チン ジュンジエ。 ヤンズー(杨紫)最新プロフィール紹介。恋愛関係も【霜花の姫】出演

ヤンズー(杨紫)最新プロフィール紹介。恋愛関係も【霜花の姫】出演

チン ジュンジエ

泡沫の夏台湾ドラマの 全話ネタバレをしていきます。 台湾のベストセラーの恋愛小説が原作で、ドラマが気になっている方いるのではないでしょうか。 本作でヒロイン夏沫(シャーモー)を演じるのは数多くのヒットドラマに出演するバービィー・スー。 そのヒロイン夏沫に想いを寄せる洛煕(ルオ・シー)を演じるのは、『中国で一番美しい男』に選ばれたホァン・シャオミン。 そして、もう一人、ヒロインに想いを寄せ洛煕とライバルになる富豪の息子、歐辰(オウ・チェン)を演じるのは、ピーター・ホー。 それでは早速、 泡沫の夏台湾ドラマの 全話ネタバレをしていきます。 そして、病弱な弟と生計を1人で支えることになる。 親友の珍恩(チェンエン)と一緒にアイドルタレント淑兒(シューアル)の付き人として働くことになった夏沫。 付き人だったけれど、 担当していたタレント淑兒から新人オーディションへの出場を進められて歌手を目指すようになる。 同じ頃、洛熙(ルオ・シー)は5年ぶりに台湾に帰国する。 洛熙(ルオ・シー)は、オーディション候補者のリストから昔孤児で一緒に暮らしていた夏沫の名前を見つける。 2人には切れない過去があった。 洛煕は『このメンバーの中に、過去に自分がお世話になった友人がいる』と言い、潘楠(パン・ナン)と親しく話す。 オーディションた最終日。 夏沫は圧倒的な歌唱力を披露するも、途中で亡き母親を思い出し声を詰まらせてしまった。 そんな時、 突如洛煕がステージに現れ会場は騒然となる。 一方、偶然その会場を通りかかった 歐グループの御曹司・歐辰(オウ・チェン)も夏沫に注目をしていた。 ところが、『洛煕の目的は私への報復だ…』と勘違いする夏沫。 しかし、本心を告白したことで、 徐々に2人は距離を縮める。 洛煕と夏沫のキスシーンを目撃してしまい、歐辰の心は穏やかではなった。 そんなある日、歐辰は夏沫と再会し、虹歐化粧品のイメージモデルに夏沫を起用すると宣言する。 ある出来事をきっかけに、夏沫は歐辰に突然別れを告げた。 後に夏沫は歐辰が事故で記憶喪失になっていたことを知る。 そして、 彼との関係を隠しながら虹歐化粧品のオーディションに参加することにする。 夏沫にとってはかわいい弟を守るため、この上ないチャンスを逃すことはできなかったから。 一方、 洛煕は『歐辰はまた夏沫に思いを抱いているのではないか』と不安を持ち始める。 オーディション当日、夏沫は誰かに連れ去られてしまう。 第5話:それぞれの思い 引用: 歐辰が夏沫を連れ戻し、何とかオーディションに間に合う。 夏沫は脚に怪我をしていた。 そんな夏沫を病院へ連れて行こうとする歐辰。 2 人きりにさせたくない洛煕。 歐辰が夏沫に告白している最中、洛煕も病室姿を現し見せつけるかのように彼女にキスをする。 夏沫は見事に虹歐社のイメージキャラクターに選抜されたが、相手役の俳優・凌浩が夏沫との共演を拒否してしまう。 夏沫は薇安と歐辰から事前に淑兒の犯行の証拠もらっていた。 しかし、夏沫は淑兒のしたことを許す。 そして、淑兒に今後自分との関係性を決めるように迫る。 夏沫に不満を抱き相手役をボイコットした凌浩の代わりになったのは洛煕だった。 2人をイメージモデルにしたCMは一躍脚光を浴び、 夏沫の芸能活動は一気に開花した。 一方で、 歐辰は夏沫と高校時代に交際していた事実を知る。 第7話:合鍵 最近めっきり夏のような天気が続いてますが、夏といえば華流ドラマ「泡沫の夏」思い出しますね〜 そしてルオ・シーこと黄暁明 ホヮン・シャオミン 、ついにアンジェラベイビーと結婚したんですね! 恭喜恭喜~!! — アジドラ アジアドラマチックTV AsiaDramaticTV 歐辰の執事の西蒙は、昔夏沫が洛煕へ心変わりしたせいで交通事故に遭ったこと、夏沫とは関係を持たない方が良いと思い事実を黙っていたと歐辰に白状する。 夏沫の芸能活動は相変わらず順調で、凌浩の主演ドラマ「純愛恋歌」の準ヒロインに見事に抜擢される。 注目度は高かったけれど何せ夏沫には経験が無かった。 夏沫は撮影初日からNGを連発し、現場では冷たい視線を浴びる。 洛煕は、落胆する夏沫を心配して自宅へ招く。 第8話:思い出したくない過去 ちょっと素人っぽい演技のおじさん… 責任はとれそうもないな… …と笑いにもっていきつつ…丸一日観たww 台湾版 — むぎ gomagendara 5年前、 洛煕はは夏沫や家族に心を開き始めていた。 ところが、洛煕は突然養父から家を出るよう告げられる。 黒幕は、歐辰だった。 夏沫と洛煕を引きさくために、歐辰が歐グループの従業員の養父に圧力をかけていたのだ。 