仕事の内容で緊急の電話がかかってくることもありましたが、その他ではバランスが取れた休暇になると思います。 ホテルですのでもちろん土日祝日、年末年始やGWなど、世の中の行事ごとはピークに忙しいのでその点の切り替えが出来る方におすすめです。 大型連休が無い代わりに、会社からは年に5日ほど 確か リフレッシュ休暇と言うものが別でもらうことができます。 なので公休と組み合わせて、自分の好きな時に1週間ほどの休暇を取ることができました。 私はその休みを使って旅行をしていました。 そういった点でバランスを保てる気がします。 口コミ投稿日:2020年04月 4日 成長性・将来性:そりゃ売上減るよね。 という会社。 信じられないほど、マニュアル。 かつ適当。 施設建設にお金をかけるよりも、システムにお金をかけて業務をスマートにし、お客様に全身から向き合える余裕を作るべきなのに、いまだにガラケー時代のシステムを使っている施設もある。 2017年に新システム導入します、と言っておきながらまだ入っておらず!適当!フロントのレジも手でお金を出すタイプ。 予約システムも1工程ごとに固まるし、仕事量多いしでお客様ときちんと向き合える時間が極端に少ない。 余裕がないから必死な顔でスタッフが働く。 そしたら「楽しそうに仕事しよう」的なプロジェクトを増やされる。 仕事増やしてどうすんねん。 口コミ投稿日:2019年11月 7日.

次の

関東・フレックス勤務OKの【リゾートトラスト】を含む求人・転職情報|【リクナビNEXT】で転職!

