切手 が 買える コンビニ。 切手の購入場所は郵便局やコンビニ以外にも多くある!土日でも切手が買えるところまとめ

ファミマ・ローソン・セブンなどコンビニで買える切手の種類や値段を大調査!

切手 が 買える コンビニ

最近、ますます便利になってきたコンビニ。 私はほぼ毎日と言っていいほど、コンビニは生活になくてはならない存在になっています。 そんな コンビニで「切手」が買えることを最近知りました。 なぜかというと、普段通り近所のセブンイレブンで買物をしてレジに並んでいると、自分の前のお客さんが「切手ください」と店員さんに言っていたのを目撃したからです。 そうすると、店員さんは奥から切手を出してきて、販売していました。 それ以来、「コンビニで切手が買える」ということにびっくりして、他のコンビニでも買えるのか?という思いから、今回、セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの3社の切手事情をまとめましたので御覧ください。 調査の結果、実は各コンビニで切手を扱っていることがわかりました。 ほぼすべてのコンビニで切手やハガキなど、郵便局で取り扱っているものを購入することができます。 郵便局の業務を一部委託している目印となる「〒」のマーク このマークがあるなしにかかわらず、切手やハガキなど取り扱う店舗も多くあります。 なのであまり気にせず店舗に行って店員さんに聞いてみましょう。 取り扱っている切手の種類は後ほど詳しく説明させていただきます。 コンビニで切手を買えるメリットは「24時間営業であること」「店舗が多いこと」 急に必要になった場合や、普段のコンビニの買い物のついでに買えるのでラクチンです。 コンビニだからといって割高ではなく、郵便局と同じ値段で販売されています。 切手の在庫が無くなった場合を除いては、ほぼ購入できます。 使用頻度が高い52円、82円の切手は各店舗 扱っていることが多いです。 郵便局で取り扱っている普通切手の種類は19種類 「1円、2円、3円、5円、10円、20円、30円、50円、52円、82円、92円、100円、120円、140円、205円、280円、310円、500円、1000円」 全ての切手をコンビニで購入することができるのでしょうか? 各コンビニが扱っている切手の種類をご紹介します。 セブンイレブンで扱っている切手の種類 セブン-イレブンのHPを見てみるとこのような記述があります セブン-イレブン各店舗で、はがき、切手、印紙等をご購入いただけます。 詳しくは各店舗にてお問い合わせください。 sej. html 一部取り扱いのない店舗のほうが少数ですので、ほぼ取り扱っていると考えてもいいくらい かなりの確率で販売しています。 【扱っている切手の種類】 2円、10円、50円、52円、82円、92円、100円、280円の 8種類 ローソンで扱っている切手の種類 切手・ハガキ・収入印紙を販売しております。 詳しくは、各店舗までお問い合わせください。 お客様ご自身で確認いただくか、郵便局にお申し出いただくようお願いいたします。 lawson. html ローソンもセブンイレブンと同様に、無い店舗の方が少ないので心配ありません。 【扱っている切手の種類】 10円、52円、82円、100円、140円の 5種類 ローソンの嬉しいところは「ポスト」がある店舗があること、切手を買ったついでにポストに投函できるので便利です ファミリーマートで扱っている切手の種類 ファミリーマートのHPを見ると、他のコンビニとは違い取り扱っている種類を記載してありました。 【扱っている切手の種類】 1円、2円、10円、52円、82円、280円の 6種類 ファミマも店内にポストがある店舗があるので こちらも便利ですね。 まとめ• コンビニに切手はどこの店舗でも取扱がある• 店舗の在庫状況は差がある• 52円、82円切手以外は店舗次第 コンビニで 切手を販売している店舗は99. 9%ということがわかりました。 在庫がなくならない限りはほぼ購入できます。 なので52円、82円切手に関しては、どこでも買えると考えてもいいほどです。 しかし取り扱いの少ない切手 例えば92円切手 先程の例ではセブンイレブンにしか置いていないとされています ですが、92円切手を扱っていないセブンイレブンもあれば、扱っているローソンもあり 実際のところ品揃えは「お店によって異なる」というのが濃厚かもしれません。 切手はかさばりませんし 食べ物のように賞味期限がないので 店舗にとっては在庫をあまり気にすることなく置けるので置いて損はあまりありません。 なのであまり使われない切手に関しましては「念のため店員さんに確認する」ことをおすすめします。

