帰っ てき た ウルトラマン。 作品紹介 帰ってきたウルトラマン

作品紹介 帰ってきたウルトラマン

帰っ てき た ウルトラマン

帰ってきたウルトラマンロケ地リスト 放送 1971年4月2日~1972年3月31日 Ultraman who has returned location place list Return of Ultraman location place list の部分をクリック CLICK でロケ地画像が見れます。 2 26. 9 25. 16 22. 23 19. 30 21. 7 19. 14 17. 21 16. 28 19. 4 20. 11 18. 18 17. 25 18. 2 18. 9 14. 16 15. 23 17. 6 16. 30は報道特別番組 鍛冶昇 市川森一 19 宇宙から来た透明大怪獣 サータン 8. 13 16. 20 18. 27 17. 3 18. 10 23. 17 24. 24 21. 1 25. 8 26. 15 23. 22 23. 29 23. 5 25. 12 23. 19 24. 26 24. 3 20. 10 23. 17 27. 24 29. 7 27. 14 28. 21 28. 28 28. 4 26. 11 26. 18 29. 25 27. 3 25. 10 25. 17 25. 24 26. 31 29. Copyright C 2002- KOUSEKI・Qchan 不許複製.

次の

重厚なドラマを持つ「帰ってきたウルトラマン」

帰っ てき た ウルトラマン

再びお会いしましたね、仮面ライダーBLACK RX ZWEIです。 今回のテーマは名作エピソードを多く持つ「帰ってきたウルトラマン」です。 昭和46年、「スポ魂アニメ」が人気を博していた中で、生まれたウルトラシリーズ第2期の「帰ってきたウルトラマン」。 当初は本当に初代ウルトラマンと同一人物という設定だったが、児童雑誌の方で「ウルトラ兄弟」という設定が生み出されていたので、4番目の弟というこになったのが「ジャック」である。 因みに「ジャック」という名前は80年代に付けられた名前で、ジャックという呼び名が生まれるまでは「新マン」「帰マン」「2世」と呼ばれていた。 生粋のファンは「ジャック」と言うより、先ほどの呼び名を好む。 因みに掲載している写真は新マンのNGスーツである。 新マンに変身するのは地球人の青年・郷 秀樹(演・団 時朗氏)。 彼は子供と仔犬の命を救う為に自らの命を犠牲にして助けた。 その勇敢な姿に感動した新マンは彼と一心同体になる事を決めた。 新マンとして新たな命を与えられた郷はその不屈の魂をMATの隊長である加藤(演・塚本信夫氏)に見初められ、MATに入隊することになる。 入隊当初の郷はウルトラマンとしての超感覚を持っている為に他のメンバーと意見の食い違いなどがあり、孤立する事が多かったが次第に打ち解けていく。 写真のMATメンバーは後期の編成である。 当初の郷は自分の意志で変身する事は出来ず、人間として最大限まで努力した時にのみ変身が可能であった。 故に自分がウルトラマンだという驕りがあった最初は変身出来なかった。 だが、物語が進むにつれ、郷の精神的成長などもあり自分の意志で変身することが可能。 後にウルトラマンと郷の意志が融合したと解釈されている。 他の変身方法としてはウルトラマンと郷の意見が合致した時、郷自身の命が危険に晒された時は強制的に変身する。 苦戦を強いられる事が多い新マンであったが、ベムスターに敗北した時にウルトラセブンから万能武器「ウルトラブレスレット」を与えられ、ベムスターに勝利している。 割かしハードなドラマを展開させるこの作品の最もたるは郷の精神的支えであった。 坂田兄妹がナックル星人によって殺害されてしまった事であろう。 坂田 健(演・岸田 森氏)とルミ(演・榊原るみ氏)を殺された郷は変身し、ナックル星人 ブラックキングに戦いを挑むが冷静さを欠いた状態で戦っていたので敗北してしまう。 ナックル星人に捕えられたウルトラマンは処刑寸前に初代マンとセブンに助け出され、後にナックル星人とブラックキングを倒し、兄妹の仇を討った。 残された坂田次郎(演・川口秀樹)は郷と一緒に暮らすことになる。 この作品で語り継がれるのが第33話の「怪獣使いと少年」だと思います。 あれほど人種差別を描いた話はないと思います。 身寄りのない少年が街の人から過酷な虐めに遭っている。 この表現も苛烈なもので観ていたも心が痛みます。 その少年は街外れの廃墟で老人と一緒に暮らしていた、だが街の人は2人を迫害しようとした。 老人の正体はメイツ星人で今は金山十郎と名乗り地球に住んでいたが、地球の汚れた大気が星人の身体を蝕んでいた。 身寄りのない佐久間少年は地中に埋まっている宇宙船を掘り出そうと、毎日穴を掘っていたが、それが街の住人に気味悪がられ身勝手なレッテルを貼られる。 郷は老人の正体が星人であるこに気づいたが、悪い星人ではなかったので倒そうとはしなかった。 だが、老人は虐められる少年を助ける為に超能力を使ってしまう。 それが原因で暴徒と化した住人が少年を捕まえようとすると、老人は自分が宇宙人であることを明かす。 その答えに畏怖を感じた警官の銃弾に老人は倒れた・・・。 金山が死んでしまったことにより封印していた怪獣「ムルチ」は解き放たれ、街で暴れる。 その光景を見ていた郷に住人は助けを求めるが、郷は拒否した。 自分ちの勝手な思い込みで老人を殺し、1人の少年を不幸にしたことに郷は怒りを感じていた。 暴れるムルチを見つめる、郷の前に変装した伊吹隊長が現れ、郷を諭す。 郷は変身し、ムルチを倒した。 1人残された少年は宇宙船を探す為に穴を掘り続け、この話は終了する。 何とも言えませんね。 人間の身勝手な思い込みで命を奪われた罪なき宇宙人。 老人が死んだことにより再び1人になってしまった佐久間少年・・・あまりにも悲しすぎます。 この話にも傑作エピソードが「帰ってきたウルトラマン」にあります。 では、最後にウルトラ5つの誓いを。 1つ、腹ペコのまま学校へ行かぬこと。 2つ、天気のいい日に布団を干すこと。 3つ、道を歩くときには車に気をつけること。 4つ、他人の力を頼りにしないこと。 5つ、土の上を裸足で走りまわって遊ぶこと。 それでは次回もぶっちぎるぜ!!.

