織姫 と 彦星 折り紙 簡単。 折り紙の「織姫と彦星」の簡単な折り方

折り紙の七夕飾りの折り方作り方が多数!大人も簡単おしゃれな手作り工作!

織姫 と 彦星 折り紙 簡単

[スポンサードリンク] 織姫から作りましょう 折り紙を1枚使ってつくりましょう。 1)先ずは折り紙を三角半分に折り、折り目をつけます。 2)下の角をすこしだけ折ります。 3)そのまま1の折り目で折ります。 4)裏返して縦3分の1ほどを頂点を中心に右から左へ折ります。 5)反対側からもおなじように折ります。 6)上側の1枚を半分ぐらい反対側に開いております。 7)表にもどして、顔を書いたら出来上がり。 複雑に思えますが、かなり簡単なので 小さなお子さんでも作れます。 綺麗な千代紙などを使うと衣が美しくなって織姫らしいですね。 彦星を作りましょう 次は、折り紙1枚を準備して彦星を作りましょう。 1)折り紙を三角半分に折り、折り目をつけます。 2)下の角をすこしだけ折ります。 3)そのまま1の折り目に折ります。 4)裏返して半分におります。 開いて右側をその線に向かって折ります。 5)左側もおなじように折ります。 6)白い部分を上にして顔を書いたら出来上がり。 こちらも綺麗な千代紙等を使うと華やかな彦星になります。 これで、織姫と彦星が出来上がりです。 両方を並べて飾るとキレイですね。 web. fc2. そして、三角にカットします。 それを2枚作ります。 顔の部分として、折り紙を丸くカットして2枚作ります。 衣の部分は頂点を下にして上に顔をつけると彦星、 頂点を上にして顔を上に付けると彦星になりますので、 子どもに顔を書いてもらいましょう。 大人が紙をカットしておいて、子どもに絵を書いてもらうだけなので 親子で楽しく作ることが出来るでしょう。 折り紙選びから、イラスト書きなので子どもも喜ぶでしょう。 からどうぞ。 まとめ いかがでしたか? 織姫と彦星は、七夕の主役!! 折り紙で簡単に作ることができるので、ぜひ親子で挑戦したいですね。 上手にできたら、リボンなどをつけて笹の葉に飾り付けましょう。 もちろん、折り紙で天の川やぼんぼり、星などを作って 華やかに飾り付けるのがおすすめです。 [スポンサードリンク].

次の

織姫様と彦星様を折り紙で簡単に作る方法の紹介!

織姫 と 彦星 折り紙 簡単

織姫と彦星 七夕に関する折り紙 織姫と彦星の折り方をご紹介します。 誰でも作れるように分かりやすく図解しているので、 是非作ってみてください。 もしわからない部分があれば、遠慮せずにコメントに書き込んでくださいね。 織姫も彦星もほとんど同じ手順です。 半分に折って折り目をつけます。 中央の折り目に左右のふちを合わせるように折ります。 折り目にふちを合わせるように折ります。 また図のように折ります。 下から1cm程度の位置を裏に折り返します。 点線部で裏側に折り返します。 マジックで目や口を書いたら完成です。 彦星は黒い部分の面積を少なくしましょう。 体のパーツの作り方 1. 半分に折って折り目をつけます。 左右のふちを中央に合わせるようにおります。 右側を左のふちに合わせるように折ります。 下側を図のように折ります。 左右の折り紙の下に入れます。 点線部分で折って左のふちを折り目に合わせれば完成です。 これに顔のパーツをのりづけすれば織姫の完成です。 青いおりがみでも同様に体のパーツを作り、顔のパーツと合わせると彦星が出来ます。 あとがき 以上、織姫と彦星の折り方でした。 誰でも簡単に作れると思いますので、 是非チャレンジしてみてください。 何か分からない所があれば、 コメントしていただけるとお答えします。 また、よろしければ、 コメント欄から写真をアップロードできるので、 綺麗にできたなら写真を載せて頂けると助かります。 ちなみに本サイトでは、 他にも七夕飾りの折り紙の作り方について説明しているので、 こちらもご覧ください。 また、このサイトでは他にも七夕に関する折り紙の折り方について説明しているのでご覧ください。 他の七夕に関する折り紙•

次の

織姫と彦星を折り紙で!子供でも作れる簡単な折り方

織姫 と 彦星 折り紙 簡単

Contents• 準備するもの• おりがみ 3枚• カッター(折り紙をカットします)• 両面テープ(またはのり)• A4コピー用紙(台紙として使います) 顔の作り方 まずは織姫と彦星の顔を作っていきます。 黒い折り紙を用意してください。 手順1 折り紙をカッターやハサミを使って半分にカットします。 カットした2枚の折り紙はそれぞれ織姫、彦星の顔になります。 手順2 色の面を下にして置きます。 青ラインを中心にして二つ折りにします。 (補足) 折ったら元に戻します。 手順3 青ラインを中心にして左右それぞれを折ります。 (補足) 折ったら元に戻します。 手順4 青ライン(手順3で付けた折り目の半分くらいが目安です)を中心にして折ります。 (補足) 折り紙の角が手順3で付けた折り目辺りに来るように折りましょう。 手順5 再度 青ラインを中心にして折ります。 (補足) このような形になります。 赤矢印のライン部分が髪の毛の分け目になります。 手順6 裏返します。 手順7 ひっくり返すと完成です!! 残り半分の紙でもう一つも折りましょうね。 織姫を小顔に仕上げても良いと思います。 スポンサーリンク 体の作り方 それでは体を作っていきましょう・・・ ピンクで織姫の体、 青で彦星の体を作りますが、もちろんほかの色でもOKですよ。 手順1 色面を下にしておきます。 (正方形の中心から少し下辺り) 青ラインを中心にして折ります。 (補足) 少し裏面が飛び出す状態で折りましょう。 手順2 裏返します。 図を参考におおよその位置で構いませんので 青ラインを中心にして斜めに折ります。 (補足) 折るとこんな感じです。 裏面が着物の襟元になってキレイです。 手順3 図を参考におおよその位置で 青ラインを中心にして斜めに折ります。 完成です!! 青色の折り紙でも同じものを作って彦星の体も完成しましょう。 顔と体と合体させましょう 今回はA4のコピー用紙を使って恰好良く仕上げようと思います。 手順1 A4用紙を用意します 手順2 まずは体をA4用紙に貼り付けます。 のりでもOKですが両面テープで貼り付けると時間が短縮できキレイに仕上がります。 手順3 続いて顔を貼り付けます。 ひとまず完成ですが少し寂しいので・・・ 手順4 織姫と彦星に顔を書いてあげましょう。 可愛くなりました・・・ですが背景が折角A4の用紙になっているので・・・ 手順5 思うがままに背景をクレヨンや色鉛筆などで描いていただければと思います。

次の