玉川徹 あほ。 玉川徹

玉川徹

玉川徹 あほ

カリスマ的人気とアンチ 国内初の新型コロナ感染者が確認されてから約4ヵ月この間、新型コロナ報道をリードしてきたのはテレビ朝日のワイドショー『羽鳥慎一モーニングショー』(月~金曜前8時)に違いない。 もともと朝のワイドショーの中では最強で、昨年まで3年連続で年間視聴率トップだった。 新型コロナ報道に注力する今年はより数字が伸び、5月14日(月)には裏番組を大きく引き離す14. 1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)を記録した。 独走状態だ。 この番組は熱心なファンが多いのが強み。 朝日新聞の言論サイト『論座』が4月20日、朝日の敏腕放送記者によるレギュラーコメンテーター・玉川徹氏=テレビ朝日社員=への疑問という記事を掲載したところ、番組ファンから猛批判を浴びた。 玉川氏の存在はカリスマ化している。 半面、番組のアンチが多いのも事実。 新型コロナ報道が始まった今年は視聴率が伸びた分、アンチも増えたように見える。 事実、SNSには数え切れないほどの批判が並んでいる。 著名人による非難も少なくない。 アンチが多い第一の理由は何かというと、この番組は「主張」が強いからではないか。 ジャーナリズムの役割は、基本的には「報道」「批評」「解説」とされるものの、この番組は「主張」が加わっている上、それが大きなウェイトを占めている。 番組はPCR検査の拡充を強く訴えてきた。 その是非は別とし、これも「主張」だろう。 同じく適否はとにかく玉川氏たちによる政府批判も「主張」であるに違いない。 「主張」が強いワイドショー、ニュースはファンもアンチも多くなる。 久米宏氏(75)がキャスターを務めていた『ニュースステーション』(テレビ朝日、1985~2004年)がその典型例だし、今は『サンデーモーニング』(TBS、日曜8時)が代表格と言える。

次の

【テレ朝】玉川徹氏、日本のコロナ対応検証に「日本人が素晴らしかった。政策がよかったわけではない」

玉川徹 あほ

20日放送の『』 テレビ朝日系 での、同局員でコメンテーターの氏の発言がまたも炎上している。 問題となっているのは、厚生労働省がに対する医師向けの診療の手引きの改訂版を公表したことを報じている際の一幕。 その中で話を振られた玉川氏は「日本人はなぜコロナに関する死者が少ないのかずっと疑問だったんですよね。 で、まだはっきりと理由は分かりません。 もしかしたら最終的にも分からないかもしれないんですよね」と首を傾げた。 で、そういう人もマスクをしてたんですよ」と発言。 また、「僕ら日本人は感染したくないから、予防としてマスクをしてたんですね、ずっと、今までも。 ところが、そうじゃなくて移す可能性がある人 無自覚感染者 も、『自分が移りたくない』って言ってマスクしてたんですよね」と言い、「ある意味で言うと、『移りたくない』ってエゴがぐるっと回って感染を防いでいたっていうようなことがあるのかなと思って、非常にこれは興味深いと思っているんです」と持論を展開しつつ、最後には「みなさん、いいんです。 『私は移りたくない』っていうことでずっとマスクをしている、と。 こういうことが結果的に感染を広げないことに役立っている可能性があるんじゃないかなって僕は思ってるんです」と語っていた。 しかし、この発言に対し、「感染したくないというのがエゴなのか? 」「感染が広がらなかったことさえ批判するのか…」「もはやただの日本人ヘイトになってる」といった批判が殺到。 また、「かかったら周りの人に迷惑掛けるからかかりたくないって人もたくさんいる」「風邪を引いたら周囲に移さないためにマスクするっていう習慣はもともと日本人にあった」といった指摘も多く聞かれていた。 状況が好転してもなおネガティブな発言を続ける玉川氏に、うんざりとしている視聴者も少なくないようだ。

次の

玉川徹氏、日韓関係悪化で韓国人観光客が減ったことにコメント→韓国って知れば知るほど嘘つきで卑劣な国。

玉川徹 あほ

20日放送の『』 テレビ朝日系 での、同局員でコメンテーターの氏の発言がまたも炎上している。 問題となっているのは、厚生労働省がに対する医師向けの診療の手引きの改訂版を公表したことを報じている際の一幕。 その中で話を振られた玉川氏は「日本人はなぜコロナに関する死者が少ないのかずっと疑問だったんですよね。 で、まだはっきりと理由は分かりません。 もしかしたら最終的にも分からないかもしれないんですよね」と首を傾げた。 で、そういう人もマスクをしてたんですよ」と発言。 また、「僕ら日本人は感染したくないから、予防としてマスクをしてたんですね、ずっと、今までも。 ところが、そうじゃなくて移す可能性がある人 無自覚感染者 も、『自分が移りたくない』って言ってマスクしてたんですよね」と言い、「ある意味で言うと、『移りたくない』ってエゴがぐるっと回って感染を防いでいたっていうようなことがあるのかなと思って、非常にこれは興味深いと思っているんです」と持論を展開しつつ、最後には「みなさん、いいんです。 『私は移りたくない』っていうことでずっとマスクをしている、と。 こういうことが結果的に感染を広げないことに役立っている可能性があるんじゃないかなって僕は思ってるんです」と語っていた。 しかし、この発言に対し、「感染したくないというのがエゴなのか? 」「感染が広がらなかったことさえ批判するのか…」「もはやただの日本人ヘイトになってる」といった批判が殺到。 また、「かかったら周りの人に迷惑掛けるからかかりたくないって人もたくさんいる」「風邪を引いたら周囲に移さないためにマスクするっていう習慣はもともと日本人にあった」といった指摘も多く聞かれていた。 状況が好転してもなおネガティブな発言を続ける玉川氏に、うんざりとしている視聴者も少なくないようだ。

次の