前立腺肥大症 薬。 前立腺肥大症の治療。薬物治療と手術治療の特徴

前立腺肥大症の治療について|男性の排尿.jp 男性の排尿障害情報サイト

前立腺肥大症 薬

泌尿器科の病気について 前立腺肥大症 前立腺肥大症の治療法のいろいろ 前立腺肥大症の治療には、大別すると薬物治療、手術治療、保存治療の3つがあります。 先に述べた、尿閉、肉眼的血尿、膀胱結石、腎機能障害、尿路感染などの前立腺肥大症による合併症が見られる場合には、手術治療が行われますが、それ以外の場合は、まず薬物治療が行われます。 前立腺肥大症の手術治療としては、最近新しい技術が開発され、様々な治療法がありますが、内視鏡手術が標準的な手術として行われます。 薬物治療 前立腺肥大が尿の通過障害を引き起こす理由として、2つのメカニズムが考えられます。 ひとつは、前立腺の平滑筋に対する交感神経の緊張が亢進して、前立腺(平滑筋)が収縮して、尿道を圧迫することによります。 もうひとつは、前立腺の収縮とは関係なく、大きくなった前立腺が物理的に尿道を圧迫して、通りを悪くすることによります。 こういったことから、3種類の薬剤が広く用いられています。 前立腺の肥大には男性ホルモンが関与していますが、この男性ホルモンの前立腺に対する作用を抑えることにより、前立腺は縮小します(1年の内服で前立腺サイズが25〜30%縮小します)。 副作用はまれです。 手術治療 薬物治療を行っても、症状の十分な改善が得られない場合や、前述したような肉眼的血尿、尿路感染、尿閉を繰り返す場合、あるいは膀胱に結石ができたり、腎機能障害が発生した場合には手術による治療が行われます。 100gm mL を超えるような巨大な前立腺肥大の場合には、開腹手術によって肥大した前立腺を摘出することがありますが、通常は、尿道から内視鏡を挿入して行う手術が行われます。 最近では、レーザーを用いた、新しい内視鏡手術も行われています。 経尿道的前立腺切除術(TUR-P: Transurethral Resection of Prostate) 尿道から内視鏡を挿入し、内視鏡の先端に装着した切除ループに電流を流し(電気メスと同じ)、肥大した前立腺を尿道側から切除する方法です。 前立腺肥大症に対する最も標準的で、広く行われている方法です。 くり抜いた内腺は、膀胱の中で細かく砕いて、吸引して取り出します。 最近、広まりつつある手術方法で、大きい前立腺肥大に対しても少ない出血で行うことができます。 レーザー前立腺蒸散術 尿道から挿入した内視鏡下に高出力のレーザーを照射して、肥大した内腺を蒸散(蒸発)させながら、切除します。 非常に出血量が少なく、大きな前立腺肥大にも行うことができ、術後の尿道へのカテーテル留置期間も短い利点があります。 保存治療 保存治療には、生活指導、経過観察、健康食品などがあります。 水分を摂りすぎない、コーヒーやアルコールを飲みすぎない、刺激性食物の制限、便通の調節、適度な運動、長時間の座位や下半身の冷えを避ける、などの生活での注意は、前立腺肥大症の症状緩和に役立ちます。 症状や合併症のない前立腺肥大症は治療の必要はなく、定期的な経過観察を行います。 健康食品については、ビタミン、ミネラル、サプリメント、ノコギリヤシなど、前立腺肥大症に有効と言われるものがありますが、科学的には有効性は示されていません。

