食欲 を 抑える 画像。 食欲を抑えてくれるサプリメントランキングベスト7

市販で買える食欲を抑えてくれる薬おすすめ3つ

食欲 を 抑える 画像

好きなものを食べてお腹いっぱいになると、精神的にも満足感が得られるので幸せになりますよね。 とはいえ、食欲のままに好きなものを好きなだけ食べていると体重や体調にしっかりと表れてしまうのも事実。 ダイエットを長続きさせたい、ダイエットに成功したいと思うなら、この「食欲との闘い」は絶対条件! そこで頼りになるのが食欲を抑える働きのあるサプリメントです。 うまく使えば食べすぎ防止になって、ダイエットの味方になってくれそうですが、食欲を抑えるといわれると、薬なの?体に悪いものが入っているんじゃないの?と少し不安になりますよね。 そこで、食欲を抑えてくれるサプリの仕組みと、今人気の食欲抑制サプリメントをランキングで紹介します。 食欲はどこでコントロールされているのか? 突然ですが、ダイエットの基本って何だと思いますか? ……… それは、摂取カロリーを抑えること。 当たり前ですが食べすぎなければ別に激しい運動などをしなくても太りません。 でもお腹が減れば食べたくなるし、世の中にはおいしいものがたくさんあふれています。 ガマンするのはストレスになるし、ガマンを積み重ねた挙句、ドカ食いに走ってしまってダイエットをあきらめてしまった人も多いと思います(私もです)。 食べたい!でも痩せたい!これはダイエットの永遠のテーマですよね。 そんな厄介な食欲をコントロールしているのは「脳」。 食事をすると血糖値が上がって、血液中のブドウ糖の濃度も上がります。 この情報が脳の満腹中枢に伝えられるので、脳は「必要なエネルギーは充分に摂れた」と判断。 その時、私たちは「満腹感」を覚えるわけです。 でも、お腹が空いていないのについ何か食べてしまうという人もいますよね。 これは、ストレスなどによって空腹感とは別の「感情的な食欲」が生まれるから。 イライラしていると甘いものが食べたくなって、食べると落ち着く…というのもそのひとつ。 たまになら問題ないのですが、食べることでストレスを解消することが習慣化されてしまうと脳はどんどん満腹感を感じにくくなり、食べすぎの原因にもなってしまいます。 食欲を暴走させないためには、食事の満足感を高めることやストレスを溜めないことがまずは大切なのです。 食欲抑制サプリで食欲が抑えられる仕組みは… 出典: 脳でコントロールされている食欲。 では、食欲を抑えるサプリメントがどこに働きかけてくれるのかというと……、 脳の満腹中枢に働きかけて食欲を抑える 満腹感を得られる成分で食べすぎを防ぐ 脂肪や糖の吸収を抑えてカロリーをカットする 満腹感を高めてくれて、食べる量を自然に抑えてくれるというのがそのメカニズム。 さらにカロリーを抑える成分をプラスして、ダイエット成功に近づけるという仕組みです。 では、どんな成分が満腹中枢を刺激してくれるのでしょうか。 空腹感を抑える成分 満腹中枢に働きかけて食べたい欲求をセーブしてくれる成分にはこんなものがあります。 カフェイン・・・脳の交感神経を活発にしてアドレナリンが分泌され、血糖値を上昇させることで食欲を抑制します アフリカンマンゴー・・・最近話題の成分で、満腹ホルモンといわれる「レプチン」の分泌をサポートしてくれます 中鎖脂肪酸・・・食用油の中でもココナッツオイルやMCTオイルに含まれていて、燃焼する時に作られる「ケトン体」に食欲を抑える働きがあります カプサイシン・・・脳の中枢神経を刺激して食欲を抑えるほか、脂肪燃焼効果も期待できます ギムネマシルベスタ・・・糖分の吸収を抑えるほか、血糖値をゆっくりと上昇させるので空腹感を感じにくくなります サラシア・・・糖分の吸収を抑えるほか、代謝をアップさせる作用があります 酵母ペプチド・・・満腹ホルモン「レプチン」の増加をサポートするほか、脂肪が体内で合成されるのも抑える作用があるといわれています 食欲を抑えてくれるサプリメントを選ぶ時には、これらの成分が配合されているかどうかを、まずはチェックしてみてくださいね。 