鬼滅 182。 【鬼滅の刃】182話のネタバレ微画バレあり【無惨との戦いがついに開幕】|サブかる

鬼滅の刃 182話 ネタバレ 感想 キレた愈史郎 無惨 対 炭治郎・冨岡

鬼滅 182

妹にお館様と呼ばれたことで、今自分たちがすべきことを思い出した輝利哉は状況を整理し、 柱と隊員すべてを無惨の元に集結させるよう指示を出す。 そして指示が一息付いたところで、妹たちに自分を取り戻させてくれたお礼を言うのであった。 足止めされ焦る伊黒と甘露寺 鎹鴉(かすがいがらす)を通して甘露寺と伊黒は無惨の復活を知り、全員集結の指示を受ける。 二人は未だ、鳴女の血鬼術に苦しめられておりダメージはないものの延々と鬼ごっこをさせられていたのである。 柱二人という戦力が足止めされている現状を何とかせねばならないが、合流しようとも放っていけばその血鬼術で阻まれるのは明白なため、伊黒は鳴女を先に対処せねばと考えている。 一方、甘露寺はすぐに合流するか鳴女の対処をするかどちらを優先すれば良いか困っている。 その時、甘露寺が後ろから服を強く捕まれ引っ張られる。 次の瞬間、 鳴女の血鬼術である琵琶の音が何度も鳴り響き、それぞれ居る場所が変わっていく。 鬼舞辻無惨との対峙 術が終わった時、 炭治郎と義勇の前には復活した無惨が立っていた! 義勇がそれを諌(いさ)め「焦るな」と忠告するが、義勇の顔も同じように怒りに満ち溢れている。 自分たちが生き残ったことを幸運と思い元の生活に戻れば良いと言う。 自分という存在を災害のようなものと考えれば、それに復讐しようという考えなど起こらない、そうしないのは 鬼狩りが異常者の集まりであるからだ、 もう終わりにしたいと炭治郎たちに告げる。 炭治郎はもはや怒りを通り越した顔をし、 無惨を存在してはいけない生き物だと断じるのであった。 鬼滅の刃<第181話>の感想と182話の展開予想 ここまで冷静に作戦指揮を務め、お館様の仕事を見事にこなしていた輝利哉でしたが、さすがにまだまだ子供ということもあって、動揺してしまいました。 現代でいえば小学校低学年の 妹の助けでなんとかなったものの、やはりまだ子供なので未熟な面が出てしまったということでしょうか。 全員集合の指示を出しあとはもう戦力の分散もないので、とりあえずは仕事を果たしたということで、あとは隊員に任せることになりそうです。 なお、もうかなり状況が進み、何人も上弦が倒され死者も出しているのに、伊黒と甘露寺はまだ鳴女と鬼ごっこ状態というのは、悠長という他ありません。 相手の血鬼術が翻弄するタイプなので仕方ありませんが、柱二人の戦力を、相手に上手く削がれてるなといった印象です。 そして、甘露寺の服を引っ張った人物が誰なのか、推測すると袖の感じから愈史郎(ゆしろう)のように見えます。 最愛の珠世を殺された彼もまた、一刻も早く無惨を攻撃したいと切望し、甘露寺を連れていこうとしているのではないでしょうか? 一方、鳴女の血鬼術が便利に使われて、 主人公である炭治郎が無惨の前にあっさりとたどり着くことになりました。 遭遇したと言うより、 因縁のある耳飾りの剣士を呼び寄せた風に見えます。 今まで怒っていることが多かった無惨がやけに冷静というか達観しているのが不気味です。 ゚ロ゚ デザインも変わり、 キャラも変わってラスボスの風格が出てきました。 自分が圧倒的に別次元の存在で、 逆らうことそのものが間違っているという物言いはこの手の悪者の口から良く聞く言葉です。 また、鬼殺隊と戦うことに嫌気がさしていることが意外でした。 もちろん炭治郎は納得するわけもなく次週から激しい戦いになるでしょう。 しかし甘露寺と伊黒を活躍させないまま終わるとは思えず、相手や無惨の位置を移動させることの出来る鳴女を残して置くのは不利にしかならないので、そちらの対処を先に描いて炭治郎はしばらくお預けになることも考えられます。 鳴女が含まれていることから、近々、彼女も倒されるということなのでしょう。

