振袖 レンタル 口コミ。 「振袖の一蔵」による成人式前撮り写真付き口コミまとめ

東京都内で成人式におすすめの振袖レンタルショップ人気ランキング10選【前撮りサービス付きも!】

振袖 レンタル 口コミ

結婚式にお呼ばれした時の着物選びのポイント 結婚式に和服で出席すると華やかになるので喜ばれます。 未婚の女性は振袖を着用することができますが、いくつか注意が必要です。 振袖は3種類に分類され、適した着用シーンも異なります。 大振袖:本振袖とも呼ばれ、振袖の中で一番格式の高い着物です。 花嫁のお色直しで着用されることがあるので、 参列者は大振袖を控えるのがマナーです。 中振袖:成人式に着用する振袖は中振袖にあたります。 主役の 花嫁と色が被らないように色味を抑えるなどの配慮が大切です。 小振袖:二尺袖とも呼ばれ、卒業式の袴に合わせるなどして着用されるのがこの小振袖です。 10代で結婚式に参列する方におすすめです。 和装婚(神前式)などにはドレスよりも是非着物で参列してみてください。 全店舗共通の会員証なので、どこの店舗でも利用することができます。 きものカタログがあるので、写真を見ながら着物の柄を選ぶことができます。 STEP1 着物を選ぶ 来店予定の店舗と着物の種類を選択して「着物カタログを見る」をクリックすると対象店舗の着物一覧が表示されます。 好きな着物を選択し、希望の日付を選択します。 STEP2 オプションを選ぶ ヘアセットやメイクを利用の場合は選択します。 を利用の方は必ずここで選択してください。 STEP3 会員登録またはログインする 会員登録かログインを行います。 店舗を利用したことがあるけどウェブ利用は初めてだという方は専用のボタンから登録してください。 STEP4 予約内容を確認する 予約内容と料金に間違いがなければ「上記の内容で次へ進む」をクリックします。 STEP5 支払手続きをする クレジットカードもしくはコンビニエンスストアから支払い方法を選択し、手続きを行います。 STEP6 予約完了 以上でウェブからの予約は完了です。 当日は選択した店舗に行き、着物を借りましょう。 レンタル着物マイン六本木店です! 詳しく知りたい方はこちらをご覧ください! 宅配レンタルのポイント 宅配レンタルには店舗レンタルにはない不安が付きまとうものです。 トラブルを防ぐために以下の項目をチェックしていきましょう。 レンタルする前のポイント 申し込み前に確認しておくべき6つのポイントです。 申し込み期間 宅配レンタルは着物の配送準備に時間を要するため、喪服以外の訪問着などを申し込み当日や翌日にレンタルできるお店は少ないです。 何日前から申し込みが可能なのかは事前にチェックが必要です。 下見 実物を見ないでレンタルするのは少し怖いですよね。 最近は宅配レンタルをする前に店舗に行って試着することで、柄や手触りを確認してから選べるお店も少なくはありません。 下見の条件はお店によって異なります。 自分で用意するもの 宅配レンタルのセットには肌着、足袋、髪飾りなどが付いていない場合があります。 セット内容を事前に確認することで、届いてから不備が見つからないようにしましょう。 レンタル泊数 お店や着物の種類によってもレンタル日数は様々ですが、着用日の2日前に届けてくれるところが多いです。 