ザナドゥ。 ザナドゥとは (ザナドゥとは) [単語記事]

【モンスト】ザナドゥ【爆絶】攻略と適正キャラランキング

ザナドゥ

個人的にはドラスレもかなり面白かったんですけどね。 タモリそっくりの敵もいたりして。 ドラスレの話はさておき当時は今と違ってまだPC(って言うとこの時代の人達は88とか98を思い出すんだろうけどここでは普通にパソコンの事で)の値段が高かった時代なのでゲームの人気があったといっても今とは比べ物にはなりませんが、よく小規模の電気屋さんではよく売り場のPCでザナドゥをやってる人がいましたね。 セーブ用のフロッピーを持参したりそこで購入したりして。 私は一応PCは持っていたので(FM-NEW7という富士通の機種)ザナドゥは自宅でプレイしましたが。 たしかゲームクリアしたら認定証のようなものがもらえるということで必死にプレイしたのですが前半でモンスターを魔法でばかり倒していたので終盤肉弾戦が無茶苦茶弱くなっていたので最終のボス戦ではかなり苦労した記憶があります。 触っただけで殺されちゃうのに魔法はほとんど効果なく(たしかうる覚えだが10万位のボスに100前後のダメージしか与えられなかったと思う。 )しかたがないので魔法をかけたままキーボードをセロテープで固定して2日がかりで倒したと言うかなりいんちきくさい倒し方だったので今回はその経験も踏まえてクリアを目指そうと思います。 ここから冒険が始まります。 MAPをみるとゴチャゴチャしていきなり複雑そうにみえますが逆にどこにでも行けるので最低レベルだけあって簡単です。 モンスターは弱くお金もあまり持っていません。 ここで稼いだお金は鍵とフードと治療に使ちゃいましょう。 くれぐれも武器や防具には使わない方が良いでしょう。 レベルが低いうちはとにかく鍵の購入(レベルが上がると鍵の値段も上がっていくので)が鉄則です。 移動中には左のような場所には注意しましょう。 上から下へはいけますが上には上れません。 壁で囲まれていたりすると抜けられなくなります。 抜けるにはモンスターを利用して抜け出すかマントルを使って抜けるなどしなくてはなりません。 レベル2に来たらまず装備を何とかしないといけません。 王様からもらったままの装備ではもうほとんど戦いになりません。 扉付近にいる敵は比較的弱いので(と言ってもやっと倒せるレベルですが)なんとか倒してお金を稼ぎとりあえず武器を購入しましょう。 でないと何度もアタックしないと倒せないのでその前に大ダメージを負ってしまいます。 ここでは HandAxeがやっと買えました。 そして次は防具ですがもう倒せる敵もいなくなってきたのでタワーに入りお金を稼ぎます。 タワー内は敵が強いのでまともに戦っては瞬殺されてしまうのでデーモンズリングを使って片っ端から倒して行きましょう。 アイテムは敵との交戦中は使用時間は止まっているので各部屋のモンスターを一匹づつ残して回ると良いでしょう。 タワー内のクラーケンはお金を稼げます。 そして何とか Studded Mail(びょう埋め込みヨロイ)を購入できました。 (ダメージを結構くらう敵もいるのでそれらは後回しにします) タワーの中でそこそこお金を稼げたと思います。 いざ装備をと思いましたがここまでくると敵も強いし、ちまちままた買い換えるのもなんですしここはショップでの最高の鎧である Full-Plateを狙います。 武器も魔法も使わないものは全部売り大体Goldが24000以上になったら Bottleを使ってCHR(初期設定で80以上にしてあると言う前提で)を上げてショップに入れば何とか購入できると思います。 Full-Plateを装備したら始めは経験値がないので苦労しますが Ustilagorと数回戦えば他の敵ともそこそこ戦えるようになっていると思います。 後は強敵は後回しレベル5に向かいましょう。 称号を Chevalierにしたらレベル5への扉が開きます。 称号を上げる前にお金が余ったら鍵を買えるだけ買っておくと良いでしょう。 タワー3に Broad-Swordがありますが手に入れるためには行く手を阻む Myconidを何とかしなくてはなりませんが多分このモンスターがここレベル5で一番厄介な敵だと思います。 剣でも何とか倒せそうですがこちらもかなりの痛手をこうむります。 この敵のためだけにデーモンズリングなどはもったいないし。 かといってほとんどの魔法は効きません。 値段の高い魔法( Corrosionなど)なら効き目はありますがほとんど使わなく魔法なので購入したくない。 ということでとりあえずほんの少しでも効き目のある Deg-Mittaeを購入してから戦闘開始。 ただ出入り口付近に Myconidがいるので1匹倒してから、またはあまり使わないアイテムである キャンドルを使って中に入り Deg-Mittaeの連続攻撃。 時間はかかりますがこれでとりあえずは攻略出来ます。 何度も言うようですが敵の数は有限なので後々強力な武器を手にした時に経験値稼ぎに困るからです。 もちろんまだグローブやロッドは取りません。 レベル1からちゃんと残していますよ。 