菅田 将 暉 映画。 菅田将暉(俳優): 情熱大陸

映画『生きてるだけで、愛。』趣里・菅田将暉が描く不器用な男女の物語、本谷有希子の芥川賞候補作を映画化

菅田 将 暉 映画

今、大注目の若手俳優・菅田将暉の「情熱大陸」を映画監督の福田雄一が撮る! 2015年は映画・ドラマ合わせて10本を超える作品に出演し、いま最も注目を集める若手俳優のひとり、菅田将暉。 演出家やプロデューサーから熱いラブコールが途切れない理由は、端正なルックスにもかかわらずどんな オカシな 役にも挑戦する演技への欲の深さだ。 まさに変幻自在。 観る者の期待を良い意味で裏切り続ける23歳だ。 では、素顔は一体どんな人物なのか?それを探るべく今回彼への密着取材を行ったのは、なんと映画監督であり脚本家でもある福田雄一。 もともと菅田は福田作品の大ファンで、去年、福田の映画「明烏」 2015 に出演しシチュエーションコメディの新境地を開いた実績があるが、そこは「情熱大陸」。 若いのに遊びにも行かず、演技のことばかり考えている。 あの世代にはそういうタイプが多く、少し上の小栗旬たちのように朝まで飲んで騒いで喧嘩して、みたいなことはしない。 今回ドキュメンタリーの取材の中で、遊びに誘って人生の楽しさを教えながら素顔を撮りたい」。 福田にとっても初のドキュメンタリー挑戦。 ドラマや映画とは勝手が違う空気の中、ムロツヨシら福田組常連俳優との飲み会や、親友の若手俳優である太賀と若葉竜也とのバンド練習、そして趣味の洋服作り…果たして、菅田将暉はどんな素顔を見せるのか?.

次の

菅田将暉

菅田 将 暉 映画

今、大注目の若手俳優・菅田将暉の「情熱大陸」を映画監督の福田雄一が撮る! 2015年は映画・ドラマ合わせて10本を超える作品に出演し、いま最も注目を集める若手俳優のひとり、菅田将暉。 演出家やプロデューサーから熱いラブコールが途切れない理由は、端正なルックスにもかかわらずどんな オカシな 役にも挑戦する演技への欲の深さだ。 まさに変幻自在。 観る者の期待を良い意味で裏切り続ける23歳だ。 では、素顔は一体どんな人物なのか?それを探るべく今回彼への密着取材を行ったのは、なんと映画監督であり脚本家でもある福田雄一。 もともと菅田は福田作品の大ファンで、去年、福田の映画「明烏」 2015 に出演しシチュエーションコメディの新境地を開いた実績があるが、そこは「情熱大陸」。 若いのに遊びにも行かず、演技のことばかり考えている。 あの世代にはそういうタイプが多く、少し上の小栗旬たちのように朝まで飲んで騒いで喧嘩して、みたいなことはしない。 今回ドキュメンタリーの取材の中で、遊びに誘って人生の楽しさを教えながら素顔を撮りたい」。 福田にとっても初のドキュメンタリー挑戦。 ドラマや映画とは勝手が違う空気の中、ムロツヨシら福田組常連俳優との飲み会や、親友の若手俳優である太賀と若葉竜也とのバンド練習、そして趣味の洋服作り…果たして、菅田将暉はどんな素顔を見せるのか?.

次の

共喰い (映画)

菅田 将 暉 映画

菅田:ホテルから町に出るにしても、すごい真っ暗なトンネルを通らないとたどり着けないような場所で。 撮影が終わった後「ちょっとコンビニに買い物行こう」って言っても大冒険なんですよ(笑)。 でもそういう時間があったからこそ、あの土地に馴染めたというか。 そういう時間はなるべく多くあればと思っていました。 …あのトンネル、怖かったもんね。 小松:2つくらいあったもんね、長いトンネルが。 菅田:あった、あった。 何にも見えない。 「どこが便利やねん!コンビニエンスちゃうやん!」みたいな(笑)。 松:ダッシュ!みたいな(笑)。 怖かったよね、絶対に何か出るって感じで。 菅田:『溺れるナイフ』らしいよね(笑)。 小松:でも、トンネル歩きながら話したよね? 菅田:話した。 お互い怖いけど普通にしとこうと(笑)。 携帯をライトにして道を照らしながら… 小松:「前から誰か来そう!」って。 菅田:誰も来なかったよね、ずっと(笑)。 この感情を表現してしまったか!という良い映画を観たときの抉られる感覚と、少女漫画のそんなセリフありえないやろーー!っていうクサいほどの甘さがまさかの共存に成功していました。 新感覚。 メインの小松菜奈と菅田将暉は安定の美しさなのだけど、でもいつも通りの「みんなの憧れ絶対的アイコン」としてではなく、すごく人間味のあるリアルな存在として描かれているのがこの映画の良いところなのではないかと思います。 特に前半部分での夏芽 小松菜奈 の危うさ、ブレブレ具合の表現の仕方が秀逸。 刺さりました。 その他の登場人物もとてもリアル。 ジャニーズなのに庶民代表大友を見事に演じてしまう重岡大毅、前後半で鮮やかに変化を遂げる上白石萌音の演技力にも驚かされます。 個人的にはクサいシーンの度に一歩引いてしまったのですが、視点の鋭さとそれをしっかりと描く媚びなさ、そしてそれに応える若手俳優たちの演技に高評価をつけたくなる、そんな映画でした。 ciatr編集部編集員。 横浜生まれ横浜育ちのアラサー男子。 青春ものが特に好きで、ホラー系以外は割となんでも観ます。 好きな監督はクリント・イーストウッド、山田洋次など。 月に10本は映画館で新作を鑑賞し、ドラマ、アニメも広く浅くフォロー。 電子書籍で漫画を5,000冊以上所有しているライトな漫画読みでもあり、漫画原作の映画記事を多く書いています。 日々コンテンツを食べて生きているため、一部では「コンテンツお化け」という蔑称で呼ばれている「人間」です。 好きな映画 【邦画】『ちはやふる』『遥かなる山の呼び声』『あん』 【洋画】『ショーシャンクの空に』『ローマの休日』『グラン・トリノ』『アメリカン・スナイパー』『バタフライ・エフェクト』『ニュー・シネマ・パラダイス』『雨に唄えば』『ダークナイト』『バック・トゥ・ザ・フューチャー』『はじまりのうた』 【アニメ】『ルパン三世 カリオストロの城』『秒速5センチメートル』『ヒックとドラゴン』 基本、みんな大好き系の鉄板映画が好きなミーハーなので、ライトな映画ファンは上記の映画を観ていただけるといいかなぁと。

次の