蕁 麻疹 原因 肝臓。 じんましん │ 皮膚症状一覧 │ ひふ研 「ひふ症状、ひふ薬の使い方の疑問に答える情報サイト」 │ 第一三共ヘルスケア

足の蕁麻疹の原因と対処法!ストレスとの関係や足だけの場合も

蕁 麻疹 原因 肝臓

肝臓の5つの機能 代謝 食べ物から得たタンパク質、糖質、資質を体に必要な物質に分解・合成・貯蔵する 解毒 体内にできたアンモニアなどの老廃物、体の外から入る有害物質、アルコール、薬の成分を分解、排出 胆汁の分泌 脂肪の消化に不可欠な胆汁を十二指腸に分泌する 鉄分・ビタミン類の貯蔵 古くなった赤血球やホルモンを分解、赤血球に必要な鉄分を貯蔵したり、ビタミン類を貯蔵する 細菌の排除 血液中の細菌を肝臓にある免疫細胞が排除 肝臓には肝動脈から1日当たり2000リットルを超える血液が流れ込み、代謝と解毒処理などをしたうえで肝静脈から再び体に血液が戻され、胆汁の分泌も行われます。 それでは肝機能が低下する肝臓病にはどのようなものがあるかをご紹介します。 肝炎 肝炎には、肝臓の炎症が半年程度で完治する急性肝炎、そして半年以上炎症が続く慢性肝炎の2種類に分けることができます。 さらに急性肝炎が急激に悪化すると起こる劇症肝炎は死亡率8割程度になる病気です。 潜伏期間 2~6週間 感染後の症状 高熱、吐き気、食欲不振や倦怠感、皮膚の黄疸、白目、濃い尿が出る 完治までの期間 A型肝炎ウイルスの抗体ができると4週間ほどで症状は改善します。 ただ、B型肝炎ウイルスに感染したからといって、必ず肝炎が発症するとは限らず、またB型肝炎ウイルスワクチン接種を受ければウイルス感染することはありません。 潜伏期間 1か月~半年 感染後の症状 高熱、吐き気、食欲不振や倦怠感、皮膚の黄疸、白目、濃い尿が出る 完治までの期間 型肝炎ウイルスは1度かかるとウイルスを体から追い出すことはできないものの、患者の9割はウイルスの増殖を抑える治療を行うことで症状を抑えることができます。 ただ1割は慢性肝炎を起こすとされています。 ただ、B型肝炎ウイルスに感染したからといって、必ず肝炎が発症するとは限らず、またB型肝炎ウイルスワクチン接種を受ければウイルス感染することはありません。 潜伏期間 1か月~2か月 感染後の症状 高熱、吐き気、食欲不振や倦怠感、皮膚の黄疸、白目、濃い尿が出る 完治までの期間 C型肝炎ウイルスは1度かかるとウイルスを体から追い出すことはできないものの、患者の3割はウイルスの増殖を抑える治療を行うことで症状を抑えることができます。 ただ7割は10年ほどの症状休止期間を経て慢性肝炎に、さらに慢性肝炎の4割は10年以内に肝硬変にと、症状が悪化していきます。 肝炎以外にも生活習慣の乱れやアルコール摂取のし過ぎで起こる病気もあります。 非アルコール性脂肪性肝炎 糖尿病患者、生活習慣の乱れで肥満の人に見られる肝障害で、肝機能が低下します。 放置するとまれに肝硬変に進む可能性があります。 アルコール性肝障害 アルコール摂取のし過ぎで起こる肝障害で、『肝臓の病気=アルコールの飲みすぎ』とイメージされる所以は、日本人の300万人がアルコール性肝障害だからです。 肝機能が低下し、そのまま放置すると肝硬変に進む可能性があります。 脂肪肝 肥満、アルコール摂取のし過ぎで肝細胞の3割以上に中性脂肪が蓄積された状態で、肝機能が著しく低下します。 放置するとまれに肝硬変に進む可能性があります。 薬剤性肝障害 新たに薬を飲み始めてから1か月以内に起こる肝機能障害で、発熱や皮膚のかゆみ、黄疸の症状が出ます。 肝炎や肝障害で肝機能が長い時間をかけて悪化すると、さらに恐ろしい病気になります。 肝硬変 慢性肝炎が進行すると肝臓自体が肝細胞が無くなることで小さくなり、肝機能が著しく低下して、高熱、吐き気、食欲不振や倦怠感、皮膚の黄疸、白目、濃い尿が出るが出ます。 