スケジュールを事前に確認することで余裕をもって利用できます。 送料 送料の負担先についてはお店によって様々です。 送料無料の場合や、返却の時だけ元払いしてくださいという場合もあります。 着付け準備 宅配レンタルはお店で着付けてもらうことができません。 自分で着付けができたり、家族や知り合いに着付けてもらうのであれば問題はありませんが、決まっていない場合は美容室での着付けがおすすめです。 行きつけの美容室で着付けてもらえれば少し気が楽ですよね。 レンタルの目途が立ったら美容室の予約をしましょう。 着物が到着したら 着物が到着したら必ず同梱内容と状態を確認します。 不足している物があったり、汚れや破れなどが見つかった場合は、写真を撮って早めにお店に連絡しましょう。 写真を撮っておくことで、返却後に言いがかりを付けられた時の証拠材料となります。 着用後の手入れ 着用後は洗濯やクリーニングをしないで、というお店がほとんどです。 間違ったクリーニング方法で手入れすると生地が悪くなってしまいます。 汚れてしまった場合はお店の判断を仰ぎましょう。 保証サービスが付けられる場合は予め加入しておくと安心して利用できます。 返却方法 返却方法はお店によってまちまちですが、同梱されていた着払い伝票を使って返却することが多いです。 利用する宅配業者に指定がある場合があります。 いつまでに返却すればいいのかも含めて確認しておきましょう。 店舗レンタルのポイント 比較的気軽に利用しやすい店舗でのレンタルですが、気を付けたほうが良いポイントが4つあります。 着物選び 選べる着物の種類は想像以上に多いです。 借りたい着物の色や雰囲気をあらかじめイメージしておくと、すんなり決まりやすいですよ!• プラン内容 着付け、ヘアセット、メイク、撮影などは店舗によってはオプション料金となることがあります。 自分が必要としているサービスがレンタル料金に入っているかどうかの確認をしましょう。 持ち物 肌着、足袋、髪飾りなどはセットに含まれていない場合があります。 自分で用意できない場合は購入できる店舗もありますが、最悪着付けが出来なくなってしまうので確認しましょう。 レンタル泊数 観光用の着物だと特に当日または翌日返却のお店が多いのではないかと思います。 返却時間や返却場所を確認しておくことで有意義に1日を過ごせます。 振袖選び 成人式の振袖は1年前を目安に探し始めましょう。 成人式に近づくにつれて人気の柄はなくなってしまいます。 毎年赤色は大人気です。 早めの行動を心がけましょう。 レンタル予約 成人式の前撮りやレンタル予約は早いほど割引をしてくれるお店も多いです。 安くはない振袖だからこそお得に利用しましょう。 前撮りの時期 早く着物を選べた方は春に撮影できるのがベストでしょう。 夏の前撮りは暑くて大変苦労します。 成人式前の秋もスタジオなどが混雑してきますので余裕を持って行動しましょう。 11月の行事である七五三も避けるのが賢明です。 成人式当日の着付け 成人式当日はとても混み合うので早朝着付けを検討する必要があります。 早朝着付けに対応しているかどうかや、追加料金が必要なのかどうかも確認しましょう。 例年の混雑度をスタッフに聞いておくのもポイントです。