リゾートトラスト フレックス

入社理由・入社後の印象:【入社時の期待】すぐに売れると思っていた。 難しい営業方法だとしても、これまでの学生時代で学んだ人を喜ばせると言うスキルにたけていれば、人にものを買っていただけると思っていた。 またすぐに経営者や社長様に会うことができると思っていた。 【入社後のギャップ】まず、既存のオーナー様だとしても会っていただくことが難しい。 社長様やオーナー様は忙しいため、ホテルの予約等はホテルに直接問い合わせしていたり、すでにオーナー様と密接に関わっている営業マンが存在する。 そのため、自らが大きな力を持っているオーナー様をを最初から担当できること事はありえない。 地道に資金力が少ないお客様や、ご引退なさった会長様などに地道にアプローチをかけ信頼を得て新規の紹介をいただく、もしくは飛び込み営業や、入電、ダイレクトメール等により新規の顧客へのアプローチをしなくては高層の顧客には会うことすらできない。 口コミ投稿日:2020年04月 9日 給与水準:ボーナスは年に2回。 額はもちろん仕事内容や役職によってバラバラです。 大体、売り上げによって何倍のボーナスかは変わりますが、私の場合は1. 5~2. 3倍くらいの額でした。 私は高卒で4月に入社しましたが、初任の夏期 6月 のボーナスからもらうことができました。 その点は驚きました。 昇給は人によってですが勤務年数が上がるほど少しずつ上がっており、さらに役職が上がるほど上がります。 役職自体は上司に推薦された者が受けられる試験がありそれに合格するごとに上がっていきます。 なのでやはり勤務態度ややる気、実力次第で試験があるもののどんどん上にいけると思います!各種手当ては厚く福利厚生もしっかりしているので、安心して働くことができました。 口コミ投稿日:2020年04月 4日 勤務時間・休日休暇:フレックスジョブだと、人事は言ってましたがフレックスのかけらもないです。 実際フレックスジョブできてるのは業務の方々のみじゃないでしょうか。 営業は月末に近づくにつれ退勤時間が遅くなります。 20時だろうが21時だろうが商談のアポイントを求めにいきます。 成果主義なのはわかりますが、今の時代にあってるのか?!と思うくらいです。 また、GWやお盆、年末年始など、仕事延長することもあります。 私の経験上、初日から休めたことは皆無と言っていいでしょう。 上司からは「振替休日取ればいい」といいますが平日休むと、会社から、お客様からなど電話が鳴り止まないので休んだ気にもなれずいかがなものか?と思う方もいるかもしれません。 口コミ投稿日:2020年05月16日 仕事内容:働き方改革の為にマルチシフトを導入し、残業を無くす、中抜けを無くすはずだった。 しかし実際は人手不足の為、残業は増え、中抜けはなくならず、皆疲労困憊している。 新規施設を立てるのは良いが、その人員は既存施設の人から補われているため、人が今どれだけ足りていないのか、どれだけ必要なのか計算して新規施設を建てているようには思えない。 いつまで経っても人員不足のままである。 新しいプロジェクトを多く立ち上げすぎて皆うんざりしている。 実際動いているのは選出された人だけ。 その人の負担ばかりが増えている。 同じような会議が何種類もあり、ひとつにまとめた方がいいと思う。 事務作業が多いため、お客様に接する時間はほとんどない。 口コミ投稿日:2019年05月 9日 仕事内容:会員制ホテルの会員権販売業務。 基本土日休みだが、土日に顧客の施設対応や契約業務が入るので休みがかなり不安定。 また毎月の業績によって上司の匙加減で、明日出勤な、といった具合でプライベート削って仕事している。 数字がいかないと、という意識がすごく、みんなが無理くり契約持ってきている。 はっきりいってわたしの主観では、大した仕事でなく、誰でも出来る仕事を、上司の顔色みながら、プライベート削ってやった結果だして生き残るといった感じ。 そもそも高級会員制ホテルと謳っているのに、人材会社の求人でオープニングスタッフ募集していて、ほんとにサービスは高級なんですかって中の人間としても疑問に思うことがある。 口コミ投稿日:2020年01月24日 勤務時間・休日休暇:レストランの中抜け勤務を無くすと言われ続けてきましたが全く無くなりません。 基本どこの部署も人手不足です。 売り上げの少ないところは突然他のホテルのヘルプに行かされることもあります。 特にオープニングのホテルはかなり大変なのでホテル業未経験の方やパートの方はすぐに退職していきます。 レストランの場合客数が直前で変わる場合もあるので明日のシフトがわかるのが前日です。 なので前日まで次の日が何時出勤かわからないのでそこは問題視されているところでもあります。 部署によって勤務時間は仕事内容は全然違いますが特にレストランは体力勝負という感じはします。 接客はもちろん、非生産性の事務仕事もかなり多いです。 口コミ投稿日:2019年12月30日 勤務時間・休日休暇:シフト制の為、休日はバラバラです。 仕事と休日のオンオフはしっかりできました。 たまに仕事の内容で緊急の電話がかかってくることもありましたが、その他ではバランスが取れた休暇になると思います。 ホテルですのでもちろん土日祝日、年末年始やGWなど、世の中の行事ごとはピークに忙しいのでその点の切り替えが出来る方におすすめです。 大型連休が無い代わりに、会社からは年に5日ほど 確か リフレッシュ休暇と言うものが別でもらうことができます。 なので公休と組み合わせて、自分の好きな時に1週間ほどの休暇を取ることができました。 私はその休みを使って旅行をしていました。 そういった点でバランスを保てる気がします。 口コミ投稿日:2020年04月 4日 成長性・将来性:そりゃ売上減るよね。 という会社。 信じられないほど、マニュアル。 かつ適当。 施設建設にお金をかけるよりも、システムにお金をかけて業務をスマートにし、お客様に全身から向き合える余裕を作るべきなのに、いまだにガラケー時代のシステムを使っている施設もある。 2017年に新システム導入します、と言っておきながらまだ入っておらず!適当!フロントのレジも手でお金を出すタイプ。 予約システムも1工程ごとに固まるし、仕事量多いしでお客様ときちんと向き合える時間が極端に少ない。 余裕がないから必死な顔でスタッフが働く。 そしたら「楽しそうに仕事しよう」的なプロジェクトを増やされる。 仕事増やしてどうすんねん。 口コミ投稿日:2019年11月 7日.

次の

リゾートトラスト株式会社の口コミ・評判(一覧)|エン ライトハウス (8248)