人気の食欲抑制サプリランキング では、飲むだけで食欲を抑えてくれるサプリメントの中でも特に人気の7商品を紹介していきましょう! 7位:エクストラヴァージンココナッツオイル粒100 出典: 主成分:ヴァージンココナッツオイル おすすめのタイミング:いつでもOK フィリピン産のオーガニックココナッツから抽出したヴァージンココナッツオイルを使用したサプリメント。 ココナッツオイルには、すばやくエネルギーになる中鎖脂肪酸(ラウリン酸、オクタン酸、デカン酸、ヘキタン酸)が豊富に含まれています。 この中鎖脂肪酸が燃焼する時にできるケトン体が食欲を抑える働きをするため、空腹感を感じにくくしてくれます。 エクストラヴァージンココナッツオイル粒100は、余分なものを入れずに生搾りのココナッツオイルのみを使用した無添加のサプリなので安心。 これもピュアなココナッツオイルだけを使っている証拠です。 もちろん品質は変わらないので大丈夫。 食欲を抑えてくれるほかにも、体を中からスッキリさせてくれたり、美肌をサポートしたりする効果も期待できます。 6位:なかったコトに! 出典: 主成分:ハス葉エキス/サラシア/白インゲン豆エキス おすすめのタイミング:食後、寝る前 「なかったコトに!」は、食べすぎてしまった翌日の後悔をその名のとおり「なかったこと」にしてくれるサプリです。 脂肪の燃焼をサポートしてくれるハス葉エキスには、食欲を抑える働きに加えて代謝をアップさせる効果もあるといわれています。 さらに消化吸収を抑えて太りにくい体に近づけてくれるので、ダイエットにはうってつけ。 また、血糖値の上昇を抑え糖の分解をサポートしてくれるサラシア、炭水化物の吸収を抑えて排出する作用のある白インゲン豆エキスが配合されているので、炭水化物や甘いものが好きな人にもおすすめです。 この3つの成分によって、食欲を抑えて、食べたものの糖質や脂肪を溜めずに分解してくれるから自然なダイエットができるのです。 そのほかに満腹感をサポートする難消化デキストリン、便秘解消に効果があるキダチアロエ、むくみ改善が期待できるメリロートなども配合されていて、トータルでスッキリを応援してくれます。 5位:DHC 満足習慣ダイエット 出典: 主成分:アフリカマンゴノキエキス/グルコマンナン/インゲン豆エキス おすすめのタイミング:食事の30分前 DHCの「満足習慣ダイエット」は食事の量を抑えても満足できる、食べたい人の気持ちに寄り添ったダイエットサプリです。 アフリカやインドに生育し、古くは狩猟民族が過剰な食欲に悩んだ時に使っていたというアフリカマンゴノキが主成分。 満腹感と深い関係のあるホルモン・レプチンの働きをサポートしてくれるので、食べすぎてしまう前に脳に「もう食べなくてもいいよ」という指令を伝えてくれます。 この働きによって食べた後の満足感を高め、食べすぎないよう食欲をコントロールしてくれます。 さらに、アフリカマンゴノキには脂肪を燃焼させて脂肪の蓄積を防ぐ働きもあるので、ダイエットの強いサポート役になりますね。 そのほかにもグルコマンナンやジャガイモ抽出物、インゲン豆エキスなど満腹感をサポートする成分をプラス。 「食べたい」が止められない人や、ついお代わりをしてしまう人にもおすすめのサプリです。 定期購入の場合は初回から毎回5%OFFで購入でき、キャンペーン期間中はさらに割引も。 4位:MCTコーヒーダイエット 出典: 主成分:MCTオイル/コーヒークロロゲン酸/オメガ3脂肪酸 おすすめのタイミング:いつでもOK 体脂肪になりにくく、脂肪燃焼を促す効果のある中鎖脂肪酸油「MCTオイル」と生コーヒー豆のエキスを合わせて作られた「MCTコーヒーダイエット」。 純度100%のMCTオイルをたっぷり使用しているので、中鎖脂肪酸の働きによって体内にブドウ糖が温存され満腹感が続きます。 