愛媛 コロナ 感染 者。 愛媛県で初感染者は伊予銀行愛南支店の40代女性で自宅や勤務先・接触者など

【愛媛県】コロナウイルス感染者受け入れ病院はどこ?感染症指定医療機関は?|ふぅららら

愛媛 コロナ 感染 者

本日、新型コロナウイルスの感染者が愛媛県でも発見されたとのニュースがありましたが、少し前から、愛媛県では騒ぎになっていて、それがニュースになって全国に知れ渡ったって感じですけど、愛媛県最大の人口である松山市ではなく、愛南町っていう、愛媛の南予地方の更に南の方の凄い田舎町で、初の新型コロナウイルスの感染者が出たってのが最悪の状態です。 しかも、この感染者、伊予銀行って愛媛最大の地方銀行に勤めていたらしく、40代の女なんですけど、この歳になっても、今の状況を理解できず、大阪のライブハウスにいって新型コロナウイルスに感染したらしく、その後は東京にも来ているとかで、同じバスに乗っていた乗客も感染している疑いがあるでしょうし、本当に、馬鹿すぎて同情する余地は全くありません。 東京の人は理解できないかもしれませんが、愛媛の愛南町というのは、何かあれば一斉に噂が広まり、そこから愛媛の南予地方にすぐに新型コロナウイルスの感染者がいて、バカ女が大阪のライブハウスで感染して、愛媛に新型コロナウイルスをばらまいているってなる訳で、今は松山の病院に入院しているらしいのですが、もう、地元に帰れば村八分確定になります。 愛媛県の愛南町で新型コロナウイルスの感染者?村八分確定。 情報では、武漢で新型コロナウイルスで苦しみながら死んでいった人たちは異なり、この馬鹿な女は症状が出ていないらしく、その状態で今は病院のベットで治療を受けているので、平和なのかもしれませんが、もう、愛南町だけはなく、その周辺の南予地方では、すべての情報が特定されて、尾ひれが付きまくってネットや口コミでこの馬鹿な女の話が広まっているそうです。 田舎はそういうのがありますし、なんの落ち度もなくて、不可抗力で新型コロナウイルスに感染したのでしたら、まだ同情もされるのでしょうけど、流石にこの時期に以前から危険と言われていたライブハウスに行って新型コロナウイルス感染をして、その後に東京に行って新型コロナウイルスをばら撒き、愛媛の愛南町でも新型コロナウイルスをばらまいていた訳です。 70歳以上の高齢者が次々に死亡している新型コロナウイルスですが、それを知っている田舎の愛南町の人たちが、黙ってこの馬鹿な女を見逃すはずがなく、愛南町の友人に聞いてみたら、もう、村八分確定で、自宅も名前も特定されているので、病院を退院した後、どうなるのかわからないし、他の人に感染させていたら、ただではすまいだろうなって話してました。 愛南町の温泉にはよく行っていたので本当に残念です。 愛媛の愛南町には、ゆらり内海って温泉があって、須ノ川って海水浴場のすぐ近くにあるんですけど、この付近は高知県に車で移動するときの通り道でもあるので、よく、このゆらり内海にはお邪魔していて、温泉に浸かった後は、2階の飲食フロアで食事をして、ゴロゴロとした後、車でまた、100キロとか1000キロとかの距離を運転していたので本当に懐かしい場所です。 ゆらり内海のスタンプカードは今でも財布の中に入っていますけど、相当な回数行っていますし、食事をするのが楽しみでしたし、温泉自体は小さいのですが、海の水を使った変わった温泉があるし、あまり混雑もしてないので、結構隠れ家的な温泉だったんですけど、多分、今回の新型コロナウイルスの騒動で、このゆらり内海も閉鎖というか営業できなくなるのでは? 田舎は、人のつながりが強く、今回の新型コロナウイルスの感染者が出たとなると、その家には回覧板すら回してくれなくなりそうですし、今回の感染した理由があまりにもふざけているので、今後は村八分状態で、多分、愛南町には住めなくなるのでは?と思うんですけど、万が一、感染者が愛南町でガンガン広まった場合、家に火をつけられてもおかしくありません。 新型コロナウイルスは安全な優しいウィルスですって、当初から日本政府は発表していましたけど、次々と重体や死亡者が出ている状態で、今の時期にわざわざ感染しに行き、それをばらまいているとしか思えない振る舞いの中、愛南町のような田舎で新型コロナウイルスが爆発的に広まった場合、もう、パニックどころではなくなるってことすら理解できないのでしょうね。 よろしくおねがいします。 表示数• - 326,520 views• - 123,452 views• - 103,565 views• - 102,395 views• - 83,120 views• - 83,049 views カテゴリー• 128• 224• 193• 300• 133• 179• 143• 303• 200• 126• 149• 198• 192• 170• 154• 113• 133• 1,396 メタ情報• Proudly powered by Theme: Yoko by.