リゾートトラスト フレックス

略称 リゾトラ 本社所在地 〒460-8490 二丁目18番31号 : 設立 (48年) (宝塚エンタープライズ株式会社) 事業内容 会員権事業、ホテルレストラン事業、ゴルフ事業、メディカル事業、シニアレジデンス事業等 代表者 伊藤與朗(兼グループ) (代表取締役兼CEO) 伏見有貴(代表取締役兼) 資本金 195億90百万円(2020年3月末 発行済株式総数 108,518,999株 売上高 1,591億45百万円(2020年3月期連結) 従業員数 7,937名(2020年3月末連結) 決算期 3月31日 主要株主 株式会社宝塚コーポレーション 12. )は、に本社を置くの。 を構成する中核企業である。 主要事業であるにおいては、会員制ホテル「 」や日本初の完全会員制リゾートホテル「 ベイコート倶楽部」、シティホテル「 ホテルトラスティ」などのを運営している。 より運用開始の株価指数「」の構成銘柄に選定されている。 概要 [ ] おけるのはトップであり、が毎年行っているサービス業総合調査によると、会員制リゾートクラブ部門25年連続売上高No. 1である。 また、のにおいては、会員制ホテルが主軸でありながら、第2位のシェアを占めている。 3月には、日本初の完全会員制リゾートホテルとしてに「」を開業した。 平成不況下のを中心に地で大型施設を建設したり、のようなの過剰投資によって破綻した企業から物件を買収するなどして規模を拡大している。 近年では、(現:エクシブ離宮)やの「」に登場する天野屋旅館(現:エクシブ離宮)など歴史的な旅館の跡地にホテルを建設している。 毎年5月に、()との共催により、が運営するで、女子プロゴルフトーナメント「」を開催している。 施設数 [ ] 2017年4月現在の施設数 事業名 施設数 リゾートホテル・シティホテル等 国内46ヶ所・1ヶ所() ゴルフ場 13ヶ所 メディカル 8ヶ所 シニアレジデンス 14ヶ所 沿革 [ ]• - 資本金6000万円で宝塚エンタープライズ株式会社を設立• 12月 - 名古屋市中区に都市型ホテルスタイルの分譲マンション及び高級テナントビル「ヴィア白川」を開業 岐阜県に第一号の会員制リゾートホテル「サンメンバーズひるがの」を開業• 6月 - 名古屋市中区に「エクセレントクラブ名古屋」を開業• 12月 - に「エクセレントクラブ大阪」を開業• 2月 - 大阪市北区に「サンメンバーズ大阪梅田」を開業• 4月 - 名古屋市中区に「サンメンバーズ名古屋錦」を開業• 5月 - に「サンメンバーズ東京新橋」を開業• 8月 に「サンメンバーズ鹿児島」を開業• 12月 に「サンメンバーズ京都嵯峨」を開業• 1月 - 大臣免許(第2901号)許可• 2月 - 国内リゾートクラブ会員及び当社サンメンバーズ会員の海外施設交換利用を可能とすることを目的として、海外施設交換会社Resort Condominiums International(現RCI,LLC)社と締結の上、ジャパン・アール・シー・アイ株式会社(現アール・シー・アイ・ジャパン株式会社)設立• 3月 - 米国RCI社との業務提携により、RCI加盟の海外施設との相互施設交換利用を開始(現在、RCI社の日本総代理店アール・シー・アイ・ジャパン株式会社と業務提携)• 11月 - ホテル・レストランの運営を目的として、子会社 株式会社サンホテルインターナショナルを設立し、当社ホテル・レストランの現業部門の運営を委託• 12月 - 経営機能強化の為、東京都に東京本社を開設し、二本社制とする 東京都新宿区に「サンメンバーズ東京新宿」を開業• 1月 - に「リゾーピア熱海」を開業• 7月 - 京都府に「リゾーピア久美浜」を開業• 8月 - に「リゾーピア別府」を開業• 9月 - 神奈川県に「リゾーピア箱根」を開業• 12月 - に「サンメンバーズ神戸」を開業• 4月 - リゾートトラスト株式会社に変更• 10月 - 業務を行うことを目的として子会社株式会社サンホテルエージェントを設立• 4月 - に「」を開業• 7月 - 名古屋市中区に「ローズルーム名古屋」を開業• 11月 - 金銭貸付業務を行うことを目的として子会社ジャストファイナンス株式会社を設立• 3月 -に「エクシブ伊豆」を開業• 8月 -鹿児島県鹿児島市に「サンホテル鹿児島」を開業• 1月 - 大阪市北区に「ローズルーム大阪」を開業 ホテルの建設・運営を目的として、子会社株式会社リゾートトラスト沖縄を設立(平成8年3月不動産賃貸を事業目的に追加の上、リゾートトラスト開発株式会社に商号変更・平成10年3月アール・ティー開発株式会社に商号変更)• 3月 - (長官登録第887号)認可• 4月 - に「エクシブ白浜」を開業• 1月 - 株式会社サンホテルインターナショナルを吸収合併(合併期日平成2年1月31日)• 7月 - に「エクシブ軽井沢」を開業• 4月 - 三重県鳥羽市に「エクシブ鳥羽アネックス」を開業• 5月 - 名古屋市中区に本社新社屋ビルを完成• 7月 - に「エクシブ淡路島」を開業• 9月 - 会員制メディカルクラブの販売及び会員管理を行うことを目的として、子会社 設立• 7月 - に「エクシブ山中湖」開業 和歌山県西牟婁郡白浜町に「エクシブ白浜アネックス」を開業• 4月 - 主に当社ホテルの設備、清掃業務を行うことを目的として、子会社 株式会社ジェス設立• 10月 - 「ハイメディック山中湖倶楽部」を開業。 