肝がん 肝がんはB型肝炎ウイルス、C型肝炎ウイルスで起こる原発性肝がん、他の臓器などからの転移で起こる転移性肝がんに分けられます。 休息をとっても疲労感が抜けない、常に倦怠感、お酒の飲める量が減ってきた、食欲不振、肌や髪の調子が悪くなってきた、湿疹やかゆみができやすくなった等、 明らかに体調の変化を感じる場合は、非アルコール性脂肪性肝炎、アルコール性肝障害、脂肪肝で肝機能が下がっている可能性があります。 2 肝臓病の自覚症状と他覚症状と蕁麻疹の関係 肝臓病が原因となって起こる症状には、自覚症状と他覚症状で判断することができ、蕁麻疹は他覚症状の1つとして類似する症状とともに見られます。 肝臓病の自覚症状• 倦怠感• 熱がある 微熱、高熱• 食欲不振• 酒が弱くなり余り飲めなくなった• 息切れがする• 体に湿疹やかゆみがある 他覚症状• 手のひらが赤くなる• 濃い色の尿が出る• 白い色の便が出る• 白目が黄色い• みぞおちが腫れる• 少しの傷で血が出る• 肩・胸・背中にかけて斑点ができる• 男性なのに乳房が大きくなる 「肝臓病になると蕁麻疹が出る」と言われるのは、肝臓機能低下で血中のビリルビン値が高くなり、肝臓の自覚症状である湿疹やかゆみが症状が現れることで、これをアレルギー性蕁麻疹、慢性蕁麻疹などと同じだと勘違いしているからです。 そして他覚症状の1つである、胸、肩から背中にかけてできる肝硬変が進行するとできる血管腫の斑点も蕁麻疹と勘違いされることがあります。 血管腫とは,血管にできる腫瘍のことで、皮膚の下であればどこにでも生じるものです。 自覚症状、他覚症状のいずれも、相当肝臓に支障が起きていない限り現れない症状ですので、気になる症状があれば迷わず病院で診察を受けるようにしましょう。 3 食べ過ぎない事! そうすると、食べ物から摂取する栄養の処理に追われる肝臓に大きな負担がかかるため、そもそも食べ過ぎは厳禁です! そこで、毎度の食事で腹八分目を守るためにできることをご紹介します。 ちょっとした工夫で食べ過ぎ予防! 食事のポイント 一日三食、きちんと食べる 朝食を抜いたり、昼食を軽いもので済ませると、その反動でたくさん食べてしまいます。 汁物を毎食事に取り入れる 汁物は満腹感を与えてくれます。 食事の始めに飲むのがおススメです。 食べる分量だけを器に盛る 大皿で取り分ける形にすると、好きなだけ取ってしまいますよね。。。 よく噛んで時間をかけて食べる 20分以上の時間をかけて食べると満腹中枢が働きます。 不溶性食物繊維を取り入れる 水分を吸収してお腹の中で膨らむため、満腹感を得やすいです。 こんにゃく、イモ類、キノコ類を積極的に食べましょう。 腹八分目を心がけて肝臓への負担を減らしてみましょう! 飲むなら肝臓を労ろう! 飲酒のルール 空腹では飲まない 空腹状態では通常の1. 5倍~2倍のスピードでアルコールを吸収して、肝臓の負担が大きくなります。 飲酒量を減らし、休肝日を作る 適量より少し量を減らし、今まで毎日飲んでいたなら、週に2日は休肝日を設けるなどして、アルコールの全体量を減らす努力をしましょう。 仕事でどうしても飲み会などを避けられない場合には、最初乾杯だけビールを飲み、あとはソフトドリンクだけにするなど、肝臓を労わるようにしましょう。 お酒と同量かそれ以上の水を飲む 血中のアルコール濃度が急激に上がらないようにします。 高タンパク低脂肪なおつまみを食べる タンパク質は肝臓がアルコールを分解する際に必要です。 枝豆、豆腐、チーズ、卵焼きなどのおつまみを必ず食べましょう。 お酒を飲む前に肝臓を労わるサプリメントを摂取する 二日酔い解消のためにウコンやしじみ、亜鉛などが入ったサプリメントを常用する方もいるかもしれませんが、お酒を飲み始める直前に飲むのも効果的です。 また、お酒を飲んだ後に、蕁麻疹が必ずといっていいほど表れる場合は、肝臓病の症状ではなく、アルコールアレルギーによる湿疹の可能性もあります。 