次の

振袖レンタル「一蔵」の口コミ・評判を予約する前に見ておこう|ふりる

振袖 レンタル 口コミ

予約のお客様に足袋プレゼント• 振袖ガールズにご来店いただきありがとうございます。 この度は、振袖ガールズをご覧いただきまして誠にありがとうございます。 当店の振袖は、有名ブランドや最新トレンドのお着物などを積極的に取り入れています。 振袖ガールズでは、創業60余年のレンタル業で培ったノウハウを最大限活かし、高品質でリーズナブルな商品のご提供、店舗の商圏、店舗運営だけでは難しかった細やかなサービスなどを、ネットレンタルを通して実現しております。 卒業式や成人式など、一生に1度のおめでたいシーンで着用される機会の多いお着物ですが、ほかにも結婚式や披露宴、パーティ、茶会、観劇、初詣など、フォーマルからカジュアルシーンまで、幅広くお召しになることができます。 振袖の着用シーンは、振袖の袖丈の長さによって、「大振袖」「中振袖」「小振袖」この3種類に分けられます。 「本振袖」とも呼ばれており、長い袖と豪華な絵羽模様が特徴のお着物です。 花嫁衣装、披露宴、成人式などで着用されることが多く、未婚女性ならではの和装コーデを楽しむことができます。 大振袖に次いで格の高い中振袖は、成人式やパーティなどの華やかなシーンにピッタリなお着物です。 中振袖は、厳格過ぎず、カジュアル過ぎない、ちょうど良い格のお着物ですので、いまではスタンダードな振袖として、幅広いシーンで着用されています。 ほかの振袖と比べて、袖丈が短く、とても動きやすいのが特徴です。 小振袖はもっとも気軽に着用できるお着物ですので、入学式、卒業式、成人式、茶会、観劇、カジュアルなパーティなど、幅広いシーンで着用することができます。 着物業界では、『今後、お着物を着用する機会が減っていく』と言われておりますが、可憐で繊細だけれど、心の強い日本の女性には、やはり着物がよく似合います。 当店では、結婚式や成人式など、人生の節目である特別なイベントにぴったりなデザイン性の高いオシャレな振袖を多数取り揃えております。 ここ数年は、古典柄・レトロ・アンティーク柄がトレンドとなっており、そのなかでも「ブランド青柳」や「紅一点シリーズ」などは、たいへん人気があります。 振袖ガールズでは、インターネット上で気軽に自分の気に入った振袖がレンタルできるよう、つねに見やすく使いやすいサービスを心がけています。 もしも、インターネット上で自分好みの振袖を見つけたけれど、注文方法が分からない、キーボードでの入力が苦手なお客様もたくさんいると思います。 その際は、お電話でのご注文も承っておりますので、お気軽にお電話ください。 また、振袖について気になる点などございましたら、是非、インターネット・お電話にてお問い合わせください。 着物のプロとして、的確なアドバイスをさせていただきます。 ご友人や知人の結婚式・披露宴にゲストとして列席される際、振袖を着用していくと、会場の雰囲気をより華やかで特別な空間に演出するだけではなく、お式の格もグッと上げることができますので、新郎新婦のご両親より感謝をされることがあります。 20代後半の未婚女性には、慶事ごとにピッタリな吉祥文様や有職文様などの古典柄がおすすめです。 あまり奇抜なデザインの振袖を選んでしまうと、まわりから浮いてしまうので、お祝いの席に相応しいデザインの振袖を選ぶのがポイントです。 1人だけ振袖で列席するのは恥ずかしいとお考えの女性は、お友だち数人とデザインを合わせてブレイズメイド風に着こなしてみてはいかがでしょうか。 ここ数年は、鶴、亀、松竹梅など祝意をあらわす吉祥文様や、平安時代から変わらず愛されている有職文様など、日本らしい伝統的な古典柄がトレンドとなっており、純国産の逸品「青柳」やAMIAYAプロデュース「紅一点シリーズ」などが人気となっています。 また、シンプルで古風な雰囲気が魅力的な「絞り振袖」も、テレビや雑誌などで活躍されている女性たちが着用したことで話題となり、じわじわと注目が集まっています。 20歳になる前に結婚された女性の場合、成人式に出席する際、振袖を着用しても良いのかどうか悩まれるかと思います。 振袖は、未婚女性の第一礼装となりますので、既婚女性が着用するのはマナー違反となります。 けれど、時代の流れと共に、既婚・未婚に関わらず「成人のお祝い」として振袖を着用するのであれば問題無いのではないかという考え方も増えつつあります。 振袖ガールズでは、ハイセンスかつ高品質な振袖を多数ご用意しております。 とくに、結婚式や成人式など、人生の節目となる特別なシーンで着用することの多いお着物になりますと、それなりにお値段も高く、出席するシーン、立場、年齢などによって、着るべきものが変わってきます。 当店では、振袖と共に、結婚式や成人式などに着ていく際に必要となる小物類をまとめて借りることができ、さらに面倒な手入れもなく、いつでもお手頃な価格で良質なお着物をお召しになることができます。

