卸売 スーパー。 北海道札幌市の激安・格安スーパーマーケット一覧

卸売スーパー「現金問屋手稲店」改装、津司耕太郎社長「食のワンダーランドだ」

卸売 スーパー

概要 [ ] 道央圏を中心に店舗展開し、自社直営のみならず、道央圏以外を中心に経営している生鮮スーパーマーケット。 販売スタイルはを軸に生鮮・一般食品・類を販売しており、小型店舗でも容量の多い業務用調味料がおかれている。 なお、大手スーパーマーケットにみられる調理器具・食器・洗剤などのの販売はしていない。 また、新規店舗はが多い。 沿革 [ ]• (50年) - 屋号を りんごハウスとして開業。 (12年) - 屋号を 卸売スーパーに変更。 (平成17年) - 卸売スーパー手稲店を開店(元は手稲)。 2005年(平成17年) - フランチャイズ経営を導入、、とに初めてのフランチャイズ店舗を開店。 (平成22年) - アウトレット卸売スーパー 平岡店を開店(元は平岡店)。 (平成23年) - 買いだめ市場卸売スーパー美しが丘店を開店(元はJJCLUB100)。 (平成24年) - 月寒店、手稲店閉店(手稲店は移転、後述)。 2012年(平成24年) - 卸売スーパー現金問屋手稲店を開店(元は手稲店・手稲店)。 特徴 [ ] 卸売スーパー [ ] 生鮮食料品・一般食料品・花卉類に特化して、などの販売をしていない特殊な形のスーパーマーケットである。 特に生鮮部門(青果・鮮魚・食肉)は、道内屈指の低価格販売企業である。 アウトレット卸売スーパー 食料品のをテーマとして販売するスタイル。 アウトレット品には、メーカー、卸し問屋在庫・季節外れ商品・キズあり、不揃いなどのB級品・賞味期限切れ間近の商品などがある。 買いだめ市場卸売スーパー 業者向けの食料品をテーマとして一般消費者に販売するスタイル。 主にケース販売などの大量販売を主体として扱うが小売もする。 「買いだめ」という店名だが日替わり特価品は1人あたりの販売数が限定される。 かつての店舗「食品現金問屋 安心屋」の経営ノウハウを集約して開店。 卸売スーパー現金問屋 旧卸売スーパー手稲店で確立した広面積での運営ノウハウを活かして更に広い店舗面積を構える、それまで小規模店舗で展開されていた卸売スーパーでは新しいスタイル。 従来の、地域最安値や特売を前面に押し出した営業方針とは違い、平均的な値段で客に長く利用してもらえるような店舗運営を目指している。 店舗エリア [ ] 直営店舗 [ ] 卸売スーパー• 北郷店 - 札幌市8条4丁目8-15• 北白石店跡にりんごハウス北郷店として出店。 後に現在の形となる。 北42条店 - 札幌市北42条東9丁目1-5• 北42条店跡にりんごハウス北42条店として出店。 後に現在の形になる。 手稲店 - 札幌市4条7丁目1-1(本社併設)• 「卸売スーパー現金問屋」として、2012年(平成24年)5月31日に手稲店・手稲店跡に居抜き出店。 店舗面積は6,750m 2で、最大の店舗面積を誇る大型店舗。 また、初めて直営の「馬鹿値食堂」も併設している。 新さっぽろ店 - 札幌市2条5丁目4-1• 美唄店 - 東2条南1丁目1-1• が運営する美唄店をまずは卸売スーパーのフランチャイズとして開店。 りょーゆーのスーパー事業撤退により、津司が直営化。 岩見沢店 - 北3条西10丁目• りょーゆー鉄北店跡に出店。 平岡店 - 札幌市平岡9条1丁目1-10• EXEO平岡店跡に「アウトレット卸売スーパー」として、2010年(平成22年)4月2日に開店。 美しが丘店 - 札幌市清田区美しが丘4条6丁目2-1• フランチャイズ加盟店 [ ] 卸売スーパーあいちょう• 芦野店 - 釧路市芦野1丁目1-7• 星が浦店 - 釧路市星が浦大通2丁目7-1 卸売スーパーユアーズ• 稚内市富岡2丁目1-21 アウトレット卸売スーパー大壹店• 中央5丁目3-10 卸売スーパーこしん枝幸店• 新栄町640 店舗ギャラリー [ ]• 美しが丘店(2011年7月) 別ブランドに転換・閉店した店舗 [ ] 卸売スーパー• 川下店(2010年3月22日閉店) - 2003年(平成15年)9月、札幌川下店跡に「食品現金問屋 安心屋」としてオープン。 後に卸売スーパーに改装。 FC千歳店(2011年12月31日閉店) - 近く、パチンコパーラードーム千歳店跡に2009年(平成21年)10月1日出店。 道央圏唯一のフランチャイズ店舗だったが、フランチャイズ会社の都合により閉店。 店舗跡は正栄プロジェクト運営の女性向けパチスロ店「クラブイーグル千歳店」が2014年(平成26年)4月24日に開業。 月寒店(2012年5月20日閉店) - 住居部分が併設(津司邸宅)された店舗であり、起業した場所。 撤退後は、スーパーマーケットのサンウエル月寒店 が6月に居抜き出店で開業。 手稲店(2012年5月20日閉店) - 2005年(平成17年)6月に手稲サティ・跡に居抜き出店(店舗面積:4,290m 2)。 それまでは小規模の店舗を展開していた卸売スーパーでは初の大型店舗であった。 2012年(平成24年)5月に、同区前田のダイエー手稲店・ヤマダ電機手稲店跡に「卸売スーパー現金問屋」として移転開業。 北海道リアルエコノミー. 2011年11月15日. の2013年4月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルエコノミー. 2012年5月31日. の2013年4月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 (2011年12月21日). 2011年12月21日. の2012年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルエコノミー. 2012年5月4日. の2017年8月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルEconomy 2014年4月25日. 20124-04-25閲覧。 外部リンク [ ] 公式• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の