さらに、糖や脂肪の吸収を遅らせる効果があるため脂肪を溜めにくい体に。 MCTオイルに加えて、脂肪の燃焼を助けて代謝を高めてくれるポリフェノールの一種・クロロゲン酸が豊富に含まれる生コーヒー豆エキスを配合。 焙煎前の生豆には、コーヒー飲料の約480倍ものクロロゲン酸が含まれています。 さらにオメガ3脂肪酸も配合されているので、燃焼効果がさらにアップ。 満腹感を持続させる油で脂を制し、コーヒークロロゲン酸で代謝をアップする最強コンビのダイエットサプリです。 3位:フルベリ 出典: 主成分:アフリカンマンゴー/酵素/ベリーエキス おすすめのタイミング:食事の前 「フルベリ」は、ダイエット大国アメリカでも注目されている素材「アフリカンマンゴー」をメインに使ったサプリメント。 アフリカンマンゴーは、アフリカで古くから体重を減らしたり食欲を抑えたりするために使われていたフルーツ。 種子に含まれるエキスが食欲を抑制するホルモン「レプチン」の働きを活性化させ、満腹中枢に働きかけてくれます。 そのため、脳に「お腹いっぱい」という指令が届きやすくなり、無駄な食欲が抑えられるというわけ。 そのほかにも、309種類ものフルーツや植物を長期熟成発酵させた酵素が脂質や糖質を分解して代謝を高め、ダイエットや美容効果が高いといわれるビルベリーやブルーベリーなどのベリーエキスも配合。 食欲を抑えながら食べたものの消化吸収も抑え、代謝を高めて燃焼しやすいダイエット体質に。 ダイエットフルーツ・アフリカンマンゴーとベリーの力で、キレイになれるダイエットを実現してくれる、うれしいサプリメントです。 酵母を特殊な製法で加工して作られる酵母ペプチドが主原料。 酵母ペプチドには食欲を抑制するホルモン・レプチンを増やし、食欲を増進するホルモン・グレリンを減少させる効果があるといわれています。 さらに脂肪が体に蓄積されるのを防ぐ作用もあるので、食欲を抑えながら効果的なダイエットが可能に。 強力なダイエットサポートをしてくれる酵母に加えて、野草など100種類以上の素材から作られた植物発酵エキスと穀物を発酵させた活性型酵素のダブルの力で体を活性化。 お通じを改善してくれるキャンドルブッシュやキダチアロエも配合されていて、体の中からスッキリ、キレイをサポートしてくれます。 食べすぎを何とかしたい人、お腹の調子が気になる人、美容と健康もサポートしたいという欲張りな人にもおすすめのサプリです。 通常価格1袋30回分(60粒入)1,400円(税別)、66回分(132粒)2,800円(税別) 通販サイトや量販店などでも購入可能。 公式サイトのオンラインショップなら定期お届けが5%OFFで購入できます。 1位:はぴーと 出典: 主成分:酵母ペプチド/酵素/サラシア おすすめのタイミング:昼食後、運動や入浴の前 「はぴーと」は、酵母ペプチドDNF-10という成分が「食べたい」欲求にアプローチするサプリメント。 脳の満腹中枢に作用する「レプチン」という食欲抑制因子を増やすことで、食欲を抑えてくれます。 これによって満腹感を感じやすくなるので、食べてもお腹いっぱいにならない、もう少し何か食べたい…という気持ちを自然に抑えることができ、結果的に食べすぎ防止につながります。 また、脂肪を燃やして基礎代謝を上げる働きのある注目素材・ブラックジンジャーを配合。 メラメラ成分によって年齢とともに下がっていく基礎代謝をサポートし、運動する時の燃焼効果も高めてくれます。 さらに野菜やフルーツなど40種類の原料を発酵熟成させた酵素もたっぷり。 必要な栄養を補給しながら要らないものを排出する働きも高めてくれます。 難消化性デキストリン、サラシアが毎日のスッキリをサポート。 ショウガ麹、コレウスフォルスコリなどもプラスして、ブラックジンジャーの燃焼効果をよりアップ。 