授乳中 市販 頭痛薬。 授乳中の風邪に市販薬飲める?飲めない薬や飲んで何時間あけるか

授乳中に飲める頭痛薬ってあるの?

授乳中 市販 頭痛薬

2005年 山梨医科大学(現 山梨大学)医学部卒。 沖縄県立中部病院 総合周産期母子医療センターを経て、板橋中央総合病院に勤務。 産婦人科専門医、周産期専門医として、一般的な産婦人科診療から、救急診療、分... 授乳中でも、頭痛や生理痛で体調が悪くなることはありますよね。 子育て中はゆっくり休む時間も取れず、薬を飲んで早く治したいと思う一方で、「母乳を通じて赤ちゃんにも薬の影響が出てしまうのでは?」と不安になることも多いのではないでしょうか。 そこで今回は、そもそも授乳中に薬を飲んでいいのか、頭痛薬や痛み止めなど、飲めるものと飲めないものについて、ご紹介します。 授乳中に頭痛薬や痛み止めを飲んでもいい? 母乳は、ママの血液が主成分です。 そのためママが薬を服用すると、血液にも薬の成分が混ざり、母乳に影響を与えるのではないかと心配になりますよね。 母乳を通じて赤ちゃんの体内に届き、悪影響を与えるのではないかと、授乳中に薬の服用をためらう人もいるかもしれません。 授乳中でも頭痛薬や痛み止めなどの「薬を飲むこと」自体は問題なく、飲んでよい薬と、飲むのに注意がいる薬をしっかりと把握して対処をすることが大切です。 ただし、それらの成分が含まれない薬であれば安全というわけではなく、安全性が確立されていない薬はあります。 市販薬のなかには、メーカー側が「授乳中は服用しないでください」と注意喚起しているものも多くあります。 この注意は、予防の観点から書かれていることが多く、赤ちゃんに影響が出ることは非常に少ないですが、市販薬を利用したい場合は、念のため、医師や薬剤師に授乳中であることを相談しましょう。 次からは、代表的な頭痛薬・痛み止め薬に分けて、授乳中に飲めるのかどうかなどをご紹介します。 授乳中に飲める頭痛薬は? 授乳中は、睡眠不足や疲労からくる頭痛に悩まされることも多いですよね。 痛みをやわらげる頭痛薬が手放せないという人は、「アセトアミノフェン」という成分の頭痛薬がすすめられます。 乳児にも使われる薬で、母乳のなかに移行する成分量は、乳児が直接服用したときよりも、はるかに少ない量です。 市販薬名では「カロナール」や「タイレノール」などです。 自己判断での服用は控え、事前に医師や薬剤師に相談すると安心です。 念のため、服用の前に医師や薬剤師に相談するといいでしょう。 授乳中の頭痛薬・痛み止めとしてロキソニンは飲める? 鎮痛効果の高い「ロキソニン」には、ロキソプロフェンという成分が配合されていますが、この成分も、母乳に移行する成分の量が非常に少ないものです。 服用前には、念のため医師や薬剤師に相談しましょう。 授乳中の痛み止めとしてピルを飲んでもいいの? それでは、女性のホルモンバランスを整え、生理痛を和らげる働きがあるピルはどうなのでしょうか。 産後の低用量ピルの使用については「分娩後21日以上経過してから」とWHOのガイドラインで定められています。 生理痛がひどいときは、医師としっかり相談してください。 授乳中の生理痛を緩和する方法は、低用量ピル以外にも様々なものがあります。 また、授乳を十分していれば産後の生理の再開を遅らせることができるので、できる範囲でしっかりと授乳をすることも生理痛の対策になりますよ。 関連記事 授乳中の頭痛薬や痛み止めは用法・用量を守って どのような薬であっても、授乳中の服用に不安なことがあれば、念のため医師や薬剤師に相談しておくと安心です。 薬局で市販薬を購入する場合も、常駐の薬剤師に授乳中であることを伝えたうえで相談しましょう。 病院で処方された薬を飲む場合も、医師の指示に従い、用法・用量を守るようにしてください。 また、国立成育医療センターの「妊娠と薬情報センター」では、痛み止めをはじめとする薬の不安に対して、電話などで相談も行っています。 心配なことがあれば、こちらを利用するのもおすすめですよ。 ママの健康は赤ちゃんの健康でもあります。 授乳中だからと無理に我慢をせず、薬を上手に、正しく活用してくださいね。

次の

☆至急☆ 授乳中に飲める市販鎮痛剤はありますか?

