ギャラドス りゅう の まい。 ギャラドス/対戦

【ポケモン剣盾】新世代でもギャラドスは強い!抜きエースギャラドスの育成論と対策【種族値と育成論】

ギャラドス りゅう の まい

ギャラドスの歴史 第一世代 やの手持ちとしてその強さからリーグ初期から使われ、と共に基準で合計が580だったポケモン。 が()の他に、、そしてと幅広く、当初は種族値が100のため十分な火力。 も遅くはなく、耐久も物理、特殊共にそこそこ高かった。 一方、は不一致ののみだったため現在のようにその高い攻撃力を活かしにくかった。 しかもこの時代はやなどとが高くを覚えるポケモンが多かったため、が4倍弱点のギャラドスには致命的と環境としては明らかに酷かった。 よって恐らくだが、初心者が種族値だけで強いと錯覚してしまうポケモンの代表として挙げられていた。 もし単体であればスターミーには劣っても、と同格かそれ以上の強さを誇っていただろうし、惜しいことをしてしまったようである。 予選を含めた98カップにおけるギャラドスの使用率に関しては、ギャラドスとを足した分がのそれを下回ったという話もある。 しかしそれでも初代では攻撃も特殊も高い両刀アタッカーとしてまずまずの活躍を見せた。 97カップは決勝進出者15人中1人が使用しており、98カップでも決勝進出者7人中1人が使用した。 第二世代 がとに分かれる。 これまたと共にが大幅に減らされたための火力がガタ落ちとなった。 弱体化したはで代用できる(ちなみにギャラドスのはかいこうせんの火力はの以下)が、やなどを覚えず、相変わらずの高さを活かしにくい。 を覚えたとしても中途半端なのためあまり使えなかった。 この世代で勢いを伸ばした技としてのタイプである、を両方半減以下に抑えられると言えば聞こえが良いが、攻撃性能の低さは如何ともし難かった。 そのため、強ポケ(と言っても二戦級だが)ランクから一気に転落し、同じ4倍弱点持ちのとはライバルだったが、にその地位を明け渡すはめに。 邪魔なタイプはやの台頭でようやく価値が出て、技は(飛行)のみだがとを2発、を1発で落とすことができる。 第三世代 第二世代で極めて厳しい冬の時代を過ごしたものの、の、、、の追加で復活。 めざめるパワーの登場で明確な存在意義を与えられたとは言い切れなかったひこうタイプはダブルバトルで敵・味方問わずを無効化できることから価値が上昇。 やがトップメタの一角にあったため()が好んで搭載された。 ちなみに、この時代はというライバルが登場した。 シングルバトルではというと依然としてのラインナップが貧相であったため、やなどのまで使われることがあった。 ポケモンリーグ2005中学生以上の部では決勝進出者9人中2人が使用。 決勝戦でも準優勝者のプレイヤーが選出しており、相手ののをで防いだ。 第四世代 ついに念願のタイプ一致を手にし、物理アタッカーとして大逆襲し再び強ポケに昇格した。 サブの物理技として、、も習得し、プラチナで覚えるまで強化された。 げきりんはやへの対策として使われた。 みずタイプのタイプ一致物理技はにと優秀だが、ひこうタイプのほうはしか無いのは難点といえるか。 更にが登場。 ギャラドスは技により一撃で落とされやすいため、気休め程度だが保険用として持たせることも多い。 ただしタイプの天敵であるには注意しておきたい。 大会実績としてはポケモンリーグ2007中学生以上の部札幌地区2位の記録を残している。 カビゴンをいかくでサポートして両受け可能化しつつ味方のじしんによるデメリットをけし、自身もりゅうのまいで積んでから攻める「カビギャラ」という並びが2008年から2009年頃のダブルバトル環境でよく使われた。 WCS2009日本大会グループBのFINALステージ進出者8人中2人が使用。 余りに環境でギャラドスが増えたためがサブウエポンとして流行し、でそれに対策を打つ必要に追われた。 また、りゅうのまいを積む余裕がなくなったとしてりゅうのまいをカットする型も増えた。 世代末期のバトレボのシングルバトルではで粘りつつやなどで役割破壊する型、じしん、ストーンエッジ、たきのぼり、げきりんで攻めるフルアタック型など様々な型が混在し、読みづらさが増した。 では最速でバッジ4個の時点で産のレベル50コイキングが手に入り、でに進化させれば圧倒的な戦力になる。 