ゴリランダー みがわり。 【剣盾シーズン8】特殊エースバーン入り対面構築【レンタルチーム】

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【深緑の御三家!万能ゴリラ】

ゴリランダー みがわり

H100 A125 B90 C60 D70 S85 というそこそこの耐久と攻撃を持ったバランスの良い種族値となっています。 HPの種族値があと1多ければぶっぱするだけで16nになってた。 くそが。 環境はドラムアタックで対面性能を高めるアタッカー型が主流ですが、今回は解禁されたグラスメイカーを用いた耐久に特化した育成を考えてきました。 採用理由と役割 簡単にいうとやどみがです。 たべのこしやグラスメイカー、宿り木の種などでバカみたいに回復をする型です。 ゴリランダーより遅い時点でハメられます。 持ち物 たべのこしで確定。 まもる まもるでターン稼ぎすることで自分の体力を回復し、相手の体力を削れる。 ドラムアタック 相手のsを一段階下げる技。 今回の育成論は技依存の型なので 上四つの技全て確定 立ち回り例 相手の技を読んだり、死に出しで有利対面を作る。 相手の交代を読んでみがわりorやどりぎ。 相手が自分より遅ければ、身代わりなどを駆使してハメる。 相手が自分より早かった場合、ドラムアタックを打てそうなら打つ。 打てなさそうならまもる等で技を見てから裏のポケモンに引く。 ただ、相手が積み技持ちだと有利対面になった瞬間にここぞとばかりに積んでくるので、まもるで様子を見ることはやめましょう。 やどりぎでハメれた場合、まもるを見せると大体2〜3ターン目ぐらいに読んで引いてきます。 相手の交代を読むほどの余裕がない場合は安定行動でいいと思いますが、1ターンくらい読み外してもさほど影響がない場合はガンガン読んでいきましょう。 ゴリランダーに後出ししてくるポケモンはほとんどがドヒドイデで受けれます。 うまくサイクルを組んでいきましょう。 差別点• エルフーン 普通のやどみが型ならエルフーンの方が優れているのですが、差別点はあります。 回復量の違いと、 攻撃力、 読まれにくさだと思います。 正直、読まれにくさは後々有名になりそうなので現時点ではなんともいえませんが、他の2つは差別化できてると思います。 ダメ計を見てもらうと分かると思いますが、こいつなかなか攻撃力高いんですよね。 輝石バチンキー コメントでバチンキーについての差別化点を指摘されたので書こうと思います。 教えてくださった方ありがとうございます。 ドラムアタックによるs下げと、 たべのこしを持たせられるだと思います。 バチンキーの基本のs調整が分からないので勝手ながらライバロリさんの型を想定して計算させていただきます。 H4ミミッキュ 確定2発(64. 8〜77. 9〜67. 3〜103. 3〜115. 7〜76. 7〜51. 7〜164. 8〜136. 1〜134. 3〜130. 4〜59. 3〜51. 3〜93. ミミッキュ A252珠じゃれつく 乱数3発(32. 1〜38. 6〜74. 9〜81. ドラパルト A252ドラゴンアロー 確定3発(34. 1〜40. 4〜50. 3〜76. 8〜97. ドリュウズ A252アイアンヘッド 乱数3発(28. 4〜34. 5〜54. カビゴン A252ヒートスタンプ 乱数2発(47. 8〜63. ロトム C特化オーバーヒート 確定1発(130. 5〜151. ボルチェンで身代わりが割れたらメガネ確定。 アシレーヌ C特化ムーンフォース 確定2発(53. 3〜63. 5〜86. ラプラス C特化フリーズドライ 確定2発(60. 1〜72. 6〜124. バンギラス A特化ストーンエッジ 確定3発(34. 7〜41. 5〜54. インテレオン 冷凍ビーム 確定2発(62. 1〜73. 1〜105. ホルード ダイジェット(とびはねる) 確定2発(70. 4〜83. ニンフィア C特化ハイパーボイス 確定2発(55. 9〜65. 8〜62. ウオノラゴン A252先制エラガミ 確定3発(34. 1〜40. 7〜60. ルカリオ A252インファイト 確定3発(36. 2〜43. 9〜65. ドサイドン A特化ストーンエッジ 確定3発(36. 2〜43. 8〜61. エースバーン A252かえんボール 確定2発(75. 6〜90. 8〜97. ギルガルド A特化アイアンヘッド 乱数3発(31. 6〜37. 7〜40. ウインディ、ガオガエン ゴリランダーとの相性補完に優れていて威嚇もあるので、有利にサイクルを組める。 ガオガエンはコメントで意見をいただきました。 ありがとうございます。 ドヒドイデ こちらも相性補完に優れていて、詰ませ性能が一気に高まる このポケモンの対策• ダイジェットアタッカー ギャラドスやトゲキッスなど。 ドラムアタックによるs下げが間に合わず、弱点を付かれる。 ナットレイなどの草タイプ こちらから有効打が一切ない。 さいごに いかがでしたでしょうか。 ハマったときの詰ませ性能が高く、回復量がヤバすぎて笑えてきます。 みなさんもぜひ使ってみてください。 やどりぎ使う時HP振るか迷うんですけどちょっと自分のゴリラ柔らかくて辛いので、技構成と努力値参考にさせてもらいます。 ゴリランダーはHPと防御の種族値が高いので、ある程度振れば、弱点技でも耐えれるのでオススメです。 ぜひ参考にしてください。 自分もはたき落とすは考えたのですが、ダメージ計算を見てもらうと分かる通り、まもるがないと受けきれない相手が何体かいるんですよね。 木の実やたべのこしを持ってるポケモンは低速が多いので、やどみがで対処ができないわけではないのではたき落とすは採用しませんでした。 逆でしたねwまったく気が付きませんでした。 チート技ですねwすぐに直します。 面白い育成論だと思います。 前に奇跡バチンキーの育成論を当サイトで見たことがあるのですが、そことの差別 ポイントが欲しいです。 また、ドラムアタックよりも回復ができるドレインパンチを 代わりに入れてみてはいかがでしょうか。 これからも面白い育成論書き続けてください。 ただ、本論を見て私も検討させていただきましたが、みがわりについてはそこまで必死に貼るメリットはないのではと思いました。 グラスフィールドも5ターンしか持たないのでジリ貧になりませんか? また、やどりぎも強力ですが必中でなく交替で解除されること、相手もフィールド回復するためあまりプレッシャーにならないことは少し気になりました。 まもるでHP調整はもちろん確定でよいと思います。 チョッキでは使えない技が色々使えますし、たべのこし型自体はかなりアリだと思いますが、もう少し検討が足りない気がしましたので評価は3とさせていただきました。 バチンキーとの差別化ですが、ドラムアタックによるs下げによりバチンキーでは抜けないポケモンを抜けるとこや、たべのこしを持たせられる点ですかね。 論内にも書いておきます。 ドレインパンチについてですが、所詮A4振りの不一致威力75なので、さほどダメージを与えられないかと。 それにs調整も意味を成さなくなってしまうのでドレインパンチの採用は見送らさせていただきました。 この論のゴリランダーはタイトルにも書いてある通り、サイクル向けのポケモンであり相手の交代に合わせてみがわりを貼って安全にやどりぎを入れたり、ゴリランダーのアタッカー型を警戒して鬼火などを打たれる場合もアドがとれます。 確かに相手にもグラスフィールドの回復は行ってしまい、あまりダメージを与えられないのは事実ですが、少しずつでも相手にダメージを与えられ、なおかつこちらのHPがどんどん回復していくと相手にもプレッシャーは与えられるかと。 やどりぎを植えると交代されることについてですが、サイクルを想定する場合、相手に交代を強制できる時点でこちらが有利に進んでいるんですよね。 ただ、確かに検討不足だった点は自分でも自覚していましたので、もう少し考察してみようと思います。 御三家の夢特性全部かなり強いですね!ゴリランダーの夢特性 グラスフィールドのおかげでサイクルポケとしても活躍できるようになりましたね。 ご返答お願いします。 育成論自体は、草タイプ以外にはとても強く出れそうなので、評価5です。 夢特性ほんと強いですよねー。 ゴリランダーの使用率めっちゃ上がってるんですよねぇ。 グラスメイカーが強すぎます。 ガオガエンいいですね!タイプも補完がとれていますし、サイクルが組みやすそうです。 候補に入れときます。 提案ありがとうございました。 もちろん自分もそれは存じておりますが、環境にいるバチンキーが全てライバロリさんの調整とは限りませんのであくまで例として上げさせていただきました。 被ダメのウオノラゴンエラガミは先行判定のものでしょうか。 ドラムアタックのS操作やわざと守る失敗で後攻判定にもできるのでどちらの値かの記載が欲しいと思いました。 エラがみの火力は先制判定のものになります。 確かに記載しておかないとややこしかったですね。 追記しておきます。