授乳中 市販 頭痛薬

授乳中でも、風邪をひいたり体調が悪くなって、お薬の服用が必要になることってありますね。 もちろん、薬を飲まずに済むのなら、それが一番良いのですが、体調不良のままではお母さんの体も心もまいってしまいます。 風邪と言っても、市販薬で対応できるケースや、医師の治療が必要なケースまでいろいろありますね。 ネット等で、「飲んではいけない薬」は簡単に調べることができますが、「飲んでも良い薬」はなかなか出てきません。 ここでは、授乳中でも飲める市販の風邪薬について、実際にドラッグストアで多い相談事例などを交えながら、解説していきます。 市販の風邪薬の中に、授乳中でも飲めるお薬はいくつかあります。 見分けるポイントは、前のページで書いたように 『使用上の注意』を確認することです。 ここでは、 『使用上の注意』の中に、授乳中の服用に関する注意がない商品を紹介していきますが、お薬に配合される成分が変更になったり、添付文書の内容が変わることもありますので、購入する時には、必ず薬剤師や登録販売者に相談してください。 また 、使用上の注意に記載がなくても、100%安全ということではありませんので、異常を感じたら服用を中止して受診してくださいね。 総合風邪薬の他にも、解熱鎮痛薬や鼻炎薬、咳止め薬など、風邪に関連する医薬品をご紹介していきます。 その他にも、下記の関連ページを参考にしてください。 また、便秘を起こしやすい成分も入っていません。 熱や痛み、咳がある風邪に。 鼻症状にはほとんど効きません。 楽天で購入:• カフェイン水和物が配合されています(1日量で100mg)ので、コーヒーや緑茶などのカフェインが含まれる飲料を飲みすぎないようにしましょう。 カフェインの過剰摂取によって、赤ちゃんがちょっと興奮気味になったり、睡眠を妨げたりすることもありますので、摂りすぎに注意して下さい。 楽天で購入:• 抗ヒスタミン成分が配合されているため、眠気が出ます。 新エスタックWと同じく、この製品にもカフェインが配合されています。 カフェインが含まれる飲み物の摂りすぎに注意しましょう。 楽天で購入:• 解熱鎮痛薬 風邪の症状が、熱や喉の痛みだけなら、解熱鎮痛薬で充分対応できると思います。 総合風邪薬には、鼻水や咳を止める成分も配合されているので、鼻水や咳がなければ飲む必要はありません。 痛み止めは胃を荒らすイメージがあると思いますが、このタイレノールは胃に優しい「アセトアミノフェン」という成分を配合しているため、空腹時でも服用することが可能です。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 鼻炎薬 鼻水や鼻づまりなど鼻の症状だけで熱や咳はない、いわゆる「鼻風邪」なら、総合風邪薬よりも鼻炎薬の方が効き目が実感しやすいと思います。 ただ、眠気はどうしても出てしまいますので、服用後は車や機械の操作・運転は避けて下さい。 錠剤が苦手な人に。 少し甘めの味になっていて飲みやすいです。 こちらも7歳から服用可能。 楽天で購入:• アマゾンで購入: 咳止め薬 市販の咳止め薬には、麻薬性の成分を配合した製品と、非麻薬性の成分を配合した製品があります。 非麻薬性成分は、便秘になりにくく、また、依存性がないため、比較的安心して飲める咳止め薬と言えます。 抗ヒスタミン剤が入っているため、喉のムズムズ・イガイガ感なども緩和してくれますが、眠気などの副作用が現れることがあります。 楽天で購入:• 持続性のカプセル。 痰が絡むような湿った咳には少し不向き。 楽天で購入:• 咳を鎮める成分と、痰を出しやすくする成分、喉のムズムズ感を緩和させる成分などを配合しています。 楽天で購入:• アマゾンで購入: ブロン液エースと間違えないように! ブロン液エース(エスエス製薬)は、授乳中の服用ができません。 パッケージはほとんど同じで、パッと見ただけでは違いが分かりにくいため、ご注意くださいね。 代表的な総合風邪薬の種類と特徴.

