アスパラ ガス 栄養素。 アスパラガス

アスパラガスの栄養素と効果効能を調査!特有の栄養成分がすごい!?

アスパラ ガス 栄養素

ビタミンCは、肌のくすみやシミの原因である、メラニン色素ができるのを抑えたり、コラーゲンの合成を助ける働きもあり、ハリのある健康的な肌には欠かせない栄養です。 また、免疫力をアップして、ガンや生活習慣病を予防する効能もあります。 ビタミンEは、血液中のコレステロールを減らし、血行を良くして、女性ホルモンのバランスを整え、生殖機能を保護する効能があります。 また、女性に多い冷え性や肩こり、生理痛、不妊などを改善する働きもあり、別名「若返りのビタミン」とも呼ばれています。 アスパラガスには、これらのビタミンの他にも、「アスパラギン酸」と「ルチン」という栄養成分が含まれています。 アスパラギン酸は、新陳代謝を活発にして、たんぱく質の合成を助けて、美肌効果や疲労回復などの効能があります。 ちなみに、国内でよく食べられているアスパラガスには、グリーン・アスパラガスとホワイト・アスパラガスがありますが、ホワイト・アスパラガスは、ほとんどが缶詰として販売されています。 注意点 最近のアスパラガスは栄養的には、ビタミンB12がほとんど含まれていません。 また、缶詰用に加工されたアスパラガスは、味を整えるために塩分が多く使われている場合が多いので注意しましょう。 塩分が多いと、アスパラガスに含まれている、ルチンの高血圧予防の効果が薄れてしまいます。 アスパラガスの旬 国内産と輸入ものがあり、国内産の旬は4月〜6月で、おいしくて栄養が豊富です。 輸入ものは9月〜1月頃になっています。 7mg ・カリウム 270mg *上記の数値は、生のアスパラガスの栄養の含有量です。 上手な摂り方 アスパラガスは、根元と穂先の硬さが違うので、まず、一番硬い根元の先端は切っておきます。 そして、根元だけを先に10〜15秒くらいゆでた後で、寝かせてゆでると、全体が同じような軟らかさになり、食べやすくなります。 保存方法 野菜庫で保存するときは、穂先を立てておくと、アスパラガスの栄養、ビタミンの損失が少なく、鮮度が長持ちします。 また、冷凍保存するときは、軽く塩ゆでしてから凍らせておけば、そのまま解凍せず調理に使えて便利です。 Copyrights c 2009.

次の

アスパラガス

アスパラ ガス 栄養素

アスパラガスの食べ方は? アスパラガスはみなさんどのような食べ物で食べているのでしょうか。 アスパラガスの人気の食べ方を紹介していきます。 アスパラガスはサラダに最適! アスパラガスはサラダに最適な食材です。 軽く下茹でするだけでOKです。 アスパラガスはクセの少ない野菜なので、他の野菜との相性が抜群です。 炒め物にも最適! アスパラガスとベーコンのバター炒めは、アスパラガスの人気レシピです。 ベーコンと一緒にバターで炒めるだけなので、簡単に作ることができるようです。 アスパラガスとベーコンの組み合わせは、王道コンビですよね。 アスパラガスをベーコンで巻いたものも人気があります。 アスパラガスの炒め物はお弁当のおかずとしても大人気です。 スポンサードリンク 栄養価が高いのは生? 野菜は生で食べるのが最も栄養価が高いといわれています。 アスパラガスも新鮮なものであれば生で食べることが可能で、生で食べる方が栄養価が高いといわれています。 アスパラガスにはどのような栄養があるのか、そしてなぜ生で食べた方がいいのかについてみていきましょう。 アスパラガスにはどんな栄養があるの? アスパラガスにはビタミンがたっぷり含まれています。 ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンEが含まれています。 ビタミンが豊富なアスパラガスは、栄養価が高いといえるでしょう。 またビタミンだけでなくカリウムやカルシウム、鉄、食物繊維も含まれています。 アスパラガスがいかに栄養価が高いかということが分かるでしょう。 生で食べた方がいい理由 アスパラガスは生で食べることができますが、鮮度がいいものに限ります。 アスパラガスは根元を切ってから鮮度が落ちていくので、生で食べる場合は購入してすぐ食べるようにしましょう。 生で食べた方がいい理由は、野菜に含まれているビタミンは加熱することによって壊されてしまうからです。 特にビタミンCは加熱に弱いとされています。 そのためビタミンを取りたい方は生で食べることをおすすめします。 まとめ 今回はアスパラガスのおすすめの食べ方、そして生で食べた方が栄養価が高いということが分かりました。 ぜひアスパラガスを食べる時は、生でそしておすすめの食べ方で食べてみてください。

次の

グリーンアスパラガスとホワイトアスパラガスの違いは?栄養や旬も違う?

アスパラ ガス 栄養素

種類 科目 好適土壌pH 連作障害 アスパラガス アスパラガスは、毎年春〜夏にかけて出てくる若芽を食べる野菜です。 苗を植え付けてから1年目、2年目は収穫をせずに株を生長させ、3年目の春に出た芽から収穫を始めます。 その後、10年ほど収穫が可能です。 種まきからでも栽培できますが、市販の苗を購入して栽培を始めるのが一般的です。 苗には2〜3年目から収穫できる小苗と、その年から収穫できる大苗(すでに数年間栽培された根株)があります。 収穫まで時間が掛かるため、早く収穫を楽しみたい場合は、「」を購入するのがオススメです。 アスパラガスは根に蓄えた養分をエネルギーにして、萌芽を活発化させる性質を持っています。 太くて甘いアスパラガスを採るには、いかに充実した地下茎を養生するかがポイント。 栽培のポイント• 一度植えると10年以上栽培が続くので、植え付け場所はよく考えて決める• 本格的な収穫は植え付けてから3年目以降• 早く収穫したいなら、大苗を植え付ける 緑・紫・白の色の違い アスパラガスと言えば緑色が一般的ですが、最近では、紫色の紫アスパラガスや、白色のホワイトアスパラガスなどの品種も流通しています。 紫色の品種は、緑色に比べて甘みが強く、ポリフェノールの一種のアントシアニンが多く含まれています、但し、茹でると色素が抜けて緑色になるので、色を楽しみたい場合は、サラダなど生食に利用します。 ホワイトアスパラガスは、甘みと独特のほろ苦さが特徴で、緑色のアスパラガスを土や遮光フォルムなどで覆って軟白栽培したものです。 発生しやすい病害虫 アスパラガスに発生しやすい代表的な病害虫と、その対策・予防法をまとめています。 病気 茎枯病(くきがれびょう) アスパラガスで最も被害の多い病気。 茎に褐色の斑点ができて、しだいに茎全体に広がり枯れてしまいます。 土中のカビが原因で起こる病気なので、マルチや敷きワラで泥跳ねを防ぎ、風通しよく、茎が混み合わないように管理しましょう。 雨よけ屋根なども有効です。 紫紋羽病 葉が黄化し枯れます。 地下の根や茎は腐敗し内部が空洞になります。 害虫 ジュウシホシクビナガハムシ テントウムシのような色をした、赤い体に黒い水玉模様の甲虫。 収穫期に発生し、伸び始めた新芽や茎を食害します。 幼虫が若い茎はを食害します。 ヨモギエダシャク シャクトリムシ状に動く幼虫が、新葉を食害します。

次の