ヨクイニン エキス。 ツムラ薏苡仁湯とヨクイニンエキスコタローの違い【ファーマシスタ】薬剤師専門サイト

【楽天市場】植物エキス > ハトムギ ヨクイニンエキス:自然化粧品研究所

ヨクイニン エキス

ヨクイニンとハトムギエキス、ハトムギ茶の関係は? ヨクイニンは漢字で「薏苡仁」と書く、漢方薬の成分の1つです。 漢方薬は、ショウガとかシナモンなどを代表として食品から取れる成分であることが多いのですが、このヨクイニンも「ハトムギ」から作られている成分です。 ハトムギ茶として飲んでも、その成分の一部を体に取り入れることが可能です。 市販のヨクイニンと、病院で処方してもらえるヨクイニンの違いは? 実は、市販の「ヨクイニン」と病院で処方される「ヨクイニン」の成分は全く一緒です。 摂取量もほぼ一緒。 あえて違いを探すとすれば、成分の品質の違い程度です。 保険診療の薬は、国の定めた一定基準の安全性をクリアした成分なのに対し、市販のものは取扱会社などによって成分のばらつきがあると思われます。 中には保険診療で処方できる製品よりも質の高いものがあるかもしれませんが、効果が数倍…とは考えにくいのではないかと思います。 ヨクイニンはどんな作用があるのか ヨクイニンが持つ薬としての作用の中で、イボに働くのは 「免疫細胞を活性化(免疫賦活作用)」です。 もう少しかみ砕くと、ヨクイニンを飲むことで、免疫細胞の働きが良くなり、ウイルスや細菌から体をしっかり守ってくれるようになります。 そのほかにも、 ・抗腫瘍活性 ・抗酸化能 ・抗アレルギー作用 ・抗高脂血症作用 ・抗炎症作用 ・筋弛緩作用 ・血糖降下作用 ・利尿作用(急性・慢性腎炎ネフローゼの治療に利用) など、種々の薬理作用が報告されています。 ただし、この効果は西洋薬のような研究や調査に裏付けられたものではなく、古い漢方の教科書から転用されているものです。 劇的に効くというより、マイルドに体質改善を期待する、そんな作用と考えられています。 ヨクイニンを使うイボの種類は? 免疫が関係しているイボに、ヨクイニンは作用すると考えられます。 つまり、 「ウイルス性のイボ」にヨクイニンは作用します。 手指のイボ(尋常性疣贅:じんじょうせいゆうぜい)や、顔に急にできてちょっとかゆい青年製扁平疣贅(せいねんせいへんぺいゆうぜい)などです。 私が皮膚科医として18年間、数千人以上の首イボを見てきた中での印象は、 首にウィルス性のイボがある人は 2%程度となります。 ウイルス性のイボとはどんなイボか、最後に写真を掲載しているのでぜひご覧ください。 ヨクイニンをウイルス性イボに使う根拠……でも効きはイマイチ ウイルス性のイボにヨクイニンを使う根拠の前に、なぜイボができるかについて説明します。 イボウイルスは、そもそも人の細胞の中に入り込んで、そこで共存して暮らしています。 我々の体の方で、イボウイルスの存在を許してしまっていると(免疫が十分に働いていないと)、体から追い出されることないため、いつまでもそこにウイルスが存在してしまっています。 何とか免疫を十分に働かせて、ウィルスを退治する方法はないのか……ということで「ヨクイニン」を使用します。 古い漢方の教科書では、ヨクイニンを飲むことによって、免疫系が強くなり、共存していたウイルスを体から取り除かれると記載がありますが、残念ながら実際患者さんを診ていての印象は、長年飲んでいても変わらないというところです。 他の皮膚科のDr. と話をしても 「ヨクイニンは、ウィルスのイボに称するけれど、あまり効かないよね」 「ヨクイニンでウイルスが取れる人もいるから、試しにしばらく飲んでみましょうと話して処方する」 などと、やや消極的な処方になっているのが実際の医療現場の裏話です。 ヨクイニンエキス配合のクリームにはイボを取る作用があるの? ヨクイニンは体の中から免疫系を緩やかに活性化してイボを取り除くので、飲み薬で摂取することが大切と言えます。 塗り薬で局所的に免疫が高くなるかどうかに関しては、今のところ医学論文でその効果を確認したデータは見つけられませんでした。 首や体のイボはヨクイニンで取れるの? 首や体にできるイボのほとんどは、ヨクイニンでは取れません。 これらのイボのほとんどが、ウイルスとは関係なく、良性のできものである「アクロコルドン」「スキンタッグ」「軟性線維腫」です。 これらは遺伝や皮膚への刺激などでできるタイプのイボなので、免疫系がしっかりさせるためのヨクイニンは全く効く理由がありません。 先ほどお伝えしたように、私が皮膚科医として数千人以上の首イボを見てきた中での印象は、首にウイルス性のイボがある人は、2%程度で、残り98%の方は良性のできものとなります。 つまり、 ヨクイニンを使ってみたら取れるかもしれないイボは、全体のたった2%の人にしか見られないし、その2%の人もヨクイニンを飲んだだけで取れることは考えにくいのです。 ウイルス性のイボはトゲトゲしている ウイルス性のイボは、通常の首イボと比べてトゲトゲしています。 症例1:トゲトゲタイプ 症例1の写真のように、角のように先端がとがっているタイプ。 症例2:トサカタイプ 症例2の写真のように、表面がトサカのようになっているタイプ。 この2タイプが典型的です。 通常の首イボと比べて、触ると固く感じます。 どちらのタイプも、液体窒素で治療をした方が確実に取れます。 特に、顔や首にできたウイルス性のイボは、1~3回程度で取れることが多いので、長引かせたほかに移るリスクを考えると、早急に治療を受けることをおススメします。 液体窒素治療については、「」の記事も参考にしてみてくださいね。 *注意:ウィルス性のイボは放置すると他に移って、どんどん増える可能性があります。 ヨクイニンでゆっくり体質改善はあまりお勧めできないです。

次の

イボの改善に効くヨクイニンエキスの効果とは?