夏沫は洛煕が海外へ留学できるよう奔走する。 洛煕はその後生活苦を経験しスターになった苦労人だった。 そんな 洛煕の演技指導のおかげもあり、夏沫演技力を開花させていく。 しかし、 妬み嫉妬の多い芸能界で夏沫に恨みを抱く者もいた。 第9話:つかの間の幸せ 歐辰…最後まで自分勝手だったね 妊婦捨ててくか? あはは…全部観ちゃったよ ハト…身体にいいのかぁ 台湾版 — むぎ gomagendara 夏沫に嫉妬心を抱く卉妮。 本番ビンタのシーン、卉妮は本気で何度も夏沫のことを叩く。 頬は腫れ上がってしまい、弟に心配をかけまいと腫れがひくまで洛煕の家でお世話になることにする。 そして2人は束の間の穏やかな時間を過ごしている。 撮影中に卉妮が本気で何度もビンタした事件は、世間へさらされ卉妮は大バッシングを受ける。 ドラマは脚本が変更され、 卉妮はヒロインから降ろされて夏沫が抜擢される。 卉妮は恋人同だった凌浩との関係もぎくしゃくしていく。 夏沫の芸能活動は飛ぶ鳥を落とす勢いだったが、そんな中、夏沫の所属する芸能プロダクションが歐辰の企業に買収される。 そして、留学当時のことを思い出していた。 世間から批判が相次ぎ卉妮は会見に追い込まれていた。 その会見で 卉妮は、夏沫を叩いた理由のは、夏沫が自分の恋人の凌浩を誘惑したからだったと涙ながらに釈明をした。 遂にドラマの撮影も休止に追い込まれる。 夏沫の事務所は卉妮のファンからの苦情が殺到し、対応に追われる。 卉妮のファンに囲まれ責められる夏沫を、偶然居合わせてた歐辰が車の前に飛び込んで助ける。 夏沫と凌浩は記者会見を開き、 夏沫は凌浩は共演者でそれ以上の関係・感情は無いと釈明する。 ところが、 凌浩は本当の事が言えなかった。 西蒙の入れ知恵で 卉妮が乱入してきて夏沫を責めたてる。 夏沫が窮地に追い込まれたところで、洛煕が登場する。 夏沫は僕の彼女だと宣言し、マスコミの面前で彼女にキスをする。 会見の一部始終をTVで見ていた 歐辰は彼への嫉妬心が抑えきれなかった。 権力を振りかざし、洛煕を出演映画のキャストから降板させてしまう。 毎晩悪夢にうなされる洛煕。 そんな彼を慰めながら、夏沫は歐辰に『洛煕の映画降板を撤回してほしい』と頼み込もうと決意する。 その夢にうなされる洛煕を慰めながら、夏沫は歐辰を訪ねることを決意。 そのころ、 過去の記憶を取り戻した歐辰も苦しみもがいていた。 かつて夏沫の養父母が交通事故で亡くなったのは、歐辰が仕組んだことと思い込み『死んだら 許してあげる』と言い放っていた。 その時のことを夏沫から聞こうとする歐辰。 第13話:駆け引き 日本の新聞に出た芸能ニュースを 思わずスマホで撮って読んでみた… 言いたいことは、何となく分かる 台湾版 — むぎ gomagendara 歐辰は遂に胃痛で倒れ搬送される。 駆け付けた西蒙はベッドで横になる歐辰を見守りながら、歐辰の母親にまつわる過去を回想する。 回復した 歐辰は、突然会見して『洛煕の降板を白紙に戻す』と言う。 その理由は、演技力も人気も申し分ない洛煕を降板させる理由はないからだった。 しかし、この逆転劇に納得できない洛煕だった。 本当は夏沫が裏で歐辰と取引をしたのではないかと疑い、降板撤回を受け入れなかった。 やがて、洛煕の事務所は 新しい映画製作を発表。 対抗するかのように歐辰の会社も同時期に映画製作を発表し、そのヒロインを夏沫にと言うのだった。 夏沫はデタラメででっち上げと反論するも、すっかり 傷心しきった洛煕は彼女と距離を置き始める。 そんな中、歐辰は誕生日を迎え、事務所の所属女優たちに祝福される。 しかし、そこに 夏沫の姿が無く歐辰は寂しさでいっぱいだった。 一方、沈薔は洛煕の新作で共演することが決まる。 沈薔は洛への気持ちを告白するのが、相手にされなかった。 澄は夏沫のことを心配しているが、 夏沫にとっては澄の腎臓移植のためのドナー探しの方が優先だった。 必死にドナー探しをしているところに、ドナー候補者が現れたとの吉報が入る。 その ドナーとは歐辰だった。 歐辰に懇願する夏沫。 歐辰は昔夏沫から『死んだら許す』と言われたことを根に持ち、 腎臓提供は自分との結婚が条件だと言う。 疲弊しきって帰宅した夏沫。 そんな 彼女に洛煕は別れ話をする。 第16話:恋愛より大切なもの 泡沫の夏って、2010年版の主演が蕭平章 ホアン・シャオミン で、2018年版の主演が李淡 チン・ジュンジエ なんだ!!! どっちも見るしかないよね!?!? 時代劇の衣装着てた人たちの現代服姿を観れるチャンスだもんね。 最高だなぁ🥰 よし、みよう。 あとはどちらから見るか🧐 — Ayaya IUAEIAymmzk 澄がいよいよ危篤に陥る。 病院に駆け付ける夏沫と歐辰。 苦しむ彼女の様子を見て、歐辰ははドナーになることを決意する。 そして 夏沫は歐辰との結婚を承諾する。 