リクルートエージェント リクナビnext 違い。 リクルートエージェントとリクルートキャリアの違い

リクナビNEXTとリクルートエージェントとの違いはなんですか。|採用ノウハウ|中途採用なら採用成功ナビ

リクルートエージェント リクナビnext 違い

転職について調べていると色々な情報が出てきて混乱してて…。 特にリクルートエージェントやリクナビNEXTの名前をよく目にするんだけど、何がどのように違うんだう? 両方利用しておいた方がいいのかな? 転職について情報を集めていくと、様々なサービス名が出てきて混乱している人もいるのではないでしょうか? 特に「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」は大手なので目にする機会も多いかと思います。 そこでこの記事では、「リクナビNEXT」と「リクルートエージェント」の違いがよくわからずどうやって活用すればいいのか迷っている人のために、両方利用したことがある私や友人の体験談も交えながらら、それぞれの特徴やメリット・デメリット、活用法について解説していきます。 しかし、サービスの内容は違いますので、まずはそれぞれの特徴を知っておきましょう。 リクナビNEXTの特徴 リクナビNEXTは 「転職者の約8割が利用している転職サイト」とも言われており、様々な業種・職種の求人情報が掲載されている転職サイトで、 自分自身で求人探しや応募、面接日の設定などを行います。 リクナビNEXTのWebに職歴やスキルなどを登録することで、気になった求人があればどれでも応募することができたり、企業や提携している転職エージェントからスカウトがくることもあります。 応募書類の書き方や面接のポイントなど、転職に役立つコンテンツも充実しているので、リクナビNEXTのコンテンツを見ながら自分のペースで転職活動を進めることもできるでしょう。 時期によっても異なるんでしょうけど、すごい数ですね。。 そしてリクナビNEXTでは、高度なAI機能を使って登録者に合う求人情報を分析してピックアップしてくれる機能や、スカウト設定をONにしておくと、リクナビNEXTには掲載されていない非公開の求人を入手できる場合もあります。 「すぐに転職するつもりはないけど、情報取集だけでもしておきたい」「どんな会社があるのか見てみたい」という人にとっては、リクナビNEXTに登録をしておくことで様々な情報を得ることができるでしょう。 リクナビNEXTのデメリット 企業から直接スカウトが来ることは少ない 以前、リクナビNEXTを利用して転職活動をしていたときにスカウト機能をONにしていたのですが、 企業から直接連絡が入ることはほとんどなく、来るとしたら提携している人材紹介会社からでした。 私の場合は事務職の経験のみで、資格もないし特殊な仕事をしてきたわけでもないので、企業から直接入ることはなかったのかも…。 同じくリクナビNEXTを利用していた友人は、スカウト機能は利用していなかったと言っていました。 スカウト機能を使うことで「こんな求人もあるんだ!」と新たな発見ができる可能性もありそうですが、利用するしないは人によって様々なようですね。 情報配信設定をすべてONにすると大量のメールがくる 情報がたくさん得られることがメリットではありますが、情報配信設定をすべてONにしていたときはメールの量がかなり多くなり見きれませんでした。 中には「片道2時間以上かかるのでは…?」という勤務地の求人が入っていたりするので、配信される求人がすべて自分の希望に合っているかというとそうではなかったり。 私と同じように「大量のメールが来て見きれない!」という場合は、簡単に配信をストップすることができます。 リクルートエージェントのメリット 求人数は業界No. 1 リクルートエージェントは公開求人数に加え、 非公開求人数は約15万件を保有している取り扱い求人数業界No. 1の転職エージェントです。 リクナビNEXTよりも多い求人数を取り扱っており、エージェントサービスに登録することで非公開求人を見ることも可能になります。 様々な業種・職種に加え、ハイキャリアから未経験OK、日本各地の求人があり、年齢も20代~50代と幅広い年代に対応しています。 リクルートエージェントの求人数は見逃せないところですね。 ノウハウ・サポートが充実 リクルートエージェントは創業1977年以降、 約37万人の転職成功実績があります。 