フォーレ 夢 の あと に。 フォーレ 夢のあとに

フォーレ 夢のあとに ピアニスト 近藤由貴/ Fauré: Après un Rêve (After a Dream) Piano Solo, Yuki Kondo

フォーレ 夢 の あと に

フォーレ:夢のあとに フォーレ:夢のあとに 作成日:2012-06-03 最終更新日: 有名な「夢のあとに」 フォーレの歌曲でまっ先に上がるのがこの「夢のあとに」 Op. 7-1 であろう。 歌曲としてはもとより、ヴァイオリンやチェロの演奏でも知られている。 フォーレのイメージはこの曲によって形作られているといってもよい。 まず、何といっても歌の流れが気持ちいい。 ピアノが和声を打ち鳴らす単純な伴奏形の上で、 メロディーが3連符も交えながら上ったり下ったりする。 クライマックスも計算されていて、 歌手や独奏者の気持ちがよくなる一曲である。 実際、学生時代に知り合った歌手の友人とは、私の伴奏でこの曲をよく歌った。 このメロディーが器楽的なところから、もとは器楽のために作ったのではないかとか、 メロディーが先にあって、詩はあとからつじつまを合わせるようにつけていったのではないかなどという説が唱えられるようになった。 歌詞について 歌詞は、イタリアのトスカーナ地方に伝えられる愛の詩を、 フランスの音楽家ロマン・ビュシーヌがフランス語に翻案した詩である。 大意は次の通り。 私はお前の夢を見て、幸せだった。 燃える蜃気楼のように。 お前のやさしい眼、清く響く声、明るい後光! お前は私を呼び、私は地から逃れた、お前と逃げるために。 空は雲を押し拡げた。 神の輝きだ。 ああ、悲しくも夢は覚めた。 私はお前を呼ぶ。 夜よ、お前の夢を返してくれ! 帰れ、輝くお前よ! 帰れ、神秘な夜よ! 編曲について この曲は、チェロによる編曲でも知られている。 というより、 チェロによる編曲のほうが歌曲より有名なのではないか。 名チェリストであるパブロ・カザルスによる編曲が代表的だ。 そのほか、ピアノ独奏用の編曲が複数ある。 その中ではグレンジャーやワイルドによるものが知られている。 また、ピアニスト江口玲によるピアノ、ヴァイオリン、チェロの三重奏による編曲がある。 弦楽合奏編曲 YouTube に、弦楽合奏編曲の譜面が出ていた。 ただ、音がいかにも MIDI で出しましたという感じの、少し冴えない音符だった。 わたしがこの譜面を少ししつらえ(ニ短調をハ短調にしたほか、少し修正)、弦楽器の仲間に弾いてもらったが、 よいともわるいとも感想がなく、結局ボツになった。 1st だけにメロディーが、2nd より下が伴奏という形態のため、 たぶんみんなつまらなかったのではないかなと予想する。 だとすると編曲の腕に問題があるということがいえそうだ 2019-07-01。 > > > 夢のあとに MARUYAMA Satosi.