第五世代 でを獲得。 ほど汎用性が高い特性ではないものの、やを持たせ、一度相手を倒してしまえば簡単には止められなくなる。 新登場のはを潰すのに好都合であり、きあいのタスキガブリアスを対面から1発で仕留めることができるようになった。 一方で、やなど、ギャラドスを止めに行くポケモンも新規に表れた。 もじしん無効、たきのぼり半減と厄介であったので、この世代におけるげきりんはウォッシュロトムへの有効打としての性質を帯びるようになった。 第四世代終盤に使われていた型も流行しており、HPを16nに調整して味方によるをで相殺する「砂ギャラドス」も使われた。 第六世代 メガシンカを獲得したことによって、させると見せかけてりゅうのまいを積むというプレイングも可能になり、駆け引きの幅が広がったと言える。 メガギャラドスならウォッシュロトムのふゆうを貫通する形でじしんを放てるので、実に環境に即しているポケモンであった。 また、いかくで物理耐久を底上げしてひこうタイプで格闘を軽減しつつ、ゴツゴツメットで削る耐久型もこの世代では人気。 とつげきチョッキによってのでんきタイプ火力を耐えられるようにもなった。 メガシンカを考慮すればナットレイと合わせることで等倍のひこうタイプを除きすべてのタイプを半減以下で受けられることからこの世代からは役割論理パーティ、相性補完の申し子となった。 また、ギャラドス、、の3体でサイクルを回し、3体合わせて無効5つ(メガシンカを合わせれば6つ)と流し性能を発揮する「ギャラガブガルド」と呼ばれる構築が誕生した。 3体共に積み技を覚えるのでサイクルだけでなく積みとして動くことも可能であり、さらには種族値のおかげで、ギルガルドはのおかげで、それぞれ対面としても動けるなど、非常に隙のない構築となっていた。 しかしやなどが流行していた時期もあり、メガシンカさせないときつい場合もあった。 レーティングバトルXYリーグでは使用率が概ね10位以内を推移し、最高位はシーズン1、シーズン3からシーズン5の7位であった。 一方でORASリーグではORASのゲーム中で手に入るが一般普及し、とりわけ同じみずタイプの耐久型であるスイクンが需要を集めたことで、同リーグシングルバトルに限って言えばリーグ序盤から中盤では20位台前半が半ば定位置であった、終盤では20位台後半にあった。 主流技構成は、、、であり、性格は火力を優先したが最も母数を伸ばした。 メガシンカ型も多いがゴツゴツメットを持たせた耐久型も主流の1つであり、耐久型にするなら両受けできるように個体を使用された。 ゴツゴツメット型の場合はたきのぼり、、、が主流であり、不特定多数の相手に負荷をかけられるように確実に倒しに行く調整は敢えてせずHPと防御に厚く努力値を振って性格をわんぱくにするのがメインであった。 いわゆる「HB特化」だとなどの分の与えるを4回耐えられるようになるのが利点。 ORASリーグ序盤から中盤のでは型が好まれ、終盤では型がよく使われた。 進化前のコイキングは遺伝技を覚えない都合上孵化余りの利用価値がほぼミラクル交換に出すことにしか求められないため、高個体値の個体がミラクル交換に放流されるパターンが非常に高い。 前述の遺伝技を覚えない性質も合わせて考慮すれば初心者でも大会レベルのギャラドスを育成するのがかなり簡単になったと言える。 第七世代 念願のひこうタイプの特殊火力であるを習得。 メガギャラドスの多い環境なので、特殊型のギャラドスは意表が付ける。 物理型でもベースのZワザを利用してひこうタイプの高火力を出すことが可能になっている。 でみずタイプのZワザも利用可能になり、火力不足の問題をある程度解決できた。 更にメガギャラドスの強さも健在。 メガギャラドスはフェアリーが弱点ながらの特性によってに対応しやすいので、積みエースとしての株は第六世代より上昇した。 シーズン1ではシングルバトルでのレート戦使用率3位を記録している。 USUMリーグシーズン7には使用率4位を記録したが、ミミッキュがを獲得した影響から時に使用率が10位台半ばまで落ちるようになった。 ミミッキュがへの性格補正無しで攻撃へ全振りの場合耐久無振りメガギャラドスをぽかぼかフレンドタイムで確定1発にできる点、いじっぱりメガギャラドスの1回込みのアクアテールを防御に性格補正無しで防御へ努力値全振りのミミッキュを12. そのためミミッキュ対策としてアイアンヘッドを採用する型が少ないながらも使われることがあった。 