多くの転職者のサポート行い培ってきたノウハウを活かし、キャリアカウンセリングから応募書類のアドバイス、面接対策のフォローも充実。 そして、転職実績の高さから企業の人事担当者や管理職の人からの信頼も厚く、企業側から様々な情報を入手しています。 エージェントサービスを利用することで、求人票だけではわからないリアルな情報が得られそうですね。 リクルートエージェントのデメリット キャリアアドバイザーの質にムラがある リクルートエージェントは拠点数や取り扱い求人数に加えて、在籍しているキャリアアドバイザーも多いです(公式ホームページの情報だと約470人)。 口コミによると、• キャリアアドバイザーが親身になって対応してくれた• いつも迅速に対応してくれた と良い印象を持つ人もいれば、• 応募を急かされたり、面接前のスケジュール調整がしつこかった• なかなか返事がこない• 希望していない求人を紹介された といった残念な感想もあったり。 転職の決意が固い・できる限り早く転職したい• 1人での転職活動が不安・限界を感じている• 現職が忙しすぎて、面接日の調整や交渉などのサポートしてほしい• 効率よく転職したい リクナビNEXTもリクルートエージェントも無料!自分の状況に合っている方法を見つけてみよう 「私はどっちを利用すればいいんだろう…」と悩む人もいるかもしれませんが、 もし迷ったらまずはリクナビNEXTに登録してみることをおすすめします。 リクナビNEXTに登録して、好きなタイミングでどんな求人があるのを探したり、転職ノウハウのコンテンツを見たりしながら、「本格的に転職したい」「非公開求人も見てみたい」と思い始めたらリクルートエージェントに登録してさまざまなサポートを受けるのもひとつの方法です。

次の

リクナビNEXT

リクルートエージェント リクナビnext 違い

・リクナビネクスト (転職サイト) 転職サイト内の求人を自分で検索をかけて、自分で応募する。 応募企業と直接やり取りをする、スカウトサービスもある ・リクルートエージェント(転職エージェント) 転職アドバイザーが間に入って、あなたの希望に合った求人を紹介してくれる。 アドバイザーと面談を設定して会う、アドバイザーを介して企業とやり取りする という違いがあります。 転職エージェントは、結婚相手探しでいえば、「お見合いの仲人さん」が間に入って異性とやり取りするようなイメージです。 お見合いの仲人さんは間に入って候補者の選定や、お見合いの日程の調整などめんどうを見てくれますね。 それの転職バージョンといえば分かりやすいです。 アドバイザーが手取り足取りサポートしてくれます。 転職サイトは婚活パーティーみたいなものでしょうか。 パーティー会場という大きな箱(=転職サイト)があって、そこで自由にフリートークをして相手を探してください(=転職活動)、みたいな感じです。 転職サイトというのは、新卒の就職で会社探しをしたような就活サイト、「リクナビ」「マイナビ」のような 求人企業を自分で検索をかけて、エントリーして応募するというのを自分と企業が直接やり取りするものです。 上の就活サイトの、「中途採用バージョン」といっていいでしょう。 ではどっちを使うべきなのか?といえば ・サービスが違うのでどちらもメリットとデメリットがあるので単純に比較はできない といえます。 答えになってなかったらすみません笑。 結婚相手探しでも、お見合いがいいのか、婚活パーティーで異性を探すのがいいのか どちらがいいと思うのかは人によってちがいます。 またサービスがちがうので単純に比較できないですよね。 転職サイトと転職エージェントも同じくサービスがちがうので単純に比較はできません。 管理人の考えは ・自分に合った転職企業を探すために(=良い結婚相手を見つけるために) どちらもうまく活用して、転職活動の成功(=幸せな結婚生活)を目指す のが良いと思います。 どっちも登録料は無料なので、良いとこ取りして両方のメリットをうまく得ようとした方が賢いです。 婚活に置き換えれば、良い結婚相手に出会うためには、パーティーでもお見合いでも 出会いの間口が広い方が、良い相手に出会える確率が高まりそうです。 もし僕が今から転職活動をしないといけない、というのなら ・転職活動の初期に、転職サイト(リクナビネクスト)、転職エージェント(リクルートエージェント) の両方に登録して活動します。 まずは間口を広くしておいて、活動の状況に応じて取捨選択して強弱をつけます。 