淀川 工科 高校 吹奏楽 部。 片倉・淀川工科など8校金賞 全日本吹奏楽コン高校の部:朝日新聞デジタル

大阪府立淀川工科高校の吹奏楽部の活動について知っていることを教えてくだ...

淀川 工科 高校 吹奏楽 部

大阪府立淀川工科高校の吹奏楽部の活動について知っていることを教えてください! 先日「淀工吹奏楽日記」という淀工のドキュメンタリーDVDを見たのですが、 想像していたのと違い、とてもびっくりしました。 吹奏楽部のコンクールが強い学校は、先生がものすごく怖くて、上下関係が絶対の軍隊的な部活なんだろうなとずっと考えていました。 そして淀川工業高校も然り、 入部する人のほとんどが初心者でも、吹奏楽コンクールの全国大会で毎年金賞を獲っている学校だから、 「きっと技術偏重のスパルタな練習で、軍隊みたいな部活なんだろうな・・・」 という先入観だったのですが、 ドキュメンタリーを見る限りでは工業高校らしいやんちゃな生徒たちが楽しそうに楽器を吹き、合奏では丸谷先生が冗談を飛ばして生徒と和気藹々と合奏をしていました。 きびきびした雰囲気は特になかったです。 確かに丸谷先生が怒鳴るシーンもたくさんありましたし、オーディションでメンバーを決めるところも見ました。 ただ僕にはDVDを見る限りでは、とても淀工が毎年金賞を獲る学校には見えなくて、 「やっぱり丸谷先生のカリスマ性なのかな」と思ってしまいます。 そこで皆さんに質問です。 淀工の活動について知っていることがありましたら、教えてください。 「これがあるから彼らは強い」みたいなのを教えていただけたら嬉しいです。 淀工のドキュメンタリーDVDがあるのですね・・・。 初めて知りました。 DVDは、あくまで365日練習をしているうちのほんの一瞬です。 私は、仕事の関係上 淀工を知っていますが、甘ったれた練習は一切してないですよ。 面白く、工夫をして、効率の良い練習はいていますが、基本、基本、基本です。 彼らが素晴らしいのは、先輩が後輩に教える力、後輩が先輩から学び取る力、 淀工の伝統を守ろうとする力が、強いのです。 そのために、吹奏楽の楽しさを心から知り、仲間の大切さ、統一感の美しさを 体で感じ、学んで行くのです。 『好きこそものの上手なれ』ですよね。 自分達で考え、行動し、反省し、また、考える。 Plan・Do・Seeかな・・・。 彼らが強い(?)のは、そこにあると思いますよ。 と言うか、負けない・・・。 自分の弱さに・・・かな。 丸谷先生は、本当に素晴らしい先生です。 生徒さんや、OBから絶大な信頼を得ていらっしゃいます。 だからこそ『丸ちゃん』の愛称で、いつまでも変わりなく輝いていらっしゃる。 上下関係が絶対の軍隊的な部活では無いと思いますが、 通常の学校よりは、礼儀作法はしっかりしていますよ(笑) 次は、グリーンコンサートや定期演奏会を見てください。 感動して泣けますよ!!!!.

次の

大阪府立淀川工科高校の吹奏楽部の活動について知っていることを教えてくだ...

