艦これ夏イベ 2020 e2。 【2020梅雨・夏イベ】E5 甲 攻略【南方戦線 島嶼海上輸送作戦】

艦これ2020夏イベ E7丙(前半)

艦これ夏イベ 2020 e2

コメント一覧• 検証が全部終わってからじゃないと手が出せなくなる。 後段が南方なのは事前に知られていたから下調べしておけば回避できた罠なんだけどね。 1で、 大鳳は村田積みの強特攻じゃないの?• 特攻艦が確定したらE4に行こう。 なお鯨・・・• 今日もめがねを叩き割る堀が始まる・・・• 乙は特効無しでイケる難度だから区別はできてる訳だ。 まじつまんねーげーむになっちまったなぁ。 甲クリアを続けることでモチベ維持してる層はそう簡単にできないんよね。 人権装備とかちょいちょいあるしね。 特効有ると有利と言うより無いと勝てないバランスは止めて欲しい。 難易度関係ないぞ 戦艦のフィット緩和のための指輪と、いろいろ積める増設の方が関係ある• それで甲限定とは言え札9枚はアホ過ぎる。 もう文句つけて愚痴垂れる為に理屈すらムチャクチャになってない? 甲だと遊びを入れる余地がないっていうならまるゆだの明淀だの変態縛り連中はなんなんだよ。 あそこまでじゃなくても「本当に好きな艦」を一隻二隻混ぜる程度なら出来るってことだろ。 先行勢の情報がなければ無駄に札ついて詰む。 せめて難易度変更で札解除とかボス到達した艦だけ札付与とかじゃないときつい。 母港(金)とサブ育成(時間)をかければかけるだけ限度はあるにしても余裕が作れるから 一般的なソシャゲブラゲのような無課金でも時間さえかければ十二分に最高難易度クリア出来ます が通用しない課金ゲーだってだけの話よ。 4近くになるので、大鳳特効でなく村田特効かなー スロ的に大鳳が優秀なのは変わりない 五航戦の検証がまだだから、e4瑞鳳みたいに史実個別特効あれば、そっちが優先になりそう 931特効みたいに重複させれないのが難点だな• 配信はDMMでもDL. siteでもsteamでもいい。 買うよ。 大鳳とサラトガ使いたいけど、使っていいもんかどうか…。 もうちょい情報出るまで待ってみようかな。 先月実装したこのキャラの完全上位互換だよ。 今回イベント特効だよ。 このキャラいないとイベント最高難易度実質クリア不可だよ』 ってやるじゃん?それと同じよ• 史実無視の特攻艦だったら運営の姿勢を疑う。 というか札含めてシステムを見直してくれませんかね?末期のソシャゲみたいに制限ばっか増えて面倒になってるだけなんだけど。 でもモチーフとなる海戦は事前に教えないよ。 前のステージとかぶってる艦もあるけど、札システムで同時には出せないよ。 ボスと戦いたかったらあっちでS勝利2回してこっちで航空優勢とって・・・色々頑張ってね。 ヒントは出さないよ。 緩やかな繋がりでプレイヤー同士で頑張って。 新艦は頑張ってボスでS勝利してね。 でも100回掘っても出ないかも。 頑張って。 これは面白いやろなぁ• まあ病気レベルの呪いにかかってなければ、身の丈に合ったレベルでさっさと突破して、掘りに移行したほうが幸せだろうなぁ。 ので、凄くきつかったがE4を黒サラ抜きで突破したんだけど、大鳳は誰も想像できんわ……• ここまで控えてたけどE4ラスダンで足柄とともに出撃させるか• 攻略サイトで大鳳やら切っていることに 疑問も持たずに切っちゃう方が雑だったんでは。

次の

【艦これ’20梅雨・夏イベ】侵攻阻止!島嶼防衛強化作戦 まとめ

艦これ夏イベ 2020 e2

26x 矢矧, 霞, 涼月, 雪風, 浜風 — 1. 36x 初霜改二 — 1. 43 3回 T 矢矧改 — 1. 47 11回 浜風乙改 — 1. 39 4回 雪風改 — 1. 43 4回 — Dewy 柱島泊地 dewydrops• 出撃制限札があるので起用するかは慎重に判断して欲しいですが、オススメは北上改二。 雷撃による道中安定に加えて夜戦での火力も高くS勝利に大きく貢献してくれます。 1隻しか育てておらず、今後乙以上の難易度で攻略する場合は起用は保留した方が良いかもしれません。 E-2海域クリアにおいて必須というレベルではありません• バナーに掲載されいてる雪風は温存した方が良さそう 基地航空隊 例:道中対策(画像例)• 甲・乙で陸戦を入れる場合は射程を伸ばす必要があるので注意 難易度別海域突破ボーナス 甲• 新型砲熕兵装資材x3• 後期型53cm艦首魚雷 8門• 補強増設x2• 特注家具職人 乙• 新型砲熕兵装資材x2• 天山 九三一空• 後期型53cm艦首魚雷 8門• 補強増設• 特注家具職人 丙• 新型砲熕兵装資材x2• 補強増設• 特注家具職人 丁• 九七式艦攻 九三一空• 補強増設• 特注家具職人 いつも参考にさせていただいております。 今回もよろしくお願いいたします。 NからOに行くかPに行くかは高速統一のほかに、史実艦や駆逐艦の数も関係しているのかもしれません。 今回の編成は以下の通りです。 第一:Zaradeu、大和改、涼月改、千代田航改二、赤城改二、大鳳改 第二:北上改二、羽黒改二、加古改二、矢矧改、大潮改二、初霜改二 ボスではS勝利が取れ、雪風がドロップしました。 二隻目のサラトガドロップ目指して、E3以降に影響を及ぼさない範囲で編成変えるなどして進めていきたいと思います。

