コカコーラ と パナソニック は。 コカ・コーラの「コカ」はコカインのことだった!その歴史と原料について

コカ・コーラ アセスルファムKとは|日本コカ・コーラ お客様相談室

コカコーラ と パナソニック は

マーケティングのコンセプト 過去、フロスティブランドでは、小学生をターゲットにマーケティングを行ってきました。 近年では子ども向けの活動だけではなく、商品のショッパーであるお母さん・お父さんに向けたマーケティング活動も行っています。 商品を納得して購入いただき、最終的にファンとなっていただけるようにコンシューマージャーニーを組み立てています。 注目のメディア・手法 AIについて注目しています。 特にデジタルマーケティングの分野ではすぐにでも活用できる部分があると認識しています。 ただ、それだけに留まらず、消費者を楽しくさせることができるAIを用いたマーケティング活動についても興味があります。 最大の課題 子どもの減少に伴い、子ども向けシリアルカテゴリは減少傾向にあります。 子ども向け商品のファンを増やし、ロイヤルユーザー化することでブランドの成長を目指しています。 マーケティングのコンセプト 6月19日から展開しているサマーキャンペーンのコンセプトは、「アツい夏こそ、キン冷えコーク!」です。 暑い夏に飲むキンキンに冷えたコカ・コーラは特別です。 示温インクをラベルに使用した、キンキンに冷えたことがわかる「コールドサインボトル」で、コカ・コーラの美味しさを楽しめます。 注目のメディア・手法 自社アプリの「コークオン」です。 スマートフォンを自動販売機につなげることができ、お客さまに合ったサービスを提供することが可能になってきました。 お客さまにもメリットがあり、コカ・コーラの自動販売機チャネルで、コカ・コーラ製品を飲んでいただくという習慣を確立していくことができるツールです。 最大の課題 市場において、炭酸製品の多様多種化により選択の幅が広がっていく中で、実際に消費者の方々の生活において、コカ・コーラ製品を手に取っていただくことが課題です。

次の

日本コカ・コーラ | お客様相談室

コカコーラ と パナソニック は

コカ・コーラは、アメリカで生まれた世界初のコーラ飲料で、それを製造するコカ・コーラ社は世界中の清涼飲料水メーカーの中でも飛び抜けた存在感があり、今やアメリカ資本主義の象徴といった感じまで漂ってます。 ちなみに、アメリカの国民は一人あたり1週間で3.5リットルのコーラを消費しているというデータがありますが、これはアメリカ人の全員が毎日欠かさず500ミリリットルのペットボトル入りコーラを飲んでいるという計算になりビックリさせられます。 アメリカ人の人々の間にこれほどまで浸透したコカ・コーラですが、一方でコカ・コーラに関してのいろいろな都市伝説もあったりします。 例えば、「コカ・コーラのコカはコカインのこと。 」など…。 そこで身近な存在ゆえに気になる、コカ・コーラの歴史についていろいろ調べてみました。 日本コカ・コーラ社の公式サイトを見ると、コカ・コーラの成分は以下のように書いてあります。 コカ・コーラの原材料名 : ・糖類(果糖ぶどう糖液糖、砂糖)、カラメル色素、酸味料、香料、カフェイン ・種類 : 炭酸飲料 ・発売年月 : 1957. 一方で、コカ・コーラに関する都市伝説の中には以下のようなものがあります。 「コカ・コーラ社は香料レシピを公開していないところから、それを知る人物は重役2名だけで1名が突然事故などに遭遇しても存続するために2人が同じ飛行機に搭乗しない。 」 調べると確かに、コカ・コーラのフォーミュラ(製造法)は非公開で、その文書は米国アトランタの銀行の金庫に厳重に保管されていました。 具体的には、コカ・コーラの独特の風味を生み出す「香料7x」と呼ばれる成分は、コカ・コーラ社のトップシークレットで、成分を知っているのは最高幹部だけということが分かりました。 (つまり上の都市伝説は全くのデマではありませんでした。 ) ちなみに、トップシークレットの「7x」は、レモンやオレンジ・ナツメグ・シナモン・ネロリ・コリアンダーと、"脱コカイン処理されたコカの葉"の7種をアルコール抽出されたものとする情報もあります。 いずれにしても、今もコカ・コーラ社のフォーミュラは非公開なので、香料を含む成分は不明な部分が残り、これがいろんな憶測を生んでいる状態です。 そして2011年2月には、米国のラジオ番組のスタッフがトップシークレットの香料「7x」の調合割合を発見したとして公表しています。 そして、これを基に「オープンコーラ」というコーラが試作されましたが、コカ・コーラ独特のテイストを再現できずに終わりました。 ちなみに、この時のレシピは以下の通りです。 5ガロン ・ライムジュース 2パイント(1クォート) ・バニラ 1オンス ・キャラメル ・カラメル 1. 米国薬局方とあるので、さすがにこれには麻薬成分コカインの成分は入ってなさそうです。 以上のことから言えるのは、コカ・コーラにコカの成分が含まれるかどうかは、公開されていなにので分からない。 ということになります。 コカ・コーラの歴史を遡ると、コカ・コーラは1885年代にアメリカのアトランタで発明されました。 発明者は、ジョージア州コロンバスの薬剤師ジョン・ペンバートン(John Stith Pemberton)で、当初は薬用として飲まれていました。 コカ・コーラという名前は、2種類の主要な原料である「コカの葉」と「コーラの実」から命名されたので、この時点ではコカ・コーラは確かにコカの葉を原料として使っていたと言えます。 ちなみに、コカインはモルヒネ中毒に効くとされ、当初コカ・コーラは「モルヒネやアヘンの中毒に使える」と宣伝され薬局などで売られていたこともあります。 (発明者のジョン・ペンバートン自身もモルヒネ中毒でした。 ) というのも、当時はコカインは禁止されておらず、庶民が普通に購入できたのです。 オリジナルのコカ・コーラのレシピでは、8. 46mgの麻薬成分コカインを含んでいたとされています。 この後、コカ・コーラは順調に拡大していきますが、ジョン・ペンバートンは体を壊してしまい、たったの1ドルでコカ・コーラの権利を手放してしまいました。 そして、1903年にアメリカ国内で麻薬成分コカイン販売が禁止されると、コカ・コーラ社は原液の処方からコカインを取り除くことで対処しました。 その後は、麻薬成分コカインの代用としてカフェインが使われています。 コカイン(cocaine)は、南アメリカ原産の樹木であるコカから抽出され、日本では「麻薬及び向精神薬取締法」での麻薬に該当します。 南米の一部の国では高山病対策としてお茶として飲まれるなど伝統的に利用され、またボリビアでは鉱山労働者がコカの葉を噛みながら仕事をする習慣があります。 歴史的にコカ茶は日常的な飲み物で、ティーバッグなども売られています。 一方、先進国の大半では、「コカノキ」や「コカの葉」は麻薬原料植物に指定され栽培や流通が厳しく規制されています。 発売当初のコカインはモルヒネ中毒に有効と考えられており、コカイン自体には依存性は無いとされていました。 なので、一般人でもコカインは入手可能で、イギリスの有名デパート「ハロッズ」ではコカインとモルヒネと注射器がセットのギフトボックスが販売されていました。 今や清涼飲料水の王者とも言えるコカ・コーラには都市伝説的なものがあり、コークロア(Cokelore)という言葉まで生まれています。 (コークロアとは、コカ・コーラにまつわる都市伝説を意味する言葉で、CokeとFolklore(伝承)から造られました。 ) コカ・コーラに関する都市伝説には、次のようなものがあります。 ・コカインの使用:コカイン成分を除去したコカの葉(香料7x)が使われていると噂されています。 ・歯や骨が溶ける:オレンジジュースでも同じ現象は起きます。 ・避妊効果がある:実用性はありません。 ・コカ・コーラの瓶は女性のボディーラインを参考にした:実際はカカオ豆の形を参考にしたもの。 ・コカコーラには辛口と甘口がある:事実ではありません。 ・サンタクロースが赤い服を着ているのはコカコーラのCMが元祖:コカコーラのカレンダーにもそうした記述があります。