次の

コンビニに切手が売っている【種類や価格/買い方の最新情報】

切手 が 買える コンビニ

「 切手が欲しいけれど、もう郵便局が閉まっている…。 」 「 切手が欲しいけれど、郵便局が遠い…。 」 そんな時は近くて便利なコンビニの出番ですよ。 コンビニで、切手が購入できるんです! 365日、24時間営業している店舗も多いコンビニなら、急に切手が必要になっても、いつでも買いに行くことができるので安心ですよね。 「 でも、コンビニで切手が売られているのって見たことがないけど…。 」 そうなんです。 確かに、切手は他の商品のように陳列されている訳ではないので、本当に最寄りのコンビニで切手が販売されているのか怪しいところ…。 そこで、切手はどんなコンビニで販売されているのか、詳しく調査してみました。 さらに、コンビニでの切手の購入方法や、取り扱っている切手の額面についても併せてご紹介します! コンビニの切手事情を把握して、早速近くのコンビニへ、必要な切手を買いに行きましょう!• 切手はコンビニでも購入できる!購入方法はレジで伝えるだけ! 切手はコンビニで購入できる!とはいえ、 日本全国、全てのコンビニで切手が販売されている、という訳ではありません。 また、切手を取り扱っていても、お弁当やお茶のように、商品棚からお目当ての切手を自分で選んでレジへ持っていく訳でもないんですよ。 そこでまずは、どこのコンビニで切手が販売されているのか、そして、コンビニでの切手の購入方法をしっかり確認していきましょう。 切手を販売しているコンビニ一覧 各店舗のホームページや電話での聞き取り調査を元に、切手が販売されている主なコンビニを下記にまとめました。 セブン-イレブン• ローソン• ファミリーマート• ミニストップ• デイリーヤマザキ• ポプラ• ローソン・スリーエフ• セイコーマートなど 大手から中堅まで、上記に並ぶのはどれもよく耳にする有名なコンビニですよね。 基本的には、最寄りにこれらのコンビニがあれば、急に切手が必要になっても大丈夫!郵便局が閉まっていても、郵便局が遠くても、切手を購入できますよ。 地域や店舗によっては切手の取り扱いがない場合も ただし、上記に挙げたコンビニであっても、 一部地域や店舗では切手を取り扱っていない場合がありますので注意しましょう。 『』には、注意書きとして一部取り扱いのない店舗があることが記され、同様に、『』にも、一部の地域及び一部の店舗で取り扱いのない商品があることが記されています。 最寄りのコンビニにちゃんと切手が販売されているか不安な場合は、 買いに出かける前に、一度電話で問い合わせてみることをオススメします。 コンビニでの切手の購入方法 続いて、コンビニで切手を購入する方法についてみていきましょう。 コンビニの店内を隅々まで探し回っても、切手は見つかりませんよ!なぜなら、レジの店員さんに声をかけると、必要な切手を出してもらえる仕組みになっているからなんです。 それでは早速、切手の購入方法をご説明します。 コンビニでの郵便物の計量は不可 ローソンのホームページにも、郵便物の計量ができないことについて、下記の通りしっかり明記されています。 関係法令等により、お客様の郵便物の計量・計測は認められておりません。 お客様ご自身で確認いただくか、郵便局にお申し出いただくようお願いいたします。 出典: そのため、 コンビニで切手を購入する際には、必要な切手の額面を事前に確認しておく必要があります。 日本郵政のホームページに記載の『』や『』を元に自分で確認するか、心配な場合は郵便窓口で量ってもらうようにしましょう。 切手の全ての額面は揃っていない 「 コンビニでは、どんな切手でも購入できるの?」 