嵐 会見 無責任。 嵐の記者会見で無責任発言をした記者は誰?スポニチ桑原淳!ブチ切れ櫻井、二宮が神対応!【コメント全文・動画】

嵐 会見で大野の理由に無責任!発言した記者に批判の声!

嵐 会見 無責任

嵐に無責任!?記者の一言にネットでは? 記者の無責任って言葉に対して即返答する翔くんがめちゃめちゃかっこよかったです — クリームパン nananino0915 2019年1月27日 「無責任」という言葉を使った記者を誰か知りたいからフジテレビにお問い合わせしようと思ったんだけど、電話対応が21時まででした。 9時30分〜電話受付してるみたいなので、明日お問い合わせしてみます。 特定して、会社を通してでも謝罪の一言を頂かないと気が済まない。 無責任発言記者の特定を急げ。 繰り返す。 特定班、無責任発言記者の特定を頼む。 「無責任」「リーダーのせい」ていう質問した記者はさっさと特定されてどうぞ…この会見でよくその質問できたな?な? — ちっちゃいひと tamarutameru カメラがあの記者を映したのは、嵐の会見での無責任記者の特定のためじゃなくてMr. サンデー側の人だったからだと思うよ。 それわかっててもやるんだから命しらずとゆーか、 — ikainari hanakuro8 すでに特定されてるっ!てつぶやきを見ただけなんだけどね。 映像はその記者さん後ろ姿だったから、正確かは謎。 後でスタジオの宮根さんと話してた人は声や話し方が違う気がするのよねぇ。 ニノが「翔ちゃんはゼロのキャスターだよ、落ち着いて」って伝えているような感じに見えた。 色んなところに伏線をはってる。 無責任という言葉の使い所間違ってますよね。。。 あのような場で無駄に悲しい思いさせられましたよね。 — peco sprng45 ネットではかなり怒り爆発の方達が多くいました。 嵐の記者会見で無責任発言をした記者は誰? ここの情報に関しては 色んな情報がありましたが、 確実に特定されている方はいませんでした。 候補は何人かいましたので、 確実に絞れて確定しましたら、情報を記載したいと思います。

次の

嵐会見の大野智に「無責任」に櫻井翔と二宮和也が見事な返しで反論!称賛相次ぐ!

嵐 会見 無責任

ファンや世間にとって絶対に気になることのはずなのに・・・・・・(東洋経済オンライン編集部撮影) 1月27日に開かれた記者会見以降、連日、嵐の活動休止に関する報道が続いています。 その大半は、嵐の活動休止を悲しむ声や、彼らの素晴らしさを称えるものですが、飛び抜けて反響が大きかったのは、「無責任」質問に関する記事。 ある記者の「『お疲れ様でした』という声もある一方で、『無責任』という指摘もあると思う」という発言に批判が殺到しただけでなく、「モーニングショー」(テレビ朝日系)の石原良純さんや羽鳥慎一さん、「バゲット」(日本テレビ系)の青木源太さん、「バイキング」の坂上忍さんら情報番組の出演者たちもこの発言に批判的なコメントを発しました。 しかし、嵐の会見で見えた本当の問題は、いち記者による「無責任」質問ではなく、「メディアとしてどうなのか?」と思わせるところが多々あったことなのです。 嵐の人間性や仕事やファンと向き合う姿勢は素晴らしいものがありました。 それだけに、メディアに対する疑念が浮かび上がってしまったのです。 悪役の存在が嵐の魅力を際立たせた まずは、「無責任」質問の一部を切り取らず、すべての発言を再現してみましょう。 「〇〇(会社名)の〇〇です。 お世話になります。 ちょっと、あの……おうかがいしたいのがですね、みなさま、もちろん多大な功績を残されてきて、まあ『お疲れ様でした』という声もある一方で、まあやっぱり『無責任じゃないか』という指摘もあると思うんです」 ほぼすべてのワイドショーがこの質問をフィーチャーし、ネットメディアもこぞって記事をアップしました。 その理由は、この質問によって、あらためて嵐の魅力がクローズアップされたからに他なりません。 たとえば、ドラマで「悪役が憎らしいほど、主人公の魅力が引き立つ」ように、記者が悪役になったことで「いかに嵐が素晴らしいのか」を人々に感じさせられたのです。 かつて芸能記者と言えば「嫌われてナンボ」の存在であり、過剰なほど取材対象者に切り込んでいましたが、最近はテレビ局や芸能事務所とのつながりを重視して「嫌われないように振る舞う」という人ばかり。 しかし、そもそも記者たちの仕事は、「取材対象者の思いや事実を引き出して、多くの人々に届ける」こと。 今回の会見は、熱心なファンクラブ会員に向けたものではなく、ファンではない人も対象にしたものでした。 それだけに、まるで本人たちや事務所の顔色をうかがうような一面的な質問ばかりでは、せっかく日本中の人々に向けて会見を開いたという意味が半減してもったいないのです。