洛煕はそんな2人のやりとりを目撃してしまうのだった。 おかげで澄の病状が回復する。 洛煕は澄の見舞いに来て、 夏沫に別れは本心ではなかったことを打ち明ける。 そして、 歐辰との結婚は納得できないとも。 そんな中、澄は夏沫のためにウェディングドレスを用意していた。 夏沫たちがウェディングドレスの試着にやってくると、洛煕と沈薔が記者に囲まれていた。 次々と失礼な質問が記者から飛び、耐えきれず夏沫は記者に手を出してしまう。 マスコミのバックには歐辰がいると思っていた夏沫だったが、実は、 黒幕は西蒙だった。 さらに 西蒙は、歐辰の祖父のに頼まれて歐辰の両親を雇っていたことも打ち明けた。 歐辰は、両親が実の親ではなかったことを知る。 西蒙は責任を取って辞職を申し出る。 西蒙は洛煕の所属プロの夏英柏社長に歐辰の出生にまつわる意外な事実を打ち明ける。 歐辰が出生の事実を突きつけられどん底の境地の中、 洛煕は夏沫への未練を断ち切れないでいた。 いよいよ 歐辰と夏沫の結婚式当日、夏沫を待ち伏せしてプロポーズ! 第19話:天罰 只今28話まで視聴ちう。 オリジナルの泡沫の夏の ルオ・シー洛煕) が当時素敵でワイルドっぽさもあり😍作品も好きだったのですが 2018年版のルオシー役の子は、なんとも可愛らしい幼い感じの子で「声は太い」毎回観てて 私には宇野君に見えてしょうがない😁 — harumin haruharuhoshi どうなることかと思ったが、 夏沫と歐辰は結婚式は無事に終え、一組の夫婦が誕生した。 洛煕は失望し撮影中に大けがを負ってしまう。 弟の澄は、 姉が歐辰と結婚した本当の理由を知ってしまう。 澄は姉を犠牲にできないと腎臓提供を拒む。 同じころ、 撮影中に大けがをした洛煕は危篤状態になっていた。 何もかも夏沫のせいだと沈薔から責められる夏沫。 ついに高熱で倒れこんでしまう。 澄はようやく手術を受け入れる。 意識を取り戻して手術室に向かう夏沫は、そこで入院中の洛煕と出会ってしまう。 澄と歐辰の手術は成功し2人とも無事に退院し、夏沫は2人の身の回りの世話をしていた。 彼女は西蒙からの手紙を見る。 そこには、 歐辰の過去や彼と澄との隠された関係が綴られていて、2人とつながる夏英柏と会う。 同じ頃、 洛煕の芸能界引退ニュースが報じられる。 またもや夏沫は洛煕と遭遇する。 2人は最後に抱き合い別れの挨拶をしているところに歐辰がやってきてしまう。 重苦しい空気が夏沫と歐辰の間に流れる。 歐辰は強引に自分のものにしようとしていたが、夏沫も受け入れ彼らは結ばれる。 全てが落ち着き始めたかのように思えたさなか、 澄の病気が再発する。 第22話:残された声 只今28話まで視聴ちう。 オリジナルの泡沫の夏の ルオ・シー洛煕) が当時素敵でワイルドっぽさもあり😍作品も好きだったのですが 2018年版のルオシー役の子は、なんとも可愛らしい幼い感じの子で「声は太い」毎回観てて 私には宇野君に見えてしょうがない😁 — harumin haruharuhoshi 夏沫の祈りは通じることなく、 澄は旅立ってしまった。 夏沫はすっかり心を閉ざしてしまう。 歐辰はただ見守るしかなかった。 新聞の記事を見た洛煕も心配して駆け付けた。 洛煕は彼女を立ち直らせようと努力するも…。 そんな折、 恋人 澄を亡くした女性が主役の映画が企画され、夏沫が選ばれる。 洛煕は世間のさらし者になるだけと出演を反対すが、歐辰は澄との約束もあったので出演を後押しする。 第23話:新しい命 [trending] updated her social media reminiscing on her past dramas — with and with and! Ahhh, such nostalgia and memories. — c-drama tweets dramapotatoe キャストの選定が進み澄の役に洛煕が選ばれる。 実は、この映画は、夏沫を立ち直らようと歐辰が企画したものだった。 洛煕はすぐにそのこに気づくが、映画の撮影を続ける。 澄が夏沫に宛てて書いた手紙を発見した歐辰は、映画の中で弟役の洛煕に読ませることに。 手紙には、『姉さんが笑顔なら僕は百倍嬉しい。 僕のためにも笑顔でいてほしい』と綴られていた。 そんな中、 夏沫の妊娠が発覚! 第24話:真実の愛 引用: 夏沫と歐辰の元に新しい命の知らせが届く。 その知らせは、夏沫に母になる喜びを与えてくれた。 そして、弟の澄を亡くした悲しみをも慰めてくれた。 夏沫と歐辰は待望の一子との対面を夢見ながら幸せに過ごして行く。 ところが、幸せ絶頂のはずだった歐辰は夏沫と距離をとるようになっていく。 やがて、夏沫をモデルとした映画は大ヒットを記録し、主演女優賞の候補に挙がる。 授賞式当日のこと、 歐辰は彼女のもとを去る決意を固めていた。