5 肝臓にとても良い! ゴマを効果的に摂取する方法 老化や病気の原因になる活性酸素の8割が肝臓で発生するのをご存知ですか? 有害物質 添加物、農薬ほか多数 が過剰に体内に入ると、肝臓が処理しきれなくなり、それが原因で蕁麻疹のような湿疹やかゆみが症状として現れることがあります。 そこでイチオシなのが、私たちの身近な食材の一つであるゴマを食べることです。 ゴマにはゴマリグナンという強力な抗酸化成分が含まれています。 その特徴としては、ゴマリグナンが肝臓にたどり着いてはじめて力を発揮するため、肝臓を元気にしてくれるのです! 他にも抗酸化作用のある食品は数多くありますが、これらは体内に入るとすぐに使われるため、肝臓に到達する時点では、ほとんど効力がないのが事実です。 ゴマ効果を最大限にするために、以下のようにして摂取することをおススメします。 ゴマの効果を最大限に! 摂取する時のポイント ゴマを炒ってから擦る ゴマは外皮が非常に固いため、生の状態では消化せずに素通りします。 また炒ることで、抗酸化力がなんと12倍にもアップ! 1日大さじ1~2杯を目安に摂取 ゴマを毎日の食事に取り入れましょう。 大きく分けて、黒ごま、白ごま、金ゴマの3種類のゴマがありますが、最も抗酸化力の高いものは黒ごまですが、成分においては大差もないため、好みで選ぶと良いでしょう。 さらに ゴマに含まれているセサミンには、肝臓のアルコール分解・解毒機能を高める作用もあるため、 アルコールを飲む前にセサミンサプリメントを服用すると悪酔いや二日酔い防止に効果がありますよ! 6 アロマオイルの力を借りる! デトックスを助ける精油 肝臓には、体内の老廃物や有害物質を外へ出す大事な働きがある一方、肝臓が疲れきっていると、蕁麻疹のような湿疹やかゆみが症状として現れることがあります。 そこで、数あるアロマエッセンシャル 精油 の中には、解毒を助けたり、肝機能を高める効果が期待できるものもありますので、活用してみるのも一つの方法です! デトックスと肝機能アップ! お薦めの精油5選• ジュニパーベリー• ローズマリー• レモン• グレープフルーツ• ゼラニウム 最も手軽な使い方は、お風呂に精油を2~3滴入れるアロマバス!浴室内の湯気で鼻から吸引、肌からじわりと浸透します。 お風呂で身体が温まり、アロマによる癒し効果で肝臓だけではなく、精神的なストレスの軽減にも良いので、ぜひアロマを活用してみましょう! 7 肝臓機能を高める3つのツボ 肝臓が疲れているときには、アルコールの摂取を控え、食生活の改善と身体をできる限り休めることが大切ですが、補助的な方法としてお薦めしたいのがツボ刺激です! 肝機能を高めるツボはたくさんありますが、その中でも代表的な3つツボをご紹介します! 曲泉 曲泉は肝臓の働きを助けてくれるツボで、肝機能が低下しているときに押すと痛みがあるのが特徴です。 ツボの位置 膝をしっかりと曲げるとできる内側のシワの最先端部分にある凹み ツボの押し方 親指の腹で、ゆっくり押しては緩めてを繰り返します。 食後すぐや疲労感の強いときを除き、毎日朝と夜の2回、リラックスしているときにツボ刺激を実践してみてくださいね! さて、 『蕁麻疹の原因の一つ? 肝臓機能を正常化する7つのステップはいかがでしたか? 肝臓はとてもタフで働き者なのですが、負担をかけるような食生活や無茶な生活が続くことで、気づかないうちに機能が低下してしまいます。 そうなると蕁麻疹のような湿疹やかゆみが症状として現れることがあります。 肝臓は健康と美容の維持のために大切な臓器ですので、いつも気にかけて労わるようにしていきましょう! 今回ご紹介した内容に関連する記事として• も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の

