株式会社ユースビオ。 福島の無名会社「アベノマスク4億円受注」の謎

株式会社ユースビオの法人登記簿をとった

株式会社ユースビオ

アベノマスクの受注先の一つであるユースビオ(福島市)の事務所。 表の窓には公明党・山口那津男代表のポスターが貼られていた(筆者撮影) 新型コロナウイルスの対応で、安倍晋三政権の行き当たりばったりを象徴するような、466億円の予算を投じた「アベノマスク」こと、布マスク。 その受注先について、当初は納入業者は4社とされ首相官邸と厚生労働省は興和、伊藤忠商事、マツオカコーポレーションの3社を明らかにしていたが、残る1社については、なぜか、かたくなに公表を拒んできた。 政権との癒着疑惑が強まってきたからか、ようやく4月27日に公表された社名。 第4の会社は福島市の個人経営会社 「布製マスクを納入した事業者は、興和、伊藤忠、マツオカ、ユースビオ、横井定の5社であります」 4月27日午前に行われた官邸の記者会見で、菅義偉官房長官は用意したペーパーをさらりと読み上げた。 それまで納入業者4社のうち1社の名前だけが公表されていなかったため、臆測が飛び交っていた。 この日、納入業者は5社だったことを明らかにし、未公表だった2社の社名を公表した。 横井定株式会社は1958年に創業、「日本マスク」というブランドで中国やフィリピンに工場を持つマスク専門企業である。 一方、株式会社ユースビオは福島市にある無名の会社だ。 ホームページもないし、NTTの番号案内にも登録されていない。 しかも、グーグルマップで見る限り、社屋は平屋のプレハブのような簡素な建物だった。 まるでペーパーカンパニーである。 政府が公表を渋っていた理由は、この会社の関与を知られたくなかったのだろうと思うのが自然だ。 4月27日の時点では、法務局の登記内容が確認できない状態だった(これはのちに、会社の定款に輸入業を加えるために、登記を書き換え中だったことが判明)。 さらに調べてみると、同じ住所、同じ代表者名で、複数の会社が登記されていることがわかり、その一つ「樋山ユースポット」の電話番号が判明した。 4月27日午後、この番号にかけてみるが、反応がない。 約10分後、携帯電話からの着信があった。 それがユースビオ社の社長・樋山茂氏だった。 【2020年4月30日17時45分追記】初出時、樋山ユースポットの名称を誤って記載していたため、修正しました。 「会議中だから、手短に質問してくれますか」 やや高い声で樋山氏は言った。 マスコミ各社からの取材が殺到しているのだろう。 最大の疑問は、安倍政権の目玉政策である布マスクの納入を、なぜ無名の会社が担当することになったのかという点。 樋山社長は次のように答えた。 「私の会社では、海外から燃料用の木質ペレットを輸入する仕事がメインです。 その関係で、ベトナムのマスクを製造している工場を知っていた。 東日本大震災のときから、復興関連事業で福島県と山形県とお付き合いがあったので、もしあれでしたらマスクを調達しますよというお話がスタートしたんですね」.