次の

中国ドラマ「龍珠伝 ラストプリンセス」

チン ジュンジエ

日本初放送! 2010年の台湾ドラマピーター・ホー主演で大ヒットとなった「泡沫(うたかた)の夏」から8年。 チン・ジュンジエ、チャン・シュエイン、ホァン・シェンチーと 今が旬の実力派若手俳優たちをキャスティングし現代版にパワーアップ! 男女の三角関係ドラマだけでなく、ヒロインが自立した女性へと成長していく サクセス・ストーリーも丁寧に描かれているのが見どころ。 また、物語には現代のリアルな中国カルチャーや芸能界事情が反映されているのも見逃せない。 , LTD. , SHANGHAI YOUHUG MEDIA CO. , LTD. 話数 : 全36話 DATV初放送 : 2019年04月30日 弟と一緒に優しい養父母と暮らす大学生のシャーモー チャン・シュエイン は、女子学生たちの憧れの的である大企業の御曹司オウ・チェン(チン・ジュンジエ)と交際中。 そんなある日、シャーモーの家に父の友人の息子だというルオ・シー(ホァン・シェンチー)が居候して同じ大学に通うことに。 シャーモーとルオ・シーは次第に心を通わせるようになるが、そんな二人を見て嫉妬に駆られたオウ・チェンは、会社の力を使ってルオ・シーをシャーモーの家から追い出すことにする。 その結果、ルオ・シーはイギリスへと旅立ち、弟以外の家族を失うことになったシャーモーはオウ・チェンを恨み、彼に別れを告げたのだった。 それから数年後。 歌手を目指して芸能事務所の練習生となったシャーモーの前に、人気俳優として帰国したルオ・シーと、記憶を失ったオウ・チェンが現れる。 こうして、愛憎うずまく3人のラブストーリーは再び動き出すが……。