次の

嵐活動休止会見の無責任発言記者はどこの誰?とくダネ動画で名前が暴露!

嵐 会見 無責任

ファンや世間にとって絶対に気になることのはずなのに・・・・・・(東洋経済オンライン編集部撮影) 1月27日に開かれた記者会見以降、連日、嵐の活動休止に関する報道が続いています。 その大半は、嵐の活動休止を悲しむ声や、彼らの素晴らしさを称えるものですが、飛び抜けて反響が大きかったのは、「無責任」質問に関する記事。 ある記者の「『お疲れ様でした』という声もある一方で、『無責任』という指摘もあると思う」という発言に批判が殺到しただけでなく、「モーニングショー」(テレビ朝日系)の石原良純さんや羽鳥慎一さん、「バゲット」(日本テレビ系)の青木源太さん、「バイキング」の坂上忍さんら情報番組の出演者たちもこの発言に批判的なコメントを発しました。 しかし、嵐の会見で見えた本当の問題は、いち記者による「無責任」質問ではなく、「メディアとしてどうなのか?」と思わせるところが多々あったことなのです。 嵐の人間性や仕事やファンと向き合う姿勢は素晴らしいものがありました。 それだけに、メディアに対する疑念が浮かび上がってしまったのです。 悪役の存在が嵐の魅力を際立たせた まずは、「無責任」質問の一部を切り取らず、すべての発言を再現してみましょう。 「〇〇(会社名)の〇〇です。 お世話になります。 ちょっと、あの……おうかがいしたいのがですね、みなさま、もちろん多大な功績を残されてきて、まあ『お疲れ様でした』という声もある一方で、まあやっぱり『無責任じゃないか』という指摘もあると思うんです」 ほぼすべてのワイドショーがこの質問をフィーチャーし、ネットメディアもこぞって記事をアップしました。 その理由は、この質問によって、あらためて嵐の魅力がクローズアップされたからに他なりません。 たとえば、ドラマで「悪役が憎らしいほど、主人公の魅力が引き立つ」ように、記者が悪役になったことで「いかに嵐が素晴らしいのか」を人々に感じさせられたのです。 かつて芸能記者と言えば「嫌われてナンボ」の存在であり、過剰なほど取材対象者に切り込んでいましたが、最近はテレビ局や芸能事務所とのつながりを重視して「嫌われないように振る舞う」という人ばかり。 しかし、そもそも記者たちの仕事は、「取材対象者の思いや事実を引き出して、多くの人々に届ける」こと。 今回の会見は、熱心なファンクラブ会員に向けたものではなく、ファンではない人も対象にしたものでした。 それだけに、まるで本人たちや事務所の顔色をうかがうような一面的な質問ばかりでは、せっかく日本中の人々に向けて会見を開いたという意味が半減してもったいないのです。

次の