虹プロジェクト 歌。 【ニジプロジェクト】ユナの性格と評価が厳しい理由!歌の実力を動画で確認!|ヒトトキ#

虹プロ・ユナは性格が問題?歌やダンスの評価が厳しい?スター性は抜群!

虹プロジェクト 歌

過去に京都にあるティンカーベルミュージックスクールというところに通っていたということです。 そこでは、ミュージカルにも出演経験があるということです。 2018年12月に、JYP練習生として単身韓国に渡って、わずか7カ月で自然に韓国語の基礎をマスターしたようですね。 虹プロジェクト「ミイヒ」はJYPの練習生 虹プロジェクトの「ミイヒ」は、TWICEのライブでJYPのスタッフにスカウトされ、練習生になり、今回のオーディションでは、練習生7ヶ月目で参加しています。 まだ15歳というとても若い年齢ですが、歌とダンスは既にかなり高いレベルに達しています。 虹プロジェクト「ミイヒ」は歌とダンスがすごい! 東京合宿では、ダンス順位2位、ボーカル順位3位ということで最終順位も2位になり韓国合宿行きを決めました 総合プロヂューサーのパク・ジニョンさんも「地区予選で特に印象に残った参加者が3人ぐらいいたと思います。 JYP練習生のミイヒという子が印象に残って、この子はスターになる準備が出来ている子。 全てが揃っている」と地区予選の時点で注目しています。 ダンスレベル評価 続いてダンスを披露したのが鈴野未光。 パクジニョン代表から「指摘するところがないです」と言われキューブ獲得 — Brix1000 Brix1000 ミイヒさんはダンスも完璧です。 東京合宿では大好きなTWICEのダンスを披露しました。 ダンスを本格的に習い始めてわずか7カ月弱しかたっていませんが、ダンスレベルの評価は2位を獲得しました。 パク・ジニョンさんも「本当に指摘するところがないです」とまで言われ、当然「虹キューブ」を獲得し ています。 ボーカルレベル評価 ボーカルレベル評価では中島美嘉の「雪の華」を披露しました。 みいひ ボーカルキューブ 獲得 — Nizi Project Japan Fan Base NiziProjectJFB ミイヒさんは、幼少期から歌うことが大好きで、3歳からボイストレーニングをスタートしたということです。 小学生の頃からは、「京都ティンカーベルミュージックスクール」に通い、オフブロードウェイで多数の出演歴もあるプロ講師から本格的に歌の技術を学んできました。 雪の華の歌唱でも透き通った歌声でパク・ジニョンさんも感激していました、 その結果、ボーカルレベルテストで3位を獲得しています。 虹プロジェクト「ミイヒ」は贔屓されている? 「虹プロビェクト」の放送後にTwitterで、ミイヒが贔屓されていると感じた投稿もありました。 ネットでミイヒと検索すると、「贔屓」や「嫌い」なども結果に出てきます。 「ミイヒ嫌い」とまでいわれているようですが、ほとんどの視聴者はミイヒの実力を認めているようです。 歌唱力・ダンス・スター性、どれをとっても虹プロジェクトの中でもトップクラスだと思いますが、なぜこのような声が出ているのでしょう? 理由を調べてみると 総合プロデューサーのパク・ジニョンさんの態度から「ミイヒ」がお気に入りなのが、あからさまに伝わってくるというものです。 ミイヒさんがNobodyを歌った時のパクジニョンさんの評価は、 最初のワンフレーズを聴いただけでキューブをあげようと思った。 そのあとどんなミスをしようとキューブをあげるつもりだった。 などとなっていて、「ミイヒ贔屓」の批判の原因は、こういうところから来ているということでしょう。 その他にも 虹プロジェクトの個人テストやチームミッションの課題曲が他の練習生に比べ「ミイヒに有利なんじゃないか?」や他の練習生に対する評価がミイヒより厳しいという声もきかれます。 特に「ニナ」と「リマ」に対する厳しいコメントと比較すると、ミイヒに甘すぎるのではというものです。 まとめ 「ミイヒ贔屓」や「ミイヒ嫌い」などネガティブな意見もありますが、贔屓がなくても実力的には合格間違いないでしょう。

次の

虹プロのデビュー曲とファイナルステージ課題曲(虹の向こうへ/Boom Boom Boom)の歌詞と歌割りは?