次の

ヤンズー(杨紫)最新プロフィール紹介。恋愛関係も【霜花の姫】出演

チン ジュンジエ

「中国ドラマは俳優さんたちが美男美女ばかりでびっくりしました」とは、最近になって中国ドラマを観始めたというと30代女性の言葉。 『麗王別姫(れいおうべっき)〜花散る永遠の愛〜』(以下、『麗王別姫』)を観て、主役だけでなく脇役まで見目麗しい俳優がそろっていることに驚いたという。 個人の趣味主観もあるだろうが、本当に中国ドラマには美男美女が多いのか? 最近、日本の芸能界も、中国への進出が著しく活発になってきた中、その答えを日本とはちょっと違う中国の視聴者の傾向や芸能界事情から探ってみた。 スターは「顔面偏差値」で格付け 中国といえば世界の人口第1位の国で、13億7867万人(2016年世界銀行調べ)が暮らし、漢民族のほかに55の少数民族がいる。 その人数の多さと民族の多様性からいくと、美男美女が生まれる確率もおのずと高くなるのかもしれない。 最近、「中国のガッキー」と話題の美少女もド田舎に住む少数民族の一人。 やはり13億の中にとんでもない逸材が隠れているのかもしれない。 また、中国では近年、俳優を「顔面偏差値」で格付けするのが流行している。 そのランク上位を占めるのは隣のお姉さん、お兄さんタイプではなく、非の打ち所がない美男美女たち。 どうやら、中国の視聴者は俳優に完璧な美しさを求めるようだ。 つまり、将来、芸能人になるような目立つ才能と容姿の持ち主は、子どものうちからピックアップされる可能性が高い。 例えば、中国を代表する国際派女優(章子怡)、『麗王別姫』のヒロインを演じるジン・ティエン(景甜)などは、ダンスの英才教育を受けた後、女優の道に進んでいる。 さらに、中国で俳優を目指す人は芸術学校や映画学校で専門的に演技の勉強をするのが一般的。 顔だけのアイドルではなくきちんと演技を磨くことで、演技のできる美男美女スターとなっていくのだ。 オーディション番組の場合、審査員の評価だけでなく、多くの視聴者の支持を集められるかどうかも重要なポイント。 こうした番組が誰が見ても美しいスターたちの登竜門になっている。 そんな声が聞こえてきそうだが、気になった人は中国ドラマをチェックしてみよう。 『武則天TheEmpress』をはじめ、『賢后 衛子夫』『宮廷の諍い女』『ミーユエ王朝を照らす月』『秀麗伝〜美しき賢后と帝の紡ぐ愛〜』など、中国の宮廷を舞台に女性ヒロインが活躍する歴史ドラマの数々は、ここ数年、韓流ドラマをも凌駕する勢いで人気を集めている。 溜め息の出るような華麗な世界観とともに、嫉妬や陰謀が渦巻く中、愛を貫くため、あるいはサクセスを手にするため、ヒロインが懸命に生きる姿は、国境を越え、現代に生きる女性たちに強力にアピールする。 宮廷内の嫉妬と陰謀に巻き込まれ、時代に引き裂かれそうになりながらも、身分の差を乗り越え、希代の聡明さと芯の強さで、後の第11代皇帝となる李俶(りしゅく)を深い愛で支えた。 今月3日よりDVDの発売&レンタルが開始されている(以降、毎月順次リリース)。 禁無断複写転載 ORICON NEWSの著作権その他の権利は、株式会社oricon ME、オリコンNewS株式会社、またはニュース提供者に帰属していますので、無断で番組でのご使用、Webサイト(PC、モバイル、ブログ等)や雑誌等で掲載するといった行為は固く禁じております。 また、ユーザーによるサイトの利用状況についても情報を収集し、ソーシャル メディアや広告配信、データ解析の各パートナーに提供しています。 各パートナーは、この情報とユーザーが各パートナーに提供した他の情報や、ユーザーが各パートナーのサービスを使用したときに収集した他の情報を組み合わせて使用することがあります。

次の