次の

ハルナール(タムスロシン)の作用機序:前立腺肥大症治療薬

前立腺肥大症 薬

その結果、尿道内圧が低下し、前立腺肥大症に伴う排尿障害を改善する。 IFISは縮瞳症候群の一種で、瞳孔拡張が不十分になると手術操作の障害となり、白内障手術中の合併症を増加させる恐れがあります。 対処としては、投薬時に白内障手術を控えているかを確認し、必要に応じて眼科医へその旨を伝えるよう指導することが大切です。 前立腺組織中のDHT濃度を低下させ、結果として前立腺肥大症における排尿障害を改善する。 テストステロン テストステロンは脳下垂体から分泌される黄体形成ホルモン(LH)の刺激によって、精巣のライディッヒ細胞で産生され、以下の3つの経路を介して作用を発揮する。 DHTはテストステロンより高親和性にARに結合、複合体を形成してより効率よく遺伝子発現を活性化する。 この複合体がDNAと結合、転写されmRNAの合成を促す。 その結果、前立腺の増殖や機能発現に関与するタンパク質の産生が促され、テストステロンの作用が発現する。 その結果、尿流が改善し頻尿や残尿感などの下部尿路症状が軽減される。 そのため、血清テストステロン値を低下させるので、高頻度で勃起障害や性欲低下などの性機能障害の副作用がみられる。 これに対しデュタステリドは、血清のテストステロン値は低下させないので、性機能障害の副作用は少ないといえる。 前立腺肥大症患者に6か月間経口投与したとき、血清中テストステロン濃度は18.8%増加したとの報告がある。 抗アンドロゲン薬 抗アンドロゲン薬は合成黄体ホルモンを主成分とします。 アンドロゲンの一つであるテストステロンの前立腺への選択的取り込み阻害作用を有し、前立腺の肥大抑制作用及び縮小作用を示す。 抗アンドロゲン薬は前立腺肥大症に対する有効性を支持する根拠が十分ではなく、また高頻度で性機能障害を生じるため、慎重な症例選択と観察を要します。 抗アンドロゲン薬の作用機序 テストステロンの分泌、テストステロンの前立腺細胞への取込、DHTの男性ホルモン受容体への結合などを阻害する 抗アンドロゲン薬の特徴 投与期間は16週を基準とし、効果不十分の場合は漫然と使用を継続しない 抗アンドロゲン薬の副作用 性欲減退、女性型乳房、勃起障害、射精障害など コリン類似薬 膀胱平滑筋のムスカリン受容体に作用し膀胱平滑筋の収縮を増強することで膀胱内圧を高めると同時に、膀胱頸部を緩解することにより排尿を促進する。 低用量PDE-5阻害薬 血管や下部尿路組織に分布するPDE-5を阻害することでcGMP濃度が上昇し、膀胱を弛緩させる。 前立腺肥大症 前立腺肥大症は、中高齢男性にみられる進行性疾患で、様々な尿トラブルを引き起こし、患者のQOLを著しく低下させます。 前立腺肥大症による死亡率は高くありませんが、加齢に従って有病率が増加するため、高齢化が顕著な我が国ではとくに注目が集まっています。 前立腺肥大症は、前立腺の移行領域に腺腫が発生・増大し、それにより尿道が圧迫され、尿流出抵抗が増し排尿障害を発生する良性疾患である。 前立腺肥大症は、前立腺腫大(BPE)、下部尿路障害(LUTS)、下部尿路閉塞(BOO)の3つが構成要因であり、これらが混在して起こる症候群である。 LUTSは、畜尿症状(頻尿、尿意切迫感、尿失禁)と排尿症状(排尿開始の遅れ、排尿時にいきみを要する、尿流の細さ、尿線のとぎれ、尿の切れの悪さ)に大別される。 排尿症状は、肥大した前立腺が尿道を圧迫し尿道閉塞を起こすことによる。 畜尿症状は、尿道閉塞のために排尿しきれなかった尿により、膀胱機能が変化し二次的に生じるものである。 尿道の圧迫が続くと、尿を出そうとして膀胱に負担がかかり、膀胱排尿筋の機能異常や下部尿路閉塞による求心性の神経伝達亢進が起こり、その結果、過活動膀胱(OAB)になる。 前立腺 前立腺は、尿道を囲むように存在する男性特有の生殖器官です。 成人男性における正常な前立腺は20g前後のクルミ大の大きさで、辺縁領域、中心領域、移行領域の3つの腺構造領域と、腺構造を持たない前部線維筋性間質の4つの領域から構成されています。 前立腺の詳しい働きは明らかになっていませんが、精液の一部となる前立腺液の分泌、畜尿のための括約筋様の作用、射精などに関与していると考えられています。 前立腺は、膀胱の出口のところに尿道を取り巻くように存在していて、精液の一部である前立腺液を分泌し精子の活動を活発にしている。 また、前立腺内の平滑筋が収縮することで、尿を漏らさないようにコントロールしている。 前立腺は男性ホルモンにより刺激され、分化を繰り返し、成人では約15gで栗の実大の大きさになる。 