この上ない喜び。 仙台育英・田中主将「この上ない喜び」甲子園招待状

政井マヤが第3子男児出産 夫・前川泰之がブログで報告「この上ない喜び」 |最新ニュース|eltha(エルザ)

この上ない喜び

そして彼は彼の水兵熱をますます高めて行ったのである。 それゆえ水兵帽を手に入れたことは彼にとってこの上ない喜びであった。 が、同時に彼は後悔もしていた。 … 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』 より引用• 人と云う人の娘は第一考えなければならない事である。 一度縁を結んで再び里にかえるのは女の不幸としてこの上ない不幸である。 若し夫は縁がなくて死んだあとには尼になるのがほんとうだのに「今時いくら世の中が自分勝手だと云ってもほんとうにさもしい事ですネー」とうそつき商ばいの仲人屋もこれ丈はほんとうの事を云った。 … 宮本百合子『元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳)』 より引用• なかなかの壮観であった。 刀剣好きのぼくにはこの上ない楽しみをさせてもらったわけであった。 一体、正宗という刀工は実在しなかったのではないかという説が、明治年代に出て、その後それを踏襲している人が少なくない。 … 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』 より引用• この時からしばらくは、子どもたちはこの上ない危険にさらされました。 あらあらしい叫びをあげ、ぴいぴい笛をふくやら、ぼうぼうほら貝をならすやらして、あさましいばけもののむれが、山の上からなだれをうって、ふたりのかくれ場所のすぐ近くを走りおりたからです。 … ルイス/瀬田貞二訳『 ナルニア国物語1 ライオンと魔女』 より引用• 灼けるようなある種の感動が謙造から言葉を奪った。 謙造にとってこの上ない魅力ある物語の主人公が現実に目の前にいた。 … 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』 より引用• 無実の男を一人絞首刑にするのに、この上ないことをやってきたんだぞ。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』 より引用• 正直いってこうした話の流れはわたしにとって意外この上なかった。 臓器移植を専門にしている外科医といえば、医学をも含む現代科学の最先端を行く人物で当然、科学万能の思想で凝り固まっていると思っていたからである。 … 和田はつ子『薬師』 より引用• 瞑想的な気分になり、ただ静かに眺めていたかったのだ。 静かでこの上ない輝かしさの中で、一日が穏やかに終わろうとしていた。 水面は平和に輝き、空には雲ひとつなく、汚れない光が恵み深く広がっていた。 … コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』 より引用• ずきりと胸が痛む。 空はこの上ないぐらいの青空で、自分はいつも通りの朝を迎えている。 そんな事が、ただ、いたたまれなかった。 … 奈須きのこ『月姫 翡翠 true. txt』 より引用• ユニフォームは誰にしろ夫を着る人間を、社会の一定秩序の内のレッキとした位置に据えるように感じさせるものだ。 之はルンペンから区別して自分をシャンとさせるにはこの上ない魔法の衣だ。 ユニフォーム・システムは而も、そのハイヤアルキーにも拘らず、他面に於て平等主義を有っている。 … 戸坂潤『思想と風俗』 より引用• 私はあなたにお詫びに来たのですわ。 お詫びにはこの上ない機会ですわ、間もなく死ぬかも知れないのですから! 私は、はじめのうち浮わついた気持ちであなたの美しい容姿だけに心をひかれたという無礼な女でしたの! … ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』 より引用• あまりにも人が多すぎて、自分がどの方向に向かっているのかもわからない。 なぜだか私はこの上ない不安というか、それにも増して強い 寂寥感 せきりょうかんに襲われた。 思えば、鉱山に来てから行方不明だらけだ。 … 山口芳宏『雲上都市の大冒険』 より引用• 裁判所にたいしては協同ではなに一つできやしません。 どんな事件でも独自に調査する、あれはまさに慎重この上ない裁判所なんです。 だから協同でも何一つ仕遂げられないんですが、個々人がこっそりと何かをやりとげることはよくあるんです。 … カフカ/中野孝次訳『審判』 より引用• これは 雄黄 ゆうおうと呼ばれる薬でな、 唐 からから渡来した貴重この上ない 代物 しろものよ。 皆殺しにするほど多量にはない。 … 福永武彦『風のかたみ』 より引用• それが信長の気がかりになって、何時かこの女は自分のところから逃げ出すのではないか、ふとそんなことを思った。 遊び女の身分で信長の側室に迎えられるならばこの上ないことだった。 逃げ出す理由などあろう筈はないのに、信長には、彼女との愛のいとなみの終ったあたりでそのようなことを頭に浮かべることが一度や二度ではなかった。 … 新田次郎『武田勝頼(二)』 より引用• などと朝っぱらから 物騒 ぶっそうなことこの上ない料理講座を受けさせられたり。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』 より引用• 後から出てきた者にとっては、やりにくいことこの上ないだろう。 下手をすれば、互いに救世主を奉じて殺しあう宗教戦争に発展する。 … 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』 より引用• 何か独特でこの上ない体験を終えた後の沈黙がやってきて、少しの間言葉がなかった。 ただ感動で、つけ加えるものは何もない。 疲れきっていたし、びっこも引いていたからだ。 小さなウィーナの恐ろしい死に、この上ないみじめな思いを抱いていた。 それは僕をぶちのめしてしまう悲惨事のように思われた。 … ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』 より引用• 水俣病患者の百十一名と水俣市民四万五千とどちらが大事か、という言いまわしが野火のように拡がり、今や大合唱となりつつあった。 なんとそれは市民たちにとって、この上ない思いつきであったことだろう。 それこそがこの地域社会のクチコミというものだった。 … 石牟礼道子『苦海浄土』 より引用•