次の

アベノマスク受注「ユースビオ」の怪しい実態

株式会社ユースビオ

「【国会答弁】ユースビオのマスク輸入代行会社「シマトレーディング」(福島市)」に関するツイート 【速報】 加藤勝信厚労相「 を発注したのはユースビオだが、ユースビオの輸入を代行したのはシマトレーディングという会社」と答えてしまう — 𓉤箱コネマン𓁷 HAKOCONNEMAN 国会中継おもしろい。 アベノマスク、怪しい謎の4社目の発注企業ユースビオについて突っ込まれて加藤大臣あたふたしてる。 さらに謎の5社目「シマトレーディング」が出てきた。 明らかにこの一件は怪しすぎる。 — 中村洋太 yota1029 因みに、登記簿変更中の株式会社ユースビオの輸入を代行した株式会社シマトレーディングをご覧下さい — 𓉤箱コネマン𓁷 HAKOCONNEMAN 本日の国会答弁で発表されたマスク関連会社に関するツイートとなっています。 国民に配布されるマスク関連会社に関する国会答弁で、ユースビオのマスクを輸入代行した会社が福島市の「シマトレーディング」であることが報告されています。 これに対して様々な声が相次ぎ、Twitterで注目を集める結果となりました。 ユースビオ・シマトレーディングの随意契約が判明 ユースビオが緊急随意契約を行い、シマトレーディング(福島市)にマスクの輸入代行を依頼していたことが報告されています。 なお、随意契約をした理由については依然として不明なままとなり、マスク会社への疑問は深まるばかりとなりました。 — nuco nuconokoutoubu 衆院予算委。 大串博志議員(立憲)=政府配布の布マスク着用=がユースビオとの随契について質問。 加藤厚労相「関連の輸入業者と一体契約で額は5. 2億円、3月に緊急随契した」大串「4月に輸出入業が定款に追加されたが、知らずに契約したのか」加藤「輸入したのはグループのシマトレーディングだ」 — 冨永 格(たぬちん) tanutinn 国会質疑では何故、ユースビオと随意契約(3月16日、5億2千万円)したのか納得できる説明は無かった。 むしろマスク疑惑が深まったという印象だ。 新しい情報はシマトレーディングが輸入を代行した事。 安倍首相が時間稼ぎの答弁をしたり居丈高になる時は何かある。 — 俵 才記 nogutiya シマトレーディング(福島市)の法人住所の所有者は樋口茂の母親との噂も ユースビオのマスク輸入代行会社シマトレーディング(福島市)の法人住所の所有者は樋口茂の母親との噂も浮上しています。 【速報】ユースビオの輸入代行シマトレーディング法人住所の所有者「樋山賀代子」と判明、樋山茂の母親か なお、2014年のGoogle Earthで同住所にある笹川財団の福祉車両を母親が利用の可能性。 現在は空き家の模様。 — 𓉤箱コネマン𓁷 HAKOCONNEMAN 「シマトレーディング(福島市)」に直接問い合わせた人も シマトレーディングに直接問い合わせた人も見られ、代表の島正行さんがユースビオの樋山茂さんと知り合いということが報告されています。 加藤厚労相が明かした会社 に電話したところ、代表の島正行さんの息子さんが出られ、お話できました。 マスクの入管業務を担当されたとのこと。 島正行さんと 代表がお知り合いで、樋山さんがベトナムにつてがあったとのこと。 — Peaceful Death as Human Right 【PDHR】 gpl4l 「【国会答弁】ユースビオのマスク輸入代行会社「シマトレーディング」(福島市)」に対する世間の反応 「疑惑のユースビオに続きシマトレーディング?森友、加計、桜も当初「印象操作」等まともな答弁をしなかった」 「千葉のシマトレーディングの登記上の本拠は福島にあるユースビオ社長の母親の家で、その家のGoogleマップ画像には笹川財団の車が停まってた、と。 ステイホーム週間で暇を持て余した国民へのネタ提供にしては本格的すぎる。。。 」 「シマトレーディングってなに!?このマスクの件闇が深すぎる」 「マスク関連会社、また別の会社出たのか。 しかも福島市。 シマトレーディングってなんじゃそら!」 などの声があがりました。 やはり世間では、ユースビオのマスク輸入代行会社「シマトレーディング」(福島市)に対して困惑する声が多く見られました。