次の

【鬼滅の刃 182話 激怒】の内容をご紹介|大漫画時代

鬼滅 182

今年のジャンプももう50号。 1年で52週くらいですから,2019年ももう終わりということですね。 ジャンプ暦の上では。 早いなあ。 巻頭カラーは「鬼滅の刃」 そんな2019年50号の巻頭は鬼滅の刃です。 炭治郎の刃に映る無惨の姿に,いよいよ無惨戦が始まるクライマックス感がありますね。 長き戦いがここで終わるかもしれない... と思うと感慨深いものがある。 扉絵は無惨とファーストコンタクトを取った炭治郎と冨岡義勇。 そこに 禰豆子の姿が描かれているのが意味深であります。 最初の鬼となった無惨と無惨によって鬼にさせられた禰豆子。 その禰豆子が太陽を克服し,無惨は太陽の光でしか倒せない。 なんとも言えぬ対比である。 扉絵 というか,ワニ先生は禰豆子の素足を出すのが好きだなあ...。 彼女にエロスは感じませんが,なんか 見てはいけないものを見てしまっている感覚が残る。 なんででしょうね。 というわけでいよいよ無惨戦スタートです。 無惨 さてその無惨です。 鬼舞辻無惨と言えば,身内に対するパワハラには定評がありますがその強さについては今ひとつ見えてこなかったと言うか。 圧倒的な破壊力と己のことのみを考える身勝手さは描かれてきたわけですけれど,実際のところその 強さの底は見えていない。 少なくとも始まりの呼吸の剣士「日の呼吸」の継国縁壱には黒死牟ともども傷一つつけることすらできなかったという。 あれ,無惨様はただの内弁慶ですか...? という印象が読者にも植え付けられていなくもないような。 そんな無惨軽視の風潮をあざ笑うかのように圧倒的な強さを見せつける鬼舞辻無惨に正直驚きですね。 え,お前は本当に強かったの...? (侮りすぎ) 【朗報】無惨さん実は強かった 位置を変えるでもなくほとんど棒立ちに等しい状況で,腕を伸縮しながら攻撃しているのみなのに義勇も炭治郎も受けるのが精一杯です。 モノローグが斜めになるという表現は新しいと思ったのですが,それくらい炭治郎たちにも余裕がないということですよね。 また,棒立ちで腕を伸縮しているだけといいましたが案外これは 合理的な戦い方でもある。 基本鬼狩りたちの戦い方は「日輪刀で斬る」ことである。 斬るためには間合いに入らねばならないわけですが,こうしてアウトレンジ攻撃をしているだけで一方的に炭治郎たちを切り刻むことができる。 まさかのイージス艦戦法ですよ。 そんな中でも無惨の攻撃を読み,間合いまで「抜けた」炭治郎が凄いのか,無惨が誘い込んだのか。 直後に目を斬られているから, 誘い込まれたと見るべきですかね。 このあたりうかつに近づかなかった冨岡義勇との経験の差を感じます。 斬り込んではみたものの... 「斬り込まなくていい」という義勇の言葉,無惨と上弦を比して語っていますけれど,そもそも鬼狩り的には無惨を斬る意味は「足止め」「時間稼ぎ」でしかないからね。 無惨は首を切っても死なない。 であるならば,無惨を拘束して太陽に日に当てるしか勝つ方法はないわけで。 うかつに近づく意味はあまりないし,無惨の居場所を固定できればいいわけです。 もし陽の光が当たる場所ならば。 戦いの譜面をひっくり返せ しかし実際のところ鳴女の力で構築された無限城には決して陽の光は届かない。 