環境にこだわりスカーフ型が増えた影響でいじっぱり型では1回りゅうのまいを積んでも抜けなくなるケースが増え、それを恐れてようき型を採用するプレイヤーが一般的になった。 USUMリーグシーズン11では型がゴツゴツメット型の割合に並ぶようになり、シーズン13ではついにゴツゴツメット型の4. 型の場合はを張りつつ自ら抜きエースとして攻めるタイプとやでサポートに回るタイプがある。 前者の場合はりゅうのまい1回積みで最速抜きとなる素早さ実数値129に調整し、後者の場合は耐久特化させる。 組み合わせとしては、優れた相性補完を形成する上に素早さ操作と積み技を両者が有するとの組み合わせ、いわゆる「アゴギャラ」は環境の主流コンビの1つとなった。 派生形としてはハッサムを加えた「アゴギャラハッサム」、ランドロスを加えた「アゴギャラランド」、ナットレイを足した「アゴギャラナット」などが存在する。 ダブルバトルでは(アローラダブル)期にとの組み合わせが使われるも、他のみずタイプの人気には劣った。 それでも世界大会ではジュニアディビジョン優勝メンバーの1体となっている。 2017年9月に行われたメガシンカ可能なポケモンのみによる限定戦『メガランブル』ではジュニアカテゴリで5位、マスターカテゴリで6位の使用率を記録している。 2018年5月に行われたではないは出場できないが幻のポケモンは出場できる、、種族の重複ありのシングルバトルで行われた『ウルトラスーパーハイパーチャレンジ』ではジュニアカテゴリ使用率22位、マスターカテゴリ9位と、幻のポケモンと比べても遜色のないポケモンであることを示した。 相変わらず孵化厳選界隈では人気だが、日本のプレイヤーの場合でもではこの世代から追加された中国語版ロムを使用するケースが少なくない。 第八世代 が廃止されたがダイマックスが代替品となっている。 がに続く第2の積み技となることに加え、通常の状態で使っても、相手のダイマックスターンを1ターンやり過ごすために用いることが出来る事もあり、の需要が拡大した。 への打点となるも新たに習得している。 いかく込みで相当の水準に上がる物理耐久をさらに強化できるも優秀。 代わりに・・・がいかくを無効化するように仕様変更され、この点では弱体化しているが、総じて見れば強化されていると言える。 ダウンロードコンテンツ解禁前までは使用率最終10位以内をキープ。 ランクバトルシングルバトルシリーズ1初期環境では「ギャラナット」が活躍していた。 その環境ではが1トップだがその1つ下で、ギャラドス、の3匹が追う格好であった。 いかくが弱体化したため型も環境に増えた。 目ぼしい持ちはには登場しておらず、アタッカー型でもが確定枠ではなくなった。 強力なも少ないが、そちらはやはりダイマックスでさえもまともに受けるのは厳しいので、保険のはでも候補として健在。 との対面は不利。 というのも、同士で撃ち合ったが最後、でを下げ続けられてしまうためである。 さらに言えば、特殊型ならでんき火力で料理されてしまう。 は火力アイテムがないと厳しい。 というのも、とによるをにより無効にされる上に高い耐久に手を焼き、迂闊にを積むと後攻により手痛いダメージを食らうためである。 逆に言えばいのちのたま型ならイカサマで倒される前に攻め切ることができる。 不安な主力をにして必中化しつつやを展開して次のターン以降の火力を強化するという芸当もできるようになったため、特殊型も強化されている。 ランクマッチシングルバトルシリーズ1終盤にはじしんかじょう型が流行。 ランクマッチシングルバトルシリーズ2シーズン3には、ダイマックスしなくても活躍できる型がそこそこ活躍した。 シーズン5辺りになると環境にが増えた影響でが減少し、ギャラドス自身もちょうはつを切るケースが激増した。 また、あまりにが増えたため、いかく型の相対数も増した。 ダイマックスを考慮すれば前世代と比べて物理の技範囲が広くなったため、りゅうのまいをカットしてフルアタック構成に仕上げ、味方ののに素早さ増強を一任する型もそこそこ見られるようになった。 シリーズ4シーズン7でが解禁されると、がない型に受け出しから勝てるポケモンとして注目された。 