その構造は内腺(中心領域と移行領域)と外腺(辺縁領域)に分かれ、肥大するのは通常、中心領域と移行領域であり、前立腺がんは辺縁領域から発生することが多いとされている。 畜尿と排尿のメカニズム 排尿に関する末梢神経は3種類に大別され、胸髄中枢から下腹神経(交感神経)が膀胱、尿道、前立腺に分布し、仙髄中枢から骨盤神経(副交感神経)が主に膀胱体部に分布している。 陰部神経(体性神経)は仙髄中枢から外尿道括約筋に分布している。 膀胱体部組織中にはムスカリン受容体が多く存在し、排尿期では副交感神経末端から分泌されるアセチルコリンによって活性化され、膀胱が収縮する。 膀胱に多く存在するのはM2とM3タイプであるが、機能的にはM3タイプを介する収縮が主と考えられている。 下部尿路症状 前立腺肥大症の臨床症状としては、下部尿路症状があらわれます。 これらの症状は前立腺肥大症に固有のものではなく、他の泌尿器疾患、神経疾患など様々な疾患・病態においてもみられます。 主な下部尿路症状には、排尿症状、畜尿症状および排尿後障害があります。 排尿症状 主に尿が出にくくなる症状をさし、排尿期にみられる。 ・尿勢低下(尿の勢いが弱い) ・尿線分割、尿線散乱(排尿中に尿線が分割・散乱する)、尿線途絶(尿線が1回以上途切れる) ・排尿遅延(排尿開始まで時間がかかる) ・腹圧排尿(排尿の開始や維持に力がいる) ・終末滴下(排尿終了が遅延し、尿が滴下する程度まで尿流が低下する) 畜尿症状 主に尿が溜めにくくなる症状をさし、畜尿期にみられる。 ・昼間頻尿(日中の排尿回数が多い)、夜間頻尿(夜間に尿意のため起きてしまう) ・尿意切迫感(急に生じる強い尿意) ・尿失禁(尿が不随意に漏れる)、膀胱知覚 排尿後症状 排尿直後にみられる症状をさす。 ・残尿感(排尿後に膀胱が完全に空になっていない感じがする) ・排尿後尿滴下(排尿直後、不随意に尿が漏れる) PSA 血清前立腺特異抗原(PSA)測定は、前立腺癌の診断感度が高い検査であり、前立腺癌を診断するためには必須の検査です。 血清PSA値は前立腺体積と正の関連性があり、また、前立腺肥大症の進行や症状の発現などと関連しています。 そのため、前立腺癌との鑑別や前立腺体積の推定に有用であり、前立腺肥大症の基本評価として測定されることが推奨されています。 【基準値】4. 前立腺癌の発生部位は尿道から遠いため、初期には臨床症状はほとんどみられませんが、腫瘍体積の増加に伴って、排尿困難、頻尿、残尿感などの前立腺肥大症に類似した下部尿路症状を生じます。 前立腺癌は、前立腺肥大症の好発年齢とほぼ一致し、また癌特有の症状がないことから、臨床症状からの鑑別は困難とされています。 なお、前立腺癌は、癌の進行に伴って骨やリンパ節などへ浸潤・転移しますが、前立腺肥大症は転移せず、悪性腫瘍に進行することはないと考えられています。 前立腺肥大症と健康食品 健康食品の多くは、費用が保険適応とならず、患者さんの負担が大きいとされています。 また、有効成分を複数含む配合剤が多く、その有効性や安全性の影響も不明です。 前立腺肥大症診療ガイドラインでは、健康食品の摂取は勧められていません。 前立腺肥大症に対する効果が検討されている健康食品 ビタミンE、セレン、亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシ• 596• 172• 227• 146• 196• 226• 210• 113• 178• 101• 135• 153•

次の

前立腺肥大症とはどんな病気?原因となりやすい人の特徴

前立腺肥大症 薬

・50歳以上の男性 ・頻尿 ・尿のキレが悪い ・残尿感 ・尿意で眠れない 前立腺肥大症とは? 症状は? 70歳の長岡徹さんは水産庁にお勤めで、船に乗る生活でした。 しかし、業務に支障をきたすほど激しい尿意を頻繁に感じるようになったそうです。 夜間頻尿もひどく、ひどい時は1時間たらずでムズムズし、まともな生活が送れず地獄に近い状況だったといいます。 そして若干の尿漏れも…。 泌尿器科では 前立腺肥大症と診断されました。 前立腺が肥大するとトイレが近くなるという症状がよく出るそうです。 半数が過活動ぼうこう合併 そして前立腺肥大症の半数が、過活動ぼうこうを合併するとのこと。 正常な状態では、ぼうこうに十分に尿がたまると脳に信号がいき、尿意をもよおします。 が、過活動ぼうこうでは、ぼうこう・尿道が圧迫され、脳が勘違いして尿意が頻繁に起こってしまいます。 治療薬は?効果は? 前立腺肥大症.

次の