蕁麻疹と肝臓がんの関係等について

蕁 麻疹 原因 肝臓

食物が原因となる事もあります。 代表的なものに、 サバ、 アジといった 青魚、 豚肉を初めとする 肉類、また タケノコなどがあります。 また、 エビや カニなどの 甲殻類や、 果実が原因になる事もあります。 食物による蕁麻疹にも、 アレルギー性の物と非アレルギー性の物があります。 青魚、肉類、タケノコ、ほうれん草などが原因の蕁麻疹にはアレルギー性のものもありますが、食品中に ヒスタミンという蕁麻疹を起こす原因となる成分が含まれている事によって起こる場合もあります。 このタイプの蕁麻疹は、食べ方や、量、消化管からの吸収のされ方などに大きく影響を受けるため、検査では原因を明らかにする事ができません。 いずれにしろ、 食物による蕁麻疹は、特定の食物を食べた時にのみ症状が出現する事が多いので、 多くの場合は原因食物を予想する事ができます。 何週間も続けて毎日のように繰り返して出没する蕁麻疹の場合には、食物が原因になっている場合はほとんどありません。 急性蕁麻疹 毎日のように繰り返し症状が現れる蕁麻疹のうち、発症して1ヶ月以内のもの。 細菌・ウイルス感染などが原因となっている事が多い。 慢性蕁麻疹 毎日のように繰り返し症状が現れる蕁麻疹のうち、発症して1ヶ月以上経過したもの。 原因が特定できない事が多い。 物理的蕁麻疹 機械的擦過や、圧迫、寒冷、温熱、日光、振動などといった、物理的刺激により起こる。 コリン性蕁麻疹 入浴や運動などで汗をかくと現れる蕁麻疹。 一つ一つの膨疹の大きさが、1~4mm程度と小さい。 小児から、若い成人に多い。 アレルギー性蕁麻疹 食べ物や薬剤、昆虫などに含まれる特定物質(アレルゲン)に反応して起こるもの。 アレルゲンに結合するIgEが関与している。 イントレランス アスピリンなどの非ステロイド系消炎鎮痛剤、色素、造影剤、食品中の、サリチル酸などにより起こる蕁麻疹で、IgEは関与していない。 血管性浮腫 唇や瞼などが突然腫れあがり、2~3日かかって、消える。 痒みを伴わないもので、まれに遺伝性の場合がある。 アレルギー性のものは、血液検査や皮膚を用いた検査 (皮内テスト・プリックテスト)で、判定する事ができます。 ただ、この検査が陽性であっても、それらが全て蕁麻疹の原因とは限らないので、最終的には臨床症状やそれまでの経過で合わせて判断をします。 非アレルギー性の蕁麻疹は、それぞれ誘引となる刺激を与えて、蕁麻疹が起こる事を確認する検査が行われる事もあります。 薬が疑われる場合には、皮膚を用いた検査や、ごく少量の薬を実際に飲んだり注射してみたりして確認する事があります(誘発テスト)。 それ以外のものに関しては、病歴や皮膚以外の症状から疑われる疾患に対して、一般的な内科的な検査を進めます。 1ヶ月以上経過した慢性蕁麻疹で、特に皮膚以外に症状が無い場合では、詳しい検査を行ってもほとんど異常が見つかる事はありません。 第1は、 原因、悪化因子を取り除く事。 または、避けるようにする事。 第2は、 薬による治療です。 蕁麻疹には色々な種類がありますが、 抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤が用いられます。 これらは、内服薬、注射薬として用いられた時に効果を発揮しますが、外用剤として使用する場合は多少の痒み止めくらいの効果しかありません。 生活上の注意としては、疲労やストレスをできるだけ溜めないようにする。 魚介類や肉類はできるだけ 新鮮なものを摂る、防腐剤や色素を含む食品を控えめにするなどがあります。 ほとんどの物は、たまたま一度だけ現れるか、繰り返して起きても1ヶ月以内には起こらなくなります(急性蕁麻疹)。 物理的蕁麻疹などは、何ヶ月~何年かの間に、徐々に反応しにくくなってくる事が多いようです。 原因のはっきりしない慢性蕁麻疹の場合は、自分自身では症状を避ける事ができず、数ヶ月、あるいは数年にわたり、蕁麻疹の出没を繰り返す事が珍しくありません。 多くの場合、薬を飲んでいれば症状は治まりますが、止めればまた元通りの症状が出るようになってしまう事があります。 そのため慢性に経過する蕁麻疹の多くは、症状の有無に関わらず長期に渡り薬を飲み続ける必要があります。 しかし、そのようにして うまく症状をコントロールしていくと、ほとんどの場合は少しずつ、薬の量を減らす事ができ、やがては薬を中止できるようになります。