食欲が抑えられるので食べる量が自然に減り、さらに脂肪燃焼効果や老廃物を排出する効果をサポートしてくれるので、続けることで自然にダイエットができるんですね。 食べられない辛さを解消+普段の生活の中で脂肪をガンガン燃やして、ハッピーなダイエットができる「はぴーと」。 自分に合いそうなものは見つかりましたか? 好きなものが食べられないストレス、食事制限と食べたい気持ちのせめぎ合い、どうしても続けられない運動……そんなダイエット挫折の原因である「辛いガマン」をせずにダイエットをサポートしてくれる食欲抑制サプリ。 食欲をコントロールするなんて無理!と思っている人でも、実際に飲んでみると自然に食べる量が減ったり、空腹感に悩むことなくダイエットができたりということが期待できると思います。 ただし、食欲抑制サプリを飲み始めたからといってすぐに痩せるわけではありません。 そして、いくら食欲を抑えてくれるからといっても「もったいないから」「口さみしいから」などの理由で今までどおりズルズル食べていては痩せることはできないので、そこだけは注意! 今まで欲望にまかせて食べていた人ならなおさら、少しずつ食欲をコントロールすることを体で覚えることが大切です。 食欲を抑えるサプリは、ある程度の時間をかけて、食べる量を減らしながら自然にダイエットしたいという人、もうリバウンドは絶対したくないという人におすすめです。 食欲抑制サプリメントを取り入れることを機に、これまでの自分の食べ方や食欲との付き合い方をもう一度見直しながら、空腹感知らずのダイエットを始めましょう! 生乳由来の新鮮ラクトフェリンを贅沢に300mgも配合した「ホコニコのラクトフェリン+乳酸菌」が今話題 「キレイに筋肉を付けたい!」 そう願う女子が増えてきましたね。 SNSなどで美しい筋肉を ダイエット効果が高いと話題の葛の花イソフラボン配合サプリ「シボヘール」と「ヘラスリム」を徹底比較! お腹の脂肪が減らせると話題の「シボヘール」と「葛の花イソフラボンスリム」を比較してみました! 一度ダイエットをして痩せたとしても気づけばリバウンド。 あなたはその悪のスパイラルにはまってい 3ヶ月でお腹の脂肪がマイナス20cmを可能にしたダイエット促進サプリ「スリムフォー」。 葛の花 海外セレブやモデルの間で話題になっているTHYLAKOID チラコイド。 雑誌やテレビで取り上げられ 世界のダイエッターが注目するチアシード・ココナッツ・アサイーなどの10種類のスーパーフードをぎゅっと 妊娠中や授乳中のむくみや便秘、気になりますよね。 赤ちゃんのことを考えるとむくみ対策や便秘対策で無理な 寝起きやデスクワークなどで浮腫みがちな体を自然素材だけですっきりさせる「むくらっく」。 よもぎ.

次の

食欲を抑える完全マニュアル【食欲を抑える効果的な方法と食べ物】

食欲 を 抑える 画像

食欲とは? 「今すぐ何かを食べたい!」「お腹が空いた!」など、誰でも必ず感じる「食欲」。 そもそも食欲とは、「 食物を摂取せずにいると、何かを食べたいという欲求が起こること」をいいます。 食欲は、進化の進んだ生物すべてに存在するといわれており、生存に必要なエネルギーを摂取するために欠かせないものです。 食欲、性欲、睡眠欲とともに「人間の三大欲求」といわれ、古来より人間が生存し、進化することの基礎となってきた欲です。 食欲はなぜ生じるのか? 食欲は、脳にある「摂食中枢」と、お腹の中にある「満腹中枢」によってコントロールされています。 摂食中枢はその名の通り、食べ物を「摂りたい、食べたい」と感じるものであるのに対し、満腹中枢は「お腹がいっぱいだ、もういらない」と感じるもので、この2つがバランスを取り合って、食欲を生じさせています。 スポンサーリンク 食欲が止まらない原因は? 「食事を摂ったばかりなのにもかかわらず、もうお腹がすく」「いつまで食べてもお腹がいっぱいにならない」など、みなさんにも食欲が止まらないという経験があると思います。 