ほら ここ で 君 が 笑う シーン が。 115万キロのフィルムの歌詞

【Official髭男dism/115万キロのフィルム】歌詞の意味を解釈!なぜ115万?タイトルの意味が素敵すぎる!

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

楽曲名「115万キロのフィルム」とは 本楽曲の 「フィルム」は 「写真フィルム」 のことを意味しています。 撮影すればするほど、 フィルムは長くなっていきます。 ここがタイトル解釈のポイントで 「115万キロという長さのフィルム」 を作る為には 「80年間」 撮影を続ける必要があります。 つまり• 生涯をかけて撮影を続ける• 一生、君のそばにいる といった主人公の 「想い」や 「誓い」の全てが凝縮されているのです。 「115万キロのフィルム」 どれだけ素敵なタイトルなんだ、、、 また、本楽曲が素敵なのは タイトルだけではありません! 男目線で紡がれていく丁寧な歌詞も、本楽曲の魅力を引き出すうえで、絶対に欠かせない要素の一つです。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah 歌声を強調させる歌い出しで これから歌う曲の内容は… と、語りかけられることで、本楽曲の歌詞が• 主人公から君へ語りかけるように綴られていくこと• 物語風に展開されていくこと を把握することが出来る。 リスナーもついつい歌詞に注目してしまうテクニックを用いているのです。 そして主人公は二人を 「カメラマン」と 「主演」 に対比させています。 自分がわき役に回ることで、 君を引き立てようとする主人公。 どのような物語が展開されていくのでしょうか。 くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 掴みはそれで万事OK! とユーモアを漂わせる気さくな主人公は 目の奥にあるフィルム 想い出 を君に語りかけていきます。 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… まずは、初めて喧嘩した日のこと。 「え?いきなり喧嘩の想い出?」 と、なっちゃうかも知れませんが 喧嘩した日々も、 今の二人を作り上げた大切な構成要素 なのです。 また喧嘩をすることで、今まで我慢していた本音をぶつけ合うことができ、より一層お互いを知ることができます。 だから 「個人的に胸が痛むけれど」 と、傷心を承知で向き合おうとしている。 サビ1 ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は ついにきた主人公お気に入りのシーン! どこのシーンで君が笑うかを把握している様子からは、何度もその映像を見た 回想した という、健気さが伝わる。 主人公にとっては君の笑顔が全て であり、それさえあれば、今後どんな問題が起きても乗り越えていけると確信しているのです。 スポンサーリンク 2番 きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 1番は 「君との想い出の回想」 が、題材とされていましたが 2番以降は 「君との未来の展望」 が、描かれていきます。 キャストとは、子供の対比。 10年後に築き上げているはずの家庭を夢に見ては、現実の問題までリアルに考えて キャパオーバー! と叫びを上げる。 それだけ真剣に君との未来を描いている。 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 入籍して苗字が変わる そんな特別な日も、ありきたりな日常も 全てを脳裏に焼き付けていく。 長い時間の幸せを築くには、特別な日のお祝いもそうですが、実はありきたりな日常の充実の方が大切なのです。 サビ2 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから 描かれるは結婚式の情景。 家庭の夢を語り合って• 入籍したときを夢見て• 結婚式の情景を歌う なんときらめかしい2番だったのでしょうか。 光に満ち溢れた歌詞は、今後の二人を照らすようです。 3番 クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ クランクアップとは、撮影が終了すること。 ここでは、人生の終了を意味する。 そしてタイトル 「115万キロ」が登場。 タイトル解釈でも解説したように 「一生を誓う意味」が込められています。 藤原さん曰く それくらいあれば二人のこれからの人生を収めることができるよね。 というメッセージも込められているとのこと。 改めて素敵すぎる、、、 ラストサビ さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り 最後は、まだ見ぬ未来をワクワクさせるような言い回しで締められる。 主人公と君が作り上げる映画。 それがいつ終わるのか、なんて誰にも分かりません。 だからこそ、命ある限り紡いでいくのです。 感想 アルバム 「エスカパレード」の1曲目に収録された 「115万キロのフィルム」 こんな大作を1曲目に、、、 心奪われるは必至ですね。 男目線で描かれる歌詞に• 男性は「共感」• 女性は「愛情」 を覚えたと思います。 こんな一生ものの愛を歌われたら、女性はたまらないはず。 最強の結婚式ソング と言っても過言ではないですね。

