名刺交換 お礼 メール。 名刺交換の基本マナーとは? 名刺の渡し方・受け取り方を徹底解説

展示会などのイベントでの名刺交換のお礼メール例文とテンプレート

名刺交換 お礼 メール

com ------------------------------ また、お会いできるのを楽しみにしております。 今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。 勉強会では、書籍には書かれていない、 数多くのエピソードをお聞きすることが出来ました。 気づきや学びの多い2時間でした。 その行動力と熱意に大変、感銘を受けました。 またぜひ、お会いする機会を頂戴できればと存じます。 毎週発信されている情報を、楽しみにしております。 今後ともよろしくお願いいたします。 お会いしたい理由を書くことを忘れずに! 名刺交換後にお礼メールを送る意味 異業種交流会や取引先訪問などのビジネスシーンで名刺交換をした後に、お礼のメールを送ることにはどんな 意味があるのでしょうか。 自分の名刺にスポットライトを当てさせる 交流会や勉強会、大人数が所属する事業所への訪問などのビジネスシーンがありますね。 その場合は一度で何十人もの方々と名刺交換が行われます。 ほとんどの場合「その場限りの社会儀礼」で終わってしまうことになるでしょう。 あなたにも心当たりはありませんか?いただいた名刺を手にしながら思い出している顔が合っているかどうかわからない、ということが。 あなたの親しくなりたい方も、後から名刺を整理して「この人誰だっけ?」と首をかしげているかもしれません。 たくさんの名刺の中で自分の名刺に スポットライトを当てさせるフォローの方法が、お礼メールです。 名刺交換後のお礼メールの書き方 相手が思い出せるような内容にする 短時間で多くの方々と名刺を交換して回ると、必然的にあなたの印象は薄くなってしまいます。 少しでも相手が自分のこと思い出しやすそうな内容を考えて送るのがポイントです。 件名のポイント 名刺交換のお礼メールを作成するときの 件名は、 ・名刺交換をして得られた情報や成果を盛り込むこと ・人脈づくりにつなげたいというニュアンスを含めること が重要です。 少しでも会話ができたなら、その内容を盛り込むのが効果的です。 もし単に名刺交換しただけという場合は、その名刺から得られた情報に触れるといいでしょう。 名刺交換後のお礼メールのマナー お礼メールを送るタイミング お礼メールを送るタイミングですが、ビジネスシーンにおけるお礼は「 できるだけ早く」が原則です。 名刺交換後のお礼メールも、 遅くても「名刺交換の翌日」までには送りましょう。 遅くなった場合は? 連絡が遅くなってしまった場合は、きちんと 謝罪の気持ちを述べておくことが大切です。 例えば 「ご連絡が遅くなって申し訳ございません」と一言添えるだけで印象は大きく変わります。 その後のお礼メールを送るタイミング 名刺交換でお礼メールを送ったなら、その後も継続してお礼メールを送ると、キーパーソンと親しくなるのにより効果的です。

次の

転職の面接で名刺をもらったら|交換する?受け取り方、置き方、しまうタイミングは?│#タウンワークマガジン

名刺交換 お礼 メール

名刺交換は、初対面の方とコミュニケーションをとる最初の第一歩です。 マナーを守って正しい名刺交換ができれば、相手との良好な関係を築くための第1ステップをクリアしたと言えるでしょう。 と言うのは、 「名刺交換は誰もができて当たり前」なのです。 みんなが当たり前にできていることなので、相手が日常的に多くの人と名刺交換をしている社会人であれば よっぽどのことがない限りあなたの印象が残っていることはないでしょう。 しばらくすると、「この名刺、誰だっけ?」と忘れ去られてしまいます。 ただ、ビジネスであれ、セミナーであれ、懇親会であれ、せっかくの機会で繋がった縁ですので、今後のためにも自分のことを覚えておいてもらいたいですよね。 そこで、 名刺交換をした相手に覚えてもらうために、 名刺交換のお礼メールを送りましょう。 この名刺交換後のお礼メールまでできると、 「あの人は丁寧な人だな」「すぐにお礼メールを送ってくれて、この人は仕事ができそうだ」というように相手に自分の良い印象を残すことができます。 「相手に迷惑じゃないだろうか?」「送らないのが普通かも?」とお礼メールを送ろうか迷っている方もいると思いますが、お礼メールを送って良いことはあっても悪いことはありません。 今後の良好な関係を築くためにも、一度お礼メールを書いてみてはどうでしょうか。 今回は、 「名刺交換後にお礼メールを送る上でのマナーと例文」をご紹介します。 まず、名刺交換後のお礼のマナーで、気をつけるポイントを3つご紹介します。 以前は『お礼状』を送ることもありましたが、現在ではあまり見られません。 少し仰々しい感じがしますし、相手にも変に気を使わせることになってしまいます。 また、『電話』でお礼を伝える場合も、相手に時間を割いてもらうことになりますし、忙しい時にかけてしまったら「この忙しいのに、お礼のためだけに電話をかけてきたのか」と逆に印象を悪くしてしまう可能性があります。 そのため、 名刺交換後のお礼としては、最も自然な形で、相手の時間を拘束しない『メール』が望ましいです。 社会人はスピードを重視します。 どんなことでも作業が遅い人は仕事ができないと判断する人さえいます。 また3日も経ってしまえば、「忘れていて思い出したかのように送ったんじゃ…」と思われかねません。 マイナスな印象を与えないためにも、お礼メールはできるだけ早く送るようにしましょう。 (例).

