どんな とき も wifi メール こない。 [消費者被害]通信障害によるどんなときもwifiの解約をしたい

[消費者被害]通信障害によるどんなときもwifiの解約をしたい

どんな とき も wifi メール こない

「サービス開始をした」とある(まだしていない) ちなみに「なるほどWi-Fi」に関しては、 9月上旬に記事がアップされ(そのときに既に「1ヶ月使ってみた」と書いている)、なぜかすぐに削除。 最近またアップされるという「怪しい」動きをしています。 「なるほどWi-Fi」が9月上旬にアップした際にTwitterで指摘されていました。 こんな嘘は徹底排除するべきだわ…。 サービス開始して数日なのに、「1ヶ月使った私の口コミ評価を大暴露!」って嘘つくのはやめておこうよ。 アフィリエイトサイト全体への悪影響でしかない。 — seto setorin0103 私はコレを見て「ちょっと試してみるか」と思い、すぐに申し込みをしました。 が、 申し込み完了の自動返信メールもないまま、もうすぐ1ヶ月が経とうとしているのです。 私が9月16日に申し込んだ時点では「10月3日リリース」の文言は一切記載されておりませんでした。 スクショ等がないので証明はできませんが、この文言は9月下旬頃に突如記載されたのです。 つまり、一度は9月にサービスを開始したはずが、なぜか「10月3日リリース」に変更されたと、いうことです。 「Mugen WiFi」は、無制限で使えて安い!と噂のモバイル通信サービス。 9月中旬~10月前半に提供開始の予定ですが、先取りしてご紹介。 制限なしで使えるポケットWi-Fiをお探しの方はチェックしてください。 (追記)10月4日再掲載したようです。 9月16日に申し込むが音沙汰なし 9月16日の夜に公式サイトから申し込みました。 通常、申し込みした後に「お申込みありがとうございます」といった自動返信メールが届くものですよね。 ですが、そういったメールは一切届きませんでした。 「夜遅いからかな?明日まで待ってみよう」とその日は一旦就寝して翌日を迎えることに。 電話を50回かけてもつながらない 翌日になっても一向にメールは届きません。 心配になって電話をかけてみましたが、何回かのコールの後で「混み合っている」という自動音声が流れるだけ。 結局その日一日で50回ほどかけましたが、1回もつながることはありませんでした。 折返しメールは「Gメール」 公式サイトの問い合わせフォームからメールを送ってみました。 すると、すぐに自動返信メールが届きます。 送り主は「Mugen Wi-Fiカスタマーセンター」。 アドレスはまさかの「Gメール」。 この時点で「騙された」と思いました。 一企業のメールアドレス(ドメイン)がGメールってことは、まずありえないでしょう。 少なくとも、ポケットWi-Fiを提供する会社ですからね。 クレジットカード番号が盗まれている? Mugen-WiFiを申し込む際に、名前や住所に加え、クレジットカード番号も入力しています。 「これは大変だ」と思い、もう一度Mugen-WiFiの申し込みフォームを確認すると、株式会社ROBT PAYMENTという会社のシステムを使っていることがわかりました。 そこで、ROBT PAYMENT社に確認の連絡をしてみたところ「セキュリティ管理はできているから大丈夫だけど、心配ならMugen-WiFiに確認してね」とのこと。 そりゃそうである。 だが、Mugen-WiFiには確認しようがない。 あれから何度電話をかけてもつながらないのだから。 怪しい使用履歴はなし あの日から毎日クレジットカードの履歴をチェックしていますが、特に怪しい使用履歴はありません。 