そして、ついつい食べ過ぎてしまうと、体重の増加や摂取カロリー過多になってしまい、ダイエットの失敗につながりやすくなります。 では、 食欲が止まらない原因は何なのでしょうか。 その大きな原因は、「血糖値の急激な増加」にありました。 そもそも「空腹」とは、胃の中に何もない状態をいいます。 何も食べておらず「お腹が空いた」と感じるケースは、体が活動に必要なエネルギーを欲しているサインですので、しっかりと食事を摂ってOKです。 他方、先ほど食事をしたばかりで、胃に食べ物があるにもかかわらずお腹が空いたと「感じる」状態、すなわち「空腹感」は、体からのサインではなく、血糖値の急激な上昇によって起こる感覚なのです。 そもそも人間の体は、食事から糖を摂取し、これを血液中へと吸収しています。 この血中の糖が増加することによって満腹中枢が刺激されるため、満腹感を感じるのです。 そして、血液中の糖は「インスリン」という物質によって分解され、吸収されます。 血中の糖が急激に増加すると、これを分解するため、インスリンの分泌量も増加します。 そして、インスリンが働きすぎることによって血糖値が下がり、空腹感を感じるのです。 つまり、胃の中に何も食べ物がなく、糖の吸収もないことから血糖値が低下した状態にあり、体からの「血糖値を上げてほしい」というメッセージが「空腹」です。 これに対して、胃の中に食べ物はあるにもかかわらず、血糖値の急激な上昇によるインスリンの過剰分泌によって生じるものが「空腹感」で、これがダイエットの天敵です。 食欲を抑える方法は? 食べ過ぎを防いでダイエットを成功させるためには、空腹感に負けず、食欲を抑えることがカギになります。 そして食欲を抑えるための最も効果的な方法は、「 血糖値の急激な上昇を抑える」ことにあります。 以下で詳しくみていきましょう。 炭水化物の摂りすぎは血糖値の上昇につながる ご飯やパンといった炭水化物は、私たちの1日の活動に必要なエネルギーであり、生きていく上で欠かせないものといえます。 しかし、炭水化物の中でも、白米やパスタなどの精製されたものには、糖が多く含まれています。 精製とは、「混じり物を除くこと」をいいます。 ですので、たとえば玄米や全粒粉パンのように、「混じり物」である胚芽が含まれたものが、精製されていないものです。 反対に、白米やパンなどのように白く「混じり物が含まれていない」ものが、精製されたものです。 そして、炭水化物を精製する過程で、食物繊維などの栄養素も一緒に取り除かれてしまい、結果、糖質だけが残ることとなります。 そのため、精製された白い炭水化物には糖質が多く含まれており、これを食べることによって、血糖値の急激な上昇につながるのです。 そこで、血糖値の急激な上昇を抑えて食べすぎを防ぐためにも、 精製された炭水化物の摂取は控えましょう。 具体的には、白米を玄米に変えたり、パスタやパンを全粒粉のものに変えたりすることがおすすめです。 近頃は、モデルのローラさんが全粒紛のパスタをTVやブログで紹介していたことや、健康意識の高まりから、全粒粉のパスタなどの食材がスーパーでも手に入りやすくなっています。 また、白米などの精製炭水化物を食べる場合には、ゆっくり時間をかけて食べるようにしたり、次の項でご紹介する、血糖値の上昇を抑える食べ物を一緒に食べたりするようにし、血糖値の急上昇を防ぎましょう。 血糖値の上昇を抑える食品を摂取しよう 血糖値の上昇を抑える食品には、 たまねぎやバナナなどがあります。 たまねぎには、「イソアリイン」という物質が含まれており、これがインスリンの働きを活発にする効果を持ちます。 そのため、血糖値の上昇を抑えるのに有益です。 たまねぎの調理方法としては、加熱調理か生のまま食べることがおすすめです。 水につけてしまうとイソアリインが水分中に溶け出てしまうことから、血糖値の上昇抑制効果が得にくくなってしまうからです。 さらに、バナナも血糖値の上昇を抑えてくれます。 