現在、郵便局で販売されている『』は19種類。 コンビニで切手が購入できるとはいえ、全種類の切手が揃っているのか気になりますよね。 実は、コンビニで販売されている切手は一部のみで、全ての額面が取り扱われている訳ではないんです。 コンビニ名 置いている額面 セブン-イレブン 秋葉原昭和通り店 2円 10円 50円 62円 82円 92円 120円 140円 205円 280円 ローソン 秋葉原中央通店 10円 62円 92円 82円 120円 280円 ファミリーマート 秋葉原昭和通り店 2円 10円 62円 82円 セブン-イレブンでは10種類、ローソンでは6種類、ファミリーマートでは4種類の切手が販売されています。 なんだか、ファミリーマートだけ切手の取り扱いが少ないように感じますよね。 しかし、場所を変えれば、同じファミリーマートでも次の通り8種類の切手が販売されているんですよ。 今度は、品川駅付近のコンビニで販売されている切手の額面をそれぞれみていきましょう。 コンビニ名 置いている額面 セブン-イレブン 品川駅前店 10円 20円 50円 62円 70円 82円 92円 100円 120円 140円 280円 ローソン 品川駅中央口店 2円 10円 62円 70円 82円 92円 120円 280円 ファミリーマート 品川駅港南口店 1円 2円 10円 50円 62円 82円 120円 280円 このように、各コンビニ、各店舗によって取り扱う切手が異なります。 そのため、必要な切手が置いてあるか不安な場合は、事前に電話で問い合わせることをオススメします。 店舗に切手の在庫があれば、電話でお取り置きしておいてもらうことも可能ですよ。 また、最寄りのコンビニに欲しい切手の額面が売っていなかった場合には、何枚かの切手を合算して貼ることができますので、上手に利用してくださいね。 コンビニで販売されていない切手の額面 続いて、コンビニで販売されていない切手の額面についても把握しておきましょう。 区役所・市役所の窓口• 駅構内のキオスク• 金券ショップ• インターネットショッピング スーパーや役所、駅構内のキオスクなら、お出かけついで、用足しついでに切手が買えてとても便利ですよね。 また、個人商店でも『 〒マーク』がついているお店であれば、切手が販売されています。 酒屋や薬局など、近くに『 〒マーク』が掲げられているお店がないか探してみましょう。 お得に切手を購入したいなら、金券ショップがオススメですよ。 通常よりも1~2円程度安く切手を手に入れることができます。 お得なので、多めに購入しておくのも良策ですよね。 さらに、『』や『』、『』などといった、インターネットショッピングでも切手の購入が可能です。 まとめ 切手は、ほとんどのコンビニで購入することが可能です。 郵便局が遠かったり、急に切手が必要になった時などには、ぜひコンビニを利用して、必要な切手を手に入れてくださいね! ただし、コンビニで購入できるのは使用頻度の高い普通切手のみ。 郵便局で販売されている 全種類の切手を置いている訳ではありませんので注意してください。 また、どんな切手の額面を取り扱っているかは店舗ごとに異なります。 不安な場合は、欲しい切手が販売されているか、買いに行く前に最寄りのコンビニへ電話で問い合わせてみることをオススメします。 そして、切手を買う時は、必ず店員さんへ声をかけてくださいね。 「 82円切手を1枚ください。 」 そう伝えれば、店員さんがすぐに切手を出してきてくれます。 しっかりおさらいしたら、必要な切手を求めて、早速コンビニへ向かいましょう!.