次の

【清原果耶】Official髭男dism「115万キロのフィルム」

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

5位 コーヒーとシロップ 社会人の苦難をリアルに描く 『コーヒーとシロップ』 社会はストレスとの闘い。 そんな中、一緒にいてくれる誰かを求めたりと、特に新卒の社会人は、歌詞の主人公の境遇が痛いほどわかるのではないでしょうか。 苦い思いを飲み干す。 それを繰り返すことで、いつかきっと自分を導いてくれる希望の光を待ち続けています。 社会人への応援歌とも言えますね。 それと、開始からほんの数秒で、ボーカル藤原聡さんの歌唱力の高さを再認識できます。 ほんとに、どの曲も完成度が高い。 例えば 何十年か後に 偉くなれたなら そしたら「これで良かった」と 笑えるんだろうか? 例えば 明日僕が会社を休んだなら そしたら「代わりはいるさ」と 笑い出すのか? 嫌な事全部飲み干して その場をただただやり過ごして カップの底見つめ ふがいなさのシロップを落として とにかく全部飲み干して いつかは全部吐き出して それで笑って、歌っていられたらな 4位 SWEET TWEET 遠距離恋愛を歌う 『SWEET TWEET』 MVの完成度が高いことでも話題に。 歌詞では胸がキュッとなるような 切なさが込められています。 笑うときだけいつもの声より二音半あがる など、歌詞の細かい描写に センスを感じられずにはいません。 曲調は、 The!髭男!というような爽やかでお洒落。 なおかつ、キャッチな印象です。 少しかすれた 低くも高くもない普通のトーンで 笑うときだけ いつもの声より二音半あがる 君の口癖や適当な相槌さえも 記憶のど真ん中に色濃く焼き付いたんだ 愛する君の声が どんな歌より聴きたくなった なにを話しても心はフワッと宙に浮いたまま 本当はもっとちゃんと 気の利いたことも言いたいんだ でも難しくて黙ったまんま見上げた秋の星空 スポンサーリンク 3位 115万キロのフィルム いよいよ ベスト3の紹介です。 続いて紹介するのは 『115万キロのフィルム』 フレーズの最後に音が上がるところに、髭男らしさがありますね。 主人公の愛の大きさが伝わる、 圧倒的なラブソングです。 大切な記念日に聴くことを推奨します。 きっと幸せが溢れすぎて、涙しちゃいます。 また、情景が目に浮かぶような、 丁寧な歌詞の描写にも注目です。 これから歌う曲の内容は僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る映画の話さ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしようとりあえず今の所は 2位 恋の去り際 アルバム 「MAN IN THE MIRROR」の収録曲 『恋の去り際』が2位にランクイン! アルバムの収録曲の片鱗に過ぎないため、知名度は低いのではないでしょうか。 しかし、知名度と楽曲の良さは、比例するわけではありません。 是非、未視聴の方には聴いて頂きたいです。 第1印象は心地良いリズム。 そこから、歌詞の切なさにグッときます。 心に染みる 失恋ソングです。 毎回毎回そうですが、髭男は歌詞の描写が細かく、情景を具体的に想像させることに長けていますね。 個人的に あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真 の部分が、たまらなく好きです。 もう忘れたいんだ あの瞬間 真っ白な光に 照らし出された ねえ あの時 君はどんな思いで傍にいたの あんなに好きだと言い合って 頬をくっつけ笑って撮った写真にも こっそり写り込んでいた 悲しい恋の去り際 君から貰った幸せの全てが 目から心から音も無く消えた まだ信じられないまま.

次の

【Official髭男dismのおすすめ曲ランキング10選】人気曲だけじゃない!隠れた名曲を見逃すな!

