ミシン ボビン。 ミシンを使うときには要注意!プロが教える「ボビン」とは?│はまぞうニュース

ボビンズミシン【公式ホームページ】

ミシン ボビン

「学校の家庭科の授業で必要なので、ミシンのボビンを下さい。 」 困ったことに、「これだけでは、分かりません。 」のです。 子供だけでなく、大人の方でも時折、「ミシンが動かなくなった」、「うまく縫えない」と持って来られる方もいるのですが、よく見ると型の違うボビンを使用していて、全く動かなかったり、動いても綺麗に縫えないケースも散見されます。 本日は、ミシンにとって大事な「ボビンの選び方」のお話をさせていただきます。 ミシンのボビンは、6種類あります。 うち1つは工業用(職業用)のボビン(I-2型、写真左上)で、これは国内メーカーは統一規格。 そして、プラスチック等の樹脂では高速回転の摩擦に耐えられないため、工業用のボビンは全て金属タイプになります。 あとの5種類は全て家庭用です。 逆にいえば、家庭用ミシンのボビンは5種類もあるんです。 大別すると、ボビンケースがあるミシンとないミシン(水平釜ミシン)があります。 ボビンケースがあるミシンは「半回転」と「全回転」の2種類があります。 ボビンケースの形に特徴があり、半回転タイプは角のような突起が出ていますが、全回転タイプにはありません。 半回転用のボビンは「H-1型」(画像上中)、全回転用は「H-2型」(画像右上)になります。 H-1型は厚さが11. 5mm、H-2型は9mmで、大きさが違いもちろん互換性はありません。 近年のミシンに多いのが、ボビンケースを使用しない「水平釜ミシン」です。 こちらは国内メーカーで大別すると3種類があります。 ・H-1型(画像左下):ジューキ、ジャノメ、トヨタ、シンガー(ただしモナミタイプを除く) ・H-2型(画像中下):ブラザー ・H-3型(画像右下):シンガー(モナミタイプ) 厚さはH-1型が11. 5mm、H-2型は9mm、H-3型は10. 8mmです。 H-1型、H-2型に関しては前述の水平釜用ボビンと共用も可能です(一部機種を除く)。 家庭用ミシンのボビンの見分け方をフローチャートにしてみます。 学校の先生も、家庭科担当の先生でなければどのタイプかを把握していないと思われますので、お子さんが「ミシンのボビンが学校で必要」と言われた場合には、ご面倒でもどのタイプのボビンが必要かを事前に学校に確認される方が良いと思います。 「ミシンのボビンのお話(HAND WORK とりい 手作りブログ)」より転載.

次の

ボビンの種類について|ミシン初心者のためのミシンの使い方(4)

ミシン ボビン

糸調子は「下糸調子を基準にして、上糸の調子をとる」のが原則。 上糸の糸調子ダイヤルだけで調節できれば、下糸調子を変える必要はありません。 下糸調子の調整はボビンケースのねじを回して調節するため、ボビンケースが不要な水平釜タイプの下糸調整は一般的に個人で行うことはできません。 下糸の調節は、右図のようにボビンケースの窓から出る糸端を持ち、下方向に振り下げた時にちょっと動いて止まる(目安は5~10㎝下がる)程度を基本とします。 試し縫いをして下糸が強い場合は、調整ねじを左に回して弱くし、下糸が弱い場合は右に回して強くします。 最近では、便利で多様な機能を充実させたミシンが各社より発売されています。 縫いたいアイテムや使用頻度、予算などから自分に合ったミシンを選びましょう。 糸のかけ方 プーリーを手前に回して針を上げ、必ず押さえ金を上げた状態で糸かけをします。 また、電源を入れる必要のない機種の場合、電源は切った方が安全です。 ミシンについている説明書をよく読み、順番通りに正しくかけることが大切です。 1立て棒に糸をセットし、糸こま押さえをかぶせます。 糸こま押さえは糸よりも大きいものを使いましょう。 2糸案内に糸をかけます。 3矢印に沿って糸道の下までかけてから、糸を上へ引っ張ります。 4天秤に糸をかけます。 5針のすぐ上の糸掛けに糸をかけます。 6針穴に手前から奥へ糸を通します。 糸巻きの正しいセットの仕方 ミシンの糸立て棒が縦向きの場合は心配ありませんが、横向きの場合、糸巻きのセットの仕方によっては糸が絡まる原因になることがあります。 糸が絡まない向きに、糸立て棒にセットしましょう。

次の

ボビンズミシン【公式ホームページ】

ミシン ボビン

こんにちは! 工場長のずっきーです。 今日はミシンを使う人は必ずお世話になる「ボビン」の種類についてお話します。 先日、久しぶりに「ボビン」をAmazonで購入しました。 (手芸店まで買いに行かなくても送料無料で届けてくれる日本のEC事情・物流事情に感謝) ミシンには上糸と下糸の2種類で縫い進める仕組みですが 「ボビン」とは下糸を巻きつけておくもののこと。 既に多めに持っていたので、追加で購入することも数年無かったのですが 扱う糸の色が増えるとボビンもその数だけ合ったほうが便利です。 新作を作る際に糸の色も増え、ボビンを購入することにしました。 一番気をつけなくちゃいけないのがその 種類とサイズ。 1種類ではないんですねー。 家庭用のミシンの場合は H-1型、H-2型、H-3型 と大きく3種類に分かれています。 主な違いは ボビンの厚さです。 H-1型 11. 5mm• H-2型 9. 0mm• H-3型 10. そのような時も先生にちゃんと確認してくださいね! (先生も 「どの型で、どのサイズなのか」を明記してあげてください) 高額な商品ではありませんが、 せっかく用意したのに使えなかったら非常に切ないので…。 ノギスはステンレス製の立派なものも持ってるんですが、 軽くて動きもスムーズな100均ノギス(ダイソーにて購入)が非常に使いやすくて愛用しています。 ご参考まで! 因みに、ボビンを使う下糸の構造は大きく2種類あります。 ・垂直釜(半回転、全回転) ・水平釜 水平釜が最近の家庭用ミシンの主流です。 水平釜式だと、ボビンを収納するボビンケースが不要です。 私が使用しているのは垂直釜なのですが、水平釜ならボビン無しだから 下糸セットの手間が軽くなりそうですね。 詳しくはこの辺りが参考になるかと思います。 ミシンのしくみ ボビンの種類と糸の調整方法 (出典元:日本ヴォーグ社 手づくりタウン) 雑学: Wikipediaによると、ボビンの語源はこう書かれていました。 「ボビンはラテン語の「Balbum」を語源とし、原義は「ごとごと音を立てて回るもの」だとされている。 その言葉が西欧各地に伝播し、最終的にフランス語の糸巻きを表す「Bobine」に変化して現在に至っているといわれる。 」(一部抜粋) (出典元:Wikipedia) ミシンの発祥は16世紀ヨーロッパ。 そして 日本に入って来たのはペリー来航の時、19世紀だそうです。 天璋院(NHK大河ドラマになった「篤姫」)が最初に扱ったと言われています。 そう言えば、大河ドラマで宮崎あおいさん扮する篤姫がミシンを楽しそうに使っていましたね! 私はミシンの恩恵を日々受けているので 先人のテクノロジーに感謝して、作品を創りたいと思います。

次の