結果的に途中からどちらかでの活動は少なくなるかもしれません。 でもそれは失敗ではありません。 あくまで最終的なゴールは、転職活動の成功(=婚活でいえばゴールインの結婚)です。 その間の過程つまり、どんな手段で企業と出会うかは成功までのプロセスでしかないですからね。 図に表すと下のようになります。 求人数 これは転職サイトの方が多いです。 広く情報をオープンにして人材を集めたいのが転職サイトだからです。 しかしリクナビにもエージェントの両方に掲載される求人と、そうでないどちらかにしかない求人もありえます。 またネットにオープンして募集したくない求人も何割かあって、それはエージェントで非公開求人で募集するケースもあります。 無料なのでどちらも押さえておくと、間口を広げるのと、非公開求人の中で自分にとってのお宝求人に出会えるかもしれません。 求人数でいえば、人材業界では圧倒的なトップのリクルートグループのサービスですから サービスごとでみればどちらも業界トップ級であり、この2つに登録しておけば大きく求人を押さえておけます。 リクルートエージェントはエージェントの業界トップの求人数、転職実績数 リクナビネクストの求人のうち87%がリクナビネクストにしかない求人。 (15年1月リクルート調べ) 客観的な視点、サポート面 これは転職エージェントの方が強いです。 よく1人でおこなう転職活動の失敗でありがちなのが、「応募する企業の求める条件とズレた応募を繰り返して不合格を連発する」パターンです。 プロから見たら「あちゃー何でこういう応募を繰り返したんだろう」と思うことがあります。 例えば30社ほど自分で転職サイトを使って応募したが立て続けに不合格、しかしエージェントに登録し直して 面接での受け答えの訓練や、スペックに合った求人を紹介してもらったら、ポツポツと書類選考に合格し始めた、という人もいます。 転職活動の初期は特に、方針がズレて後から苦労しないようにプロであるアドバイザーに 「自分はこういう方向に進みたいと思っている、間違っていないか」と聞いてアドバイスを求めておけば、ズレを防げると思います。 それ以外では、特にリクルートエージェントの面接対策のセミナーはおすすめです。 セミナー受講後に、面接の通過率が35%もアップしたというデータもあります。 せっかく求める条件に自分のキャリアが合っていたとしても、ピントのずれたアピールをして不合格にならないよう、セミナーを受講して面接力をアップさせておくのをおすすめします。 採用コスト 転職サイトの方が安くすむ傾向 採用コストとは「企業が転職者1人を受け入れる時にかかる費用」のことです。 これは転職サイトの方が一般的に安く済みます。 リクナビネクストの掲載料金はリクルート代理店各社が表を出しています。 掲載枠で料金はピンキリですが数十万円でスタートできますね。 たいして転職エージェントの料金は、年収の25%〜35%の成功報酬を支払われる、と言われています。 400万円の年収なら100万円〜140万円の料金になりますね。 企業としたら採用費はなるべく安くすませたいですから、採用コストでみたら転職サイトに分がありますね。 最終的に応募者をジャッジする際に、ビミョーにこの採用コストが影響するのも否めません。 では採用コストが低い転職サイトならエージェントに比べて、応募時に採用に絶対に有利に働くかといえば必ずしもそうではないんですね。 もちろん有利に働くケースもありえます。 ですが採用を最終的に決める経営者は、人材は長期視点で見る場合もあるのと 採用予算が潤沢な企業や人材採用に熱心な会社だと、「多少高くとも優秀な人材に来てほしい」と考える会社もあるからです。

次の

リクナビとリクナビNEXTとの違いはなんですか。|採用ノウハウ|中途採用なら採用成功ナビ

リクルートエージェント リクナビnext 違い