ただ、この頃にはサブにを搭載して露骨にギャラドス対策するポケモンも目立った。 では同じアタッカーであるがのデータ上に存在しないため、持ちとして復権。 ただ、場に居座る必要のあるはサイクル戦で真価を発揮するいかくとアンチシナジーなので、ダイマックスするタイミングはシビア。 ランクバトルシリーズ1ダブルバトル最終1位構築には型ギャラドスがエントリーされていた。 ダウンロードコンテンツ『鎧の孤島』でとして、を獲得。 そのうち後者は、元々りゅうのまいで素早さを増強できて相手のみがわり戦術によりハマりに陥りにくいため、念願の連続攻撃技ではあるもののそれほど恩恵が大きくない。 一般的な育成論 高いに加え特性により交代で出す機会が作りやすいなど、優秀なステータスを持つ。 攻撃・にを振り攻撃をメインにするタイプと、物理耐久に特化し受け役割を重視するタイプに分かれる。 技マシンで多数の技を覚えられることを利用し、強引に特殊型にするケースもある。 攻撃技は次第で使い分けるのがよい。 ようきで素早さを捨てずに戦う場合は効果を持つ、後攻覚悟のいじっぱりならば威力任せにという具合に二つのうちのどちらか片方をメインに採用したい。 ほかには・・・などが候補となる。 物理耐久を重視するのならも悪くない。 特にじしんは、苦手な・両方に対抗できるので、重要である。 補助技はやが採用される。 逆に物理耐久を重視するのなら・が候補となる。 ほかには・が採用される程度か。 みがわりを採用する場合はHPに努力値を全振りしておくと、特性いかくや高耐久などの恩恵からみがわりが消されにくくなるので有利になる。 相手をでんじはでさせた後、先攻でたきのぼりを撃つことで、相手の行動できる確率を60%に抑え込む戦術も使える。 元々ある程度の素早さ種族値はあるため、このしびれやひるみを狙い、耐久型であってもたきのぼりを採用するケースは少なくない。 特殊型ならば、ほぼや前提になる火力になってしまうが、を主軸として、ギャラドス同士での撃ち合いで優位に立てるや、物理型ではどうしようもないやに対処できるや などが候補に挙がる。 特にはではギャラドス、系統、系統、、しか覚えないため、安易な気持ちでみずポケモンに対する受けとなるを出した場合など、相手にもよるが意表を突けて中々の奇襲性を発揮することがある。 持ち物は型によって大きく変わるが、、、が主な候補となる。 ただしソクノのみを持たせたとしても食らう技がタイプ一致の場合耐え切れないことが多いので注意したい。 たべのこしは耐久型で採用されることが多いが、みがわりとの相性が抜群なこともありコンビで使われることもある。 ラムのみはいずれも食らうと致命傷になるや状態の対策として持たせることがほとんど。 はであるが、物理型は大抵りゅうのまいが基本にされていることもあり、いかくほどどこでも役に立つというわけでもない。 しかしを持たせることが前提であれば採用されることもある。 りゅうのまいを基本にしていても、いずれにせよ一度相手を攻撃技で倒してしまえば攻撃が上がるため、場合によっては全抜きを狙えることも。 メガギャラドス メガギャラドスになるとこうげきが大幅に伸び、その他の種族もすばやさ以外上昇する。 特性はになり、タイプがみず・に変わるため、有利不利が大きく変化する。 タイプの技が当たるようになり、、、、と、弱点のタイプが大幅に増えるが、でんきタイプも2倍弱点になるため4倍弱点のタイプがなくなる。 ぼうぎょやとくぼうも上昇するため、相手の能力が高くない限り一撃で倒される可能性は少なくなる。 自身があくタイプでありながら、覚えるあくタイプの技は物理ではや、特殊でもとかなり少なく実用にも乏しいため、メインウエポンはみずタイプのみにすることが多い。 元のギャラドスと同じようにたきのぼりやアクアテールを主力技として使いたい。 サブウエポンはタイプの弱点を突けるこおりのキバや、フェアリータイプ対策にまたはが欲しい。 ストーンエッジや、役割破壊のも候補。 また、の特性を持ったポケモンにもダメージが通るじしんも必須。 オメガルビー・アルファサファイアでは一致技のを覚えられる。 耐久力が向上しているため、りゅうのまいも使いやすい。 覚えさせていれば積極的に使いたい。 ただし、メガギャラドスにする以上、やなどを持つことができないため、特にやと言った状態異常にしてくる相手には注意を払うこと。