虹プロジェクト 歌

— 2020年 4月月9日午後7時00分PDT 虹プロジェクトとは、 日本のソニーミュージックと韓国の大手芸能事務所「JYPエンターテイメント」がコラボしたプロジェクトのことです。 グローバルに活躍する日本人ガールズユニットをつくり、11月にデビューさせる試みとなっています。 地方オーディションは、日本8都市・LA・ハワイを含め世界10拠点で行われ、約1万人が参加しました。 その中から TWICEや2PMを作り出したJ. park パク・ジニョン さんが自らオーディションを見て、デビューするメンバーを選抜していく模様がテレビ番組で放送されています。 ネット配信のHuluでは完全版が放送され、朝の情報番組スッキリでも特集が組まれるなど、今とても注目を集めています。 虹プロジェクト・マコ 山口真子のプロフィール• 名前:山口真子 やまぐちまこ• 生年月日:2001年4月4日• 年齢:19歳 虹プロジェクトpart1放送時は18歳• 血液型:A型• 出身:福岡県八女市• 趣味:ドラマ鑑賞、言語の勉強、日記を書くこと• 特技:大食い、レモンを無表情で食べる 虹プロジェクトで大活躍を見せるマコさんは、 中学2年生時にJYP公開採用オーディション12期で日本人の方が2位になったことを新聞で知ったのをきっかけに、自分もJYPに入りたいと思って翌年同じオーディションを受けました。 Huluの放送内で、当時のことを振り返って、 「来年のオーディションでは私が絶対に3位以内に入るんだ。 」と決意したのをよく覚えていると語っていたマコさん。 1年間、猛練習した結果、 3500人の応募の中から 見事3位になってJYPの練習生になりました。 その性格もあってか、好成績でJYP練習生になりましたが、そこからはなかなかデビューに恵まれず、 2年7ヶ月の月日が流れます。 さらに、マコさんと同年代のJYP練習生から成るガールズグループ 「ITZY」が2019年2月にデビューを果たしましたが、 マコさんがそのメンバーに入ることはなく、またデビューが先延ばしになるような始末でした。 実力は申し分なく、JYP内でも努力家として有名だったにも関わらず、なかなかチャンスがやってこない日々が続いていました。 そんな矢先、J. parkさんがプロデュースする虹プロジェクトのオーディションが来て、ようやくマコさんのデビューの兆しが見え始めました。 Sponsored Link 虹プロジェクト・マコ オーディションの歌・ダンスが上手すぎる! 長い間日の目を見ず、黙々と練習を積み重ねてきたかいもあってか、虹プロジェクトのオーディションではマコさんが披露する歌やダンスが上手すぎると早くも話題になります。 集中すると午後1時〜6時まで練習をし、夕ご飯を挟んでまた10時まで練習するほどストイックさを持つマコさん。 そんな努力家のマコさんのダンスや歌が高く評価されるのは嬉しいですね。 地方オーディション マコさんは地方予選では Uruさんの「フリージア」の歌と J. オーディション本番前に鏡の前で何回も何回も繰り返し振り付けを練習するマコさん。 この時は金色の長髪だったんですね。 Huluの放送内では、マコさんは J. parkさんとはエレベーターで一度しか会ったことがないと語っていました。 緊張感が漂う中、マコさんはミスすることなく歌とダンスを終えます。 parkさんの評価• 歌を歌うときは歌唱力だけではなく、話すように歌うことが大事。 マコさんは話すように歌えている。 強く動くときと軽く動く時の強弱ができている。 2年という期間を本当に誠実に練習してきたように見える。 誇らしく思います。 高評価をもらったマコさん、キューブをもらって涙が止まらなくなってしまいました。 2年7ヶ月という長い月日がようやく実りをあげた瞬間ですね。 見事、東京合宿のメンバーに残ることができました。 「この2年間たくさん辛いことがあったけど、頑張って世界に羽ばたいて行きたいと決意しました」と虹プロジェクトの放送内では語っていました。 東京合宿ダンスオーディション 地方予選では1万人の応募者が殺到しましたが、その中から次のオーディションである東京合宿に進んだのは26人です。 狭き門ですね。 4泊5日の東京合宿の自己紹介では、我一番とみんなの前に立ち、自信あふれる姿を見せたマコさん。 東京合宿が始まる2ヶ月の間に、金色の長髪をバッサリ切って、茶色のショートカットにイメージチェンジしていました。 男性グループの力強いダンスを踊るということで、J. parkさんも少し心配 期待 気味でしたが、マコさんは期待を遥かに超えて見事踊りきります。 女性が踊っているとは思えないほど、めちゃめちゃかっこいいですね。 parkさんの評価• オ ーディションを見ながら涙が出たのは初めて。 感動的だった。 一つ一つの動作をきっちりと踊ろうと、一生懸命練習してきたのが分かる。 最初に腕を上げたところでもう心を奪われた。 歌手になるための準備ができている。 parkさんからも絶賛されています。 実はマコさん、 毎朝起きて必ず体重を測るし、ストレッチ、有酸素運動、筋トレは欠かさずしているようなんです。 その努力をJ. parkさんに褒めてもらって思わず涙がこぼれます。 見事ダンスキューブを獲得し、 2 6人中1位の結果に輝きました。 