総求人数と非公開求人数が業界トップ• 全国展開しているので地方転職でも利用可能• 転職対策が非常に充実している• 面接苦手者必見!無料面接セミナーも受講可能• 交渉力が高いので内定率が業界1位• 担当者の対応が丁寧で安心できる• 転職サポートにスピード感がある 総求人数と非公開求人数が業界トップ リクルートエージェントの案件数はなんと総求人数12万件以上と、他のサービスよりもずば抜けた案件数を保有しているんです。 そして一般には出回らない非公開求人数だけでも、10万件を超えています。 非公開求人とは企業側の都合で一般公開していない求人のことを指します。 企業側の都合で要職のポストが空いてしまったり、労働条件は良いものの大人数の募集は行いたくないなど募集する理由は様々です。 しかし非公開求人は一般的に、労働条件や優良企業の求人であることが多いので、転職活動では最もねらい目の求人であると言えます。 非公開求人はリクルートエージェントに登録していなければ閲覧できませんので、競争率が減り採用される可能性も高くなります。 また中には他の転職エージェントでは取り扱っていないような、大手企業の独占求人を紹介してもらえることもあります。 全国展開しているので地方転職でも利用可能 リクルートエージェントはサービスを全国に展開していますので、都内の転職だけでなく地方での転職を希望している方も利用可能です。 全国の要所に拠点を置いているので、直接コンサルタントと面会して相談することも可能です。 もし近くに拠点がなくとも、電話やメールでの転職相談や対策も行ってもらえるので安心してください。 都内から地方への転職を検討している方でも利用できるので、U・Iターン転職を検討している方も問題なく利用できますよ。 全国にあるリクルートエージェントの拠点は以下の通りです。 北海道・東北地方 札幌・仙台 関東地方 東京(丸の内・立川)・さいたま・千葉・横浜・宇都宮 中部・東海地方 静岡・名古屋 関西地方 京都・大阪・神戸 中国・四国地方 岡山・広島 九州 福岡 転職対策が非常に充実している 運営会社の株式会社リクルートキャリアは特にリクルートエージェントに力を入れていると言われていて、その中でも転職希望者へのサポートサービスは実に充実しています。 リクルートエージェントの担当となるエージェントは優秀で、情報の質やサポートの品質が高いと評判です。 転職希望者の希望する業界やマーケットを総合的に見て、最適な求人とアプローチを教えてくれます。 そして選考過程においては、職務経歴書などの添削も行っています。 特にエージェントサービスの中でも、面接対策のクオリティの高さは有名です。 希望する企業の過去の面接質問例を教えてくれたり、面接の傾向までヒアリングができ、面接対策も本番さながらの雰囲気で行ってくれます。 また転職活動では、複数の企業に応募して選考に参加しながら仕事を続けていかなければならないため、スケジュール管理が重要になります。 コンサルタントは転職のスケジュールも一緒に立ててくれるので、活動を計画を立てるのが苦手な方には非常に有効なサービスであるといえるでしょう。 面接苦手者必見!無料面接セミナーも受講可能 リクルートエージェントでは、業界では珍しく面接セミナーというものを開催しています。 登録者は無料で参加できるセミナーで、面接官の立場をシミュレーション体験することによって、企業が求める人物像が把握できます。 そして面接官がどのようなポイントを重視し、そしてチェックしているのかが学べます。 さらに注意点として、よくある不採用理由をもとにポイントを整理して伝えています。 面接は採用活動で一番重要視されるポイントでありながら、一番みなさんが苦手意識を持つところでしょう。 面接の相手である面接官側の気持ちを知ることで、より応募先に適した応答の対策がしやすくなります。 交渉力が高いので内定率が業界1位 リクルートエージェントの登録者は、他のエージェントと比較して最も高い内定率という実績があります。 書類選考対策や面接セミナーに本番さながらの面接対策など、充実したサポートのみならず、企業との関係が盤石なことも、内定率の高さの背景にあります。 業界最大手で老舗ということで多くの企業と太いパイプがあるので、例えば選考過程で一度落ちた場合でも、エージェントが交渉して再挑戦することができる場合もあります。 また、内定後の企業との年収交渉の場においても力を発揮します。 具体的には、リクルートエージェントを利用して転職した人の年収の増減データをみると、約63%の転職者が転職活動を経て年収アップしています。 担当者の対応が丁寧で安心できる リクルートエージェントはこれまで多くの転職者のサポートを行ってきたため、転職に関するノウハウを他の転職エージェントよりも多く保有しています。 そのためリクルートエージェント内でも、コンサルタントの教育体制がしっかり整っています。 そのおかげもあり、担当者の対応が丁寧で安心できるという声もあがっています。 転職エージェントでは、担当のコンサルタントと二人三脚で採用活動に挑んでいきますから、コンサルタントの対応によって相手を信頼できるかが変わってきます。 