ほら ここ で 君 が 笑う シーン が

楽曲名「115万キロのフィルム」とは 本楽曲の 「フィルム」は 「写真フィルム」 のことを意味しています。 撮影すればするほど、 フィルムは長くなっていきます。 ここがタイトル解釈のポイントで 「115万キロという長さのフィルム」 を作る為には 「80年間」 撮影を続ける必要があります。 つまり• 生涯をかけて撮影を続ける• 一生、君のそばにいる といった主人公の 「想い」や 「誓い」の全てが凝縮されているのです。 「115万キロのフィルム」 どれだけ素敵なタイトルなんだ、、、 また、本楽曲が素敵なのは タイトルだけではありません! 男目線で紡がれていく丁寧な歌詞も、本楽曲の魅力を引き出すうえで、絶対に欠かせない要素の一つです。 では、本題の歌詞に迫っていきましょう。 歌詞 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り スポンサーリンク 歌詞の意味・解釈 1番 これから歌う曲の内容は 僕の頭の中のこと 主演はもちろん君で 僕は助演で監督でカメラマン 目の奥にあるフィルムで作る 映画の話さ Ah 歌声を強調させる歌い出しで これから歌う曲の内容は… と、語りかけられることで、本楽曲の歌詞が• 主人公から君へ語りかけるように綴られていくこと• 物語風に展開されていくこと を把握することが出来る。 リスナーもついつい歌詞に注目してしまうテクニックを用いているのです。 そして主人公は二人を 「カメラマン」と 「主演」 に対比させています。 自分がわき役に回ることで、 君を引き立てようとする主人公。 どのような物語が展開されていくのでしょうか。 くだらないなと笑ったんなら 掴みはそれで万事OK! 呆れていないでちょっと待って きっと気に入ってもらえると思うな ここまでのダイジェストを 少しだけ見せるよ 掴みはそれで万事OK! とユーモアを漂わせる気さくな主人公は 目の奥にあるフィルム 想い出 を君に語りかけていきます。 初めて喧嘩した夜の涙 個人的に胸が痛むけれど そのまま見続けよう ごめんねと言って 仲直りして手を握って… まずは、初めて喧嘩した日のこと。 「え?いきなり喧嘩の想い出?」 と、なっちゃうかも知れませんが 喧嘩した日々も、 今の二人を作り上げた大切な構成要素 なのです。 また喧嘩をすることで、今まで我慢していた本音をぶつけ合うことができ、より一層お互いを知ることができます。 だから 「個人的に胸が痛むけれど」 と、傷心を承知で向き合おうとしている。 サビ1 ほら、ここで君が笑うシーンが 見どころなんだからさ Ah 写真にも映せやしない とても些細なその仕草に どんな暗いストーリーも 覆す瞬間が溢れてる どれかひとつを切り取って サムネイルにしよう とりあえず今の所は ついにきた主人公お気に入りのシーン! どこのシーンで君が笑うかを把握している様子からは、何度もその映像を見た 回想した という、健気さが伝わる。 主人公にとっては君の笑顔が全て であり、それさえあれば、今後どんな問題が起きても乗り越えていけると確信しているのです。 スポンサーリンク 2番 きっと10年後くらいには キャストが増えたりもするんだろう 今でも余裕なんてないのに こんな安月給じゃもうキャパオーバー! きっと情けないところも 山ほど見せるだろう 1番は 「君との想い出の回想」 が、題材とされていましたが 2番以降は 「君との未来の展望」 が、描かれていきます。 キャストとは、子供の対比。 10年後に築き上げているはずの家庭を夢に見ては、現実の問題までリアルに考えて キャパオーバー! と叫びを上げる。 それだけ真剣に君との未来を描いている。 苗字がひとつになった日も 何ひとつ代わり映えのない日も 愛しい日々尊い日々 逃さないように忘れないように 焼き付けていくよ 入籍して苗字が変わる そんな特別な日も、ありきたりな日常も 全てを脳裏に焼き付けていく。 長い時間の幸せを築くには、特別な日のお祝いもそうですが、実はありきたりな日常の充実の方が大切なのです。 サビ2 今、目を細めて恥じらいあって 永遠を願った僕たちを すれ違いや憂鬱な展開が 引き裂こうとしたその時には 僕がうるさいくらいの声量で この歌何度も歌うよ だからどうかそばにいて エンドロールなんてもん 作りたくもないから 描かれるは結婚式の情景。 家庭の夢を語り合って• 入籍したときを夢見て• 結婚式の情景を歌う なんときらめかしい2番だったのでしょうか。 光に満ち溢れた歌詞は、今後の二人を照らすようです。 3番 クランクアップがいつなのか 僕らには決められない だから風に吹かれていこう フィルムは用意したよ 一生分の長さを ざっと115万キロ クランクアップとは、撮影が終了すること。 ここでは、人生の終了を意味する。 そしてタイトル 「115万キロ」が登場。 タイトル解釈でも解説したように 「一生を誓う意味」が込められています。 藤原さん曰く それくらいあれば二人のこれからの人生を収めることができるよね。 というメッセージも込められているとのこと。 改めて素敵すぎる、、、 ラストサビ さあ、これから生まれる名場面を 探しにいこうよ 酸いも甘いも寄り添って 一緒に味わおう フィルムがなくなるまで 撮影を続けようこの命ある限り 最後は、まだ見ぬ未来をワクワクさせるような言い回しで締められる。 主人公と君が作り上げる映画。 それがいつ終わるのか、なんて誰にも分かりません。 だからこそ、命ある限り紡いでいくのです。 感想 アルバム 「エスカパレード」の1曲目に収録された 「115万キロのフィルム」 こんな大作を1曲目に、、、 心奪われるは必至ですね。 男目線で描かれる歌詞に• 男性は「共感」• 女性は「愛情」 を覚えたと思います。 こんな一生ものの愛を歌われたら、女性はたまらないはず。 最強の結婚式ソング と言っても過言ではないですね。

次の