次の

振袖レンタル2020|安心着物フルセット宅配「和楽庵」

振袖 レンタル 口コミ

もくじ• 成人式の振袖は高3の夏季がベスト予約時期 成人式の振袖レンタルの予約時期は高3の夏季がベストな予約時期といわれています。 成人式の振袖は、 夏場が新作の振袖が出そろう時期です。 加えてその年の成人式にレンタルされていた振袖も戻ってきますのでもっとも豊富な振袖から選べる時期なのです。 新作振袖は、トレンドを反映しているため、とくに若い方からは好評であることが多く、自分も気に入り、また友人たちからもほめられる自慢の振袖となるでしょう。 また 新作でなくていいと思う方は、高2の1月下旬を狙うのもおすすめです。 自分に似合う振袖はできるだけ多くの選択肢から選べるほうがいいですよね。 既存の振袖だけでも、品ぞろえが豊富であればその可能性はより高まると思われます。 つまりその年にレンタルしていた振袖が戻ってきている時期がベストに次ぐ予約時期です。 そこも逃したらその次の夏季に新作を狙って予約しましょう。 振袖を実際に見て試着をしよう これから成人式を迎える方々の元には複数の振袖レンタル店から、振袖のレンタルカタログが送付されてくることと思います。 ネットで検索することもできるので、理想の振袖を探しやすいと言えます。 しかし、ベストな予約時期の高3の夏には、必ず振袖レンタル店に行かれることをおすすめします。 柄も細かい部分はわかりづらくなるので、 実物の振袖を見るとかなり印象が違って見えるでしょう。 また、色柄が着る方の好みに合っても、着てみると似合わないこともよくあるので、 実際に着て、コーデしてみることが大切です。 友人に見せられるものもいいですね。 予約時期が早いことで問題点はある? 成人式の振袖をレンタルするベストな予約時期や、実際に振袖レンタル店に出かけて選ぶことの大切さをご説明してきましたが、予約時期が早まっている中で生じる問題点についても触れておきます。 一番多いのが 着たい振袖の好みが変わる可能性がゼロではないということです。 高3の夏あたりに「この振袖が着たい」と思い予約した振袖ですが、実際に約2年後の成人式の際に自分が理想とする振袖が変わってしまうことも充分ありえます。 好みの変化に備えて、高3のベスト予約時期に 「振袖の予約の変更がいつまで可能か」をしっかり確認しておきましょう。 振袖のネットレンタルであれば発送前まで変更可能なところもあるようですが、振袖レンタル店での予約の場合は、予約後3か月以内など、振袖レンタル業者によって異なります。 しかし、 成人式直前となればレンタルできる振袖の種類は限られてしまうので、その点は覚悟しておかなければならないでしょう。 また、振袖を変更しなくても予約した振袖に合わせる帯や小物、髪飾りなどのコーディネートを変えてもらうことで好みに近付けることも可能です。 一生に一度の成人式ですから、胸にもやもやっとした気持ちを抱えて過ごすより、予約をした振袖レンタル店に相談してみることをおすすめします。 まとめ 成人式の振袖をレンタルするためのベストな予約時期についてご紹介しました。 振袖のベストな予約時期は 高3の夏季で、高3のセンター試験後もおすすめの時期です。 注意点としては、振袖の予約時期には必ず電話予約の上、レンタルショップに出向いて、実物を見て試着してから振袖・帯・小物などを決めるようにすること。 そして予約時に 「予約変更がいつまで可能か」を確認することも忘れないようにしましょう。 振袖レンタルは、早めに予約をすることで理想の振袖と出会える確率がグンと上がるだけでなく、 振袖のレンタル料金が安くなるキャンペーンが実施されていたりとお得感もあるので、成人式の2年前に振袖の予約をするのは早すぎると思わず、ぜひ振袖レンタル店に足を運んでみてくださいね。 おすすめ関連記事• 大学・短大・専門学校などの卒業式は人生の節目となる行事のひとつです。 教 […]• 福知山市とは京都北部に位置している指定文化財が多い地域です。 城下町では […]• 成人式を無事終えたら、レンタルしていた振袖一式をすみやかに返却しなくて […]• 成人式で、晴れ姿をスマートフォンなどで撮影したり、成人式後に気の合う仲 […]• 振袖には、たくさんの色や柄があります。 しかしながら、自分の好きな色にし […]• 最近の振袖レンタルショップではかわいさにも妥協しないところが増えていま […]• 振袖は身長ごとにサイズ分けされており、高身長の方は自分に合うサイズの振 […]• 一生に一度しかない成人式には、かわいくて流行りをとりいれた振袖を着たい […].

次の