次の

授乳中でも飲める市販薬まとめ!風邪は?頭痛は?胃痛は?便秘は?

授乳中 市販 頭痛薬

監修 酒見 智子 聖路加国際病院 女性総合診療部 医師 妊娠に気づかず薬を服用することや、妊娠中・授乳中のママが病気になることは、いつでも誰にでもあり得ます。 そんなとき、どこに相談したらいいの?なにか赤ちゃんに影響するの?・・・そんな心配を少しでも軽くできたら、という思いから、このパンフレットが生まれました。 これから赤ちゃんを授かりたいと思っているカップルにも、大切な情報です。 赤ちゃんに関わる全ての方が、肩の力を抜いて楽しく過ごす手助けとなりますよう。 妊娠、赤ちゃん、授乳・・・ お医者さんや薬剤師さんと一緒に くすりとの関係を考えてみましょう 妊娠や出産、育児はライフステージの大きな変化の時です。 妊娠中や授乳中にくすりをのむときやくすりをのんだ後に妊娠が分かったとき 病気を治療中だけど赤ちゃんがほしいときなどは 「このくすり、赤ちゃんに悪い影響はないかしら? 」と、とても心配になります。 くすりについて心配なことがあればまずは、 かかりつけの医師や薬剤師などの専門家に相談しましょう。 それぞれのケースに応じて、専門的な知識による判断と適切なアドバイスがあるはずです。 本サイトには、「妊娠・授乳とくすり」についてさまざまな情報を盛り込みました。 ぜひ、正しい情報をもって、妊娠や育児に備えてください。 妊娠は、排卵された卵子と精子が受精した後、受精卵が子宮内膜に着床することによって成立します。 〈排卵と妊娠〉 排卵は、月経周期が28日周期の人の場合、月経が始まった日を第1日として14日目前後に起こります。 排卵の前5日間と排卵日のあわせて6日間 28日周期なら月経から9〜14日目ごろ が最も妊娠しやすい時期です。 月経周期は個人差があるので、自分のサイクルを知っておくと役に立ちます。 そこで卵子は精子と出会い 受精 、受精卵となった後、細胞分裂を繰り返しながら卵管をとおって1週間ほどで子宮へ移動し、子宮内膜に着床します。 これから妊娠を望む方 は、くすりは医師や薬剤師の指導のもとで使ってください。 かぜや頭痛などで一時的にのむくすりは、妊娠初期にのんでも心配ないといわれています。 ただし、妊娠したかなと思った場合は、念のために、妊娠していないことが確認できるか、妊娠していてもくすりが大丈夫であることを医師や薬剤師に確認できるまでは、くすりをのまない方が安心です。 病気をもちながら妊娠を望む方 は、病気やくすりが赤ちゃんに悪い影響を与えるのではないかと心配になります。 くすりをのんでいても、のんでいなくても、まずはいま治療を受けている医師に相談をして、妊娠に備えることが大切です。 相談する時期は、早すぎることはありません。 妊娠初期にくすりをやめようと考えていても、気がついたときにはすでに遅く、赤ちゃんに影響する時期にかかってしまうこともあります。 時間が十分にあれば、くすりの必要がない状態にしてから妊娠したり、より影響が少ないくすりに変えたり、量や種類を減らすことができます。 妊娠中、感染症にかかると赤ちゃんに影響が出ることがあります。 妊娠を望んでいる方は、インフルエンザや風疹などの予防接種がいま必要かどうかを、あらかじめ医師に相談しておくと良いでしょう。 風疹ワクチンは、妊娠している可能性があったり、妊娠している場合は接種できません。 妊娠前に接種し、接種後2か月間は避妊する必要があります。 2妊娠中のくすり• 妊娠すると出産への期待が高まる一方で、おなかの赤ちゃんが元気に育ってくれるのか心配になります。 