ROBT PAYMENT社のシステムに入力しているだけで、Mugen-WiFiにクレジットカード番号が伝わっているわけではないのだから当たり前です。 ただし、無性に心配でもあります。 Mugen-WiFiの解約費用は3万円 できることならMugen-WiFiはキャンセルしたいと思っています。 (申し込み扱いになっているのかすらわからないけれど) キャンセルができない場合、Mugen-WiFiには30日の返金保証を使うしかありません。 しかし、 30日を過ぎて解約をすると3万円の解約費用が必要になるのです。 私が恐れているのは、この解約費用でもあります。 30日返金保証の条件 実は30日の返金保証の条件は次のようになっています。 引用元: 追跡番号がわからない 何も連絡がないので「追跡番号」がわかりません。 もし、このままいきなりMugen-WiFiが送られてきてしまったら、返金ができないということなのです。 契約事務手数料は返金できない こんな状況であれば、正直Mugen-WiFiはキャンセルしたい。 ですが、もしこのまま送られてきてしまったら、仮に30日以内に返金できたとしても「契約事務手数料」は返ってきません。 なお、 Mugen-WiFiの契約事務手数料は6,000円もします• 事務手数料:3,000円• 初期設定費用:3,000円 返金処理手数料まで取られる さらに、 返金処理手数料として1,080円も取られます。 これだけ踏んだり蹴ったりな状況に陥っているにも関わらず、これだけの支払いが発生するかもしれないというのは正直かなり不安です。 Mugen-WiFiには気をつけろ! 以上が私の実体験です。 まだ始まってもいないサービスをのうのうとおすすめするような人たちを、あなたはどう思いますか? ちなみにMugen-WiFiの運営会社は株式会社surfave。 運用責任者(社長ではない?)は佐藤 智之氏。 完全使い放題のポケットWi-Fiであれば、2019年3月から始まっている「どんなときもWiFi」や9月に始まった「よくばりWiFi」があります。 料金差はほとんどありませんので、 すでに実績がある「どんなときもWiFi」を選ぶのが無難でしょう。 「どんなときもWiFi」については、こちらの記事を参考にしてみてください。 関連記事: (追記)Mugen-WiFiの中の人から謝罪の電話がくる この記事を掲載して数日後に「Mugen-WiFi」の中の人から謝罪の電話がありました。 彼の言い分はこうでした。 正式リリース前に協力会社に公開されてしまった 冒頭で紹介しているサイトの方とは何かしらのつながりがあり、内々で宣伝の協力をしていた。 ところが、「何かの手違い」で、正式リリース前に記事を公開されてしまった。 注文システムはテスト状態だった 注文システム自体は、まだ正式に稼働しておらずテスト状態だった。 そのため、注文後の自動返信メールも送れていなかった。 そもそも注文になっていなかった。 問い合わせメールにはすぐに返信をしていた 注文翌日に送った問い合わせには、すぐに返信をしていた、とのこと。 「届いていない」旨を伝えたところ、あらためて返信をいただくことができました。 正直嘘っぽく聞こえましたが…。 クレジットカード番号などの個人情報は全削除 「注文時に入力したクレジットカード番号などの個人情報は全て削除します」とのこと。 ROBOT PAYMENT社のシステムを使ってはいるが、あくまで「Mugen-WiFi」側に情報が残るようです。 (ちょっと怖い) しかし、責任を持って削除する、との回答をいただきました。 愛知まで直接謝罪に行く 「(私が住んでいる愛知県まで)直接謝罪に行かせてください」と言われました。 私は、この申し出を丁重にお断りしました。 正直言いますが、「東京から愛知までわざわざ謝罪に行く」という気持ちだけで十分だったからです。 