次の

艦これ夏イベ(E2)甲!(きつかったら乙)

艦これ夏イベ 2020 e2

前回はイベント予想の記事を書かせていただきました。 が、 盛大に外したの発売により情報が大幅に増えたため、再度予想を組み直して記事にすることにしました。 というわけで20梅雨・夏イベの各海域を予想していきましょう。 前段作戦予想図• イベントに関する内容は以下の通りでした。 護衛部隊や戦隊、機動対潜掃蕩部隊などを中心に。 特に前段の流れと後段の最終海域がわかったことが大きいです。 それぞれ詳しくは前回までの情報とも併せて考えていきましょう。 前回までの情報 の情報量が非常に多かったためにほとんどの情報は上書きされてしまいましたが、前回までの確定情報もおさらいしておきましょう。 ・実装 ・薄雲実装? ・伊47実装? ・or実装? ・小笠原が前段深部に重なる ・後段に備えて三日月が大発装備可能に 実装予定艦の? が取れましたね。 それからで挙がらなかったのは三日月のことくらいでしょうか。 これがE1のモチーフになるものと考えられます。 特に「松」の最後の通信を受けている「第四号」の可能性が高いです。 三日月がソロモン方面で活動していた時期は43年の6月以降であり、42年の南太平洋海戦と時系列的に近い海戦には参加していません。 その後やに参加していますが、これらがモチーフになるとすると、前回の記事で考察した通り、他の改に大発が搭載可能になっていないことが不自然です。 結果やはり三日月沈没時の~ツルブ間の輸送任務がモチーフになると考えられ、E7がの南太平洋海戦であることを考慮するとこれがE5になるのではないでしょうか。 との間にはがあり、この作戦をE6にするとストーリー的にE7に繋げるのが難しくなります。 E5が前述の通りだとすると、地図上でE5とE7の間にが挟まります。 特に第三次第二夜戦 Atlantaの戦闘は第一夜戦 では霧島とSouth Dakotaの殴り合いで有名で、装備図鑑の16inch砲Mk. 6のページもこの戦闘についての説明となっています 南太平洋海戦に参加していたことにも言及はされています。 よって、E6は南太平洋海戦に時系列的に近い飛行場砲撃や第三次を中心としたの戦いがモチーフになるのではないでしょうか。 E7のモチーフは「南太平洋海戦」ということで間違いないでしょう。 この南太平洋海戦で沈没したのは日米合わせても空母「ホーネット」と「ポーター」のみであり、「ポーター」の沈没原因は味方機救助中の事故なので、この海戦における主役と言える存在はやはり「ホーネット」であるように思います。 この戦闘は航空戦が主であり、「South Dakota」は艦艇と直接的な戦闘を行っていないため、主役とは言い難いものがあります。 やはりE7で報酬艦にするとしたら「ホーネット」なのではないでしょうか。 海域予想 以上の内容をもとにイベント海域を予想していきます。 まずはほぼ確定の情報だけを用いて書きます。 E1 北海道北部・千島方面 報酬「薄雲」 E2 不明 E3 不明 E4 スカベンジャー作戦 輸送 報酬「松」 E5 不明 E6 不明 E7 南太平洋海戦 思った以上にスカスカになってしまいました。 では次に、筆者の意見を多分に含めた海域予想を書きます。 E1 北海道北部・千島方面 小樽~付近 ボス:潜水棲姫 報酬「薄雲」 E2 九州・沖縄方面 呂号作戦輸送・九州沖航空戦 輸送ゲージ・戦力ゲージ 掘り:伊47 E3 不明 小笠原・・方面? E4 小笠原近海 スカベンジャー作戦 輸送 輸送ゲージ 輸送連合? ・戦力ゲージ 報酬:「松」 掘り:「第四号」 ボス:新深海姫級 松モチーフor松を撃沈した・群 E5 ~ツルブ輸送 輸送ゲージ E6 飛行場攻撃 戦力ゲージ・戦力ゲージ 掘り:「South Dakota」 ボス:戦艦水鬼改・棲姫 E7 南太平洋海戦 戦力ゲージ・戦力ゲージ 報酬:「Hornet」 掘り:「South Dakota」 ボス:新深海姫級 Hornetモチーフ 前段作戦予想図 E1はかなり明確にわかったように思います。 「薄雲」の足取りを追うような海域になるのであれば海域マップまでおおよそ見当が付きます。 E1 E2の呂号作戦は簡単に言えば沖縄方面への兵員輸送作戦です。 日本近海の防衛の強化という前段のテーマに合致しており、日本近海の"南西"と言えば九州~台湾の間を指すと思われ、それとも合致します。 なお、この作戦はで調べても出てきません 南方の「ろ号作戦」とは違います。 