あじあニュース2。 保守系サイトまとめのまとめ

もえるあじあ(・∀・)

あじあニュース2

12735• 44089• 07月21日 08:05• 07月20日 22:05• 07月20日 18:05• 07月20日 15:05• 07月20日 11:05• 07月20日 08:05• 07月19日 22:05• 07月19日 18:05• 07月19日 15:05• 07月19日 11:05• 07月19日 08:05• 07月18日 22:05• 07月18日 18:05• 07月18日 15:05• 07月18日 11:05• 07月18日 08:05• 07月17日 22:05• 07月17日 18:05• 07月17日 15:05• 07月17日 11:05• 07月17日 08:05• 07月16日 22:05• 07月16日 18:05• 07月16日 15:05• 07月16日 11:05• 07月16日 08:05• 07月15日 22:05• 07月15日 18:05• 07月15日 15:05• 07月15日 11:05• 07月15日 08:05• 07月14日 22:05• 07月14日 18:05• 07月14日 15:05• 07月14日 11:05• 07月14日 08:05• 07月13日 22:05• 07月13日 18:05• 07月13日 15:05• 07月13日 11:05• 07月13日 08:05• 07月12日 22:05• 07月12日 18:05• 07月12日 15:05• 07月12日 11:05• 07月12日 08:05• 07月11日 22:05• 07月11日 18:05• 07月11日 15:05• 07月11日 11:05•

次の

[B! あほか] 【速報】アメリカ政府、日本企業800社と取引停止へ!!!!:あじあニュースちゃんねる

あじあニュース2

閲覧注意。 「保守速報」以上に悪質なヘイトスピーチが満載された最悪級のヘイトサイト。 スマホ版のブログランキング投票ボタンは以下のようになっている。 常軌を逸している。 広告主の企業にガンガン通報しちゃってください。 このサイトは以下のようなヘイト記事を膨大な数掲載しています。 アルジェリアでの日本人殺害にクズ在日チョンが狂喜乱舞してる件wwwwww• 【悲報】 実は日本人じゃなかった!!! 在日タレントをご覧くださいwwwwww• ネット工作員で有名な在日チョンに電凸した結果wwwwwwwwwww• 近所の在日朝鮮人のこと入管に通報した結果wwwwwwwwww• 【緊急速報】 全国各地で在日韓国・朝鮮人が 大 暴 れ してるぞ!!!!!! 日本中がとんでもない事になってる!!!!! 貴社では、i-mobile、A8. net、マイクロアド、nend、グッドライフ等といったASPやSSPを通じて広告配信をされていらっしゃいませんでしょうか。 これらの業者によるチェック漏れのために、本来ならば広告が配信されてはならないような差別的・反社会的なウェブサイトに広告が表示されてしまっている可能性があるようです。 報道などによりますと、これまでに少なくとも「エプソン」「U-NEXT」「通販生活」が、ユーザーから「差別サイトに広告が掲載されている」と指摘を受け、この種のサイトへの広告配信を停止する手続きを取っているとのことです。 参考1:「保守速報」への広告停止 エプソン販売「社内規定に反する」と即日対応 参考2:保守速報への広告掲載をやめたエプソン 「嫌韓、嫌中の温床」との通報がきっかけに 貴社におかれましても、重大な人権侵害を繰り返しているサイトに広告が表示されてしまっていることは、さぞ不本意でいらっしゃるのではと思いましてご連絡させていただきました。 【テンプレここまで】.

次の

フランスで相次ぐアジア系襲撃 「アジア人は金持ち」の固定観念か 写真2枚 国際ニュース:AFPBB News

あじあニュース2

身元が分からないよう仮名で取材に応じたミンさんが襲われたのは、パリ南東部のバルドマルヌ()県だ。 男に襲われて失ったのは、金額にすると数十ユーロ分とIDカードが入っていたハンドバッグだ。 だがそのことよりも、無力感と怒りがいつまでも消えず、立ち直れない。 「なぜ私だったのか。 現金も宝石も何も持っていなかったのに。 なぜあんな暴力を?」 アジア系住民に対する襲撃が最初に注目を集めたのは2016年、パリ北部で紳士服店を営んでいた張朝林()さん(当時49)が襲われ、死亡する事件が起きたときだ。 2人の子どもの父親だった張さんは、パリ郊外のレストランに向かう途中、10代の若者たちに襲われ、死亡した。 奪われたのは、携帯電話の充電器と菓子数個だけだった。 犯人らは2018年に刑務所に入れられた。 被害者による裁判を支援しているバルドマルヌの団体「全ての人に安全を()」の広報担当者サンレイ・タン()氏は、「私たちは、張さんが亡くなった事件についての問題は理解していたが、規模までは把握していなかった」と語る。 フランスでは人種別の統計が禁じられているため、こうした襲撃に関する公式のデータは存在しない。 だが活動家らは、特定のパターンが見えてきたと指摘する。

次の