「終わりよければ全てよし」ということもある リリース前なのに「1ヶ月使ってみた」という記事が出て、「注文しても問い合わせもしても連絡がない」ということが起き、こうして記事に書き起こして初めて連絡が来る。 第一印象としては最悪だったのは言うまでもありません。 おそらく、こんな出会い方をしてしまった商品は誰も買わないでしょう。 ですが、私はいつまでもネチネチ言うタイプではありません。 もちろん、その後の対応がさらに悪ければもっと追求していきますが、「Mugen-WiFi」の中の人は違いました。 しっかりと誠意を持って謝罪していただけたので「もう水に流してもいいかな」と思わせてくれました。 初めてのサービス開始で、色々テンパっていたこともあるでしょう。 誰だってミスはあるし、何事も失敗はつきものです。 完璧な人・サービスなんてありません。 リリース前という一番大事なときでの失態ではあったものの、その後の対応は非常に良いものでした。 これをバネに頑張ってもらえたらな、と思います。 (偉そうにすみません) ということで、本案件に関しては以上で終了です。 落ち着いたらあらためて注文して使ってみたいと思います。 ただし、そのときはかなり厳しい目で評価することになりそうですけどね。 (追記)約束通り実際に使ってみました。 関連記事: 始めて、コメントさせていただきます。 MUGEN WiFiへ問い合わせてみても同様の解答でしたが、電話と問い合わせフォームでも再度問い合わせみたところ、やはり、情報は送られて来ていないとの回答で、ボクの場合は内部エラーで契約までには至らなかったのですが、情報の漏洩が非常に気になったので、色々と調べていたところ、WiFiの森管理人様のツイートからこの記事へ来ました。 管理人様は、クレジットカードの再発行とかは行われましたか? 何か対処された事柄があれば、教えてください。 また、ボクもブログを書いているので、この内容を記事に起こそうと思っているのですが、この記事を内部リンクにして書かせてもらってもよろしいでしょうか? コメントありがとうございます。 クラール様が申し込みされたのはいつ頃なのでしょうか? 私は9月上旬の話でして、まだ正式リリース前だったのです。 クラール様の件が最近の話なのであれば、またちょっと状況が変わってくるのかな、と思います。 私はROBOT PAYMENT社にも確認しましたが「カード情報の流出はない」とのことでしたので、そのままにしております。 (Mugen WiFi社からも「絶対にない」と言われたので信用したかたちです) その場合は内部リンクではなく、外部リンクですかね。 もちろん問題ございません。 なにか当記事内の情報を持ち出すのであれば、引用形式だけお願いできればと思います。 宜しくお願いいたします。 コメントありがとうございます。 メールが届いていないのですね。 それは不安ですよね…。 こちらの記事は昨年10月に書いたものでして、その後は「メールが届かない」といったトラブルは起きていないと聞いていました。 公式サイトの注意事項にも記載がありますが、迷惑メールフォルダなどは調べましたでしょうか? 一部のメールアドレスですと、なぜか迷惑メールになってしまう方がいるようです。 私も時折問い合わせの連絡をしますが、最近は割とすぐ返信がきます。 決してMugen wifiの肩を持つわけではありませんが、一度お調べいただいてみてはいかがでしょうか。 それでもメールが確認できないようであれば、別途問い合わせメールをしてみてもいいかもですね。 なお、クレジット会社の【ご利用詳細メール】というのは、北村様がお使いのクレジットカード会社から届いたものでしょうか? ご確認いただければ、幸いです。