3月 - 滋賀県に「エクシブ琵琶湖」を開業• 5月 - 名古屋市中区に小口不動産投資型シティホテル「ホテルトラスティ名古屋」開業• 9月 - に株式店頭公開• 7月 - における開発を目的として子会社RESORTTRUST PALAU,INC. を設立 エクシブ蓼科• 3月 - に「エクシブ蓼科」を開業• 12月 - リゾートトラストゴルフ事業株式会社を子会社化• 4月 - 当社関係会社における経理業務の請負を目的として子会社アール・エフ・エス株式会社を設立• 7月 - 岐阜県郡上郡に「サンメンバーズひるがの」を新生オープン• 11月 - 及び市場第一部に上場• 10月 - 第一アドシステム株式会社を子会社化• 3月 - 徳島県に「エクシブ鳴門サンクチュアリ・ヴィラ」を開業 に「グランディ那須白河ゴルフクラブ」を開業• 4月 - 名古屋市中区に「ホテルトラスティ名古屋栄」を開業 株式会社メディカルチェックを子会社化• 8月 - 東京都に東京本社を移転• 2月 - 名古屋市の「カトリック布池教会」内の「聖ヨゼフ館」において事業等の運営受託を開始• 11月 - 長野県軽井沢町に「エクシブ軽井沢サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• 6月 - 大阪市に「ホテルトラスティ心斎橋」を開業• 7月 - 徳島県鳴門市に「エクシブ鳴門サンクチュアリ・ヴィラ ドゥーエ」を開業• 8月 - 大阪市中央区の「ハイメディック大阪」検診事業開始• 9月 - 子会社株式会社東京ミッドタウン・メディスンを設立• 10月 - 子会社ベストクレジット株式会社を設立• 7月 - 株式会社アドバンスト・メディカル・ケアを子会社化• 9月 - 株式会社ウェル・トラストを子会社化• 11月 - ハイメディック・東大病院検診開始 京都市に「エクシブ京都 八瀬離宮」を開業• 2月 の「ザ・カントリークラブ」の経営権を取得• 2月 - 子会社 株式会社スイス・パーフェクションを設立• 3月 - 東京都に「」を開業• 4月 - 東京都江東区有明に「ホテルトラスティ東京ベイサイド」を開業、長野県に「グランディ軽井沢ゴルフクラブ」を開業• 6月 - 愛知県に「パインズゴルフクラブ」を開業• 1月 - ヒューマンライフサービス株式会社を子会社化• 3月 - 神戸市中央区に「ホテルトラスティ神戸旧居留地」を開業 山梨県南都留郡山中湖村に「エクシブ山中湖サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• 10月 - 「サンホテル鹿児島」を改装、同時にホテル名を「ホテルサンフレックス鹿児島」に改名• 3月 - 神奈川県に「エクシブ箱根離宮」を開業。 大阪市中央区に「ロビーカフェファシーノ」を出店• 4月 - 高級有料老人ホーム運営会社「株式会社ボンセジュールグラン」の運営権取得• 6月 - 「株式会社ボンセジュールグラン」を「トラストガーデン株式会社」に社名変更し子会社化 エクシブ有馬離宮• 3月 - 神戸市の郷に「エクシブ有馬離宮」を開業• 3月 - 大阪市に「ホテルトラスティ大阪 阿倍野」を開業、長野県北佐久郡軽井沢町に「エクシブ軽井沢 パセオ」、「エクシブ軽井沢 サンクチュアリ ヴィラ・ムセオ」開業• 6月 - に「ホテルトラスティ金沢 香林坊」を開業• 10月 - 「ハイメディック・ミッドタウンコース」提供開始• 4月 - 東京都に「トラストガーデン等々力」を開業• 10月 - 「」を取得• 12月 - 「ハイメディック東京ベイコース」提供開始• 3月 - 三重県鳥羽市に「エクシブ鳥羽別邸」を開業• 4月 - 東京都に「トラストガーデン常盤松」を開業• 6月 - 「サンホテル名古屋ヴィラ白川」を改装終了と共に「ホテルトラスティ名古屋 白川」へ• 7月 - 「ハイメディック名古屋」検診開始• 3月 - 神奈川県足柄下郡に「エクシブ湯河原離宮」を開業• 4月 - 介護付有料老人ホーム「アクティバ琵琶」(滋賀県大津市)の運営会社株式取得• 12月 - 日本橋浜町と、熊本県熊本市の跡地を含む一帯の再開発地域に、新ブランドである「ホテルトラスティ プレミア」を2019年7月及び9月に開業予定であることを発表• 3月 - 京都市に「トラストガーデン四条烏丸」を開業• 4月 - 兵庫県神戸市は山頂近くのの隣接地に「エクシブ六甲サンクチュアリ・ヴィラ」を開業• 7月 - 横浜市中区介護付有料老人ホーム「らいふアシスト馬車道」を事業承継。 8月 - 東京都に「トラストガーデン荻窪」を開業• 9月 - 東京都に「ホテルトラスティ プレミア日本橋浜町」を開業• 10月 - に「ホテルトラスティ プレミア熊本」を開業•

次の