次の

ラベルがリストバンドに!限定グッズ当たる!

コカコーラ と パナソニック は

新型コロナウイルスの影響で自販機などでの売り上げが低迷し、コカ・コーラBJHの今第1四半期決算は赤字でのスタートとなった(編集部撮影) 「変革の年の前半で、この危機が起きてしまった」 5月14日にオンラインで行われた、コカ・コーラ ボトラーズジャパンホールディングス(BJH)の決算説明会。 冒頭でカリン・ドラガン社長は、会社の現状をそう表した。 「正直言って事業を放り出したい気分ではないだろうか」。 厳しい状況が続くドラガン社長を憂慮して、飲料業界内からはそんな声すら聞こえてくる。 3月以降の新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、コカ・コーラBJHの2020年12月期第1四半期(2020年1~3月期)の営業損益(国際会計基準)は78億円の赤字となった。 西日本豪雨による工場被災で供給体制が逼迫、さらには早期退職に伴う一時費用もかさんで損失を計上した前年同期と同様に、出足からの赤字スタートとなった。 収益の柱である自販機事業 今第1四半期の赤字の原因は、自動販売機を中心に売り上げが大きく落ち込んだことにある。 同社の飲料の販売数量をみると、1~2月は前年並みで推移していたが、大型イベント自粛などが始まった3月は前年同月比で1割減となった。 商品別では、買いだめ需要で伸びたとみられる水以外の炭酸飲料やコーヒーといった全商品が前年同期比を下回った。 外出自粛が本格化した4月については商品別のデータは公表されていないものの、全体の販売数量は2割以上も減少している。 安売りが常態化するスーパーなどと違って、定価で売ることができる自販機は利益率が高い。 そのため、自販機での販売数量減少は業績を直撃する。 特にコカ・コーラBJHは自販機への依存度が高く、飲料事業の粗利益の4割以上を自販機で稼ぐ。 同社の自販機台数は業界トップの約77万台で、国内市場全体の3割を占める。 業界2位・サントリー食品インターナショナルの約40万台、同3位・アサヒ飲料の約28万台を大きく上回る(自販機台数は飲料総研による調査データで2019年末時点)。

次の