丁寧な対応であれば心象もよく、信頼しやすくなりますので転職活動においてはプラスになるでしょう。 転職サポートにスピード感がある これから転職活動をしようと検討している人の多くは、「すぐにでも次の職場を決めて今の職場から離れたい」と考えている人もいるでしょう。 リクルートエージェントでは登録後にすぐに面談の日程調整連絡が来たり、求人の応募状況を適宜確認してくれるなど、サポートにスピード感を持って対応してくれるんです。 転職活動をできるだけ効率的に行えるように、先へ先へと回ってくれるのは転職業界大手ならではのメリットではないでしょうか。 リクルートエージェントの5つのデメリット• 熱心だが強引に応募させようとする担当者もいる• 紹介される求人の中にブラック企業が紛れていることも• 転職活動で利用できるのは最大3か月間• 希望条件と異なる求人を紹介されることも• 担当者が転職を急かしてくる場合もある 熱心だが強引に応募させようとする担当者もいる リクルートエージェントはリクルートのグループ会社なので、体育会系のガツガツしたカルチャーがあります。 エージェントは積極的で熱心ですが、悪く言うと強引な印象もあります。 これは人によってどう映るかの問題なので、気になる人と気にならない人がいます。 エージェントは総じて優秀な人が多く、膨大な求人数も充実したサポート内容も、高い内定率も魅力です。 しかし、流されるタイプの人は、強引に誘導されてしまうこともあるかもしれません。 自分で言いたいことはハッキリと主張して、エージェントをうまく活用していくのがおすすめです。 エージェントをうまく活用できれば、強力なサポーターになります。 紹介される求人の中にブラック企業が紛れていることも 業界NO. 1の求人量を誇っていますが、案件が多い分、その中にはブラック企業と呼ばれている求人も含まれています。 ブラック企業という定義自体が人によって変わってきますが、エージェントから紹介される案件で違和感を感じたり、興味のない企業があればハッキリと断りましょう。 12万件を超える求人数なので、どうしても玉石混交になるのは否めません。 紹介された案件の中から、自分でもしっかりと精査する必要があります。 転職活動で利用できるのは最大3か月間 リクルートエージェントは、スピーディーな転職活動を信条にしています。 これは短期決戦で本気で動いたほうが、内定率が上がるというデータに裏打ちされた考えのようです。 この考えをもとにしているので、登録して長期的に構えていい案件があれば動くという人向けの転職エージェントではありません。 本気で転職活動をする場合はダラダラ活動せずに、最大3ヶ月に絞るのが理想的だと考えられています。 希望条件とは異なる求人を紹介されることも リクルートエージェントでは、利用者の転職理由や希望条件を丁寧にヒアリングして、自社の抱えている求人の中から提案してもらえます。 しかし中にはヒアリング内容とは全く異なる求人を紹介してくる担当者もいます。 中には希望条件とは異なっても、新しい道を提案するつもりで送ってくれる人もいるのですが、転職活動の期間が限られている以上、できるだけ要望に沿った求人を紹介してほしいですよね。 もし求人に不満を感じた場合には、コンサルタントに正直に伝えるようにしましょう。 リクルートエージェントのコンサルタントサービス• 転職先への要望やキャリアプランのヒアリング• 非公開・独占求人の紹介• 履歴書添削• 模擬面接• 企業側との交渉• 転職後のアフターフォロー リクルートエージェントでは、上記のサービスをすべて無料で利用することができます。 転職実績ナンバーワンのエージェントなので、初めて転職する方でも安心して利用できます。 また企業側からも転職者側からも、あまり悪い評判は聞きません。 担当エージェントは、転職希望者との面談を通して、膨大な求人情報から最適な求人紹介をしています。 その際に求人紹介だけでなく、企業ごとの説明・仕事内容の説明など丁寧に教えてくれます。 転職者側の希望に沿った案件がない場合は、何度も求人情報を検索して紹介してくれます。 このやり取りによって、転職希望者のニーズに沿った精度の高い求人が見つかります。 さらに、希望者は書類添削や面接対策のサポートが受けられますし、面接セミナーもあります。 リクルートエージェントは、転職成功実績も転職エージェントの中で1位の実績があり、これまでに30万人以上の転職者をサポートしてきています。 