アポロワンオラクル。 ソード4

ワンド4

アポロワンオラクル

ルノルマンオラクルの世界へようこそ 颯爽と馬を駆ってやってくる騎手。 愛情を伝える花束、幸運のクローバー。 先行きを曇らせ不安をかきたてる暗雲に、右か左か選択を迫ってくるような分かれ道……。 こんなシンプルでキュートで、そして示唆に満ちたシンボルで構成されたカードがあることをご存知でしたか? それは「ルノルマン・カード」。 フランス革命からナポレオンの時代にかけて、パリで大活躍した伝説の占い師、マドモアゼル・ルノルマンの名前を冠した占いカードです。 「ルノルマンカード」は、一部の専門家の間でひそかに伝えられてきましたが、今、このカードの魅力が再評価され、タロットでもトランプでも、天使カードでもない、新たに再発見されたオラクル(予言)のカードとして世界的なブームが起こりつつあるのです。 この本とカードのセットは、ルノルマンカードの占い方を日本で初めて本格的にご紹介するものです。 1冊まるごとルノルマンカードの解説にあてたのは、まさに日本初です! ルノルマンカードの最大の魅力は、そのシンプルさと、正確な予言力。 『秘密のルノルマン・オラクル』を手に入れたら、まずは自分で占ってみてください。

次の

無料のタロット占い♪「怖いほど当たる」と評判です♪

アポロワンオラクル

メールで占い結果を伝えてくれる、いわゆるメール占いとかメール鑑定というものがあります。 私も先日実例を公開しましたが、たとえば の場合、料金は 3000 円で、前後のメールのやり取りを除外した占い結果のみの文字数は約 6000 文字でした。 このメール占いの内容について、皆さんはどう思われるでしょうか? メール占いをやっている占い師は他にも沢山いますが、その内容と料金の相場はどうなっているのかと思って、少し検索してみました。 検索結果に出てくる要約を眺めた程度ですが、料金は 3000 円前後に対して文字数が 2000 文字前後というのが相場なのかなという印象でした。 少ないところでは 1000 文字くらいのところもあるようで、2000 文字は割と多い方なのかもしれません。 私の思う適正料金は 1 文字 1 円くらいがちょうどいいと思うんですけどね。 3000 円なら 3000 文字になりますが、これくらいならそこそこ満足できる内容になるのではないでしょうか。 金額的な相場は 3000 円だと安い方で、5000 円から 1 万円くらいが一般的かもしれませんね。 実際、メール占いを手抜きなしにまじめにやろうと思うと、1 件にかかる時間は 1 時間程度で済むはずもなく、数時間を要することになるので、その労力を考えれば 1 万円という金額は妥当なところだと思います。 かといって、1 万円で 1 万文字の占い結果になるかというと、そういうことはまずありえなくて、どんなに文字数の多い占い師でも 5000 文字前後が限界ではないでしょうか。 もちろん、定型文のコピペ無しでの話です。 要領のいい占い師の中にはあらかじめ用意しておいた定型文をうまく使いまわして、相談者にばれない程度に文章量を水増ししている占い師もいるかと思います。 そうでもしなければ 5000 文字以上の占い結果などそう簡単に書けるものではありません。 たまたま気になってメール占いについて検索してみたわけですが、思っていたよりも文字数は少なめでした。 というよりも、金額の割りに文字数が少ないという印象でしょうか。 そういえば、私のサイトにはメール占いの文字数については一切言及してませんでしたね。 あまり考えたことがありませんでした。 どこかに書いておいた方がいいのかな? 実例を公開しているからその必要もないか。 メール占いの質は文字数だけで量れるものではないと思いますが、実例を公開していないサイトなどでは、相談者が依頼するかどうかを決めるための目安になりますよね。

次の

Apogger: ワンオラクル

アポロワンオラクル

メールで占い結果を伝えてくれる、いわゆるメール占いとかメール鑑定というものがあります。 私も先日実例を公開しましたが、たとえば の場合、料金は 3000 円で、前後のメールのやり取りを除外した占い結果のみの文字数は約 6000 文字でした。 このメール占いの内容について、皆さんはどう思われるでしょうか? メール占いをやっている占い師は他にも沢山いますが、その内容と料金の相場はどうなっているのかと思って、少し検索してみました。 検索結果に出てくる要約を眺めた程度ですが、料金は 3000 円前後に対して文字数が 2000 文字前後というのが相場なのかなという印象でした。 少ないところでは 1000 文字くらいのところもあるようで、2000 文字は割と多い方なのかもしれません。 私の思う適正料金は 1 文字 1 円くらいがちょうどいいと思うんですけどね。 3000 円なら 3000 文字になりますが、これくらいならそこそこ満足できる内容になるのではないでしょうか。 金額的な相場は 3000 円だと安い方で、5000 円から 1 万円くらいが一般的かもしれませんね。 実際、メール占いを手抜きなしにまじめにやろうと思うと、1 件にかかる時間は 1 時間程度で済むはずもなく、数時間を要することになるので、その労力を考えれば 1 万円という金額は妥当なところだと思います。 かといって、1 万円で 1 万文字の占い結果になるかというと、そういうことはまずありえなくて、どんなに文字数の多い占い師でも 5000 文字前後が限界ではないでしょうか。 もちろん、定型文のコピペ無しでの話です。 要領のいい占い師の中にはあらかじめ用意しておいた定型文をうまく使いまわして、相談者にばれない程度に文章量を水増ししている占い師もいるかと思います。 そうでもしなければ 5000 文字以上の占い結果などそう簡単に書けるものではありません。 たまたま気になってメール占いについて検索してみたわけですが、思っていたよりも文字数は少なめでした。 というよりも、金額の割りに文字数が少ないという印象でしょうか。 そういえば、私のサイトにはメール占いの文字数については一切言及してませんでしたね。 あまり考えたことがありませんでした。 どこかに書いておいた方がいいのかな? 実例を公開しているからその必要もないか。 メール占いの質は文字数だけで量れるものではないと思いますが、実例を公開していないサイトなどでは、相談者が依頼するかどうかを決めるための目安になりますよね。

次の