ロボトミー手術 桜庭章司。 《殺人事件秘話18》ロボトミー殺人事件の犯人、老後の悲惨な獄中生活 : デジタル鹿砦社通信

精神外科

ロボトミー手術 桜庭章司

白質術ともいう。 1935年の神経科医アントニオ・エガス・は,精神患者に反復的な思考パターンを引き起こすと思われる神経回路をするため,前頭葉前皮質に高純度のをするを行なった。 手術の結果にはばらつきがあったが,当時は状態,幻想,自己破壊行動,暴力などの症状を抑える治療法がほかにほとんどなかったことから,広く行なわれるようになった。 1936年アメリカ合衆国の神経科医ウォルター・フリーマンとジェームズ・ワッツが改良を加え,1940年代には短時間で行なえる術式を開発し,多くの患者に実施した。 ロボトミーを受けた患者の大部分は,緊張,興奮などの症状が軽減したが,無気力,受動的,意欲の欠如,集中力低下,全般的な感情反応の低下などの症状も多く現れた。 しかし,こうした副作用は 1940年代には広く報じられず,長期的影響はほぼ不明だった。 ロボトミーが幅広い成功を収めたとして,モニスは 1949年にノーベル生理学・医学賞を受賞した。 1950年代半ばに入り,精神病患者の治療や症状緩和に効果的な薬が普及すると,ロボトミーはほとんど行なわれなくなった。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 精神障害,とりわけ精神分裂病や人格異常による興奮などに対して行われた的手技である〈〉をさす。 この種の精神外科は,すでにブルクハルトG. Burckhardt 1888 やダンディW. Dandy 1922 らによって試みられていたが,事実上の創始者になったのはポルトガルの 1935 であり,1949年,彼は,このによってノーベル生理学・医学賞を受賞している。 モーニスは,の精神症状は前頭葉に至る神経経路を遮断することによって改善されると考え,前頭葉白質内への無水アルコールの注入によるの,および白質切截器leucotomeによる手術法を明らかにした。 出典 株式会社平凡社 世界大百科事典 第2版について の解説.

次の

[B! wikipedia] ロボトミー殺人事件

ロボトミー手術 桜庭章司

ロボトミー殺人事件の犯人である桜庭章司(さくらばしょうじ)は1929年1月1日に長野県松本市で生まれました。 小学校時代に東京に転居し東京高等工学校(現・芝浦工業大学)付属工科学校に進学しますが、家計を助けるために1年で退学しています。 20歳になった1949年には「これからは英語の時代」と考えるようになり、独学で勉強し通訳の資格を取得します。 その後英語力を生かして当時占領軍の基地があった新潟県にある電話局に就職をしています。 一方で1948年に北陸5県社会人ボクシング選手権大会に出場し、ライト級で優勝するなど文武両道を貫きました。 しかし家庭の事情で1950年に松本に戻り土木作業員として働くようになると、短気で暴力的な面が見られるようになります。 やがて気性が荒いと周囲に恐れられるようになったようです。 桜庭章司が精神病院に入院したのは1964年3月11日のことでした。 同月3日に老いた母親のことを話し合おうと東京都板橋区に暮らす妹を訪ねて口論となり、人形ケースを壊したことがきっかけです。 妹の夫が警察に通報し、桜庭章司は器物破損事件の容疑者として現行犯逮捕されました。 翌4日に妹は告訴を取り下げたにも関わらず、警察は桜庭章司を1週間も留置します。 そして過去に恐喝や暴力事件の前科があることを知り、それが精神疾患からくるものかどうかを判定するため精神鑑定を受けさせました。 都立梅ヶ丘病院で行った精神鑑定の結果、桜庭章司は「精神病質」と診断されます。 そのため警察は同月11日に東京都多摩市にある聖跡桜ヶ丘の桜ヶ丘保養所(現・桜ヶ丘記念病院)に桜庭章司を強制措置入院させました。

次の

ロボトミーの歴史と事件 精神外科の犯罪 【これは洗脳と関係がありそうなので】

ロボトミー手術 桜庭章司

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ロボトミー殺人事件 - Wikipediaはてなブックマーク - ロボトミー殺人事件 - Wikipedia プレビュー ロボトミー殺人事件 - Wikipediaはてなブックマーク - ロボトミー殺人事件 - Wikipedia ロボトミー殺人事件 - Wikipedia このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての... 概要を表示 このはな参考文献や出典が全く示されていな、不十分です。 出典を追加しての向上にご協力ください。 () [] 、元だったS(当時50歳)が、手術を受けとでを奪われたとして、執刀医のとを目論みの自宅に押し入った。 のと妻を拘束し本人のを待つが、予想時刻を過ぎてもしなかっと2人をし金品を奪って逃走する。 でしたに、のでされた。 、でのが下るが、側・S側双方が、にがをしたため、S側が上告するもにでが確定。 の像[] のSはを助けるため働きながらしており、の強い真面目なとして知られていた。 にしてとなるも• ブックマークしたユーザー•

次の