お金はショップで購入できる最強の武器 Halberdを買えるかもしれませんが一つ上の武器なんてもういらないでしょう。 それでもって、いざレベル7・・・いや、ここは ブラックオニキスを3つ使ってレベル9へ。 以上はレベル9までに手に入る装備品では最強装備です。 レベル8から9へ行く時には場所をちゃんと確認しましょう。 レベル9の ムラサメブレードが見つかるタワーの近くにワープできるようにしておきましょう。 レベル9もかなり行動範囲は限られているので変な場所にワープして冒険を始めてしまうと先へ進めなくなってしまいます。 レベルを3つ飛ばしてレベル9へ。 タワー内部は当たり前の事ですが今の装備では太刀打ちできません。 デーモンズリングを使って内部を回りましょう。 その時、敵を倒すのは最低限の数にしておきましょう。 そして、外へでて防具の装備もやっちゃいます。 で、とりあえず用はない(防具の経験値が低いので)のでレベル6位に戻って( ファイヤークリスタルも1個使用します。 )防具の経験値をあげましょう。 そして次の目的は Death魔法を手に入れる事。 そして デス魔法を手に入れて経験値を上げることです(でないとダメージを与えられない)。 とにかく防具の経験値を増やしたいのでレベル6へ再度来ました。 本当はもっと下のレベルに行きたかったのですがレベル5への扉を使って行っても閉ざされた領域に行ってしまって身動きが取れないし、 かといってあまり ファイヤークリスタルを使いたくないのでこのレベルで行動します。 まずは魔法を使用するモンスターの魔法をワザと浴びまくり経験値を60位まで上げると良いでしょう。 ここまであげれば剣での戦いでも大ダメージは受けにくくなっていると思います。 後はお金を稼ぐためにもうこのレベルの敵は全滅させてしまっても良いです。 全滅させる前にデス魔法を買える位は稼いで(もちろんボトルを使用してですが)いると思います。 そしてデスを買ったら経験値を上げるため敵はデスで倒しロッドはすべて取っちゃいましょう。 デスの値段ですがマニュアルには デスは標準で250000Goldと書いてありますがこの復刻版では 300000Goldのようです。 がんばって稼ぎましょう。 再び戻ってきたレベル3。 今はもう特に難しい事はないと思います。 ボスを倒して クラウンを手に入れましょう。 ロッドも取っていきますが経験値の MAX255になったらもう取らなくていいです。 今度は Deg Tilteでも購入したら取っていけばいいと思います。 レベル5や7も特に問題なく倒せるはずです。 レベル5のタワーはモンスターもほとんどいませんし部屋数が多く複雑そうに見えますがMAPを見ながら行けば簡単です。 しかも帰りはほぼ一直線で出口へ行けるしね。 レベル7への扉がまだ開いていないので今度はペンダントを使って強引に扉を開きレベル7へ行きます。 お金も Deg Tilteさえ手に入れてしまえば後は必要な装備類はないので鍵やFoodや治療などにバンバン使っていけると思います。 ここまでで クラウンは3つ。 残りはレベル9。 いざレベル9へ・・・っとその前に今の称号のままでは シルバードラゴンには歯が立たないので称号を上げておきます。 寺院へ行って Myrmidomまで上げましょう。 もちろん、なるべくならレベル1まで戻って上げるのが良いですが面倒な方は近くの寺院で・・。 ここまできて ブラックオニキスなどの宝石類を残してもしょうがないので。 レベル9からレベル10のタワーに狙いをつけて ブラックオニキスを使って行くと楽です。 手に入れるまでは デーモンズリングや アワーグラスを使うと良いですがボスに出会うとアイテムの効力がなくなってしまうので注意が必要です。 最強の装備類はマップを見てもらうと解りますが(マップ自体複雑で解りにくいですが)出入り口のすぐそばにあります。 また通路がない部屋にも盾があるのでマントルを使って取りにいきます。 ただそこにもボスがいるので 往復2つマントルが必要です。 いよいよ大詰め。 キングドラゴンとの戦いに向けて装備の経験値を上げる事が次の目標です。 またレベル1に戻ってグローブを拾いまくっていきましょう。 最優先に ドラゴンスレイヤーの経験値を上げましょう。 モンスターを倒して経験値を上げられないので(上げにくい) グローブで上げるしかないですから。 それとレベル8のタワーは マントルを使わないと出られなかったり鍵をやたらと使用しないといけないタワーがありますがそんなに貴重なアイテムが手に入るわけではないので無理して回る必要はないかなとも思います。 そしてレベル9までのタワーの掃除が終わると経験値がかなり増えていると思います。 なので三度レベル1へ戻り寺院で称号を最高レベルまで上げちゃいます。 (あーめんどくさい ーー; )レベル9で称号を上げると正直キングドラゴン戦はかなりきついです。 Master-Lordまで上げちゃいましょう。 ・・と言うより上がらなくなるまで寺院に入る事。 Master-Lordになったらいよいよキングドラゴンとの対決です。 キングドラゴンはレベル9にいます。 もう経験値も増やす必要もないのでレベル10のモンスターはほっときましょう。