第十一戦隊や、当時の構成艦のページにしか記述が無く、実際大した戦闘が起きたわけではないので単体でモチーフにするのは厳しそうですが、九州沖航空戦などと絡めれば十分なボリュームになりそうです。 また、呂号作戦は戦隊によって行われた輸送作戦なので、の"戦隊"という記述とも符合します。 また、この作戦の帰りに「長良」が鹿児島~間で潜水艦「クローカー」の雷撃を受けて沈没しており、その辺りは「伊47」の沈む沖ともさほど離れていません。 このうち「迅鯨」は作戦中に潜水艦「スキャバードフィッシュ」に雷撃を受けて航行になり、からすぐ西の瀬底島へ曳航され、その後空襲で沈没しました。 では少し先、"「」が複数揃ってから" "「潜水艦隊群システム」"を実装するとも語られていました。 大鯨以外のの実装が示唆されており それがこの梅雨・夏イベかは不明ですが 、もし今回実装されるのあればこのE2なのではないでしょうか。 E2 E3がどうしても不明ですね。 南西方面をもう1海域やるか、E4の前段階としての空襲や周辺の戦闘をやるのかが絞り切れません。 南西方面のモチーフ候補としては、南号作戦や北号作戦、呉空襲などがあります。 E4では"機動対潜掃蕩部隊"、つまりを含んだ対潜部隊を用いると考えられます。 を用いた輸送を用いる可能性もあります。 まずその部隊で前路哨戒・への輸送を完了させた後、接近する敵機動部隊を迎え撃つ形になるのではないでしょうか。 モチーフでは「松」はこの機動部隊から分派された3隻・12隻の部隊と戦って沈められているため、そういった敵艦隊が現れる可能性も考えられます。 E4 後段作戦予想図 E5は~ツルブの輸送作戦と予想しています。 これは三日月が大発搭載可能になり、これが後段に備えたものであるという運営アナウンスがあったためです。 「三日月」の参加した作戦の中からだと、消去法でこの輸送作戦が残ります。 この作戦では「三日月」が「」とともにからツルブへと輸送を行い、その途中で二隻とも、その後沈没しています。 この通りのモチーフであれば「」の実装もあるでしょうか。 これだけだとかなり小規模 E1程度? の海域になってしまうので、など他のモチーフを絡めてくる可能性も考えられます。 E5 E6は飛行場への砲撃が主題かと考えました。 第三次もこの一環であり、飛行場砲撃のために出撃した「比叡」や「霧島」をはじめとする艦隊とカ艦隊が衝突した海戦です。 飛行場への砲撃にはが大きく貢献しており、ここをモチーフにすれば"、特に夜戦火力の大きく向上した比叡改二丙が縦横無尽に活躍"というコンプ情報に合致します。 比叡改二丙の夜戦火力が大きく向上するのは対水上艦の場合であり、飛行場への攻撃だけでは夜戦火力を発揮しきれません。 霧島とともに通常艦隊に編成して「South Dakota」モチーフの深海棲艦と殴り合いを行うようなことがあれば、その火力が存分に活かされることでしょう。 E6 E7は最終海域、南太平洋海戦です。 機動部隊同士の航空戦であり、でも"機動部隊同士の一大決戦"と書いてあるのでしっかりとした機動部隊を運用できるのではないでしょうか。 19秋E5-2……うっ頭が 史実ではこの時の日本の部隊は「機動部隊本隊」「機動部隊前衛部隊」「補給部隊」「前進部隊」に分かれていました。 前進部隊はこの作戦の目標である攻撃を予定していましたが、陸軍による総攻撃の延期など諸々の事情で取りやめ、前衛部隊とともに航空戦後の追撃戦を行いました。 この海戦の結果、日本は空母「Hornet」撃沈などの戦果を上げつつも多数の艦載機搭乗員を失い、当初の目標であったの占領にも失敗しており、日本の戦略的敗北という評価がなされています。 このモチーフを最終作戦海域にするのであれば、の制圧 飛行場の破壊ではなく島全体を制圧したいため、普段と違ってハードスキンかも? のようなギミックがあるかもしれませんね。 E7 4. 史実艦 では、海域が予想の通りになると仮定して史実艦を書き出していきましょう。 時期や場所の関係上当然のことなのですが、E6とE7の被りがすごいですね。 単に同じ部隊の連続した作戦によるものなので、もしこの通りに海域が実装されるのであれば、E6とE7の札は全部、もしくは一部共通になるのではないでしょうか 実際どうなるかなんてわかりませんが。 E7では、特に秋雲と巻雲が動けなくなった「Hornet」を雷撃で沈めているため、強特効が付くならその二隻の可能性が高いかもしれません。 おわりに いかがでしょうか。 情報とともに予想がアップデートされていくのは楽しいですね。 この記事が少しでも面白さを伝えられたり、艦隊運営の助けになったりすれば幸いです。 ご了承ください。 kukancolle.

次の