くすりをのんだ後に妊娠が分かって、赤ちゃんへの影響を心配する人もたくさんいます。 実際は、多くのくすりは、妊娠中にのんでも大丈夫だといわれています。 元気な赤ちゃんが生まれてほしい、これはみんなの願いです。 でも、現代の医学ではかなわないこともあります。 一方で、くすりをのまなかったために、お母さんの病気が悪化し、赤ちゃんに先天的な病気が起こったり、発育が悪くなったり、おなかの中で赤ちゃんがなくなってしまうこともあります。 妊娠中であっても、必要があればくすりを使います。 お母さんの健康は赤ちゃんに直結しますので、くすりをのんでお母さんの病気を治療した方が赤ちゃんの健康にとって良いことも少なくありません。 病気をもっている方、妊娠中にくすりをのまなくてはいけない方は、いま治療を受けている医師や産婦人科医、薬剤師に相談して納得のいく説明を受けましょう。 いま病気がなくても、妊娠中に体調がすぐれなくなり、くすりをのんでいいか分からなくなる時もあるかもしれません。 そのようなときは、どのくすりが良いのか、医師や薬剤師にたずねましょう。 また、病院でくすりを処方してもらうことがあれば、必ず妊娠中であることを伝えましょう。 3妊娠の時期とくすりの影響 妊娠中のくすりは、種類や量、併用薬のほか、 妊娠時期のいつごろにのんだかによって赤ちゃんへの影響が異なります。 妊娠4週からおよそ3か月間は、赤ちゃんの重要な器官が作られ、くすりの影響を受けやすい時期です。 くすりの服用には十分注意しましょう。 もっともくすりの影響を受けやすい時期なので、自分の判断でくすりをのまないで、早めに医師や薬剤師に相談してください。 赤ちゃんの重要な器官の形成は終わっていますが、妊娠4カ月くらいまでの間は、くすりの影響を受けやすい時期です。 特に妊娠後半期は、痛み止めなど一部のくすりで赤ちゃんに大きな影響が出ることがあります。 妊娠しているとは知らずにくすりをのんでしまったら? 妊娠していることを知らずにくすりをのんでしまったら、医師や薬剤師に連絡して、どうすれば良いかを相談してください。 「妊娠とくすり外来」を設けている病院を訪れる多くの方が、妊娠しているとは夢にも思わずくすりをのんでしまったことについて相談しています。 実際は、妊娠のごく初期にのんだくすりは、赤ちゃんへの影響はほとんどないといわれています。 多くのくすりはのんで1日もたてば、お母さんの体の中から消えます。 市販のかぜぐすりや頭痛薬、胃腸薬などや短期間のむくすりは、妊娠4週 月経予定日を過ぎているのに月経が来ないころ までに中止すれば、赤ちゃんに影響することはまずありません。 もし仮に、受精後2週間以内にくすりの影響を受けた場合は、着床しないあるいは流産する、または完全に修復されて健康な赤ちゃんを出産すると考えられています。 ですから、いま妊娠が順調に経過していれば、赤ちゃんへの影響はなかったと考えて大丈夫です。 出産年齢の高齢化に伴い、病気をもちながら妊娠を望む方が増えています。 慢性の病気をもっている方は、将来の妊娠に備えて、妊娠の時期や今後の治療方針、くすりについて、治療を受けている医師 妊娠後は産婦人科医と連携 に相談することが大切です。 お母さんの健康は、おなかの赤ちゃんの健康に直結します。 妊娠前、妊娠中、出産後... どうすれば良いかを早めに聞いておきましょう。 そしてあらかじめ相談しておいた手順に従ってくすりの服用を中止したり、変更したり、数を減らしたり、ときには増量してください。 くすりをのむ、のまないは、メリットとデメリットのバランスをみて決めます。 その判断には専門的な知識が必要です。 