夜が明けたところで無惨はノーダメージである。 前回の感想で指摘したように,無惨を倒すためには 「先に鳴女を倒さなければならない」。 太陽の光の当たる場所に無惨を引きずり出す。 それが鬼狩りたちが無惨を詰める唯一の道である。 ああ,でも... あああっ! 呆気なさすぎる... 鳴女って殺傷力に乏しいという話だったけれど,柱二人を惨殺できるほど強かったんかよ!前回,恋柱さんを掴んだあの手は何だったんだ...? て思うじゃん? 実質,鬼殺隊の「詰み」状態と思われる状況において,さらなる苦境が炭治郎たちを訪れる。 実質的に感覚のみで避けていた攻撃,しかしそれすらも「透き通る世界」に入る余裕すらない。 息が続かなければ鬼狩りとしての能力は引き出せない。 周囲に気を回す余裕もない中,いつの間にか追い込まれていた炭治郎の命が刈り取られるかと思った瞬間からーの, 甘露寺蜜璃&伊黒小芭内!これは熱い。 どっこい生きてる捌倍体 まああの流れからこの二人が死ぬとも思っていませんでしたけれど。 どうみても前回恋柱さんを引っ張った手は鳴女じゃなくて鬼狩りだったし,あの場に直行できそうなのは愈史郎だけだったもんな。 死んでいると思っていた柱二人が登場し,背後から恋柱さんの奇襲を受けたにも関わらず無傷。 きっと炭治郎を伊黒さんがかばえたのも「意外な相手が意外なタイミングで入ってきた驚き」によって若干攻撃の手が緩まったんでしょうしね。 こうしてみると柱と無惨の間にも相当の 「差」がありますよね。 愈史郎,激怒す この二人が現れた... ということは鳴女はどうなったというわけですが,これは 意外な方法を使っていた。 へっへえ...。 愈史郎の機転 なるほど。 直接的に鳴女を狩るのではなく, 鳴女の能力を操るという方向性じゃったか。 これは予想外の展開。 前回は蹴鞠鬼と同様の戦法で倒すと予想したですが,むしろこちらの方は上策ですね。 視力を奪い,偽りの現実を見せることによって鳴女を操ろうということか。 確かにこれなら敵を無効化するだけではなく,鬼舞辻無惨を太陽の陽が当たる場所に引きずり出せる。 賢い戦法ですね。 愈史郎は激怒した 激怒する愈史郎。 そりゃそうだよ... 自分の愛する「母」である珠世を殺されているんだもの。 成り立ちは違えど愈史郎も炭治郎も家族を無残に殺されたのは同じ。 鬼と人,違いはあれど愈史郎もまた 「家族」という枠組みの中で無惨と倒さねばならぬという想いを抱く一員であることが分かりますね。 前回の無惨のこのセリフ。 無惨さん... 第181話より 口を開けば親の仇 子の仇 兄弟の仇と馬鹿の一つ覚え 無惨が「しつこい」「飽き飽きする」と斬って捨てた人々の家族に対する想い。 自分のことしか考えず,自分のためにしか生きようとしない無惨と,家族のため愛する人のために生きようとする人間たち。 その 対比構造が,そのまんま「鬼」である珠世にも愈史郎にも当てはまる。 愈史郎の怒りは炭治郎の怒りと同じ。 その激怒は痛いほど分かります。 しかし気になるのは,ここで無惨に直接 自らの「策」をばらしてしまった点ですね。 時々見せる謎の空間移転能力が無惨の固有のものでなければ愈史郎を倒しにはいけないでしょうけれど。 でも無惨には脳内に直接語りかける 「無惨ネット」があるからなあ。 鳴女をどこまで愈史郎の血鬼術で謀れるのかしら。 一抹の不安がある。 