淀川 工科 高校 吹奏楽 部

過去の「制作ー前準備編」を読み返してみると、制作記事とは関係ない文面がちょっと多いかなぁって、反省したところがありまして。 でもマーチングに対して思うところもあったので、制作記事とは別に「吹奏楽雑記」カテゴリーを作りました。 そちらに制作記事以外の吹奏楽関連の事や、思っている事をちょくちょく書き込んで行こうと思っています。 宜しくです。 ・・・・・・・・ 最近日課になったことがありまして。 PCを立ち上げるとまずyoutubeを開いて、検索窓に「吹奏楽」と打ち込み、フィルター機能で「並べ替え」の「アップロード日」にチェック。 最新投稿動画を確認します。 もちろん、 京都橘高校吹奏楽部の最新動画を調べる事ですが、検索結果に思いの他、吹奏楽動画がたくさん投稿されてて、こんなに投稿あんだ?ってちょいびっくりするくらい。 野外ステージやミニコンサート。 各地のコンテストや定期演奏会の動画。 その内容は実に多彩。 そしてそんな中「これは…」って思う動画をちょっと前に見つけました。 下記動画なんですけど、 pitinpitout11氏 2019出雲ドーム2000人の吹奏楽 松江商業高校、出雲商業高校 さる2019年9月7日に開催された「第28回出雲ドーム 2000人の吹奏楽」に、「島根県立松江商業高等学校吹奏楽部」のみなさんが初参加。 出雲商業高校吹奏楽部に続く、新しい京都橘高校吹奏楽部の親戚筋??? 激しくはありませんがダンスを取り入れた演奏と、橘チックな構成のユニフォームに真っ先に目を惹かれました。 肩章と袖章が入った白シャツベースで黒のデザインアクセント。 黒地のミニスカートにゴールドライン。 スカートスリットに白が入り、品があって落ち着いた華やかさ?って表現が良いのかな?橘や出雲とはまた違う印象を受けます。 素人の上から目線になっちゃいますが、デザインした方のセンスの高さを非常に感じました。 【2020年1月現在】 上記では黒地と書いておりますが、正確には濃いブルー、紺系の色合いである事が判明しました!又どうユニフォームの2019年バージョンと2018年バージョンでは、ジャケットのデザインが微妙に違う事も分かりました。 お互い島根県しかも商業高校どうし。 何らかのつながりや吹部のクラブ交流がありそうかも? 気になって同校ホムペをチェックしてみると、ホムペ内の「お知らせブログ」2019年4月10日、新1年生向けクラブ紹介の記事で吹部部員さん4人が、演奏している画像が。 その出で立ちはホテルレストランやバーで、バーテンダーが着用する様な白シャツと黒チョッキ、黒パンツ。 ん~最近まではこのスタイルだったんだ?なんて思いながら、お知らせブログの月日を更にさかのぼる事、2015年2月10日。 「3年生を送る会」開催の報告記事があり、そこでは現行ユニフォームを既に着用した画像が掲載。 そこそこ前じゃん。 更にさらに、さかのぼって2014年3月27日。 「定期演奏会開催報告」の記事があり、画像が小さく確認しずらいんですけど、上下黒のやっぱりバーテンダーっぽい?それとも黒ジャージ?明らかに現行ユニフォームと違う姿。 もひとつ頑張ってさかのぼると、2013年3月18日の「定期演奏会」報告では、最初に書いたバーテンダースタイルの画像がありました。 断定はできませんが早くて2014年の4月以降、新学期に合わせて現行ユニフォームを、作ったのかもしれませんね。 そして今はバーテンダースタイルがセカンドユニフォーム?なのかも。 同部のドラムメジャーさんは演奏も兼任、カラーガードはいないようです。 京都橘とのつながりもあるんだろうか??? 彼女たちの存在は全く知らなかったよ…。 自分的にはこれから要注目吹部の一つとなりました! ふと思ったんですが。 来年も開催されるであろう「さくらパレード」に参加してもらえたら、出雲商業高校吹奏楽部と併せて大きな注目を集め、パレードもより華やかなものになるだろうなぁ…。 07 島根県立出雲商業高等学校吹奏楽部/第28回出雲ドーム 2000人の吹奏楽 今年のマーチング地区予選では同2校はどちらも地区予選突破、中国大会へ進出します。 開催日は10月6日。 関西大会よりも後に開催。 前年度の中国大会の結果を見ると全国への切符は2校でした。 もうね、はっきり言って思いっきりひいきしちゃいます 笑 今年も同じ2校なら出雲商業、松江商業2校になって欲しい! そして全国の大阪城ホールで京都橘高校吹奏楽部の面々と戦ってほしいのです! ・・・・・・・・・ 話は変わるのですが、今年も関西圏の地区予選ではマーチング強豪校、滝川第二 兵庫)、早稲田摂陵 大阪 、箕面自由学園 大阪 、淀川工科 大阪 がそろって予選を突破してきました。 関西大会から全国への切符は今年も3枚の様です。 素人が各校を見た感想になるんですが、滝川第二の印象はとにかく美しい。 寸分たがわぬ動きと綺麗な音色。 すべてが綺麗。 早稲田摂陵は2018年は関西ダメ金でしたが、何故に全国代表になれなかったのか、その理由が自分には全く分からない高レベルのマーチング。 箕面自由学園は2011年以降、何度も全国出場&金賞の実績が自信に繋がっているのでしょうか、部員さんたちの顔に、そしてマーチングに凄く風格を感じます。 淀川工科は、ここ7~8年?は曲目とマーチングの構成は変わってないと思います。 もっとかな?、その同じ構成を極めてきわめ上げて、高完成度に仕上げた感じ。 まるでCGで作ったみたいで、全国出て金賞とって当たり前?素人が見ても音に行進に完璧にしか見えない…。 これら各学校をドキュメントした番組を見たり、紹介する記事やレポートを複数見ましたが、それぞれの学校の部員さん達が悩んだり苦しんだり、泣いたり笑ったり。 そして前を向くその姿に感動で涙が出そうになったりもしました。 みなさん見える所でも見えないところでも地道な練習と、たゆまぬ努力をしてきたんだと確信しました。。。。 世界的に見ても、日本のマーチングはレベル高いって言われるのも納得。 そして思ったのはそんな強豪校と比べると、京都橘高校吹奏楽部のマーチングは本当に異質。 ダンスを取り入れ、あれだけステップを踏んでいる学校は上記の学校にありません。 京都橘高校吹奏楽部のマーチングは唯一無二なんだって改めて思いました。 目指す頂きは一緒でも、その道のりは全く違います。 ネットで色々調べると、橘スタイルのマーチングが今のマーチング審査環境もあって、現マーチングコンテストでは、すごく不利だと書いてる感想を時々見ます。 違うコンテストに出るべきでは?。 もっと音に力を入れてダンスは減らした方が良い結果出せる。 リズムが~、ピッチが~etc…。。。。。 でもきっと部員さん達は周りから言われるまでもなく、ずっと前から自分たちの問題点に気が付いているでしょう。 にもかかわらず橘スタイルをさらに高めて、全国を狙い金賞を狙う。 そのモチベーションはどこから来るんだろう。 きっと他人 外野 に安易に伝える事なんてできない、彼女 彼 らの吹奏楽にかける気持ちがあるからなんだと思います。 そしてマーチングも時代とともに変わってきているんでしょうか?他に「岡山東商業高校吹奏楽部」や神奈川県の「大西学園」もかなりダンスを取り入れた演奏をされていて、とってもとっても楽しそう。 今は周りや過去にとらわれず、色んな演奏スタイルが出てきて、時に取り入れたり見直したり。 一生懸命自分達らしさを模索している気がします。 ひょっとしたら学校独自のスタイルが、どこも確立しつつある過渡期なのかも。 そんな頑張っている人達を素直に応援したい。