東京合宿ボーカルオーディション 東京合宿のボーカルオーディションでは、 中島美嘉さんの「雪の華」を披露したマコさん。 パワフルな男性ユニットのダンスを踊った時とは打って変わって、ここでは切ないバラードで聞き手をおっとりさせるような歌唱力を見せつけました。 Huluの放送内でマコさんは、「 離れている両親への感謝の思い」を歌詞やメロディに乗っけて歌ったと語っていました。 その思いが伝わったのか、マコさんが歌い終わると、会場は余韻に浸るように静けさに包まれ、ボーカルトレーナーの女性が 「この子がベストね。 」とぼそっとつぶやいてしまうような状況に。 parkさんの評価• ある人は歌った時に人の心に触れることができる• マコの歌もそうで、 歌に心を細かく繊細に込めることができている J. parkさんもすっかり聞き惚れていました。 歌手としての才能も褒められたマコさんは、ダンスのオーディション同様に、キューブを獲得し、 見事1位に輝きます。 東京合宿スター性オーディション スター性を見極めるオーディションでは、マコさんは 「レモンを1個無表情で食べ、そのあとに習字をする」という奇抜なパフォーマンスを見せました。 昔から心を落ち着けたいときはレモンを食べて集中力を高めてから字に表していたというマコさんは、自分の本当の姿を四字熟語で表現したくてこういったパフォーマンスを取ったんだとか。 レモンを口に入れると、無表情に黙々と食べ続けるマコさん。 食べ終わると、そのまま正座の状態で筆を走らせます。 墨で書かれていた四字熟語は「 点滴穿石 てんてきせんせき 」。 これは 一滴一滴の小さな水でも長い年月をかけ れば大きな硬い石でも穴を通すことができるという意味です。 自身を一滴の水、2年7ヶ月という練習期間を長い年月と見立て、大きな目標 虹プロジェクトでデビューすること を達成しようとするマコさんの姿と重なる言葉として大切にしているようです。 parkさんの評価• 書き終えた字が本当に上手。 書いた字がマコの姿と重なって感動した。 真面目すぎないように先にレモンを食べたのもよかった。 parkさんも書き終えた字を見て驚いていました。 全員のパフォーマンスが終了した後、スター性のキューブを受け取ったマコさんは、毎回のことながらあまりの嬉しさに涙を流しました。 2年7ヶ月の努力が形ある評価になって返ってきてよかったですね。 東京合宿グループオーディション 東京合宿最後のオーディションはグループパフォーマンスでした。 TWICEのサナさんと モモさんも特別審査員として会場に来ました。 男性グループの力強いダンス、英語と韓国語のみの歌詞、メンバーの1人もこの曲を聞いたことがないという困難な状況の中、たった48時間しか練習時間がなかったにも関わらず、マコさんたちは見事歌い切りました。 parkさんの評価• ボーカル1位、ダンス1位の人がなぜ今回実力を出せなかったかというと、力を入れすぎているから。 声が細い。 ダンスの動作が狭い。 TWICEのサナさんもモモさんも、マコさんのダンスの上手さに感心した様子で見入っていましたが、リーダーということもあって期待値が高い分、J. parkさんからの評価は厳し目でした。 しかし最終的な 総合順位で、マコさんは 堂々の1位を獲得して、韓国合宿への切符を手に入れます。 韓国合宿は、2回連続最下位を取ったメンバーは否応なく脱落が決まってしまうという、より厳しいオーディションです。 最初の個人レベルテストで、マコさんは東京合宿のような力強いパフォーマンスとは違い、 新たな自分を表現しようといつもとは違うセクシーな雰囲気の曲・ ソンミさんの「24Hours」を披露しました。 セクシーな大人の女性をぷんぷんと匂わせながら見事に踊り歌い切ったマコさん。 今までとは違って男性の視線を引くような色気がありましたね。 実力、年齢共に一番高いお姉さんとして、メンバーを引っ張ってほしいですね。 虹プロジェクト・マコの両親&姉 虹プロジェクトのマコさんには両親と姉が一人います。 マコさんがJYPのオーディションに合格して家族のもとを離れて韓国に来る前まで、両親と姉とは福岡県八女市の自宅で一緒に暮らしていました。 Huluの虹プロジェクト内で両親について語ってくれたマコさん。 山口家では、 日曜日はお父さんの日と決めていて、 父親がディナーを全て作ってくれていたんだとか。 「毎週必ず1回お父さんの日があるんですか?」という質問に対して 「はい。 」と即答するマコさんの表情は、愛情たっぷりと両親から育てられてきたためか、キラキラしていて素敵ですね。 また同じ放送内で、2年7ヶ月前に両親のもとを離れて1人で過ごさなければならなかったのが辛くて寂しかったマコさんに、両親が 毎日テレビ電話をして応援をしてくれていたことも話していました。 「今は辛いけど、いつかは絶対幸せになれるよ。 」と励ましてくれた両親。 マコさんはそんな優しい家族に感謝の気持ちがいっぱい積もっていると語っていました。 Sponsored Link 虹プロジェクト・マコのインスタは? 虹プロジェクトのマコさん個人のプライベート用のインスタはありませんでした。 マコさんの様子を拝見できるのは、虹プロジェクトの公式インスタグラム内と公式Twitterですね。