まあ,ここで無限城を崩壊させ,風柱・岩柱ほか生き残ったかまぼこ隊やらを含めて「無惨を日の当たる場所に固定するために」延々と戦い続けないかぎり鬼狩隊には勝機がないわけですから,ここで無限城崩壊はあってしかるべきなんでしょうけれどね。 さて,どうなるでしょうか。 この先が気になります。 余談 譜面的には柱が前面に立ち,炭治郎(と後から合流すると思われるかまぼこ隊)は先の 黒死牟戦の玄弥の立ち位置になる構図ですかね。 戦力的にはそうなるはずですが。 先の戦いとの大きな違いは「首を切っても無惨は死なない」という点にあるので,黒死牟と同じ戦い方はできないんですよね。 むしろ「地上で固定化」の方に力を注がねばならない。 これはなかなか難しい。 無惨は別に動かないわけじゃないですからね。 柱5人を同時投入してもどこまでやれるかはわからないわけで。 この先の戦局はまだなんとも言えない。 蛇柱さんに期待大な件 とりあえず,次週以降はこれまでまともな戦いを見せていない 蛇柱・伊黒さんがご活躍してくれるのでしょうか。 無惨の縦横無尽なサイコミュ攻撃の間隙を縫って攻撃するには相性が良さそうである。 ただの嫉妬深い男ではないところを見せて欲しい(ちょ)。 ちなみに皆さん,初見時はどう思いましたか? 例のページ(おばみつ登場時)を見たときのあなたの気持ちは? — ayumie ayumie 次。 今回片目を失った炭治郎である。 呼吸で止血はできるのかもしれないが,片目というのはなかなか厳しい。 視力に頼る限り距離感が取れないしね。 そこはまあ「透き通る世界」に入ったことがある炭治郎ですから,岩柱さん同様にそちらの能力を使って相対するしか無いのでしょうけれど。 片目を失ったことはどう転じるのか あとは,一つ感覚を失ったことによって 新たな感覚に覚醒するというのも漫画的にはよくあるパターンである。 片目を失ったというのはカナヲもそうなんですが,そのあたりどんな能力覚醒が加わるのかも気になります。 鳴女を操って空間操作できるのなら, いきなり「昼」に無惨を飛ばすってのは出来ないのかしら(ちょ)。 流石にそれは禁じ手過ぎますかね。 そもそも鳴女の視力を奪って偽りの世界や指示を見せているわけですから,無惨の命そのものが危険にさらされるような指示はできないということかもしれないな。 まあそれをやったら漫画として成立しないので,冗談です。 「鬼滅の刃」ゆるシールである。 殺伐とした本誌の展開と比してこの世界観はちょっとほっとする。 富岡義勇「俺は嫌われていない」 一方でその並び順ですが,柱の中で一人右隅に追いやられている 冨岡義勇にほっこりしますね...。 いや,これは単純に柱の登場順だと思いますけれど。 これ登場順だよな。 対する鬼の方は序列順ですね。 珍しく一つだけ目を開けて残りを閉じている黒死牟さんがおちゃめである。 ウインクする黒死牟... これくらい心に余裕があったら継国厳勝も嫉妬深い人生を送らずに済んだのかなあ(違)。 そして 当然のようにいない獪岳さん。 ま,上弦の禄はやっぱりこの兄妹ですよね。 そして炭治郎の甘えきっているようなかまぼこ隊にほっこりします。 戦い終わってこんな風に幸せそうに過ごせる姿が見られるのかどうか。 最終決戦の最中にみえた 優しい世界に少しだけ癒やされました。 というわけで, 再度まる。