次の

コンビニに切手が売っている【種類や価格/買い方の最新情報】

切手 が 買える コンビニ

このページの目次• 切手の販売はコンビニでしてる?各種類あるか聞き取りしてみた コンビニは街角にたくさんありますが、どのお店でも各種切手を販売してるのでしょうか? 基本的には以下の、• セブンイレブン• ローソン• ファミリーマート• サークルK• デイリーヤマザキ• ポプラ などの大手コンビニでは、会社で包括契約をしているケースがほとんどですのでどこでも取り扱っているようです。 ただ、一部コンビニでは、このような包括契約をしていない場合があったりします。 また個人商店がオーナーになったコンビニなどでは、契約の有無により切手の取り扱いのないお店もあるようです。 コンビニを訪問し販売している切手の種類を調査をしてみた!! 調査の方法ですが、 全く違う4地域で、上記の6点のコンビニを訪問し聞き取り調査をしてみました。 ファミリーマートでしたらこの種類、 ローソンでしたらこの種類、 というわけではないということです。 たとえローソンであっても、それぞれの店舗ごとに扱いが違っています。 これは、切手がよく出る店舗であれば、多種類で数量も多く扱っているということになります。 そこで購入の際の注意点としては、 店舗によっては売り切れの切手がある可能性もあります。 なので、切手の枚数が多くいる場合でしたら、あちこちのコンビニを回ることも覚悟したほうがよいですね。 また、アニメ切手や名所・旧跡切手などの特殊な切手も販売されていないようです。 << ご参考 >> 郵便局で販売してる切手の種類 切手の種類一覧(2019年10月1日現在) 金 額 種類(図柄) 金 額 種類(図柄) 1円普通切手 前島密 120円普通切手 フジ 2円普通切手 エゾユキウサギ 140円普通切手 ヤマブキ 3円普通切手 シマリス(未販売) 210円普通切手 西表石垣国立公園 (海中のサンゴ) 5円普通切手 ニホンザル 290円普通切手 日光国立公園 (中善寺湖と男体山) 10円普通切手 トキ 320円普通切手 瀬戸内海国立公園 (瀬戸内の島々) 20円普通切手 ニホンジカ 500円普通切手 十和田八幡平国立公園 (奥入瀬渓流) 30円普通切手 キタキツネ(未販売) 1000円普通切手 富士図(未販売) 50円普通切手 ニホンカモシカ 63円普通切手 ソメイヨシノ 慶事用63円普通切手 扇面に梅文様と鶴 84円普通切手 ウメ 慶事用84円普通切手 扇面に竹文様と鶴 94円普通切手 スミレ 慶事用94円普通切手 扇面に松文様と鶴 100円普通切手 サクラソウ 弔事用63円普通切手 花模様 切手によって種類(図柄)が違います。 色合いや図柄は以下のサイトで確認ができます。 コンビニで切手を買う方法は?店内の陳列棚には無い!? さて、コンビニで商品を購入するときですが、当然、店内の陳列棚を見て回ります。 では、切手はその陳列棚にあるのでしょうか? いえいえ、陳列棚に切手はありません。 お店の中を探し回ったけど、切手が見つからなかった方もおありでしょう。 切手は、カウンターの見えない場所に保管してあります。 ですから、切手を購入するときは店員さんに、 「切手をください」 と伝えて下さい。 そして、自分が必要な金額の切手と、その枚数を伝えて下さい。 自分が欲しい切手の種類は、ご自身であらかじめ調べておかないといけません。 不安な方は、次で説明していますので読んでみてください。 コンビニで郵便物の計量をしてくれるのか? ところで切手は、郵便物の重さによって料金が変わってきます。 では、 「コンビニで郵便物の計量をしてくれるのでしょうか?」 実は、コンビニでは郵便物の重さを計量しません。 コンビニは、切手を販売することはできても、料金を決定することは許されておりません。 あらかじめ、郵便物の重さを量り必要な切手をご自身で確認しておきましょう!! 以下にあります、重さ別の切手の料金一覧を参考になさってください。 また、速達の時の料金表も掲載していますので参考にしてください。 重さ別の切手の料金一覧です 郵便料金一覧(2019年10月1日改定~) 定形郵便物 25g以内 84円 50g以内 94円 定形外郵便物 規格内 規格外 50g以内 120円 200円 100g以内 140円 220円 150g以内 210円 300円 250g以内 250円 350円 500g以内 390円 510円 1kg以内 580円 710円 2kg以内 な し 1040円 4kg以内 1350円 通常はがき 63円 往復はがき 126円 年賀はがき 63円 表面に「年賀」と朱記 (私製でもよい) (定形外郵便物の 規格=長辺34㎝、短辺25㎝、厚さ3㎝、重量1㎏) 関連サイト: 速達を利用する場合の料金一覧になります 速達を利用する場合の料金一覧(2019年10月1日改定~) 種 類 重 さ 通常料金 速達料金 合計料金 定形郵便 25g以内 84円 290円 374円 