ヨクイニン エキス

用法・用量 次の量を1日3回、食前又は食間に水又は白湯にて服用してください。 (食間とは、食後2~3時間を指します。 1 医師の治療を受けている人 2 妊婦又は妊娠していると思われる人 3 今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人 2、服用後、次の症状があらわれた場合は、副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、を持って、医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください。 関係部位 症状 皮膚 発疹、発赤、かゆみ 消化器 胃部不快感、腹痛 3、服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の継続又は増強が見られた場合、服用を中止し、を持って、医師・薬剤師又は登録販売者に相談してください。 ・下痢 4、1ヵ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、を持って医師・薬剤師又は登録販売者に相談してください。 【成分・分量】 成人1日量6錠中に以下の成分を含みます。 ヨクイニンエキス:660mg(原生薬換算量15000mg) ヨクイニン末:300mg 添加物:含水二酸化ケイ素、クロスカルメロースNa、カルメロースCa、ポリビニルアルコール・アクリル酸・メタクリル酸メチル共重合体、ステアリン酸Mg、結晶セルロース• 1ヵ月くらい服用後、徐々に肌の調子が良くなってきているようなのですが 続けて服用してもよいのでしょか? A. 服用中に、特に副作用などの症状がないようであれば、続けてお飲み頂いても問題ありません。 ただし、漫然と使用するものではありませんので、定期的(2週間~1ヵ月)に効果や副作用の確認を行って下さい。 だんだん効かなくなってきた。 量を増やして飲んでもいいのでしょうか? A. 医薬品には有効性と安全性を踏まえた適正な量が決められております。 量を増やしてしまうと副作用が強く出てしまう可能性が高くなります。 必ず決められた量を服用してください。 「ヨクイニン錠SH」と比べて、用量が半分に減りましたが、1日あたりの有効成分の量も減ったのでしょうか? A. ヨクイニンエキス錠SHは、生薬ヨクイニンの抽出方法を見直し、従来品よりも約2. 3倍濃いエキスを使用することで、従来品では成人1日量(12錠)に配合していた有効成分の量を変更することなく、成人1日量(6錠)にすることが可能になりました。 有効成分の量に変更はありません。 子どもでも服用出来ますか? A. ヨクイニンエキス錠SHは、15才以上の成人のみの服用として用法用量が設定されております。 15才未満の小児に関しては、お飲み頂くことは出来ません。

次の

ハトムギ種子エキスとは…成分効果と毒性を解説

ヨクイニン エキス

肌が荒れている方、イボのある方に有効な生薬製剤 「ヨクイニン」は、肌があれがちな方、肌のキメが乱れているという方、いぼが気になる方などにおすすめです。 「ヨクイニン」は、ハトムギの皮を除いた種で、古くからお肌のために用いられてきた生薬です。 消炎作用や体の水分バランスを整える作用があると言われ、肌あれや、いぼに効果があります。 改善がみられない場合は、医師、薬剤師又は登録販売者にご相談ください。 配合生薬(成分・分量) 成人1日の服用量3包(1包1. 5g)中 ヨクイニンエキス…1500mg (ヨクイニン19. 5gより抽出。 ) 添加物として、ヒドロキシプロピルセルロース、乳糖を含有する。 成分に関連する注意 本剤は天然物(ヨクイニン)のエキスを用いていますので、顆粒の色が多少異なることや、ヨクイニン特有のにおいを感じることがあります。 用法・用量 次の量を1日3回食前又は食間に水又は白湯にて服用。 年齢 1回量 1日服用回数 成人(15才以上) 1包 3回 15才未満7才以上 2/3包 7才未満4才以上 1/2包 4才未満2才以上 1/3包 2才未満 服用しないこと 用法・用量に関連する注意 小児に服用させる場合には、保護者の指導監督のもとに服用させてください。 注意点・副作用 使用上の注意• 相談すること• 次の人は服用前に医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください (1)医師の治療を受けている人 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人 (3)今までに薬などにより発疹・発赤、かゆみ等を起こしたことがある人• 服用後、次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので、直ちに服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 皮膚 発疹・発赤、かゆみ 消化器 胃部不快感• 服用後、次の症状があらわれることがあるので、このような症状の持続又は増強が見られた場合には、服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 下痢• 1カ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し、この文書を持って医師、薬剤師又は登録販売者に相談してください 保管方法 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管してください。 (2)小児の手の届かない所に保管してください。 (3)他の容器に入れ替えないでください。 (誤用の原因になったり品質が変わります。 ) (4)使用期限の過ぎた商品は、服用しないでください。 (5)1包を分割した残りを服用する時は、袋の口を折り返して保管し、2日をすぎた場合には服用しないでください。 製品情報.

次の