次の

ゴリランダー 育成論

ゴリランダー みがわり

概要 屈強な体格をしたゴリラ型のポケモン。 バチンキーから進化してスティックは2本に増え、切り株のドラムが追加された。 ドラミングに優れた個体が群れのボスになる。 調和を好む温厚な性質だが、縄張りを荒らす者には容赦なく襲いかかる。 ドラミングにより切り株の根をコントロールして攻撃する「ドラムアタック」を固有技として持つ。 キョダイマックスすると切り株ドラムが急成長して森林のようなドラムセットとなり、それと一体化した姿になる。 髪の毛も触手状に伸びて、髪の毛で4本のスティックを持っている。 くさタイプの技が相手の特性を無視する「キョダイコランダ」に変化する。 16で• 35で ポケモンずかんの説明文 とくべつな きりかぶの パワーを ドラミングで コントロール。 ねっこを あやつって たたかう。 漢字 特別な 切り株の パワーを ドラミングで コントロール。 根っこを 操って 戦う。 キョダイマックス キョダイマックスの パワーによって きりかぶは せいちょうして まるで しんりんのような ドラムに なった。 漢字 キョダイマックスの パワーによって 切り株は 成長して まるで 森林のような ドラムに なった。 ドラムテクニックに すぐれた ものが ボスになる。 おだやかな きしょうで グループの ちょうわを おもんじる。 漢字 ドラムテクニックに 優れた ものが ボスになる。 穏やかな 気性で グループの 調和を 重んじる。 キョダイマックス ゴリランダーは もりのドラムと ひとつとなり ガラルぜんどを ゆらす ドラムビートを きざみつづける。 漢字 ゴリランダーは 森のドラムと ひとつとなり ガラル全土を 揺らす ドラムビートを 刻みつづける。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 35 バチンキーをレベルアップさせる。 備考 アニメにおけるゴリランダー マンガにおけるゴリランダー ポケモンカードにおけるゴリランダー• を参照。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目• - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -.

