ロバート・レッドフォード。 『明日に向って撃て!』が出会わせた、ポール・ニューマンとロバート・レッドフォード :3ページ目|CINEMORE(シネモア)

劣化?ロバート・レッドフォード、カツラで若返り&肉体美は80歳でも健在! くまのプーさん90才老化の爆笑動画 : 海外セレブから学ぶ テストに出ない英語☆おもしろスラングリッシュ☆

ロバート・レッドフォード

雄大なモンタナの大自然を舞台に、傷ついた少女と馬の癒しと再生、男と女の切ない愛の交わりを、美しい映像で綴っていくドラマ。 監督・製作・主演はハリウッドを代表する名優ロバート・レッドフォード。 「クイズ・ショウ」に続き、これが監督第5作目となる。 共同製作はパトリック・マーキー。 製作総指揮はレイチェル・フェファー。 脚本は「ポストマン」のエリック・ロスと、「フィッシャー・キング」「マディソン郡の橋」のリチャード・ラグラヴェニーズ。 原作はニコラス・エヴァンスのベストセラー小説。 撮影はオリヴァー・ストーン作品で知られるロバート・リチャードソン。 音楽は「ショーシャンクの空に」のトーマス・ニューマン。 美術はジ… 恋愛.

次の

ロバート・レッドフォード出演のおすすめ映画12選

ロバート・レッドフォード

ロマンスグレーの目鼻立ちのハッキリした、往年のイケメン俳優ロバートレッドフォード氏。 1980年から映画監督をされていて2012年まで20本モノ作品に携わって居ます。 ドラマ部門では2013年に「オール・イズ・ロスト~最後の手紙~」で俳優として最高のゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた、現役俳優と云えます。 アメリカ出身、1936年8月生れの79歳です。 映画祭では世界規模のインデペンデント映画祭が毎年開催され、彼は主催者のようで素晴らしい位置に居られています。 ウィキペディア情報では、「ブラットピットさんが尊敬する二人目の父親のような存在」らしいです。 映画を作りながらも、1990年にはレストランをオープンしていて、先を見越していたのが解ります。 そんなロバートさんのレストランの内部をお見せします。 ゆったり広い空間にボックスと家族連れに対応の円テーブルで、明るい色合いに気取りのない感じが好感持ちます。 壁には、いかにも芸能人らしい仲間の俳優さんやアーティトのショットがビッシリ飾られていて、友人・知人の多さに人と成りを感じます。 場所的にも、セレブの住人が多いらしく沢山訪れるようです。 そして、 フレンチはカラフルな野菜がたっぷりで美味しそう。 出典: トマトの赤や黄、そしてキュウリの緑や紫キャベツなどの彩りが目にも美しく、食欲をソソリます。 ほかにも、野菜タップリのとても分厚いハンバーガーもあるようで、女性は食べ辛いとは思いますが、食べたいと思えば何としてでも頂くのでしょうね。 写って居た大きな黄色いトマトって、日本にもあるのかな?と調べてみました。 〇黄色いトマト 出典: 野菜ソムリエ様のブログのようです。 柿にソックリな色ですが、間違いなくトマトですね。 コチラが一番リアルに確認できました。 貴重な画像を有り難う御座いました。 小さい時、深夜に古い映画やドラマを遣って居たように思いますが、一度見たら忘れないキレイなお顔をしていたようです。 皆の心に残る俳優さんで、精力的にゆったり歩んでいるのが笑顔に表れていて素敵です。 zoomparkcity. レストラン店名は、如何にもカメラに向かう俳優さんらしいネーミングです。 (文・tomatoberry).

次の

ロバート レッドフォードとは

ロバート・レッドフォード

新旧ハリウッドの攻防 しかし、映画化は難航を極めた。 時代はすでにニューシネマなのに、未だ大開拓時代の残像を引きずるハリウッドメジャーの歴々たちは、まず、この"第2の人生"に待ったをかけてきた。 「ジョン・ウェインならば西部を逃げ出したりしない」というロジックで。 そこで、ゴールドマンは脚本をほんの少しだけリライトすることで、重役たちを納得させる。 そして、もう1つ、製作者たちを悩ませたのは、ビリング 序列 の問題だ。 なぜなら、製作開始前、スティーブ・マックイーンとポール・ニューマンが同時に出演を承諾していて、当時の人気度を鑑み、マックイーンが演じることになっていたサンダンスの方を前に持ってくるのが自然だったからだ。 映画の冒頭、序列では上とされる左側にマックイーンの名前が表示され、ニューマンの名前は右側の、上下序列では上にあたる少し上部に配置されるという苦肉の策が取られている。 レッドフォードを強く推薦したニューマン マックイーンに代わってサンダンス役に起用されたのがロバート・レッドフォードだった。 レッドフォードの起用を強く望んだのはニューマンだ。 彼は相手役にスターではなく、アクターを求めた。 レッドフォードをニューマンに推薦したのは妻のジョアン・ウッドワードだったという説もあるが、ニューマンとレッドフォードは共にブロードウェーで俳優人生をスタートさせた東部出身者。 ニューマンが2人の間に生まれるハリウッド俳優とは異なるケミストリーを期待したことは容易に想像がつく。 しかし、蓋を開けてみたらケミストリーどころの話ではなかった。 彼らの関係は譲歩と敬意に始まり、やがて、撮影中のジョークの応酬とオンオフに関係なく飲み干されるアルコールの影響もあって、気が付くと、お互いかけがえのない関係になっていた。 そのプロセスを実際のエピソードを交えて紹介しよう。 まず、レッドフォードは自発性を重視してニューマンとのリハーサルを頑なに拒んだが、相手へのリスペストを優先して譲歩。 また、走る列車の屋根の上を進行方向に向かって走るシーンも含めて、すべてのスタントを自らやりたがったレッドフォードだが、ニューマンに「誰も英雄は求めてない。 俺は共演者を失いたくないんだ」と説得されて、ここでも譲歩。 何かにつけて若造ぶりを露呈するレッドフォードに呆れながらも、徐々に愛着も感じ始めていたニューマンは、レッドフォードが左利きだったことから、映画のタイトルを『Waiting for Lefty』に替えてはどうかと、監督のジョージ・ロイ・ヒルに提案したこともあった。 『Waiting~』はニューマンがかつて師事したアクターズ・スタジオの創設メンバー、リー・ストラスバーグ等と共にメソッドを発見したアメリカ演劇界の重鎮、クリフォード・オディッツによる舞台劇。 内容は、皆が待ちわびる左利きが遂に最後まで現れないという不条理劇だ。 それが、意気揚々と撮影に臨んだレッドフォードを揶揄していることは言うまでもない。 勿論、レッドフォードに舞台の知識があることを前提にしたジョークである。

次の