たとえ赤ちゃんにとって安全といいきれないくすりでも、くすりをのみながらお母さんの病気を治療した方が、赤ちゃんの健康につながることも少なくありません。 自己判断しないで、医師や薬剤師からきちんと説明を受けてください。 〝病気とくすり〟の例 糖尿病 妊娠前から妊娠中にかけてくすりをのんだり注射をしながら病気をコントロールしないと、 赤ちゃんの健康に大きな影響をおよぼすことがあります。 栄養指導や運動療法のアドバイスを受けることも大切です。 てんかん てんかんのくすりは赤ちゃんに影響することがあります。 しかし、てんかんの発作が起これば赤ちゃんへの影響はさらに大きくなります。 妊娠が具体的になる前に、くすりの種類や量を減らせないか、 より安全なくすりに変更できないかを治療を受けている医師とよく相談してください。 うつ病 治療を受けている医師にあらかじめ相談してから妊娠を計画してください。 そして妊娠する1年以上前ぐらいから計画的にくすりの減量、より安全なくすりへの変更、 精神療法の導入などをすすめてください。 妊娠中であっても、お母さんや赤ちゃんに必要がある場合はくすりを使います。 くすりが必要であるかどうか、まずは治療を受けている医師とよく相談してください。 病気をもつ人、妊娠中にくすりを服用しなくてはいけない人が 医師や薬剤師に相談する時のポイント なるべく早めに相談しましょう 早めに相談すれば、十分に時間をとって準備することができます。 相談の時期は早過ぎることはありません。 妊娠する前から、余裕をもって今後の治療方針やくすりについて治療を受けている医師に相談してください。 納得できるまで相談しましょう 通常の診療時間中で時間をとるのが難しければ、別の時間に説明してもらったり、妊娠とくすりの専門病院や薬剤師を紹介してもらったりしましょう。 担当医の方針がどうしても納得できない場合は、セカンド・オピニオンを希望してください。 家族も一緒に相談を受けると良いでしょう できればパートナーにも今後の妊娠の計画や治療方針について理解してもらいましょう。 通常の診療時間は待っている患者さんも多く、医師も時間がとれないことがあります。 診療の最後に時間をとってもらうのも一つの方法です。 別の専門医を紹介されたら、必ずそこに受診しましょう 個々の医師や薬剤師がその分野の専門家とは限りません。 別の専門医を紹介されたら紹介状をもって必ずそこに受診しましょう。 適切な専門家によく相談することが大切です。 か ぜ かぜをひいたら、医師や薬剤師からアドバイスを受け、「咳、熱、鼻みず」などの症状に応じたくすりをのむと良いでしょう。 さまざまな症状に対応する「総合感冒薬」と比べて、余計なくすりをのまずに済みます。 なお、高熱の場合やインフルエンザの疑いがあるときは、必ず早めに病院を受診してください。 花粉症 「妊娠したらくすりはのめないので、花粉症の症状がつらくてもがまんしなくてはいけない」というわけではありません。 妊娠中でも安全性が確認されているくすりもあります。 さらに、点鼻薬や目薬は、のみぐすりよりくすりの成分が血液中に入りにくく、赤ちゃんへの影響も少ないので、より安心して使うことができます。 便 秘 妊娠中は、便秘になりやすくなります。 便秘で困ったら、妊娠中でものめるくすりがありますので、種類や量などを医師や薬剤師に相談してください。 漢方薬は天然で体に優しいイメージがありますが、刺激が強い成分が入っていることがあります。 安易にのまないでください。 そのほか、適度な運動や排便習慣、食物繊維の多い食事など、生活習慣の改善も大切です。 頭 痛 痛み止め 解熱鎮痛薬 は、妊娠の後半期にのむと赤ちゃんの健康に大きな影響を及ぼすことがあります 下記参照。 