50g以内 94円 290円 384円 定形外郵便 (規格内) 50g以内 120円 290円 410円 100g以内 140円 290円 430円 150g以内 210円 290円 500円 250g以内 250円 290円 540円 500g以内 390円 390円 780円 1kg以内 580円 390円 970円 定形外郵便 (規格外) 50g以内 200円 290円 490円 100g以内 220円 290円 510円 150g以内 300円 290円 590円 250g以内 350円 290円 640円 500g以内 510円 390円 900円 1kg以内 710円 390円 1100円 2kg以内 1040円 660円 1700円 4kg以内 1350円 660円 2010円 通常はがき 63円 290円 353円 (日本郵便のホームページからの引用) Q:コンビニで郵便物(はがき、定形・定形外郵便物等)を計量してもらうことはできますか? A:コンビニの店頭での郵便物(はがき、定形・定形外郵便物等)の計量は行っておりません。 お客さまご自身でご確認いただくか、郵便局の窓口にお越しください。 スポンサーリンク 意外にも 「〒」マークのないコンビニでも切手は販売しています! コンビニの正面に 「〒」マークを見かけます。 でも実際には 「〒」マークのないコンビニもあったりしますね。 心配ありません 「〒」マークがなくても切手を購入することができました。 知ってるようで知らない意外な購入体験でした!! 「〒」マークのないコンビニで買った、2円切手10枚です。 コンビニ以外で切手を買うとすればどこで売ってるの? コンビニ以外で切手を買う場合ですが、よく たばこ屋さんなどの個人商店で扱っているのを見たことがありますよね? この様な店舗を 「切手類販売所」といいまして、郵便局の代わりに切手を販売しています。 「〒」マークが目印ですが、地元の方以外だと、どこで売っているのかは分かりづらいところはありますね。 その他には• 駅の売店キヨスク KIOSK• 大型スーパーのサービスカウンター などがありますのでご参考になさってください。 コンビニや商店などでの切手販売は、あくまで 「業務委託」ですので、郵便物の郵送に関する責任は負えません。 お客さんから言われた通りの額面の切手を売り、日本郵便が回収するためのポストを設置しているだけに過ぎません。 ですから、切手購入額が足りないなどの、後々トラブルにならないためには郵便局で手続きをするのが無難かも知れませんね。 ちなみに、切手がいくら売れても、あまり利益につながらないようですが、売れた金額に応じた販売手数料が、日本郵便から支払われる形になっているようです。 さて、手紙を出すのにポスト探しに困ったりしますが、切手を売ってるコンビニすべてにポストがあるとは限らないようです。 ポストの設置してあるコンビニは? ローソンの店内に設置されたポスト コンビニでは店内にポストを設置しているところもあります。 ポストを設置しているコンビニは、 ローソン:(集荷は1日2回・時間は店舗ごとに異なる) ミニストップ:(集荷は1日1~2回・時間は店舗ごとに異なる) になります。 ただ、一部地域では設置されていない場合もあるようです。 また他の配送業者と契約し、ポストの設置を止めてしまったコンビニもあるようですので注意が必要です。 そのメータースタンプとは何かといいますと、 ・郵便局名 ・年月日 ・郵便料金 が赤色で表記された、電車の切符くらいの大きさのラベルのことです。 郵便物に直接印刷されている場合もあります 郵便局で販売されている切手とは違い、 郵便料金計器という機器で印字されたものになります。 またこの機器ですが、 差し出された郵便物の料金と数を計算して、郵便料金を徴収するための機器でもあります。 各郵便局に設置されていますが、郵便局以外の民間企業等でも承認を受ければこの機器を取り寄せ使用することができます。 郵便料金計器の製造メーカーも数社あって、それぞれのメーカーで「メータースタンプ」の印影は異なっています。 まとめとして ご紹介のとおり、コンビニにはポストがあり、また切手を売っているコンビニや商店もありますが、あくまで郵便局から 委託されているだけです。 相手先に届かなかったり、料金不足で戻ってきた際の責任を問うことはできません。 例えばコンビニで切手を購入し、ポストに入れても届かなかった場合でも郵送中の事故等を除けば、責任はあなた自身にあります。 また、郵送に関する事故があった場合の責任を負うのは、コンビニではなく日本郵便であり郵便局であることを覚えておきましょう。 後々トラブルにならないためにも、なるべく郵便局で手続きをするようにしましょう。 大きめの郵便局であれば、24時間・365日営業しているところもあります。 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」 「関連サイト」.

次の