エージェントの品質と豊富なデータ、そしてリクルートの組織力が融合された、優れたエージェントサービスです。 リクルートエージェントの電話連絡はしつこい? リクルートエージェントの電話営業は、担当者によって変わりますが一般的にはしつこくありません。 リクルートエージェントからかかってくる電話は、大きく3パターンに絞られます。 面談日もしくは面接日前のスケジュールの確認、企業面接などで企業側に急な用事が入り時間を変更する場合、そして書類通過や面接合格に内定決定など合格の通知です。 必要以上の電話営業はありませんので、登録すると電話がしつこいだろうなという心配は必要ありません。 これらの重要な要件以外は、インターネットメールを活用しますので、大事な要件以外で電話がかかってくることはないでしょう。 しかしエージェントの中にはノルマに追われてかけてしまったり、新卒でまだ未熟であったりするエージェントもいますので、100%しつこくないとは言い切れないでしょう。 仮に登録して担当エージェントがしつこすぎると感じた場合は、担当の変更を申し出ることも可能です。 リクルートエージェントの求人数と質のレベルは? 人材紹介業界で圧倒的な求人数を抱えているリクルートエージェントは、12万件を超える求人情報と、その約80%に上る10万件以上の非公開求人を抱えています。 求人の質・量ともに圧倒的なボリュームなので、年齢・性別・業界問わず、あらゆる転職希望者に使える転職エージェントです。 第二新卒からベテラン社員まで幅広いクラスの求人情報があり、都会で働きたい方から地方で働きたい方まで、日本全国のどの地域も網羅している全国規模のサービスです。 求人企業は、日本を代表する東証一部上場企業から、ハイクラスの外資系企業、そして勢いのあるベンチャー企業まで、企業規模を問わずあらゆる求人情報を保有しています。 リクルートグループ自体が老舗の大手企業という関係で、長年築き上げてきた信頼により大手企業との太いパイプがあり、大手企業の求人情報を多数抱えています。 また、同業界でのキャリアップだけでなく、業界を変えるキャリアチェンジにも対応しています。 あまりにも多くの求人情報を抱えているので、他の転職エージェントではない求人が、リクルートエージェントにはあるといわれています。 登録は無料で、サービスの初めから終わりまで一貫して無料で受けられるサービスです。 登録すると違いが分かるほどの圧倒的な求人情報があります。 リクルートエージェントはどんな人に向いている? 5. 0 リクルートエージェントは手厚いサポートが受けられる転職エージェントなので、転職初心者の方や第二新卒から、在職中のベテランの方にまで幅広い層に向いています。 そしてWeb業界から医療業界・金融業界など、ほぼすべての業界をカバーしています。 さらに全国展開しているサービスなので、首都圏から地方まで日本全国どの地域の人も利用できるサービスです。 リクルートエージェントで転職するまでの流れ リクルートエージェントを利用する際は、Webサイト上にある転職エージェントの申し込みフォームへの登録から始まります。 そのフォームに、転職希望時期や転職希望地・職種や年収などを記入し、申し込みを完了します。 希望者はスカウトサービスにも登録します。 スカウトサービスに登録すると、企業や転職エージェントからオファーが来ます。 申し込み完了後2日から7日の間に転職エージェントから連絡が入るので、面談日を決めます。 面談では担当キャリアアドバイザーと共に、これまでのキャリアやスキル・強みと弱みなど、キャリアの棚卸しをします。 この行動によって、自分だけでは気づかない強みや可能性を見出すことができます。 次に、希望する条件を共有します。 その内容をもとに、求人情報が紹介されます。 紹介された案件から応募したい企業が見つかれば、応募がスタートします。 応募に際しては、書類の添削から模擬面接に面接対策セミナーまで、転職成功に向けて徹底的に手厚いフォローを受けることができます。 書類選考を通過すると、面接過程がスタートします。 面接の日程も、キャリアアドバイザーが転職者の希望を考慮して調整します。 最終面接も通過となると、無事内定となります。 内定後も入社日の調整や条件交渉などを、キャリアアドバイザーに任せられます。 キャリアアドバイザーは、登録者の転職を成功に導くプロフェッショナルとして、最初から最後まで力になってくれる強力なサポーターです。 