次の

これだけはやっておきたい!「無線LAN情報セキュリティ3つの約束」

どんな とき も wifi メール こない

11ヵ月目には キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが送信されて来るって説明書きを読んだんだけど、そんなメール 全然送信されて来なくてさ…。 ひょっとして、 チェックするメールボックスを間違っているのかなぁ? 数あるWiMAX取扱店の中でも、 が人気です。 ただ、その キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが、 端末発送月を含む11ヵ月目に入っても送られて来ないと言う状況になっている方も多いです。 ですので、 なかなか送信されて来ない キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールに対して、 焦る気持ちが出て来てしまいます。 また、 あなたがチェックしているそのメールボックスにキャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールは届くのかどうか、その点もチェックする必要があります。 この2点さえしっかり抑えておけば、 キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールがなかなか送信されて来ないと、焦る必要はなくなります。 端末発送月を含む11ヵ月目に基本メールアドレス宛で キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが送信されて来るが、そのメールが なかなか送信されて来ないと言う状況の方も多い。 ただ、 11ヵ月目とは言っても、実は 月末頃にならないとメールは届きません。 ですから、 11ヵ月目に入った段階で毎日メールボックスをチェックし続けても、そこには キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールなど届いていません。 そう言う状態が 月末まで続きますので、 焦る気持ちにさせられてしまうのです。 また、 月末とは言っても、 何日目に届くのかと言う点は明らかにされていません。 ですので、いっその事メールボックスのチェックは 12ヵ月目の1日でのチェックが望ましいです。 12ヵ月目の1日でしたら、 確実に キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールがメールボックスへと送られて来ています。 しかも、このタイミングであれば、 まだ キャッシュバック手続きの有効期限にも間に合います。 何度もメールボックスをチェックして 不安な気持ちにさせられるよりは、 効率的なチェック方法かと思います。 ぜひ 参考にしてみて下さい。 毎日チェックしてても 不安になるだけなので、メールボックスのチェックは 12ヵ月目の1日でのチェックが望ましい。 12ヵ月目の1日であれば、 キャッシュバック手続きの有効期限にも間に合う。 この場合、 いつまで経っても キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールは送られて来ません。 キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが送られて来るのは、 GMOとくとくBBの基本メールアドレス宛てです。 この GMOとくとくBBの基本メールアドレス宛てに届いたメールは、からチェック出来る形になっています。 Webmail Systemへログインする際には、 メールアドレスと パスワードの入力が必要となります。 この メールアドレスと パスワードに関しては、 GMOとくとくBBと契約後に郵送されて来る 登録証に記載されています。 もし 登録証を紛失してしまった場合には、 から再発行する事も可能です。 ただし、 登録証の再発行を行う際には、 300円の事務手数料を請求されてしまいます。 また、 いちいち Webmail Systemへログインするのが面倒だと言う方もいる事でしょう。 そう言う方は、 BB Naviからの 転送設定を行う事も可能です。 キャッシュバック特典の振込に関するご指定口座確認のご案内メールが送られて来るのは、 GMOとくとくBBの基本メールアドレス宛てで、 Webmail Systemからチェック出来る。 Webmail Systemへログインする際には メールアドレスと パスワードの入力が必要で、 登録証に記載されている。 登録証をなくしてしまった場合には、 300円で 登録証再発行依頼フォームから再発行を依頼出来る。 いちいち Webmail Systemへログインするのが面倒であれば、 BB Naviにて 転送設定を行う事も可能。

