か りゅう の ごう よく そう。 「そうりゅう型」潜水艦の潜航深度と性能【2020年3月 11番艦 おうりゅう 引き渡し】

焦点:日本敗れ潜水艦「ごうりゅう」幻に、仏勝利の裏側

か りゅう の ごう よく そう

4日、環球時報は、日本の海上自衛隊の新しいそうりゅう型潜水艦が進水し、「おうりゅう」と命名されたことを報じた。 資料写真。 2018年10月4日、は、日本の海上自衛隊の新しいそうりゅう型潜水艦が進水し、「おうりゅう」と命名されたことを報じた。 記事は、日本メディアの報道として「海上自衛隊の最新のそうりゅう型潜水艦の進水式が4日、神戸市兵庫区の三菱重工神戸造船所で行われ、豊富な知識を持つ縁起の良い龍という意味を持つ『おうりゅう』と命名された」と伝えた。 また、同潜水艦は2020年に防衛省に引き渡される予定で、現在のところ同潜水艦が配備される場所は決まっていないものの、日本の海上防御の第一線に運用されることになるとした。 さらに、同潜水艦の建造費が660億円とするとともに、スペックについて「全長84メートル、水中時速約20海里。 水中の持久力と速度を強化するために、エンジンに電気自動車にも用いられるリチウム電池を初めて装備しており、世界初のリチウム電池とディーゼルエンジンを組み合わせた潜水艦となった。 また、ステルス性能も備えている」などと紹介した。 日本で新たな潜水艦が進水したことについて、中国のネットユーザーは「日本海軍には敬服せざるを得ない」「日本の自衛隊とわが中国海軍では差があり過ぎる。 われわれの敵ではない」「自動車と一緒で、日本や欧米では艦艇のハイブリッド化が進んでいるんだな」「準、潜水艦、第5世代戦闘機がそれっている。 これが敗戦国なのか?」「が落としたお金で造られたんだ」といったコメントを寄せている。 また「おうりゅう」(凰龍)というネーミングに対して「いったい鳳凰なのか龍なのか」というツッコミも見られた。

次の

【パズドラ】火竜の剛翼爪(かりゅうのごうよくそう)の入手場所や入手方法、スキル上げや使い道情報!

か りゅう の ごう よく そう

tags: , , , , , , 三菱重工神戸造船所にて海上自衛隊の新潜水艦が進水、艦名は「おうりゅう」と命名されました。 そうりゅう型潜水艦として11隻目にあたり、リチウムイオン電池の搭載は少なくとも軍用潜水艦としては世界初といいます。 そうりゅう型潜水艦11番艦は「おうりゅう」と命名 新型潜水艦「おうりゅう」の命名/進水式(1分14秒)。 防衛省は2018年10月4日(木)、三菱重工神戸造船所(神戸市兵庫区)にて、新規建造された潜水艦の命名式および進水式を実施しました。 「おうりゅう」と命名されたこの潜水艦は、そうりゅう型潜水艦11番艦にあたります。 そうりゅう型11番艦「おうりゅう」。 漢字では「凰龍」と書く(2018年10月4日、乗りものニュース編集部撮影)。 起工は2015年11月16日で、同年度予算で建造されたものです。 防衛省『我が国の防衛と予算 平成27年度予算の概要』によると、これまでそうりゅう型で採用されていた鉛電池に代わり、新たにリチウムイオン電池を搭載することで、水中持続力などを向上しているといいます。 発火や爆発のリスクに関しては以前より安全性を確認されていた潜水艦用リチウムイオン電池でしたが、予算などの問題から長らく搭載を見送られており、海上自衛隊の潜水艦としてはもちろん、少なくとも軍事用の潜水艦としては「おうりゅう」が世界初の採用です。 一方で、これまでのそうりゅう型に搭載されていたスターリング機関(潜航中も発電機を動かせる非大気依存機関)は搭載されていません。 つまり、リチウムイオン電池だけで鉛電池+スターリング機関を代替することを意味します。 詳細は明らかにされていませんが、水中最大速力は約20ノットと、従来のそうりゅう型と遜色ない数字が公表されています。 なお、ディーゼルエンジンにリチウムイオン電池を組み合わせた「おうりゅう」は建造費643億円、ひとつ前の姉妹艦であるそうりゅう型10番艦「しょうりゅう」は、ディーゼルエンジン、スターリング機関、鉛電池の組み合わせで建造費513億円(防衛省『我が国の防衛と予算 平成26年度予算の概要』による)です。 「おうりゅう」は全長84. 0m、幅9. 1m、深さ10. 3m、基準排水量2950t、水中最大速力約20ノット、乗員数は65名。 今後艤装や各種試験を実施したのち、2020年3月に引き渡しの予定です。 ちなみに三菱重工神戸造船所において戦後に建造された潜水艦としては28隻目にあたります。 同社は1918(大正7)年以来、今年で潜水艦建造100周年を迎えたとのことです。 【了】.