リクルートエージェントの面談の内容・準備・注意点 面談の内容 リクルートエージェントの面談では、主に以下の内容が話し合われます。 履歴書• 職務経歴書 あらかじめ送付しておくことで、ある程度求人を絞って紹介してくれるので、時間を短縮することができます。 ただし急いで面談をしたい方は、当日の持ち込みでも大丈夫です。 また面談時に履歴書や職務経歴書の添削をしてもらうこともできるので、本番でも使えるように真剣に書くようにしましょう。 その他、転職エージェントから写真など持参するように求められることもあります。 面談時にラフな服装で行っても大丈夫? リクルートエージェントの面談では、服装は特に指定されていません。 しかしあまりにもラフな格好だと、エージェントからの信頼を失ってしまい、優良な求人を紹介してもらえなくなるかもしれません。 転職エージェントでは、求人を紹介するだけでなく採用されなければ、企業から報酬を受け取ることができません。 そのため採用の見込みの薄い人材には、優良な求人を紹介していないのです。 絶対にスーツでなければならない!ということはないですが、無駄なリスクを避けたいのであれば、スーツを着た方が無難です。 「堅苦しく見られたくない…」という場合には、オフィスカジュアルで行くことも検討してみてください。 エージェントの面談は時間厳守 リクルートエージェントからすると、あなたは大事な顧客の1人ですが、だからといって遅刻は絶対しないようにしましょう。 日本企業では面接や打ち合わせでは、遅刻は絶対にやってはいけないタブーです。 そのため、最初の打ち合わせで遅刻するような人は、転職できる見込みが薄いと判断され、求人が紹介されにくくなります。 万が一遅刻しそうなときには、必ず事前にお詫びの連絡をするようにしましょう。 リクルートエージェントとリクナビNEXTの違いとは? リクルートが運営する転職サービスは、リクルートエージェント以外にも、リクナビNEXTと呼ばれる転職サイトもあります。 リクナビNEXTは業界内でも最大級の求人数を誇る大型メディアですが、基本的に自力で求人を検索して、自分で転職活動を進めていくことになります。 そのため自分のペースで転職をしたい方や、ある程度転職に慣れている方にはおすすめのサービスです。 しかし初めて転職をする方や、働きながら転職活動を進める予定の方は、転職サポートが充実しているリクルートエージェントがおすすめです。 業界特化型の転職サービスでは、エージェントが業界知識に精通しており、求人が探しやすいといったメリットもあります。 総合系の転職サイトだけでなく、あなたの希望する業界に特化した転職サービスにも登録しておくことをおすすめします。 リクルートエージェントの運営会社はどんな会社? リクルートエージェントは、リクルートグループの転職エージェントであり、人材紹介サイトです。 以前は株式会社リクルートエージェントが運営していましたが、2012年12月以降は株式会社リクルートキャリアが運営しています。 株式会社リクルートキャリアは、1977年に設立された株式会社日本リクルートセンター、今で言うところの株式会社リクルートのグループ企業です。 株式会社リクルートキャリアとしては、株式会社リクルートの人材採用事業のHRカンパニーと、日本最大級の転職サイトの株式会社リクルートエージェントが統合して、2012年に商号変更して誕生しました。 東京駅から徒歩3分圏内の一等地、東京都千代田区丸の内にある高層ビル、グラントウキョウサウスタワーに本社を構えています。 株式会社リクルートキャリアのビジョンは、ひとりでも多くの人が働く喜びを膨らませ、その輪が新たな活力を生み出す社会を創造することです。 人材紹介ビジネスを通して、一人でも多くの人に働く場を提供できるように企業と個人のマッチングに専念して、社会貢献に繋げていくという理想を掲げています。 その中核事業は、個人向けの人材紹介サービスと、企業向けの人材戦略サービスの2本柱です。 事業領域は幅広く、メディア事業ではリクナビなどの新卒採用メディアとリクナビNEXTなどの中途採用メディアを展開しています。 人材紹介事業ではリクルートエージェントを主軸とし、他にも企業が行う適性検査や面接指導などの選考支援事業まで行っています。 このように、人材ビジネスに関するほぼ全ての領域をカバーしているのが、リクルートエージェントの運営会社、株式会社リクルートキャリアです。

次の