バナナに含まれるカリウムには、血糖値を下げてくれる効果があります。 また、食物繊維やビタミン、ミネラルを豊富に含んでいるほか、自然の甘味もあるため、スイーツの代わりとしても食べることができる、ダイエットにうってつけの食材です。 これらの食材を食事に取り入れて血糖値のバランスをとり、急激な上昇を防ぎましょう。 食べる順番に気を付けよう 意外にも、食べる順番に気を付けるだけで、血糖値の急激な上昇を抑止することができます。 食品の中にも、血糖値上昇のスピードが速い「高GI食品」と、上昇スピードが緩やかな「低GI食品」とがあります。 GIとは「Glycemic index(グリセミック インデックス)」の略で、食後の血糖値の上昇度を表すものです。 オーストラリアのシドニー大学では70以上の食品を高GI食品 55〜70の間の食品を中GI食品 55以下の食品を低GI食品と定義しています。 引用先: 低GI食品には、納豆や枝豆、ごぼうやキャベツ、リンゴなどがあります。 他方高GI食品には、白米やうどん、パン、メープルシロップや、食卓にのぼることも多いじゃがいもやにんじんなどが含まれます。 低GI食品から先に食べることによって血糖値の急激な上昇を抑止できる結果、満腹感を感じやすくなり、食べすぎを防止することができます。 ですので、飲み会や外食などで糖質を沢山摂ることになり、血糖値の急上昇が心配な場合には、 枝豆やキャベツなどを先におつまみとして食べておくことが効果的です。 特定保健用食品を効果的に活用しよう CMなどで話題のトクホ食品ですが、これを飲んだり食べたりすることによっても血糖値の急激な上昇を抑えることに有益であるといわれています。 そもそも「トクホ」とは、「特定保健用食品」の略です。 からだの機能に影響を与える保健機能成分を含む食品で、コレステロール値を正常に保つなど、体を健康に保つために用いられる食品を表示するものをいい、消費者庁によって定められています。 トクホに認定されるためには許可審査が必要で、それを通過したものだけがトクホと認められます。 ですので、ご自身の血糖値対策として、血糖値上昇抑制に効果的とされるトクホ食品を摂取することも有益といえるでしょう。 しかしトクホには摂取における注意点などが定められていたり、また服薬中の方は、薬との相互作用で体に何らかの影響や症状を生じさせたりすることもあります。 ですので、食品パッケージに表示された注意点をしっかりと把握したり、かかりつけのお医者さんに相談したりすることが大切です。 食欲を抑えるツボを知ろう 食欲を抑える方法は、食べ物や飲み物だけではありません。 ツボを刺激することによっても、食欲抑制効果があり、ダイエットにつながります。 特に、セルフでツボ押しができ、食欲抑制に効果的なのは耳ツボです。 耳の軟骨あたりにある「 飢点(きてん)」というツボには、 過剰な食欲を抑える効果があるといわれています。 このツボを、手でマッサージしたり、ヘアピンでトントンと叩くように刺激を与えたりしましょう。 ダイエットを目的とした場合、食事の15分から30分前に刺激し、毎日継続すると効果が出やすいといわれています。 ツボ押しは、手軽にいつでも簡単に出来るのでおすすめです。 近頃は、貼るだけでOKな耳ツボピアスシールなども売られており、これを貼ることで耳ツボを刺激するという方法もあります。 出典: まとめ ついつい食べ過ぎてしまう原因は、血糖値の急激な上昇にありました。 血糖値の急激な上昇を防いで食欲を抑えるためのポイントは次の4つにありました。 精製されていない炭水化物の摂りすぎに注意する• 血糖値の上昇を抑える食材をメインに摂取する• 低GI食品から食べ始めるようにし、食べる順番に気を付ける• 特定保健用食品を効果的に取り入れる さらに、耳ツボを刺激するという食欲抑制のための効果的な方法もあります。 これらをうまく組み合わせて食欲を抑え、ダイエットを成功に導きましょう!.