次の

フォーレの楽曲一覧

フォーレ 夢 の あと に

フォーレ:初期歌曲 フォーレ:初期歌曲 作成日:1999-12-11 最終更新日: はじめに フォーレは多くの歌曲を書いた。 初期の甘い歌曲から中期の力強い歌曲、後期の枯れた歌曲と 変化に富んでいる。 この項では初期の歌曲の代表作を取り上げる。 ここで初期というのは1885年までを指すこととする。 蝶と花 Op. 1-1。 蝶と花( Le papillon et la fleur)はフォーレの初の公式作品である。 詩はヴィクトル・ユゴー( Victor Hugo)。 彼の特性はまだほとんど表れていない。 心地よい曲である。 五月 この「五月( Mai)」 Op. 1-2 では、さわやかで喜びあふれる五月が淡々と歌われる。 詩は前曲と同じくユゴーのものである。 転調の妙は後期のものには及ばないが、 それゆえの素直さがむしろこの曲の内容にとって好ましい。 旋律の繰り返しは単純である。 僧院の廃墟で Op. 2-1。 僧院の廃墟で Dans les ruines d'une abbaye もユゴーの詞である。 旋律は「ソドレミ」であり、聴きやすい。 なお正確なリズムはソードドーレレーミミーー。 そんな中にも軽い転調の魅力がある。 船乗り Op. 2-2。 アルペジオは素朴で、「ネル」と同じ種類だ。 素朴な味わいがある。 孤独 Op. 3-1。 孤独 Seule も、ゴーティエの詞による曲である。 同じ節とリズムが繰り返される。 伴奏の低音は後うちであるが、安定している。 トスカナのセレナード Op. 3-2。 歌とピアノの対話が、マンドリン風の伴奏で奏でられる。 この旋律は、ピアノ四重奏曲第2番第1楽章の冒頭に似ている。 漁師の歌(悲歌) Op. 4-1。 暗い気分が支配する。 イタリアの歌曲のようだ。 シュミーゲの歌はすばらしい。 声質からまさにぴったりという感じだ。 朗唱というスタイルがよく合っている。 リディア 「リディア Lydia 」 Op. 4-2 は、ル・コント・ド・リール Leconte de Lisle の詩。 リディアという名前の少女を愛でる歌である。 おそらく意識してのことだろうが、 フォーレはこの歌にリディア風の旋法を採用した(完全なリディア旋法ではない)。 この旋法のおかげで、フォーレ固有の色気が出てくるのだ。 そしてもう一つ、 16小節と34小節に出てくる、 第1拍と第3拍の三連符がなんともいえぬいい味を出している。 この三連符の使い方は、 ピアノ四重奏曲第一番の第二楽章のスケルツォに通じるものがある。 秋の歌 秋の歌( Chant d'automne、Op. 5-1 は、 シャルル・ボードレール Charles Baudelaire の詩による。 思わせぶりな序奏は、いわゆるシャンソンの節回しを感じる。 後の「秋」よりは、少し軽い。 転調したあとは、アルペジオの幅が広くなり、音価も半分になり、より豊かになる。 5-2 は、ユゴーの詩による。 この詩の原題は、「そんなすてきな芝生があれば」( S'il est un charmant gazon であるが、 出版社がこの名前に変更した。 素直な作品である。 いなくなった人 いなくなった人( L'Absent、Op. 5-3 は、ユゴーの詩による。 伴奏の係留音が、静かな不安をかきたてる。 大意は「道、谷、丘、森、訪れた人はもう来ない。 主人は私の知らない所にいる。 犬が守る家には誰もいない。 波は牢獄から棺を運んできた。 」 朝の歌 Op. 6-1。 曲を通して、ほぼ同一で、中音部から高音にかけての連打音型が、 朝の清々しさを描いているようだ。 悲しみ Op. 6-2。 伴奏はリズムとメロディーを受け持ち、 声のメロディーと絡んで曲を盛り上げる。 シルヴィ Op. 6-3。 屈託のない、細やかな伴奏音型が、爽やかさをもたらす。 リンク先を参照してください。

次の

フォーレの歌曲「夢のあと」対訳

フォーレ 夢 の あと に

フォーレ:夢のあとに フォーレ:夢のあとに 作成日:2012-06-03 最終更新日: 有名な「夢のあとに」 フォーレの歌曲でまっ先に上がるのがこの「夢のあとに」 Op. 7-1 であろう。 歌曲としてはもとより、ヴァイオリンやチェロの演奏でも知られている。 フォーレのイメージはこの曲によって形作られているといってもよい。 まず、何といっても歌の流れが気持ちいい。 ピアノが和声を打ち鳴らす単純な伴奏形の上で、 メロディーが3連符も交えながら上ったり下ったりする。 クライマックスも計算されていて、 歌手や独奏者の気持ちがよくなる一曲である。 実際、学生時代に知り合った歌手の友人とは、私の伴奏でこの曲をよく歌った。 このメロディーが器楽的なところから、もとは器楽のために作ったのではないかとか、 メロディーが先にあって、詩はあとからつじつまを合わせるようにつけていったのではないかなどという説が唱えられるようになった。 歌詞について 歌詞は、イタリアのトスカーナ地方に伝えられる愛の詩を、 フランスの音楽家ロマン・ビュシーヌがフランス語に翻案した詩である。 大意は次の通り。 私はお前の夢を見て、幸せだった。 燃える蜃気楼のように。 お前のやさしい眼、清く響く声、明るい後光! お前は私を呼び、私は地から逃れた、お前と逃げるために。 空は雲を押し拡げた。 神の輝きだ。 ああ、悲しくも夢は覚めた。 私はお前を呼ぶ。 夜よ、お前の夢を返してくれ! 帰れ、輝くお前よ! 帰れ、神秘な夜よ! 編曲について この曲は、チェロによる編曲でも知られている。 というより、 チェロによる編曲のほうが歌曲より有名なのではないか。 名チェリストであるパブロ・カザルスによる編曲が代表的だ。 そのほか、ピアノ独奏用の編曲が複数ある。 その中ではグレンジャーやワイルドによるものが知られている。 また、ピアニスト江口玲によるピアノ、ヴァイオリン、チェロの三重奏による編曲がある。 弦楽合奏編曲 YouTube に、弦楽合奏編曲の譜面が出ていた。 ただ、音がいかにも MIDI で出しましたという感じの、少し冴えない音符だった。 わたしがこの譜面を少ししつらえ(ニ短調をハ短調にしたほか、少し修正)、弦楽器の仲間に弾いてもらったが、 よいともわるいとも感想がなく、結局ボツになった。 1st だけにメロディーが、2nd より下が伴奏という形態のため、 たぶんみんなつまらなかったのではないかなと予想する。 だとすると編曲の腕に問題があるということがいえそうだ 2019-07-01。 > > > 夢のあとに MARUYAMA Satosi.

次の