次の

【ポケモン剣盾】新世代でもギャラドスは強い!抜きエースギャラドスの育成論と対策【種族値と育成論】

ギャラドス りゅう の まい

自身の攻撃技でポケモンを瀕死にさせたとき攻撃の能力ランクを1段階上昇させる。 「ダイジェット」が使えるだけでなく、 特性「じしんかじょう」のおかげでこのポケモンをエースとしたときの抜き性能がさらに高くなっています。 また、同じ「ダイジェット」の使い手として採用率の高いトゲキッスがいますが、その上から叩ける点も優秀です。 高い有利状況維持性能 上述の通り、「ダイジェット」で相手を倒した場合、攻撃と素早さの能力ランクがそれぞれ1段階上昇したギャラドスが残ります。 このなった場合、 例えギャラドスのダイマックスが解除されても相手の上を取ることができ、かつ上昇した攻撃で高い火力を押し付けることができます。 また、相手がダイマックスポケモンで切り返しを図ろうとしても先制「とびはねる」でダイマックスターンを消費させることができ、 一度有利状況を作った時それを維持する性能が非常に高いです。 短所 状態異常に弱い 「おにび」や「あくび」など、ダイマックスへの常套手段である状態異常に弱いです。 「ラムのみ」である程度緩和することはできますが、 技「ダイジェット」や特性「じしんかじょう」の性質上、攻撃することに価値のあるポケモンなので攻撃性能を上昇させる火力補強アイテムの方が優先度が高いです。 ドラゴンとの撃ち合いに弱い 物理ポケモン全般に言えることですが、 撃ち合いで「ダイドラグーン」を使われるとその追加効果で一方的に攻撃を下げられてしまうためまず勝てません。 そのため、「ダイジェット」や「じしんかじょう」で能力の底上げをしてから対面させるためにドラゴンポケモンを味方の「あくび」などで一度流す必要があります。 しかし、環境のドラゴンポケモンであるドラパルトとパッチラゴンは「みがわり」や「ダイサンダー」といった「あくび」への明確な対抗策を持っていることが多いためあまり上手くいきません。 ・「ダイジェット」+「じしんかじょう」で全抜き ・パーティに合わせたサブウェポン選び 努力値調整 HP:端数 A:振り切り S:最速 役割 エース、ダイマックス 解説 最も使われている、アタッカーギャラドスの基本的な型です。 「いのちのたま」によって強化された「ダイジェット」は非ダイマックスポケモンであれば多くの場合一撃で倒すことができ、その後「じしんかじょう」でさらに強化された攻撃で相手のダイマックスと撃ち合います。 水・飛行技は変更の余地がありませんが、残りの2枠はどの技を入れても強いため、 パーティに合わせたカスタマイズが可能で様々な範囲に切り替えることができます。 「いのちのたま」は被りやすいアイテムなので、 「するどいくちばし」が代用される場合もあります。 これにより、低火力ポケモンの前で一度「りゅうのまい」をし、状態異常技を「ラムのみ」で防いで次ターンから「ちょうはつ」で起点にしていくといった動きが可能となります。 「ちょうはつ」で受けポケモンを完封し「りゅうのまい」を積むことで、崩しの役割を持つことができます。 参考パーティ 使用者:ヤブ() ギャラドスと相性が良いポケモン 起点作り• ギャラドスは「ダイジェット」を撃つターンと撃った後のターンこそ強力ですが、初速があまり高くないため素の状態で出すと「おにび」などで展開を妨害されてしまいます。 そのため、上記のようなポケモンで「あくび」を使ったり、ドリュウズなどの「がんせきふうじ」で素早さを下げたりして、ギャラドスが安全に「ダイジェット」を撃てる対面を作るとより活躍ができるようになります。 ギャラドスの対策 状態異常• 多くのダイマックスポケモンに共通する対策ですが、「あくび」や「おにび」といった状態異常技が最も簡単な対処法です。 「じしんかじょう」さえ発動しなければそれほど高い火力を出すことはできないので、対面からこれらの技を押すことで、ギャラドスに全抜きされるといった状況を阻止することができます。 ドラゴンタイプ• ギャラドス物理型のポケモンで、かつタイプ一致でドラゴンの弱点を突くことはできないので「ダイドラグーン」を撃たれるとタイマン勝負で勝つことはできません。 ただし、「じしんかじょう」発動後の場合は上から「ダイアイス(こおりのキバ)」などで倒されてしまうこともあるので、なるべく自身のポケモンを捨てずにこれらのポケモンと対面させる必要があります。 「まもる」を覚えたナットレイ ナットレイに唯一大ダメージを与えられる「とびはねる」を完全に「まもる」で防ぐことができるので、ギャラドス対策としては最も有効です。 稀にいる「だいもんじ」持ちの両刀型を無視すれば、このナットレイを投げるだけでギャラドスを止めることができます。