次の

足の蕁麻疹の原因と対処法!ストレスとの関係や足だけの場合も

蕁 麻疹 原因 肝臓

蕁麻疹の原因は、「アレルギー性」と「非アレルギー性」の2つにわけることができます。 どちらもヒスタミンという物質が関わるという点では同じです。 大きな違いは抗体という体を守る免疫が関わっているかという点です。 アレルギー性 アレルギー性の蕁麻疹は、食品・薬・植物・虫刺されや動物の毛など、アレルギーの元となる原因物質が、体に入ってきた際に体を守る抗体が反応することで、蕁麻疹のきっかけとなるヒスタミンが皮膚の真皮にあるマスト細胞から分泌されて起こります。 アレルギーの原因物質が体の中に入ってから、15分から30分程度で症状が現れることが多くあります。 原因物質の特定には、医師の問診による症状の経過と、血液検査や皮膚に注射をする皮内テストなどを行います。 非アレルギー性 非アレルギー性の蕁麻疹は、抗体が関わらない形で蕁麻疹が起こります。 寒暖差・摩擦・日光・汗や造影剤の注射などが原因となることがあり、抗体を介さないでヒスタミンが分泌されて蕁麻疹が起こります。 非アレルギー性の蕁麻疹は、食品でも起こることがあります。 ヒスタミンの材料となる「ヒスチジン」というアミノ酸が多く含まれている食品(カジキ・サバ・イワシといった赤身魚など)で適切に保存できていないなど、鮮度が落ちることでヒスタミンをつくる菌が増殖し、その結果食品中のヒスタミンが増えます。 増殖したヒスタミンが含まれた食品を食べることで、大量のヒスタミンが一度に体に入り、蕁麻疹が起こります。 なお、ヒスタミンは熱に強いため、加熱処理しても分解されません。 非アレルギー性の蕁麻疹は、造影剤などの薬剤が原因となっているものなど一部をのぞいて、原因がわからないことも多くあります。 また、ストレスや疲労、感染症などが悪化の要因となることがあります。 蕁麻疹の主な症状は赤みのある発疹とかゆみです。 通常、症状は数十分から数時間程度で消えますが、1度消えた後に別の部位に症状が現れたり、1日程度続いたりすることもあります。 症状が1ヵ月以上続く蕁麻疹は、慢性蕁麻疹といいます。 自分自身の体を異物として認識することで起こる自己免疫疾患などが原因の場合もあり、夕方から夜にかけて症状が悪化することが多いです。 赤みのある発疹 蕁麻疹では、赤みがでている部分とそうでない部分の境目がはっきりしています。 また、ミミズ腫れのような膨らみのある発疹が起こります。 シミなどになることはなく、蕁麻疹が消えた後の皮膚は跡が通常残りません。 かゆみ 蕁麻疹によるかゆみは、ヒスタミンが皮膚の知覚神経に刺激を与えることで起こります。 かゆみだけでなく、ピリピリとした痛みをともなうこともあります。 かゆみのない蕁麻疹 一過性の蕁麻疹の特徴は、発疹とかゆみです。 かゆみの症状がない場合は、蕁麻疹ではなく皮膚の粘膜などに出血が起きている紫斑(しはん)や血管の炎症のおそれもあります。 重度のアレルギー症状を起こしたことがある場合 食物や薬のアレルギーなどの初期症状は、皮膚のかゆみや赤み・蕁麻疹などの皮膚症状です。 