次の

返事が来ないときどうする?-ビジネス英語メールの催促フレーズ│Lifework English ライフワーク・イングリッシュ

どんな とき も wifi メール こない

2019年現在、Surfaceは下表の8つの機種が発表されています。 iPadを使い慣れている方には、タブレットしては使いにくい面もあるかもしれませんが、OSにWindowsが搭載されていて、普通のWindowsパソコンのように使えるのが強みです。 Surfaceは、Microsoftが開発しているタブレット端末をはじめとするパーソナルコンピュータ製品群の名称です。 2012年6月にタブレット型がリリースされて以来アップデートを続け、2019年現在は下表の8機種が発表されています。 Surface Proはタブレット端末として分類されていますが、iPadやその他のタブレット端末と大きく違う点は、iPadなどの端末がタブレット・スマートフォン向けのOSを搭載しているのに対して、Surface ProのOSがノートバソコンやデスクトップ向けの最新OS(Windows10)が搭載されていることです。 つまり、Surface Proはタブレット端末でありながら、ノートPCのような使い勝手が期待できるのです。 SurfaceでWi-Fiトラブルが発生した場合、まず確認するのが他の端末で接続が可能かどうか、ということです。 それを試すことでSurface自体に問題があるのか、接続機器に問題があるのか、原因を絞り込むことができます。 他の端末で接続可能か確認 まず、Surface以外の端末で、同じネットワークに接続が可能か試してください。 他の端末で接続が可能な場合は、原因はSurfaceに、全ての端末で接続できない場合は、ネットワーク環境や接続機器にトラブルの原因があることになります。 他の端末でも接続ができない場合 Surface でも他のデバイスでも接続できない場合は、次の解決方法を試してみてください。 接続を確認する Surfaceだけでなく他の端末でもWi-Fiに接続できない場合は、接続機器に原因があると考えられます。 まずは、モデムと無線LANルーターの接続が正しいか確認してください。 接続に問題がなかったら、モデムやルーターを再起動しましょう。 モデムやルーターは長く使っていると不具合が起こることがあり、再起動することで不具合が解消されます。 私もこの方法で解決した経験が何度もあります。 モデムやルーターを再起動する モデムやルーターは、使い続けていると誤作動を起こすことがあり、その誤作動は、ほとんどの場合再起動させるとなおります。 下記の手順で、モデムやルーターを再起動して、再度Wi-Fi に接続してみましょう。 1.Surfaceが起動している場合はシャットダウンします 2.モデムと無線LANルーター電源コードを外します。 3.すべてのランプが消えたことが確認できたら、5分~10分ほど待ちます。 4.モデムの電源を入れます。 5.モデムのランプが安定したら、無線LANルーターの電源を入れます。 6.無線LANルーターのランプが安定したら、Surfaceの電源を入れ、無線を再接続します。 Surface だけがWi-Fi に接続できない場合 別の端末は Wi-Fi に接続できるのに、Surfaceだけが接続できない場合は、以下の点を試してください。 SurfaceだけがWi-Fiに繋がらない場合は、まずSurfaceを再起動してみましょう。 再起動することでメモリがリセットされ、トラブルが解消することがあります。 Surface を再起動する Surfaceに限らず、パソコンのトラブルは再起動することで誤作動がリセットされることがあります。 Surface を再起動し、再度Wi-Fiに接続してみましょう。 日付と時刻の設定を確認する Sufaceの日付の設定を修正することで、Wi-Fi接続のトラブルが解消されることがあります。 日付と時刻の設定の確認と修正は次の手順で行います。 2.「時刻と言語」をクリックします。 3.日時の情報を確認し、必要に応じて変更します。 機内モードがオンになっていると、すべてのWi-Fiが使えなくなります。 Surfaceにはスマホのように「機内モード」があります。 この機内モードの不具合によってWi-Fi接続にトラブルが発生する可能性もあります。 その場合は、機内モードをいったんオンにし、再度オフにすることでトラブルが解消することがあります。 手順は次のとおりです。 1.スタートから「設定」をクリックします。 2.「ネットワークとインターネット」を選択します。 3.「機内モード」を選択して[オン] にし、再度選択して [オフ] に戻します。 4.「Wi-Fi」を選択し、Wi-Fi が [オン] に設定されていることを確認します。 または 1.Surfaceのタスクバーの「ネットワークアイコン」をクリックします。 2.表示されるSSIDの一覧の下に表示される「機内モード」をクリックして[オン]にします 3.再度ネットワークアイコンをクリックして、「機内モード」を[オフ]に戻します。 4.ネットワークアイコンをクリックし「Wi-Fi」がオンになっていることを確認します。 