北海道札幌市の激安・格安スーパーマーケット一覧

卸売 スーパー

札幌市内を中心に格安価格の食品スーパー8店舗を展開している卸売スーパー(本社・札幌市手稲区)は15日、「現金問屋手稲店」(手稲区前田4条7丁目)をリニューアルオープンさせた。 4日間休業してレイアウトや商品アイテム数を増やすなどした。 (写真は、リニューアルした現金問屋手稲店の店内) 「現金問屋手稲店」は、約2000坪(約6600㎡)のフロア面積。 そのうち半分程度は倉庫として利用しており、店舗面積は約1000坪(約3300㎡)。 卸売スーパーの津司耕太郎代表取締役(68)は、今回のリニューアルの狙いについて「食のワンダーランド、食の遊園地をコンセプトにした。 買い物客が義務感で買い物をする時代ではない。 来て楽しいと思える店づくりが求められている。 値段で買い物客を呼ぶ時代はもう終わった」と話す。 リニューアルによって、菓子売り場だけでも一般的なコンビニエンスストアの4店舗分、グローサリー商品や飲料は一般的な食品スーパーの10店舗分、99円コーナーのパレットは72枚分も用意した。 「それに加えて肉、魚、青果の生鮮3品は、札幌ではうちが一番強い。 買い物客が選ぶ楽しさを味わえる店になるだろう」(同)としている。 同社では、今回のリニューアルの動向を見ながら市内の店舗にこの要素を取り入れていく。 なお、手稲店の年商は約30億円。 リニューアルでさらに上積みを狙う。 同社の2018年4月期決算は、売上高約130億円、経常利益は約5億円で全店舗黒字を維持している。