次の

名刺交換後に好印象を残すお礼メールマナー【例文あり】

名刺交換 お礼 メール

名刺交換とは、人と人が一番初めに出会って最初に行う儀式のようなものです。 人間同士の最初の出会いに対して、まずは何においても「お礼」が先に来るのは当然です。 それが例え短い時間でも、快く面談をして下さった相手にはお礼状などを出すのがビジネスマナーといえるのです。 最近は、名刺をもらった後にメールを送るのが主流になりつつありますが、いずれにしても積極的な姿勢や礼儀正しさなどを弁えまた内容にしましょう。 短い時間ではございましたが お話しできたことはとても有意義でした。 この新たな出会いに感謝すると共に、またお会いできる機会を楽しみにしております。 会えたことに感謝するメールにしよう 名刺をもらった際は、ビジネスマナーを弁えたメールを送るようにしましょう。 メールの内容に出会えたことに感謝する内容にするといいですよ。 ぜひ、例文を参考に作成してみましょう。 お礼メールは早めに送ろう 名刺をもらった後に送るお礼メールは、お礼状と同じように素早い対応を取るのが重要です。 間が空けば空くほど、あなたの印象は薄くなります。 セミナーなどに出たときに、名刺をひたすら集める人もいるでしょう。 しかし、もらった名刺の数が多ければ人脈が広がったわけではありません。 名刺交換をしただけではただの顔見知り程度の関係だと認識しましょう。 ですので、早めの対応が鉄則なのです。 メールの内容は「シンプル」なほど良い 名刺をもらった後などに限らず、ビジネスにおいてのお礼状やお礼メールは、シンプルに「お礼」だけを伝えるようにしましょう。 その方が、色々と内容を入れ込むより気持ちがしっかりと伝わります。 また、お礼を早くメールで伝えれば、先方からの返事も期待できます。 そこから可能性が広がるケースも多いのです。 名刺交換のお礼メールが、次の商談に繋がる 単に名刺をもらっただけでは、ビジネスとしての人間関係は築けません。 相手の印象に残り、心に響くお礼状やメールを送って、よやく新たな人間関係が築けるのだと考えましょう。 名刺交換とお礼のメールはセット 営業などに就いている人は、名刺をもらった全ての人に対してお礼のメールを送ったり、お礼状を書いたりするのは大変だと思うかもしれません。 それに、手を抜いてしまうと、逆に心象を悪くし兼ねないと考えるでしょう。 しかし、ビジネスでは名刺交換とお礼状やメールがセットになって、初めて挨拶になるのです。 そういったやりとりを行うことで、初めて次の予定へと繋がると認識しましょう。 名刺交換の後はシンプルな書き方のお礼メールを早めに送り、次につなげよう 名刺をもらった後のメールの書き方とお礼をするメリットについて見てきましたが、いかがでしたか?名刺交換を行ったことで、この人と繋がりができたと勘違いしてしまうかもしれませんが、ビジネスでは、名刺をもらった後のお礼状を送って、初めて挨拶になる点を忘れてはいけません。 次の商談に繋がるというメリットもありますので、しっかりと感謝の気持ちを込めたメールを送るようにしましょう。

次の