頭痛や歯痛などで痛み止めをのみたいときは、医師や薬剤師に相談してからにしましょう。 肩こりや腰痛で使う湿布などの外用薬でも大量に使用してはいけません。 なお、「アセトアミノフェン」という成分は妊娠中でも比較的安全性が高いといわれています。 相談するときの参考としてください。 そのため、生まれてからとは違って、たくさんの血液が肺を循環することはありません。 おなかの赤ちゃんの血液は、心臓から直接、「動脈管」という特別なバイパスを通って全身に運ばれます。 生まれるとすぐに、この「動脈管」は自然に閉じられ、肺へたくさんの血液が循環するようになります。 ところが痛み止めの多くは、まだお母さんのおなかの中にいるうちから、動脈管を閉ざすように働いてしまいます。 また、このくすりは、妊娠後半期の羊水の量を極端に少なくしてしまうことがあります。 羊水は臍帯 へその緒 が圧迫されるのを防いでいます。 そのため、ときには臍帯 へその緒 が圧迫され、赤ちゃんに大きな影響を及ぼしてしまうことがあります。 このような理由から、妊娠の後半期に痛み止めを使いたいときは、特に慎重になる必要があります。 2授乳中のくすりの服用• 多くのくすりは赤ちゃんの体に吸収される量が少ないので、くすりをのみながら授乳を続けることができます。 ただし、授乳中にくすりをのみたい時は、それぞれのくすりの情報をもとに、医師や薬剤師などの専門家と相談しながら決めていくことが大切です。 お母さんが病気のためにくすりを長くのむ場合は、注意が必要です。 授乳の度に、くすりが赤ちゃんの体に蓄積して影響が出る可能性があるからです。 その場合は、治療を受けている医師や産婦人科医、小児科医、薬剤師と事前に相談し、長くのんでも赤ちゃんに影響しないくすりに変更する、赤ちゃんの様子を見ながらくすりを続けるなどしてください。 ただし、病状によっては母乳をあげること自体がストレスとなる場合もあるので、無理はしないでください。 くすりの影響を少なくするには、乳汁中のくすりの濃度の推移を踏まえて、授乳と服薬の時間を考える必要があります。 乳汁中のくすりの濃度の推移は、お母さんの血液中のくすりの濃度の推移とほぼ一致します。 薬剤師と相談すれば、そうした情報を教えてもらえるでしょう。 妊娠と薬情報センター 国立成育医療研究センター内 のホームページで、授乳中のくすりの情報を知ることができます。 授乳中に安全に使用できると思われるくすり 99種類 、授乳中の使用に適さないと判断されるくすり 4種類 などを確認できます。 多くのくすりは授乳中にのんでも赤ちゃんへの影響はほとんどありません。 授乳中にのんでも問題ないくすりの成分の一部分を下表にあげました。 痛み止め アセトアミノフェン、イブプロフェン 下剤 センナ、センノシド 胃薬 ニザチジン、ファモチジン、ラニチジン 花粉症 フェキソフェナジン かかりつけの医師、産婦人科医、薬剤師など くすりについて気になることがあれば、ひとりで悩まないで、まずは身近にいる専門家に相談することが大切です。 くすりの種類や病状などを踏まえて適切なアドバイスが受けられます。 普段からのんでいる市販のくすりでも、自己判断ではなく専門家からアドバイスを受けましょう。 安心してくすりをのむためにも大切なことです。 妊娠と薬情報センター 厚生労働省の事業として2005年に設置され、以降、相談・情報収集を実施している機関です。 全国に拠点病院があり、問診票などの必要書類を郵送後、電話や全国にある「妊娠とくすり外来」への相談が可能です。 利用方法など詳しい情報はホームページをご覧ください。

次の