次の

「この上ない喜び」とは?意味や使い方を解説

この上ない喜び

そして彼は彼の水兵熱をますます高めて行ったのである。 それゆえ水兵帽を手に入れたことは彼にとってこの上ない喜びであった。 が、同時に彼は後悔もしていた。 … 志賀直哉『城の崎にて・小僧の神様』 より引用• 人と云う人の娘は第一考えなければならない事である。 一度縁を結んで再び里にかえるのは女の不幸としてこの上ない不幸である。 若し夫は縁がなくて死んだあとには尼になるのがほんとうだのに「今時いくら世の中が自分勝手だと云ってもほんとうにさもしい事ですネー」とうそつき商ばいの仲人屋もこれ丈はほんとうの事を云った。 … 宮本百合子『元禄時代小説第一巻「本朝二十不孝」ぬきほ(言文一致訳)』 より引用• なかなかの壮観であった。 刀剣好きのぼくにはこの上ない楽しみをさせてもらったわけであった。 一体、正宗という刀工は実在しなかったのではないかという説が、明治年代に出て、その後それを踏襲している人が少なくない。 … 海音寺潮五郎『史談と史論(下)』 より引用• この時からしばらくは、子どもたちはこの上ない危険にさらされました。 あらあらしい叫びをあげ、ぴいぴい笛をふくやら、ぼうぼうほら貝をならすやらして、あさましいばけもののむれが、山の上からなだれをうって、ふたりのかくれ場所のすぐ近くを走りおりたからです。 … ルイス/瀬田貞二訳『 ナルニア国物語1 ライオンと魔女』 より引用• 灼けるようなある種の感動が謙造から言葉を奪った。 謙造にとってこの上ない魅力ある物語の主人公が現実に目の前にいた。 … 三瀬龍『宇宙のツァラトゥストラ』 より引用• 無実の男を一人絞首刑にするのに、この上ないことをやってきたんだぞ。 ドイル・アーサー・コナン『ノーウッドの建築家』 より引用• 正直いってこうした話の流れはわたしにとって意外この上なかった。 臓器移植を専門にしている外科医といえば、医学をも含む現代科学の最先端を行く人物で当然、科学万能の思想で凝り固まっていると思っていたからである。 … 和田はつ子『薬師』 より引用• 瞑想的な気分になり、ただ静かに眺めていたかったのだ。 静かでこの上ない輝かしさの中で、一日が穏やかに終わろうとしていた。 水面は平和に輝き、空には雲ひとつなく、汚れない光が恵み深く広がっていた。 … コンラッド/岩清水由美子訳『闇の奥』 より引用• ずきりと胸が痛む。 空はこの上ないぐらいの青空で、自分はいつも通りの朝を迎えている。 そんな事が、ただ、いたたまれなかった。 … 奈須きのこ『月姫 翡翠 true. txt』 より引用• ユニフォームは誰にしろ夫を着る人間を、社会の一定秩序の内のレッキとした位置に据えるように感じさせるものだ。 之はルンペンから区別して自分をシャンとさせるにはこの上ない魔法の衣だ。 ユニフォーム・システムは而も、そのハイヤアルキーにも拘らず、他面に於て平等主義を有っている。 … 戸坂潤『思想と風俗』 より引用• 私はあなたにお詫びに来たのですわ。 お詫びにはこの上ない機会ですわ、間もなく死ぬかも知れないのですから! 私は、はじめのうち浮わついた気持ちであなたの美しい容姿だけに心をひかれたという無礼な女でしたの! … ロスタン/岩瀬孝訳『シラノ・ド・ベルジュラック』 より引用• あまりにも人が多すぎて、自分がどの方向に向かっているのかもわからない。 