次の

Nizi Project(虹プロジェクト)韓国合宿の歌やダンスを原曲と比較!

虹プロジェクト 歌

名前 : 山口 真子(やまぐち まこ)• 生年月日 : 2001年4月4日• 血液型 : A型• 出身地 : 福岡県八女市• 趣味 : ドラマ観賞・言語の勉強・日記を書くこと• 特技 : 大食い・レモンを無表情で食べる 彼女は、 JYPの練習生としてこのプロジェクトに参加しています! 練習生とは、入社した事務所ですぐデビューするのではなく、歌手の場合、歌やダンスをメインにデビューにむけてトレーニングしているアイドルの卵の人達のことをさします。 韓国ではほとんどの事務所が導入している育成方法です。 また、デビューに近づく練習生になることも大変難しく、マコさんの場合、大手の事務所ということで、並大抵な努力では絶対に入ることができないはずです・・・!! 練習生として異国の地で2年以上過ごし、今回自分の事務所が開催するプロジェクトに挑むということで・・・相当なプレッシャーや勇気が必要な選択だったと思います!! 虹プロ 山口真子 マコ 歌とダンスがプロ級! 続いて、彼女の歌やダンスの実力を見ていきたいと思います。 予選審査の時の動画です。 歌とダンスどちらも披露していますが、すでに、このままデビューしても良いくらい堂々とした姿と、表情管理が上手ですよね!キレのあるダンスと綺麗な歌声・・・さすが、JYP練習生!と誰もが思う実力です。 そして、審査員の男性ですが・・・ JYP事務所の代表J Y. Parkさんで、現在も大活躍されている韓国を代表するソロ歌手なんです!所属の歌手は彼がプロデュースしていて、その実力は言うまでもありません。 そんな代表も、 「2年という時間、本当に誠実に練習してきたようです。 誇らしく思っています。 」と彼女の実力や努力を絶賛しました。 このパフォーマンスで彼女は予選を通過、プロジェクトへの参加を決めました。 そして、審査員のJ Y. Parkさんがなんと・・オーディションを見て初めて涙がでたと語ったパフォーマンスの様子がこちらです。 1番初めの「JYPから来ました。 この姿が放送を見た人に伝わって、実力だけではなく、性格もいい!と応援したくなるきっかけにもなっているようです。 本当にまだ19歳(開始時は18歳)という若い年頃にも関わらず、ひたすら練習に打ち込んできた彼女の姿・・・尊敬でしかありません・・・この実力は頑張り屋さんの彼女だからこそ手に入れられたものなんですね。 また、彼女達を指導するJYPのトレーナーの方からの評価もご覧ください!! トレーナーさんからもパフォーマンスだけじゃなくて性格べた褒めされるマコちゃんは別格👼 — よー xxniziluvxx 今まで数々の練習生を見てきているトレーナーさんからも 上手すぎる、欠点無しなどコメントされているように、彼女のことを認めていますね。 まだ、19歳(開始時は18歳)という若さにも関わらず、誰からも認められる努力して培ってきた実力と性格の持ち主でした!! そしてこんなにカリスマ性のある彼女ですが、まだデビュー前!なんですよね。 これから、どんな姿で彼女をまた見ることができるのか・・・今後にも期待していきたいと思います!!.

次の