次の

食欲を抑えるたった3つの方法。食欲を抑えることを難しくない│スマイルダイエット

食欲 を 抑える 画像

ステップ1 たくさんのスイーツの写真を見ると、 人間の視覚は甘いものに慣れてしまって、退屈感を感じてしまいます。 ステップ2 この 甘いもの画像による 甘いものを食べたい誘惑への刺激に慣れてしまうと、 食べたい甘いものの 味が予想できるようになってきます。 ステップ3 予想される味に飽きてしまって、 実際に食べ物を 食べる時の満足度が減って、 食べる量が減る、もしくは 食べたい気持ちが抑えられるようになるのです! 何かを買おうとしてインターネットで調べた時に、いろんなサイトでめちゃくちゃ調べて、デザインなんかも画像検索でいっぱい調べている途中で「なんかもいいや、買わなくて!」と面倒臭くなって諦めたことありませんか? それと同じような現象ですね。 インスタグラムでスイーツなどの画像をいっぱい見ると、甘いものを食べたい欲求が抑えられることは、なんと 科学的に証明されているんです! 2013年にアメリカの有名私立大学「ブリガムヤング大学」の研究チームがした実験です。 222人の人に、大量の食べ物の写真をたくさん見せてから、おやつを食べてもらうという実験を行いました。 実験の結果… ポテトチップスの写真を大量に見てからポテトチップスを食べた人は、 ポテトチップスを 食べた時の満足度が減りました。 チョコレートの写真を大量に見てからチョコレートを食べた人は、 チョコレートを 食べた時の満足度が減りました。 大量の食べ物画像による刺激に人間の視覚が慣れてしまって、 食べ物に対する食欲や食べる時の満足度が減少するということを発見したのです! 本物の食べ物がそこにあるかのような高画質な画像が、今ではスマホでも簡単に撮れて、インスタグラムやその他のSNSなどインターネット上には溢れていますよね。 でも 目の前に本当にあるかのような高画質な画像に、まだ人間の感覚が追いついてないので、画像と本物のスイーツを脳が判別できないんだそうです。 だから、画像は本物じゃないのに、 高画質なスイーツの画像を見ると、まるでそこに本物のそのスイーツがあるかのように脳が錯覚してしまうんです。 その結果、 感覚退屈(感覚的に大量に受け取った刺激= スイーツなどの視覚的刺激に、脳が飽きてしまうこと)によって、 実際にやりたいこと (= スイーツを食べること) を達成した喜びが激減したり、 欲求(= スイーツを食べたい!!!!という食欲)そのものが抑えられたりするのです。 ところが、 中途半端にスイーツの画像を見るのは逆効果。 スイーツの画像を見た視覚的刺激で、脳は見たスイーツの味を予想して、目の前にスイーツを並べられた感覚になります。 でも、もちろん目の前には無いので食べられない=食べたい欲求は満たされないので増加する!するとめちゃくちゃ甘いものが食べたくなります!!! 中途半端はダメなのですっ! 大量のスイーツ画像を見ると、感覚退屈が起きる(=脳がスイーツに飽きる)ので、甘いものを食べたい欲求が抑えられるんです。 では、 「大量の画像」とはどのくらい見る必要があるのでしょうか? 大量の画像とは 数百枚見る必要があります! 数百枚っ!ドーン!!! 数百枚の美味しそうなスイーツ画像を自分で用意するのは困難ですよね。 インスタグラでなくても、 Googleの画像検索でもOKです! (Ayettaの個人的には、Googleの画像検索の方が楽でした!) やるべきことを阻害するあらゆる衝動的な欲求を抑制する方法 大量の画像を見ることで、感覚退屈(大量の刺激を受けて脳を退屈させる)を活用することで、ダイエット中の食欲だけでなく、 あらゆる衝動的な欲求を抑えることができます! 例えば、 服や靴(夏なら白のワンピースとかそれに似合うサンダルとか)が欲しくなって、買いたくなったりしますよね。 特に夜中に眠れない時とかスマホを触っていると急に思いついて、通販サイトを見てしまったり…今の時代、スマホが手元にあれば、ボタン一つで買うこともできてしまいます…(危険です) そんな時は、 スマホでとことんリサーチします! 白のワンピースと言っても様々です。 とにかく画像を検索しまくったり、 色んな通販サイトをチェックしまくったり! 一番自分の理想にピッタリで、値段も手頃なものを必ず見つけだすっ! という気持ちでリサーチし尽くします! そのワンピースを着ているイメージも白いワンピースを着こなす写真などをチェックしまくってイメージしましょう。 そうしているうちに、まぁ大抵の衝動的な欲求は、感覚退屈の効果で、別に欲しくなくなります。 または、またにしよう!と思えてきます。 文字にすると結構な時間を費やしているように見えますが、 意外とあっさり飽きることが多いです。 (多分数百枚も見てないこともある、と個人的な経験からは感じます。 Ayettaは飽きっぽいんですけどねw) のっぽさんは、新しい靴を買ったばかりだったのに、やっぱりもう一つ買おうかな、と思っていた所だったので、大量の靴写真をチェックして、通販サイトをチェックしてるうちに、買うのをやめました!.

次の