次の

ギャラドス|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ギャラドス りゅう の まい

ギャラドスはダイジェットをタイプ一致で打つことができ、ダイマックスエースとしての適性がある一方で、弱点タイプがいわとでんきのみであり、でんきタイプは4倍弱点となってしまうので本来であればじゃくてんほけんの適性がないポケモンです。 これまではじめんタイプに交代して受けるなどの方法がありましたが、新しくガラルに上陸したポリゴンZの攻撃は交代によって受けるのは危ういため対面で勝つことのできる型を用意しました。 今回紹介するものは努力値をDに厚く振る事によって大半のポケモンの10万ボルトをダイマックスすることで耐えることができ、特性いかくとダイドラグーン ダイスチル によって物理耐久も十分備えています。 壁があると乱数に左右されず確定耐えができる場合が生まれるので用意した方がいいですが、ほとんど低乱数一発なので必須かといえばそうではありません。 既存の型との比較 基本選出は 一撃の型 で、に壁を貼ってもらい、などの素早さの高い相手にはトリックルームから入ります。 このギャラドスは電気技持ちのポケモンと対峙した時に真価を発揮する調整をしています。 そのため、相手の電気技持ちのポケモンを確認してから出すことを推奨します。 この調整では、特殊アタッカーには強く出ることができますが、特性 いかくや ミラーアーマーで無効化、反射されるとかなり厳しいです。 弱点保険によって火力を保証してるので、発動させれられなかった場合の爆発力はとても小さいものになります。 物理面の耐久力通常のいかくと違いはないのでダイサンダーをしてくる可能性があるのは注意が必要です。 慣れてきたら壁だけ貼ってダイマックスを切らないという動きをしても良いでしょう。 被ダメージ計算 ダイマックス前提 特殊アタッカーの場合 C特化アナライズジバコイルの10万ボルト 確定一発 102. がS1段階積みでも抜けないポケモンと対面した場合はトリックルームから入ります。 のSを105族抜きに合わせて調整したのはここで相手がの場合トリックルームを使用した後にしんそくで突破されるのを防ぐためです エスパータイプなのでドヒドイデの選出を控えさせることもできます。 同じことはでもでき、ならば電気技持ちを誘うことができるますが、はSが95族の一方では110族なので推敲の余地はあるでしょう。 じゃくてんほけんを発動させないことには始まらないので、基本的にパーティにじめんタイプのポケモンは入れてはいけません。 Ex いじっぱり 185 116 -166 44 -100 4 -72-149 228 -116 116 H116 A44 B4 D228 S116 パッチラゴンの-2でんげきくちばしとアナライズポリゴンzの10万が ともに6. あまり関係ない話題かもしれませんが、現時点ではポリゴンZは適応力でダイアタックをぶっ放してくる型の方が多くなると思われるので役割対象としては怪しいかもしれませんね。 受ける火力の指標としてはわかりやすいと思います。

次の