次の

極秘だらけの最新鋭潜水艦に迫る! 見つかったら最期の「音の戦い」

か りゅう の ごう よく そう

そうりゅう 基本情報 建造所 運用者 艦種 級名 建造費 598億円 母港 所属 第5潜水隊 艦歴 計画 平成16年度計画 発注 起工 進水 就役 要目 2,900 4,200t 84. 0 最大幅 9. 1m 深さ 10. 3m 8. の1番艦。 艦名はの一つの別名である蒼竜に由来し、この名を受け継いだ日本の艦艇としては、の御召艦「」、「」に続き3代目にあたる。 艦歴 [ ] 「そうりゅう」は、に基づく平成16年度計画2900トン型潜水艦8116号艦として、で2005年3月31日に起工され、2007年12月5日の命名・進水式において、「そうりゅう」と命名され進水、2008年10月4日に公試開始、2009年3月30日に就役し、第5潜水隊に編入されに配備された。 2008年7月9日、三菱造船所の作業員5名が感電し火傷をする事故が発生した。 2012年10月8日午前7時前に定期検査後の確認運転のため、由良港を出港後、午前8時47分に潜航を開始。 午後2時18分頃、潜航中の「そうりゅう」で3曹が当直に表れず行方不明になり、浮上して捜索したところ、艦橋セイル内浸水部で溺死しているのが発見された。 事故調査委員会は3曹が自殺したものと結論づけた。 2013年9月2日、呉基地で停泊中の「そうりゅう」艦内の寝室で、2等海尉が艦内の格納庫から持ち出した拳銃で自殺を図った。 2等海尉に命に別状はなかったが、重い障害が残っている。 海自は2015年に自殺の原因を上官の暴行と断定し、上官と暴行を黙認していた関係者を停職数日程度の懲戒処分を実施した。 しかし、海自は2等海尉との協議が続いているという理由で処分を公表していなかったことが2016年1月12日に各メディアで報道された。 2等海尉の両親は2016年1月中に国を相手に3000万円の損害賠償を求める裁判をに起こすことを明らかにしている。 から16日までの間、及び同島周辺海空域において実施される日米印共同訓練(マラバール2018)に参加する。 参加部隊は「そうりゅう」の他、護衛艦「」、「」、「」、搭載航空機5機、哨戒機2機。 現在も第1潜水隊群第5潜水隊に所属し、定係港は呉である。 歴代艦長 [ ] 歴代艦長(特記ない限り) 代 氏名 在任期間 出身校・期 前職 後職 備考 艤装員長 - 加納雅人 2007. 5 - 2009. 30 26期 そうりゅう艦長 そうりゅう艦長 1 加納雅人 2009. 30 - 2009. 30 防大26期 そうりゅう艤装員長 第5潜水隊司令 就任時2等海佐 2009. 1、昇任 2 笹木雅仁 2009. 1 - 2011. 24 防大31期 艦長 艦艇開発隊潜水艦科長 3 岡氏進一 2011. 25 - 2012. 24 防大35期 司令部 副長 4 竪山博幸 2012. 25 - 2013. 14 潜水艦教育訓練隊 潜水艦隊司令部幕僚 5 渡邊秀樹 2013. 15 - 2014. 30 潜水艦隊司令部幕僚 潜水艦教育訓練隊学生隊長 6 佐藤直幸 2014. 1 - 2016. 20 防大38期 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊学生隊長 7 野村親永 2016. 21 - 2018. 9 潜水艦教育訓練隊 潜水艦教育訓練隊 8 坂井博之 2018. 10 - 潜水艦教育訓練隊 脚注 [ ]• 「海上自衛隊ニュース 航海中の「そうりゅう」で乗員1名が死亡」 『』第770集(2012年12月号) P. 100• 47news 2013年9月2日• 2016年1月13日, at the. 読売オンライン 2016年1月13日• 2016年1月13日. 2016年1月14日閲覧。 参考文献 [ ]• 『 増刊第66集 海上自衛隊全艦艇史』(海人社、2004年) 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 この項目は、に関連した です。 などしてくださる(・・)。

次の