次の

菓子卸・飲料卸 京都タカギ卸|イベント景品や日本メーカー品の海外向け取引

卸売 スーパー

概要 [ ] 道央圏を中心に店舗展開し、自社直営のみならず、道央圏以外を中心に経営している生鮮スーパーマーケット。 販売スタイルはを軸に生鮮・一般食品・類を販売しており、小型店舗でも容量の多い業務用調味料がおかれている。 なお、大手スーパーマーケットにみられる調理器具・食器・洗剤などのの販売はしていない。 また、新規店舗はが多い。 沿革 [ ]• (50年) - 屋号を りんごハウスとして開業。 (12年) - 屋号を 卸売スーパーに変更。 (平成17年) - 卸売スーパー手稲店を開店(元は手稲)。 2005年(平成17年) - フランチャイズ経営を導入、、とに初めてのフランチャイズ店舗を開店。 (平成22年) - アウトレット卸売スーパー 平岡店を開店(元は平岡店)。 (平成23年) - 買いだめ市場卸売スーパー美しが丘店を開店(元はJJCLUB100)。 (平成24年) - 月寒店、手稲店閉店(手稲店は移転、後述)。 2012年(平成24年) - 卸売スーパー現金問屋手稲店を開店(元は手稲店・手稲店)。 特徴 [ ] 卸売スーパー [ ] 生鮮食料品・一般食料品・花卉類に特化して、などの販売をしていない特殊な形のスーパーマーケットである。 特に生鮮部門(青果・鮮魚・食肉)は、道内屈指の低価格販売企業である。 アウトレット卸売スーパー 食料品のをテーマとして販売するスタイル。 アウトレット品には、メーカー、卸し問屋在庫・季節外れ商品・キズあり、不揃いなどのB級品・賞味期限切れ間近の商品などがある。 買いだめ市場卸売スーパー 業者向けの食料品をテーマとして一般消費者に販売するスタイル。 主にケース販売などの大量販売を主体として扱うが小売もする。 「買いだめ」という店名だが日替わり特価品は1人あたりの販売数が限定される。 かつての店舗「食品現金問屋 安心屋」の経営ノウハウを集約して開店。 卸売スーパー現金問屋 旧卸売スーパー手稲店で確立した広面積での運営ノウハウを活かして更に広い店舗面積を構える、それまで小規模店舗で展開されていた卸売スーパーでは新しいスタイル。 従来の、地域最安値や特売を前面に押し出した営業方針とは違い、平均的な値段で客に長く利用してもらえるような店舗運営を目指している。 店舗エリア [ ] 直営店舗 [ ] 卸売スーパー• 北郷店 - 札幌市8条4丁目8-15• 北白石店跡にりんごハウス北郷店として出店。 後に現在の形となる。 北42条店 - 札幌市北42条東9丁目1-5• 北42条店跡にりんごハウス北42条店として出店。 後に現在の形になる。 手稲店 - 札幌市4条7丁目1-1(本社併設)• 「卸売スーパー現金問屋」として、2012年(平成24年)5月31日に手稲店・手稲店跡に居抜き出店。 店舗面積は6,750m 2で、最大の店舗面積を誇る大型店舗。 また、初めて直営の「馬鹿値食堂」も併設している。 新さっぽろ店 - 札幌市2条5丁目4-1• 美唄店 - 東2条南1丁目1-1• が運営する美唄店をまずは卸売スーパーのフランチャイズとして開店。 りょーゆーのスーパー事業撤退により、津司が直営化。 岩見沢店 - 北3条西10丁目• りょーゆー鉄北店跡に出店。 平岡店 - 札幌市平岡9条1丁目1-10• EXEO平岡店跡に「アウトレット卸売スーパー」として、2010年(平成22年)4月2日に開店。 美しが丘店 - 札幌市清田区美しが丘4条6丁目2-1• フランチャイズ加盟店 [ ] 卸売スーパーあいちょう• 芦野店 - 釧路市芦野1丁目1-7• 星が浦店 - 釧路市星が浦大通2丁目7-1 卸売スーパーユアーズ• 稚内市富岡2丁目1-21 アウトレット卸売スーパー大壹店• 中央5丁目3-10 卸売スーパーこしん枝幸店• 新栄町640 店舗ギャラリー [ ]• 美しが丘店(2011年7月) 別ブランドに転換・閉店した店舗 [ ] 卸売スーパー• 川下店(2010年3月22日閉店) - 2003年(平成15年)9月、札幌川下店跡に「食品現金問屋 安心屋」としてオープン。 後に卸売スーパーに改装。 FC千歳店(2011年12月31日閉店) - 近く、パチンコパーラードーム千歳店跡に2009年(平成21年)10月1日出店。 道央圏唯一のフランチャイズ店舗だったが、フランチャイズ会社の都合により閉店。 店舗跡は正栄プロジェクト運営の女性向けパチスロ店「クラブイーグル千歳店」が2014年(平成26年)4月24日に開業。 月寒店(2012年5月20日閉店) - 住居部分が併設(津司邸宅)された店舗であり、起業した場所。 撤退後は、スーパーマーケットのサンウエル月寒店 が6月に居抜き出店で開業。 手稲店(2012年5月20日閉店) - 2005年(平成17年)6月に手稲サティ・跡に居抜き出店(店舗面積:4,290m 2)。 それまでは小規模の店舗を展開していた卸売スーパーでは初の大型店舗であった。 2012年(平成24年)5月に、同区前田のダイエー手稲店・ヤマダ電機手稲店跡に「卸売スーパー現金問屋」として移転開業。 北海道リアルエコノミー. 2011年11月15日. の2013年4月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルエコノミー. 2012年5月31日. の2013年4月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 (2011年12月21日). 2011年12月21日. の2012年7月14日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルエコノミー. 2012年5月4日. の2017年8月26日時点におけるアーカイブ。 2014年4月25日閲覧。 北海道リアルEconomy 2014年4月25日. 20124-04-25閲覧。 外部リンク [ ] 公式• この項目は、に関連した です。 などしてくださる()。

次の