なぜだか私はこの上ない不安というか、それにも増して強い 寂寥感 せきりょうかんに襲われた。 思えば、鉱山に来てから行方不明だらけだ。 … 山口芳宏『雲上都市の大冒険』 より引用• 裁判所にたいしては協同ではなに一つできやしません。 どんな事件でも独自に調査する、あれはまさに慎重この上ない裁判所なんです。 だから協同でも何一つ仕遂げられないんですが、個々人がこっそりと何かをやりとげることはよくあるんです。 … カフカ/中野孝次訳『審判』 より引用• これは 雄黄 ゆうおうと呼ばれる薬でな、 唐 からから渡来した貴重この上ない 代物 しろものよ。 皆殺しにするほど多量にはない。 … 福永武彦『風のかたみ』 より引用• それが信長の気がかりになって、何時かこの女は自分のところから逃げ出すのではないか、ふとそんなことを思った。 遊び女の身分で信長の側室に迎えられるならばこの上ないことだった。 逃げ出す理由などあろう筈はないのに、信長には、彼女との愛のいとなみの終ったあたりでそのようなことを頭に浮かべることが一度や二度ではなかった。 … 新田次郎『武田勝頼(二)』 より引用• などと朝っぱらから 物騒 ぶっそうなことこの上ない料理講座を受けさせられたり。 五十嵐雄策『乃木坂春香の秘密 第05巻』 より引用• 後から出てきた者にとっては、やりにくいことこの上ないだろう。 下手をすれば、互いに救世主を奉じて殺しあう宗教戦争に発展する。 … 千葉暁『アルス・マグナ4 大いなる秘法 邪教の都』 より引用• 何か独特でこの上ない体験を終えた後の沈黙がやってきて、少しの間言葉がなかった。 ただ感動で、つけ加えるものは何もない。 疲れきっていたし、びっこも引いていたからだ。 小さなウィーナの恐ろしい死に、この上ないみじめな思いを抱いていた。 それは僕をぶちのめしてしまう悲惨事のように思われた。 … ウェルズ/新庄哲夫訳『タイム・マシン』 より引用• 水俣病患者の百十一名と水俣市民四万五千とどちらが大事か、という言いまわしが野火のように拡がり、今や大合唱となりつつあった。 なんとそれは市民たちにとって、この上ない思いつきであったことだろう。 それこそがこの地域社会のクチコミというものだった。 … 石牟礼道子『苦海浄土』 より引用•

次の

「この上ない」とは?意味や使い方を解説

この上ない喜び

残酷で罰あたりなことを書くんだけど、……家族のこと恨んでいいですか。 自分の所為じゃないって思っていいですか。 許すのをやめていいですか。 つらい、と感じてもいいですか。 私は義務を果たしていないから、こんなわがままは許されないよね。 解っているつもりだ。 今日も何処か遠くから母親が音声で刺してくる。 ざくんっ、一瞬だけ痛かった。 気がする。 すぐ遠ざかる。 ぼんやりしていて現実感に乏しい。 狂気を吐くあの人にも聴こえるようにRADWIMPSの「洗脳」をつける。 最大音量で、流す。 なにもかも崩れ落ちてしまえばいい。 世界一幸福だから今までたくさんの人に嫉妬され、「隷属しろ」と求められてきた。 私には、全人類に対して罪悪感を抱くという義務が課せられている。 恵まれていてごめんなさい。 ママみたいにかわいそうな人がいるのに、その目の前で独り幸せを独占することは大罪です。 せめて私を支配してください。 人権のじの字も無いほど徹底的にです。 家族と友だちがみんなで羨ましそうにそう言っていました。 のでどなたでもお望みの方に差し上げます。

次の