次の

www.toppu.jp

帰っ てき た ウルトラマン

あらすじ・ストーリー 環境汚染が進む地球。 次々へと異変が起こり始める。 そんな中、レーサーを志し、坂田自動車工場で住み込みで働く一人の若者・郷秀樹。 怪獣が町中で暴れる中、団地に取り残された子犬と少年を救出するため、MATの丘隊員が向かおうとする。 郷は女性では危険だと、自ら団地の中に飛び込んでいく。 子犬と少年を無事助け出すが、怪獣に団地を崩されてしまい、郷は瓦礫に埋もれてしまう。 病院の一室で、郷は静かに息を引き取る。 その時、郷秀樹に語りかけるウルトラマン。 郷の勇敢な行動は、ウルトラマンを感動させ、一心同体となりることで郷は蘇る。 そして、MATに入隊。 郷は、ウルトラマンと共に、地球と人類の自由、幸福を脅かすあらゆる敵と戦う決意を胸にする。 帰ってきたウルトラマン(ウルトラマンジャック)について 出典: ・身長:40メートル(一時的に人間サイズで活動、もしくはミクロ化することも可能) ・体重:3万5千トン ・年齢:1万7千歳 ・出身:M78星雲・光の国 ・飛行速度:マッハ5 ・走行速度:時速600キロ ・水中速度:180ノット ・ジャンプ力:400メートル ・腕力:10万トンタンカーをいとも簡単に持ち上げる ・聴力:200キロ先の針の落ちる音も聴こえる ・頭:鉄の2千倍の硬さ ・職業:ウルトラ道場の先生。 地球より帰還後は、宇宙警備隊地球課長。 カーレーサーを目指していた青年・郷秀樹(ごう ひでき)が怪獣が暴れ回る中、逃げ遅れた少年と仔犬を庇って命を落としてしまう。 その時、M78星雲から地球を守るためにやってきたウルトラマンが、郷の勇気ある行動を称え、彼と一体化することで蘇らせる。 常人離れしたウルトラマンとしての自身と、人間・郷秀樹としての自身とのギャップを抱えながら、怪獣や宇宙人と戦う中で成長をしていく。 出典: 初代ウルトラマンやウルトラセブンとは異なり、変身アイテムを用いない。 劇中では、郷が生命の危機に陥った時、自然に変身することが多い。 郷の頭上に十字状の光が輝き、呼応するように郷が右手または両手を斜め上に挙げ、変身するというパターンが基本。 意識的に変身をする場合は、右手を高く掲げることが多い。 中盤以降、郷の意思による変身も多く見られるようになっていく。 MAT(マット) MAT(マット)とは、Monster Attack Teamの略称。 「怪獣攻撃部隊」のことである。 国際平和機構の地球防衛庁に属しており、本部はニューヨークにある。 世界各国に支部があり、宇宙ステーションも保有している。

次の