ネットワーク診断をしてみる Surfaceだけでなく、最近のパソコンにはトラブルに対処する機能が搭載されていて、ネットワーク診断もそのひとつです。 ネットワーク診断だけでトラブルが解消するとは限りませんが、原因の絞り込みは可能です。 Windowsパソコンには、ネットワークの問題を診断して解決してくれる「ネットワーク診断」という機能があります。 この診断をすることでトラブルが解決することもあります。 更新プログラムをインストールする SurfaceにはLANポート(LANケーブルを挿すところ)がないため、そのままでは有線でインターネット接続をすることができません。 つまりWi-Fiに接続できなくなったらネット接続ができないということです。 Wi-Fiトラブル発生時に更新プログラムのインストールが必要な場合は、別売りのUSB — Ethernet アダプターを購入することで、有線での接続が可能になります。。 SurfaceのOSはWindowsなので、最新の更新プログラムをインストールすることで、Wi-Fi 接続のトラブルが解決することがあります。 ただ、更新プログラムをダウンロードするには、インターネットに接続する必要があり、Wi-Fiトラブルが発生している状態のままでは更新プログラムをダウンロードすることは不可能です。 一般的なパソコンの場合はLANポートがあるので、割と簡単に有線でインターネット接続することができますが、Surfaceの場合は、 USB — Ethernet アダプター 別売 を Surface の USB ポートに接続して有線でインターネットにつなぐことになります。 有線で接続ができたら、次の手順で更新プログラムを確認し、インストールします。 2.「更新とセキュリティ」をクリックします。 3.「Windows Update」の「更新プログラムのチェック」を選択します。 4.利用できる更新プログラムがある場合は、インストールします。 5.Surface が自動的に再起動しない場合は、手動で再起動します。 スポンサードリンク まとめ SurfaceのWi-Fiトラブルの対処方法は、基本的には他のパソコンを同じです。 ただ、LANポートがないため、アダプターがないと有線接続ができない、という点だけは頭に入れておきましょう。 実は、私もSurfaceを2台目のパソコンとして愛用しています。 コンパクトでバッテリーが長持ちし、タブレットとしても使えるので、旅行や出張の際にとても重宝しています。 キーボードが別売りだったり、一般的なパソコンと多少違う点はありますが、OSはWindowsなので使い方はほとんど同じ。 トラブルの対処方法も普通のパソコンと同じと考えてよいと思います。 ただ、どんな端末でも言える事ですが、最初にトラブルの原因の切り分けをすることが大事。 やみくもにいろいろな方法を試さず、繋がらないのはSurfaceだけなのか、全ての端末なのかを確認してから、解決ポイントを試していくようにしましょう。 パソコンインストラクターが教える快適ネット診断 私の経験上、ネット環境は光回線業者に依存します。 光回線業者というのはその名の通り、光回線を提供している業者で、代表例としてはNTTの「フレッツ光」やソフトバンクが提供している「ソフトバンク光」、他にはドコモ光やNuro光といったものが存在します。 規制が緩和されてから色んな業者が参入し、どれが最適かわからない人も多いですが、この仕事を始めて10年以上、いろんな方のPCを見てきましたが、 家庭内のネット環境で断然トラブルが少ないのは「フレッツ光」です。 ネット回線は領土の奪い合いと言われていますが、NTTはこの事業にいち早く参入しており、良質な回線を確保しているのだと思います。 ネットトラブルで困っている方は一度フレッツ光への変更を検討してみてはいかがでしょうか? 最大45000円のキャッシュバックキャンペーンもやってるので、お得に変更が可能です。 また、フレッツ光の人で、ソフトバンクやOCN, BigLobeなどのサービスを受けている人におススメなのが、「光コラボ」です。 フレッツ光の回線を使いつつ、各業者の特典などを享受可能なので、もしソフトバンク光やOCN光などに変更を考えている方がいましたら、この「光コラボ」を検討するのもおススメします。 ポケットWifiは自分専用のWifiを持ち運べるというイメージですので、1人暮らしの方、自分以外の家族がネットを使わない場合にも利用可能です。 また、格安スマホとのコンビネーションも抜群で、ネットはよく使うけど、電話はあまりしない方は使い方次第で大きく料金を改善することが可能です。 ポケットWifiはコースによって、使用可能な容量と料金が決まっていますが、後述するWimaxのように一日の利用制限がないことが特徴です。 まとまった作業が発生するときも安心です。 ただ、 ほとんどのポケットWifiは契約時に2年縛り、3年縛りの契約リスクがあります。 そんな中、近年いくつかのメーカーが所謂 「縛りのないポケットWifi」サービスの提供を始めています。 詳細は以下にまとめておりますので、検討時の参考にしていただければ幸いです。

次の