次の

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの進化と覚える技&種族値【ポケモンソードシールド】

ゴリランダー みがわり

ちょっと目つきは悪いけど、音楽を楽しむ心を忘れない筋肉ゴリラです。 見た目通り物理側のステータスがかなり高めに設定されており、草タイプが持つ地面耐性を活かすことで、ドリュウズといった地面軸の物理エースともしっかり殴り合うことができます。 全体的に数値が整ってますね。 夢特性《グラスメイカー》や、DLCにて獲得した先制技《グラススライダー》のシナジーが強力で、グラスフィールドによる場持ち、火力補助にとどまらず、決して高いとは言えない素早さを補えるようになりました。 ダイジェット環境下にありながらも高い使用率を誇る草タイプの革命児といったところでしょう。 HP振りでもそれなりの物理耐久はあるため、《とつげきチョッキ》を持たせることで低めの特殊耐久を底上げし、水・電気に対して安心して繰り出せるようにした従来の役割遂行型や、グラスフィールドや《つるぎのまい》によるバフと相性のいい《グラススライダー》で抜きエースを担うというのがテンプレになります。 ちなみに、GF+剣舞+プレートの補正が揃うことで、耐久無振りのトゲキッスぐらいまでは確1を取れるようになるので、容易な後出しを許しません。 技考察 ウッドハンマー ゴリラ最高火力。 反動ダメが痛いものの、攻撃力を活かすならこの技。 ドラムアタック ゴリラ専用技。 相手の素早さを1段階下げることができるうえに威力80となかなか高いので、交代を誘発しやすい草タイプのゴリラにとって非常に使い勝手の良い技となります。 グラススライダー ゴリラが賜りし天恵。 グラスフィールド下でのみ使える威力70の先制技。 特性《グラスメイカー》との組み合わせにより、登場ターンはほぼ確実に決めることができます。 はたきおとす ドラムアタック同様に相手の交代際に決めやすいサブウェポン。 《しんかのきせき》を持つポケモンに対するひとつの回答にもなるので優秀です。 じしん 呼ぶ炎や鋼タイプへの役割破壊技。 アーマーガアやエアームドといった地面をケアしている鋼ポケモンもおりますが、技範囲自体は結構広くなるためオススメのサブウェポンです。 DM時には特殊耐久を上げることが可能。 ばかぢから 地震同様、主に鋼タイプに対して技範囲を広げるサブウェポン。 DM時には威力が下がるものの殴りながら攻撃を上げる手段にもなるため、DM前提であれば特に採用価値が生まれます。 《かわらわり》《ドレインパンチ》など格闘技の選択肢は豊富です。 とんぼがえり 相手の交代際に刺さる技3つ目。 この技により有利対面を維持しやすくなるので、サイクル前提であれば技スぺを圧縮することが可能になります。 がむしゃら 弱点が多いことと先制技を獲得したことを活かして疑似タスキカウンターをやってもよし。 ドラムアタックで素早さを下げ、がむしゃらで相性関係なしにHPを削ることで、後続DMの起点にするなど、タスキ行動保証との相性がとても良い技です。 つるぎのまい 高い攻撃力を最大限に活かす積み技。 抜きエースとしては心許ない素早さは《グラススライダー》で補いましょう。 やどりぎのタネ 相手の交代際に刺さる技4つ目。 実質、味方の耐久を若干上げることができる技であるとともに、素早さ勝ちしているポケモンに対して《みがわり》とグラスフィールドの回復によってダメージレースで優位に立つことができます。 みがわり 相手の交代際に刺さる技5つ目。 読みのリスクを軽減しつつ宿り木やグラスフィールドの回復を有効に使える補助技です。 身代わりを活かすのであれば素早さにしっかりと努力値を振ることで、相手の引き先に対する素早さの優位性を限界まで上げておきましょう。 キョダイコランダ キョダイマックス個体が使用可能な専用技。 剣盾御三家KDM技共通で威力160という絶大な火力と、《ばけのかわ》《がんじょう》といった相手の特性を無視する効果によって、しっかりと大ダメージを与えることができます。 エースバーン、インテレオンと異なるのが、《グラスメイカー》による草技威力UP効果を場に出るだけで発揮できる点が強力です。 相手の交代による対面操作に対して不利になりすぎないよう、一貫性が高めの技で固めてあります。 DM時に火力UPを狙える格闘技を挿しましたが、壁展開に抗えるようになるっていう点と、馬鹿力と違い連打ができる点で瓦にしてあります。

次の