次の

全日本吹奏楽コンクール全国大会の結果のまとめ【高校の部】

淀川 工科 高校 吹奏楽 部

お待たせしました!今年も全国大会が終わり、最新版吹奏楽コンクールランキング更新の季節がやってまいりました。 吹奏楽コンクール全国大会の出場回数・金賞受賞回数ランキング、高校の部編、2018年版です。 吹奏楽の強豪校や名門校の 出場回数や、金賞受賞回数について語るランキング。 今年も 吹奏楽コンクールの花形部門、高校の部についてランキングをまとめていきます。 強豪校の全国大会初出場は、いつなのか?直近の成績だとどこが上位ランキング?金賞の受賞回数のランキングは?金賞受賞率が高い学校は?といったマニアックな情報も昨年に続きご紹介いたします! 【Special Thanks】 今回の記事作成に あたり、のデータを参照させていただきました。 貴重なデータの利用をご快諾いただいたMusica Bella管理人様に、あらためて感謝申し上げます。 吹奏楽コンクール全国大会通算出場回数ランキングベスト30(2018年) まずは歴史の積み重ねの証。 吹奏楽コンクール全国大会 「通算出場回数」ランキング。 弧内の数字は初出場年、矢印は昨年からの順位変動です。 初出場年は1966年。 長期にわたって活躍しているからこその1位と言えます。 同じく上位ベスト10の初出場年は1970年代以前が8校と古豪が多く、80年以降は2校となっています。 また今年は、30位に、東海大学付属高輪台高等学校と、湯本高等学校がランクイン! 共に初出場は2000年代と、新興の強豪校である2校がついにランキングに入ってきました。 ちなみに出雲北稜が12回、大阪桐蔭が11回とランキングに迫っています。 吹奏楽コンクール全国大会直近10年出場回数ランキング(2018年) 次に、吹奏楽コンクール全国大会 「直近10年の出場回数」ランキング。 直近の強豪校はどこか?という指標です。 赤文字になっているのは先ほどの「通算」出場回数ランキングにはなかった学校です。 大阪桐蔭は通算はランキング外ですが、ここでは直近10年では1位タイ。 破竹の勢いで実績を積み重ねているのが見て取れますね。 吹奏楽コンクール全国大会金賞受賞回数ランキング(2018年) 次に、吹奏楽コンクール全国大会 「金賞の受賞回数」ランキング。 金賞受賞回数10回以上のランキング、まさに名門中の名門、強豪校中の強豪の証です。 回数が圧倒的に多いのでしばらくは抜かれそうにありませんね。 その後、習志野、埼玉栄、柏など有名校が後を追います このランキングは、支部をつけていますが、ランキングに入っている支部は、 東関東、西関東、東海、関西、九州、北海道の6支部のみ。 東関東支部は 3強と呼ばれる、習志野・柏・常総が揃ってランクインしており、激戦の支部は、全国大会でも揃って好成績を収めていることがわかりますね! 吹奏楽コンクール全国大会金賞受賞率ランキングベスト10(2018年) 最後に、吹奏楽コンクール全国大会 「金賞の受賞率」ランキングベスト10。 15回以上出場している学校の中での金賞受賞率のランキングです。 1位: 79. 金賞受賞率のべスト10に入っている学校は、なんと半分以上の大会で金賞を受賞しています。 1位は淀工で変わらず。 その後は、 激戦区として名高い東関東、西関東の超名門校が続きます。

次の