次の

ユースビオ樋山茂代表の詳細は?ペーパーカンパニーが同一住所に複数!政府との繋がりは?ネットの反応も

株式会社ユースビオ

厚労省がかたくなに公開を拒んでいた妊婦向けアベノマスクの4社目が「ユースビオ」であることが判明しました。 しかしこの会社、少なくとも数億円単位の税金が投入されたはずですが、完全に正体不明です。 詳細は以下から。 厚生労働省は4月21日、新型コロナウイルスの感染防止対策として日本の全世帯に配布する布マスク、通称「アベノマスク」に関し、計90億9千万円の契約で3社から調達したと明らかにしました。 これは社民党の福島瑞穂党首の問い合わせに書面で答えたもので、内訳は興和が54億8000万円、伊藤忠商事が28億5000万円、マツオカコーポレーションが7億6000万円とされました。 アベノマスクについては総経費が466億円と東京スカイツリーの建設費を超える価格となっており、内訳は配達費128億円、マスク調達費338億円と説明されています。 福島議員は「3企業を合わせても90. 9億円で少ない。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はある」として、残りの1社がどこになるのか、また差額の用途などについても問い合わせているとツイート。 厚生労働省マスク班から今日4月21日、布マスクの全戸配布にかかる企業名、契約内容についての回答がきました。 3企業を合わせても90• 9億円で少ないのだが。 また、4企業と言っていたのに3企業という疑問はあるが、3企業と契約金額が出てきました。 — 福島みずほ mizuhofukushima なお、厚労省は各企業の調達枚数は明らかにしておらず 「開示した場合、マスクの単価を計算できることとなり、今後の布マスクの調達や企業活動に影響を及ぼす恐れがある」と説明しています。 マスク調達費の338億円から3社90. 9億円を引くと247. 1億円。 最後の1社にいくら投入され、差額の用途は何か、私たちの税金の使途だけに、厚労省が公表を拒んだことには疑念の目が向けられていました。 なお、アベノマスクの予算については4月24日の記者会見で菅官房長官が 「」と述べていました。 この「マスク調達積算額」が予算上のマスク調達費338億円を指すのだとすれば、すでに90. 9億円の使途が判明したことになり、残りの247. 1億円が浮いたことになります。 実際に掛かる費用の3. 75倍もの見積もりを出した挙句にあっさり取り下げれば、民間であれば「なんでそんな見積もり出してきた?」と ガチ詰めされた挙句に以降の取引をお断りされるレベルの大失態であることは社会人一年生でも理解できる話ですが、その点には敢えて触れずに最も大きな疑問について考えてみましょう。 つまり菅官房長官の言葉どおりなら、 3社と計90. 9億円の契約をしている時点で残りの1社と契約をする余地が残っていないのです。 これにより、 最後の1社は存在しておらず、どこかで中抜きがされているのではないかとの憶測も飛び交っていました。 福島議員が4月27日、公式ツイッターで妊婦用マスクの最後の1社の名前がユースビオであるとツイート。 今日、厚生労働省から回答がありました。 妊婦用マスクの4社目は「ユースビオ」と回答をもらいました。 — 福島みずほ mizuhofukushima 厚労省マスク班から本日(4月27日)、妊婦向け布マスクの配付予定枚数、予算額、製造企業名に関する文書が届きましたので、添付いたします。 — 福島みずほ mizuhofukushima さっそく国税庁のサイトから調べてみると、該当するのはです。 法人番号指定年月日は2017年08月30日なっており、登録から2年半も経っていません。 、、という押しも押されぬ大企業とは比較にならないほどの「格落ち」です。 そしての記述を見ても、事業内容はおろか代表者名や電話番号などもすべて不明。 Google検索してみてもネット上に情報がまったく存在していません。 なお住所は「福島県福島市西中央5丁目54番6号」となっており、Google Mapで調べると郊外の住宅街の一角のプレハブ平屋の一室です。 ストリートビューの撮影日は2019年7月となっていますが、ユースビオの看板は出ておらず、当然マスクを生産できるような場所でもありません。 なお部屋は6つしかありませんが、なぜか国税庁のサイトによるとこの住所に。 公明党のポスターが貼ってある部屋も。 ということで、現時点ではこの「株式会社ユースビオ」は事業内容も会社規模も全く不明なペーパーカンパニーと言わざるを得ません。 少なくとも、他の3社と並んで億単位の税金を投入するにふさわしい実績は見当たりません。 いったいどのような経緯で厚労省がこの会社からマスクを調達する経緯となったのか、そしての何億円の税金がつぎ込まれ、何枚のマスクが調達されたのか。 国難と首相が呼んだ疫病禍での感染症予防のため使われる国民の税金である以上、明確に示す必要があります。

次の