次の

▷ 鬼滅の刃182話ネタバレ 感想 !

鬼滅 182

スポンサーリンク 無惨と対峙する炭治郎 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 炭治郎は、生き物に対してこれほど冷たい気持ち、腹の底まで厭悪が渦をまいたのは初めてだと感じていました。 対する無惨は涼しい顔で超然とたたずんでいます。 追い詰められたような表情は一切ありません。 現在の鬼殺隊には、かつての縁壱のような強い剣士がいないと思っているからでしょうか? 無惨はこれまでの上弦の鬼と違い頸を斬っても死にません。 上弦の壱の黒死牟は頸を斬られて一度は復活しましたが、かなりのダメージを受けていました。 しかし無惨はたとえ頸を斬ったとしても、再生速度が上弦の鬼をはるかに凌ぐことがわかっています。 無惨を倒すただ一つの方法、それは太陽の光にさらすこと。 炭治郎は、お館様からの指令どおり他の柱たちの到着を待ちつつ夜明けまでの戦いの攻略方法を探ろうとします。 怒りを感じながらもそれにまかせて攻撃するのではなく、冷静に状況を判断しているのはさすがですね。 スポンサーリンク 上弦の鬼の比ではない無惨の強さ 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 しかし無惨の強さは想像以上でした。 突如、軽く腕を振ったかと思うとその腕が鋭く伸び部屋中を切り刻んだのです。 その威力はまるで多くの刃物を同時に振り回したよう。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 凪で何とか攻撃をかわす水柱・義勇。 炭治郎はあまりの速さに目で追うことができず、感覚だけで何とか攻撃を避けていました。 そして、そこから決死の思いで攻撃の間を抜け一気に無惨の至近距離まで近づきます! 両腕を伸ばしきっていて胴がガラ空きの無惨。 いける!! ・・・次の瞬間炭治郎は床にたたきつけられていました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 右目を斬られています。 どんな攻撃をくらったのかもわからないくらいの速さ。 これまでの上弦の鬼たちとの戦いで、ここまで攻撃が見えないことがあったでしょうか? 上弦の参の猗窩座との戦いでは義勇に助けられながらも攻撃を避け、至近距離で戦うことができていました。 無惨に関しては・・・残念ですが全く歯が立たないという感じです。 間一髪で義勇に助けられますが、義勇は無惨がこれまでの上弦の鬼とはまるで違うと言います。 もはや間合いを詰めて斬り込むのは不可能な強さ。 攻撃をしてこない二人に対して無惨は、夜明けまでの時間稼ぎをしていることを見破ります。 そして縞の羽織の柱と女の柱はすでに鳴女が殺したぞと言いました。 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 無惨は鳴女の視覚を見ることができるので、鳴女が見た蛇柱の伊黒と恋柱の甘露寺の死体のことを言ったのです。 右目が見えない炭治郎は、義勇の足手纏いにならないためかばってもらっていたのを振りほどき二手に分かれます。 そして匂いで何とか攻撃をかぎ分け透き通る世界を見ようとしますが、速すぎて匂いを感じることができません・・・! そして攻撃を避けるのに集中するあまり、壁に激突してしまいました。 死んだと聞かされた二人の突然の登場! 嬉しい誤算ですがどういうことでしょうか? 伊黒は炭治郎に足手纏いの厄介者はもう引っ込んでいろ、と言いますが、二人が生きていたことにホッとして、良かった・・・と思わず涙をこぼす炭治郎。 スポンサーリンク 鳴女に怒りをぶつける無惨 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 一方、鳴女から間違った情報を送られていたことに気づいた無惨は激怒します。 何故殺したはずのこいつらがここにいる? 「何をしている 鳴女!!」 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 何と、鳴女を操っていたのは愈史郎でした。 姿を隠して鳴女に近づき鳴女の視覚を操作していたのです。 「無惨お前は この世で最も重い罪を犯した 俺から珠世様を奪ったこと 後悔してひざまずけ!!」 今からお前を 地上へ叩き出してやる!! 怒りに燃えた愈史郎が涙を流して叫びます。 同時に無限城全体が大きく揺れてたわみだしたのでした。 次号へ続きます。 スポンサーリンク 『鬼滅の刃』ネタバレ 182-183 話のまとめ 無惨は柱が全員でかかってもかなわない底力を持っているように感じます。 どう考えても普通に戦って勝ち目はない中、どうなることかと思っていましたがここにきて愈史郎のナイスアシストですね! 吾峠呼世晴「鬼滅の刃」182話より引用 愈史郎は愛する珠世を奪われて怒りと悲しみに燃えています。 珠世と愈史郎は、この「鬼滅の刃」以前の吾峠先生の作品「過狩り狩り」にも登場しており、登場回数は多くないもののその時々で物語に大きな影響を及ぼしています。 珠世が無惨に殺され、独りになった彼がどうなるのか気になっていましたが、まさか鳴女を操るという大胆な行為に出るとは・・・。 もし成功すれば無限城の崩壊という新たな展開を見ることができるはずです。 愈史郎は、珠世の願いを叶えるためとはいえ嫌いな鬼狩りと行動を共にし、最後は珠世の死という最悪の事態を迎えることになってしまいました。 もし無限城が壊れると愈史郎自身も夜明けとともに太陽の下に身をさらすことになりますが、それも全て承知の上なのでしょうか。 自身をも滅ぶ覚悟で仇を討つ、愈史郎の攻撃が無惨への大きなダメージになりますように・・・!!.

次の