次の

愛媛県庁/新型コロナウイルス感染(県内5事例目~6事例目)の確認に関する記者発表の要旨について

愛媛 コロナ 感染 者

【関連記事】• 新宿区内のホストクラブで感染が広がっているとして、区が従業員らの集団検査を進めており、55人のうち12人はこの集団検査で判明した。 ホストクラブでは従業員が共同生活することも多く、リスクが高いという。 さらに最近表面化してきたのが企業での集団感染だ。 24日は9人が同じ人材派遣会社の従業員だった。 この職場では既に7人の感染が確認されている。 小池百合子知事は「職場もクラスターになる。 オフィスのあり方も改めて確認してほしい」と強調した。 政府は感染拡大を防ぎつつ企業活動を再開するため、テレワークやオンライン会議を引き続き促している。 ただ、対策が不徹底の職場は少なくないとみられる。 首都圏の朝のピーク帯の駅利用が感染拡大前の6割にまで戻るなど出社する人も増えており、職場での感染リスクが高まる恐れがある。 休業要請などを再実施する上での明確な数値基準は、今のところ示されていない。 都は現在、東京アラートの見直しを進めている。 注意を呼び掛ける新たな方法や基準を再検討しており、まとまり次第公表する。 明確な基準に基づいて早期警戒を強め、第2波を防ぐことが重要だ。 海外では既に規制再強化の動きもある。 ドイツ西部のノルトライン・ウェストファーレン州政府は23日、食肉加工工場で従業員1500人以上の集団感染が確認された同州の一部の郡をロックダウン(都市封鎖)すると発表した。 スペイン北東部のアラゴン州でも22日、農場で働く労働者などに感染が広がり、再び制限が強化された。 商店やレストランで一度に入れる客の数を規制するほか、ナイトクラブや子供の遊び場も閉鎖する。 AFP通信によると、ポルトガルでも首都リスボンと近郊で再び行動制限を強化した。

次の

新型コロナウイルス感染症に関する情報について 松山市公式ホームページ PCサイト

愛媛 コロナ 感染 者

牧病院で起きた新型コロナウイルスの集団感染について説明する牧徳彦院長=14日午後、松山市藤原2丁目 愛媛県松山市菅沢町の牧病院で明らかになった県内医療機関で初の大規模な集団感染。 これまで職員や入院患者らと家族1人を含む計20人の新型コロナウイルス感染が確認され、14日に市内で会見した牧徳彦院長は、感染拡大を防ぎたいと苦渋の表情を浮かべた。 ただ、現場の負担は増し、感染不安も大きい。 精神保健福祉の関係者からは差別を警戒する声も聞かれる。 牧病院は1階に心療内科や精神科、内科の外来を設け、2~5階の4病棟に計182床を有する。 集団感染が起きた2階病棟は高齢者が中心で感染者は主に70代以上。 陽性の看護職員らを含め、2週間以内に県外を訪れた人はいないといい、関係者は「感染源特定は簡単ではない」とみる。 牧院長によると、院内に3月、臨時の感染予防対策委員会を設置。 県内で感染者が出て以降は面会や外出外泊、他科受診などを原則禁じ、緊急事態宣言発令後は入院患者らの作業療法も密集しないよう人数を制限していたという。 定期的な換気や消毒にも取り組んできたと強調したが「構造上、窓を全開にするのは難しく、ドアや鍵が多い」と苦悩をにじませた。 精神科の感染拡大制御に詳しい一般社団法人「精神科領域の感染制御を考える会」代表理事の山内勇人医師(大分県佐伯市、四国中央市出身)によると、精神科の病棟は一般的に構造上開放的ではなく、ウイルスが侵入するとまん延しやすい。 「精神疾患のある患者の多くは手洗い、消毒、マスクなど自己の衛生管理が難しい」とも。 風邪などの症状があっても訴えることが苦手な人も多く、外出などの行動が制限されるとストレスになり、症状が悪化するケースもあるという。 牧病院は感染拡大を防ぎながら入院患者を診療するという困難な対応を迫られる。 陰性だった患者は病棟を移り「環境の変化による深刻な影響はまだ感じられないが、先が見えないと非常に不安を感じると思う」と牧院長。 陽性の入院患者を感染症指定医療機関などに転院させるには、精神的な動揺や不安を抑える必要もあり、対応に努めるとした。 休止した外来診療でも不安を強めている患者がおり、電話による説明や再診対応などでケアしているという。 集団感染が起きた2階病棟の職員が自宅待機となったことで、残る職員の負担が増した。 中には「自分が家族に感染させてしまうのでは」と心配し「辞めたいと言っている人も」(牧院長)。 車内で寝泊まりする職員もおり、病院は敷地内に宿泊場所を確保した。 牧院長は「この状況が長く続いたり、新たな感染が出たりすると非常に厳しい」と吐露。 「残る全ての患者のPCR検査も考えるべきかどうかなど関係機関に協議してもらっている。 意見を伺いながら対応を進めたい」と述べた。 地域で暮らす精神障害者を支援する松山市のNPO法人「どんまい」の谷本圭吾理事長(63)は、運営するグループホームや就労継続支援B型事業所の利用者の中に牧病院への通院者がいるとし「精神的なストレスを軽減し、しっかりとフォローしたい」と話す。 今回の事例で懸念されるのは精神障害者への差別助長や風評被害だとし「今は助け合わないといけない時。 感染者や家族、病院、事業所への攻撃はやめてほしい。 不安定な状況だからこそ、健康な人も障害のある人もみんなで協力してできることをやっていかなければならない」と訴えた。

次の