次の

XANADU NEXT

ザナドゥ

解説 音楽の殿堂ともいうべきクラブザナドゥ実現を夢見る老人と青年と彼らに力を貸すミューズ(音楽と踊りの女神)の心の触れ合いを通じて40年代のスウィング・ジャズと現代のロックを融合させるファンタジックミュージカル。 製作総指揮はリー・クレーマー、製作はローレンス・ゴードンとジョエル・シルヴァー、監督はTV界出身のロバート・グリンウォルド、脚本はリチャード・クリスチャン・ダナスとマーク・リード・ルベル、撮影はビクター・J・ケンパー、音楽はバリー・デヴォーゾン、ジェフ・リンとジョン・ファーラー、編集はデニス・バークラー、製作デザインはジョン・W・コルソが各々担当。 出演はオリビア・ニュートン・ジョン、ジーン・ケリー、マイケル・ベック、ジュームス・スローヤン、ディミトラ・アーリス、キャティー・ハンリーなど。 1980年製作/アメリカ 原題:Xanadu 配給:ユニヴァーサル=CIC ストーリー 海岸の岩の上で1人クラリネットを吹く初老の男ダニー・マクガイア(ジーン・ケリー)。 一方、同じ町に住む画家志望の若者ソニー(マイケル・ベック)は、描きかけの絵を途中で投げ出し窓の外へ放りなげた。 風に運ばれたその絵は、9人のミューズの女神が描かれた壁画に触れ、その瞬間、それらの9人の女神が絵からぬけ出し踊り出した゜その中で一際目立つ女神キーラ(オリビア・ニュートン・ジョン)は、ローラースケートで海岸をひとり歩くソニーの元に行き、彼に突然キスを投げかけた。 ハッとするソニー。 しかし女神の姿はもうなかった。 ソニーはその日、以前働いていたエアフロー・レコードに戻ることになっていた。 独創的な仕事をくれない上司と喧嘩してやめた会社だ。 展示のアルバムカバーの仕事をすることになった彼は、その美人の絵を見て驚いた。 キスをした彼女なのだ。 が、彼女の正体を知る者はいない。 出会った海岸に出かけたソニーは、そこでクラリネットを吹いているダニーと知り合った。 その日家路についたソニーは、いつの間にかアルバム・カバーの背景になっていたホールの前にきていた。 そこへ彼女が現われ、名をキーラと告げて消えていった。 翌日、再び、ダニーに会ったソニーは、ダニーの豪邸に招待された。 建築会社を経営し成功を納めた彼は、今では好きな音楽を楽しむ生活を送っていたのだ。 彼の夢は、あらゆるジャンルの音楽を自由に演奏しあえる場所を作ることだ。 昔の懐かしい音楽に浸っていたダニーの元にキーラが現われ、デュエットしダンスを踊る。 キーラの案内で訪れた古い建物で、40年代と80年代の音楽が一つに溶けあう。 ダニーの理想とする音楽の殿堂が見つかったのだ。 キーラが暗誦する英国の詩人コールリッジの超現実の世界ザナドゥを歌ったクラブ・カンその殿堂はザナドゥと名づけられた。 ソニーとキーラの間に恋が芽ばえていた。 しかし、キーラはゼウスの娘だ。 神の世界に帰らなくてはならなぃ。 いょいょザナドゥのオープンの日。 しかしソニーは沈んだ面持ちだ。 ダニーに励まされキーラを捜しに行くソニー。 そしてゼウスの心遣いでやっとキーラと会えるが、再び別れの時がきた。 光の中に姿を消すキーラ。 失意のソニーにウェイトレスが近寄って来た。 ソニーが何げなく見上げると、なんとそれは笑みを浮かべたキーラだった。

次の

【モンスト】ザナドゥ【爆絶】攻略と適正キャラランキング

ザナドゥ

初めて挑戦しました。 【】 【】。 初めて挑戦しました。 (見られない人は) メールアドレスはこちら。 「@」だけ画像になってます。 ast xanalabo. sakura. jp 尚、このページで掲載している画像の所有権は (株)日本ファルコム社にあります。 よって、それらの画像等の無断転載を固く禁じます。 FAM柳瀬さんにバナーまで作って頂いてしまいました。 柳瀬さんありがとうございます〜〜! 是非使って下さい。

次の