ハチ 高原 ヒルクライム。 ヒルクライムチャレンジシリーズ

「ハチ高原(京都)ヒルクライム 第4話」jagataのブログ | jagataのページ

ハチ 高原 ヒルクライム

また私が18歳未満の場合は、私の保護者が以下の事を誓約の上参加する事に同意した事を証します。 1.大会主催者が設けた全ての規則、指示に従うことに同意します。 2.私は自分自身の健康管理に細心の注意を払い、大会及びその他付帯行事の開催中参加に当たって関連して起きた死亡、負傷、その他の事故の場合にも自己の責任において一切処理し、主催者、管理者、役員及び係員並びに参加選手など大会関係者を非難したり責任を問わない事を誓います。 尚この事は事故が主催者に起因した場合でも変わりありません。 3.大会及びその付帯行事の開催中、参加者自身の所有品及び用具に対し一切の責任は参加者自身が持つものとします。 4.豪雨、強風その他の気象条件又は止むを得ない理由により大会の中止になっても異議ありません。 またその場合の参加費が返金されないことを承知します。 自己都合による不参加の場合も同様とします。 5.私は、私の個人情報を、主催者及び主催者の関連会社や協力会社のイベント情報や各種サービスに関し、必要な範囲で利用することに同意します。 保護者同意書無き場合は大会への参加が出来ない場合があります。 小学生は9歳以上。 試走も含め、走行中はグローブ・ヘルメットの着用を義務付けます。 車検は行いません。 転倒の際に危険と思われる部品は外してください。 ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 人と人との接触を避け、対人距離を確保すること(受付等)。 マスクの着用(競技中の参加者は除く)。 スタッフ、参加者、観客等は大声での会話、応援等を行わないようにすること。 車輪径26インチ以上の車輌。 タイヤ幅1. 7インチ以上。 中国自動車道・佐用インターから42km。 三宮から約130km。 姫路から約75km。 岡山から110km。 鳥取自動車道、西粟倉より北回りで来場されるのが早い場合もあります。

次の

2020/6/28 第29回 ちくさ高原ヒルクライム大会[ジュニア]

ハチ 高原 ヒルクライム

また私が18歳未満の場合は、私の保護者が以下の事を誓約の上参加する事に同意した事を証します。 1.大会主催者が設けた全ての規則、指示に従うことに同意します。 2.私は自分自身の健康管理に細心の注意を払い、大会及びその他付帯行事の開催中参加に当たって関連して起きた死亡、負傷、その他の事故の場合にも自己の責任において一切処理し、主催者、管理者、役員及び係員並びに参加選手など大会関係者を非難したり責任を問わない事を誓います。 尚この事は事故が主催者に起因した場合でも変わりありません。 3.大会及びその付帯行事の開催中、参加者自身の所有品及び用具に対し一切の責任は参加者自身が持つものとします。 4.豪雨、強風その他の気象条件又は止むを得ない理由により大会の中止になっても異議ありません。 またその場合の参加費が返金されないことを承知します。 自己都合による不参加の場合も同様とします。 5.私は、私の個人情報を、主催者及び主催者の関連会社や協力会社のイベント情報や各種サービスに関し、必要な範囲で利用することに同意します。 保護者同意書無き場合は大会への参加が出来ない場合があります。 小学生は9歳以上。 試走も含め、走行中はグローブ・ヘルメットの着用を義務付けます。 車検は行いません。 転倒の際に危険と思われる部品は外してください。 ゴミは各自でお持ち帰り下さい。 人と人との接触を避け、対人距離を確保すること(受付等)。 マスクの着用(競技中の参加者は除く)。 スタッフ、参加者、観客等は大声での会話、応援等を行わないようにすること。 車輪径26インチ以上の車輌。 タイヤ幅1. 7インチ以上。 中国自動車道・佐用インターから42km。 三宮から約130km。 姫路から約75km。 岡山から110km。 鳥取自動車道、西粟倉より北回りで来場されるのが早い場合もあります。

次の

「ハチ高原ヒルクライム」というイベント

ハチ 高原 ヒルクライム

さて、第4話 色々と騒がしくなってきました。 騒がしくなる事で注目も浴びより健全な運営による良いイベントとなっていただきたいものです。 さて知人はその後、養父市の警察の担当課に連絡したところ、まだ、使用許可は下りていないとか。 普通なら結構書類の数も多く時間がかかると聞いたことがありますが、はてさて。 で、誤解していた部分もありますが、 ハチ高原周辺で旅館をしている方からの情報ですと、旅館の方はハチ高原ヒルクライム運営会社様に確認をされた所、ハチ高原周辺エリアの観光協会、地元の区長さん等、責任ある方々から多数のご署名をいただいてるとの事でした。 旅館の方も書類の原本を拝見されたようで、「全くもって地元無視」という訳では無いようです。 しかし、知人が養父市の観光協会に訪れた際に観光協会の方は、色々申し上げる前に、既に多くの問い合わせがあるんですが、皆さんにこんな事に協力してるのか、と全員否定的なご意見を頂戴しています、との事。 但し全く観光協会は無関係で、なんの情報もございませんし、毎日の様に問い合わせがあり、職員も困り果ててる。 という話はなぜなのか、更には、ハチ高原の責任者の方が、先日観光協会に来られた際に、公道封鎖してレースするのはご存知ですか?と尋ねたところ、全く知らないとの事。 このあたりの食い違いはなんなんでしょう? あと2ヶ月ですよ。 そして何より心配なのが参加においての安全装備の記載が出てきていないこと。 京都ヒルクライムでは、車検も無く、ドライバーミーティングやブリーフィングが参加者からの指摘で始められたこと。 carview.

次の