過去に呼吸困難など重度のアレルギー症状を起こしたことがある場合には、症状が重くなる前に病院を受診しましょう。 皮膚以外の症状がある場合 皮膚の症状だけでなく、咳がでている・呼吸がしにくい・熱がある・悪寒がするなどの症状がある場合には、命にかかわる場合もあります。 嘔吐している場合には、吐いたものが気管につまることもあるので、場合によっては救急車を呼んでください。 蕁麻疹の原因がはっきりとわかっている場合には、原因となるものを避けることが治療の基本となります。 また、ストレスや疲労、感染症といった悪化のリスクとなる要因をできる限り取り除くことも大切です。 原因物質を取り除いたあとに、発疹やかゆみの原因となるヒスタミンの作用をおさえる抗ヒスタミン薬などによる薬物治療を行なっていきます。 病院を受診した際の治療 処方薬での蕁麻疹の治療の中心は、抗ヒスタミン薬の飲み薬による治療となります。 抗ヒスタミン薬には眠気のでやすい第1世代の抗ヒスタミン薬と眠気の少ない第2世代の抗ヒスタミン薬あり、第2世代の抗ヒスタミン薬が第一選択薬となります。 効果が不十分な場合には、補助的に漢方を使用したり、ステロイドの飲み薬を追加します。 また、すでに現れている発疹に対しては、抗ヒスタミン薬やステロイドなどの塗り薬を使用することもあります。 市販薬を使用した治療 市販薬でも同様に抗ヒスタミン薬の飲み薬・塗り薬での治療をおこなうことができます。 市販薬の抗ヒスタミン薬の成分は、第2世代の抗ヒスタミン薬の中でも比較的眠気がでやすい成分または第1世代の抗ヒスタミン薬が用いられているため、乗り物や機械類の運転操作は避けてください。 塗り薬では、複数のかゆみ止め成分が含まれているものやステロイド成分とかゆみ止め成分が混合されたものなどが販売されています。 関連記事• 市販薬の効果がみられない場合は病院へ 市販薬を5〜6日間使用しても改善しない場合や悪化した場合には、市販薬による治療を中止して医療機関を受診してください。 また、蕁麻疹だけでなく発熱や悪寒など全身に症状がでている場合は、市販薬で対応せずにすぐに医療機関を受診しましょう。 蕁麻疹は原因がはっきりしないことも多く、完全に予防することは困難です。 原因が特定できている場合など、一部の蕁麻疹は生活習慣の改善などで予防ができることもあります。 原因となるものを避ける 食物アレルギーのように蕁麻疹の原因となるものがはっきりしている場合には、原因となる食品を避けることで蕁麻疹を予防することができます。 原因となる物質を特定するためには、病院を受診し検査を受けることをおすすめします。 食品の保存方法 赤身魚などのヒスタミンが多く含まれた食品を取ることで起きる蕁麻疹は、魚のエラや内臓といったヒスタミンを作る菌が多く存在する部分を取り除き、冷蔵保存することで発症を予防することができます。 生活リズムを整える 不規則な生活による疲労・睡眠不足やストレス、過度の飲酒などは蕁麻疹の症状を悪化させることがあります。 十分な睡眠をとり、体を休めることも蕁麻疹の予防となります。

次の